Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」は2020年7月3日に、同社が提供している「Zaif Exchange」アプリで一定量の取引を行ったユーザーに抽選で「Zaif大根カレー」や「オリジナルグッズ」を進呈するキャンペーンを開始すると発表しました。
※このキャンペーンの開催期間は「2020年7月3日〜2020年8月20日まで」となっています。

こちらから読む:bitFlyer、毎日BTCが当たるキャンペーン開催「国内ニュース」

「Zaif大根カレー」や「オリジナルグッズ」が当たる

Zaif(ザイフ)が新たに開始するキャンペーンは、2020年7月3日〜2020年8月20日までの期間中に同社が提供している「Zaif Exchange」アプリで一定の取引を行ったユーザーを対象に抽選で「Zaif大根カレー」や「オリジナルグッズ」を進呈するキャンペーンとなっています。

このキャンペーンに応募するためには、キャンペーン期間中の各週で以下どちらかの条件を満たす必要があります。なお、以下どちらかの条件を満たすと自動的にエントリーされる形となっているため、別途で応募する必要はありません。また、キャンペーン対象者は「本人確認済のZaif Exchange口座のみ」となっています。

【キャンペーンの応募条件】

  1. Zaif Exchangeアプリの簡単売買で3万円以上の売買を行う
  2. Zaif Exchangeアプリの現物取引板で下記の売買を行う

【2の応募条件詳細】
1週目:7月3日~7月9日
「200FSCC以上」か「60MONA以上」か「2,200XEM以上」を売買

2週目:7月10日~7月16日
「200FSCC以上」か「60MONA以上」か「1,500CICC以上」を売買

3週目:7月17日~7月23日
「60MONA以上」か「2,200XEM以上」か「300NCXC以上」を売買

4週目:7月24日~7月30日
「2,200XEM以上」か「200FSCC以上」か「90,000ZAIF以上」を売買

5週目:7月31日~8月6日
「200FSCC以上」か「60MONA以上」か「1,700CMS/ERC以上」か「1,700CMS/XEM以上」を売買

6週目:8月7日~8月13日
「60MONA以上」か「2,200XEM以上」か「1,500CICC以上」を売買

7週目:8月14日~8月20日
「2,200XEM以上」か「200FSCC以上」か「300NCXC以上」を売買

【対象景品】

  • 1週目:Zaif大根カレー
  • 2週目:Zaif大根カレー/ランチョンマット
  • 3週目:Zaif大根カレー/カレー皿
  • 4週目:Zaif大根カレー/Zaif大根カレー(4種の特別パッケージからランダムで1種)
  • 5週目:Zaif大根カレー(5種のパッケージからランダムで1種)/レトルト白ごはん
  • 6週目:Zaif大根カレー(5種のパッケージからランダムで1種)/スプーン
  • 7週目:Zaif大根カレー(5種のパッケージからランダムで1種)/マグカップ

※在庫の都合上、内容変更の可能性あり

【当選者数・当選発表】

当選者数は「各週200名ずつ」となっているため、7週間の合計で1,400名が当選することになります。なお、各週で条件を満たせばそれぞれの抽選に参加することが可能です。

当選発表は「景品の発送」をもって知らされることになっているため、当選しなかった場合にお知らせがくるようなことはありません。景品の発送先は「Zaif Exchange口座で本人確認済の登録住所」となっています。

キャンペーンの詳細は以下の公式発表ページをご確認ください。
>>「Zaif」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

Ripple(XRP)を「基軸通貨」に!多くの採用依頼にBINANCE CEOが返答

Ripple(XRP)を「基軸通貨」に!多くの採用依頼にBINANCE CEOが返答

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す