JR渋谷駅前広告に「AQUA Labs(アクアラブズ)」がフューチャーされました

by BITTIMES

先日、独自トークン「アクアナイト(AQUAnite/AQN)」の立ち上げを発表した「AQUA Labs(アクアラブズ)」は、2020年7月6日からの約1週間にかけてJR渋谷駅前広告を通して"アクアナイト"を世界市場にアピールしました。

渋谷駅前交差点は「世界で最も混雑した交差点」として知られており、青信号になるたびに3,000人もの人が通過し、多い時は一日50万もの交通量があると言われています。そのスケールは世界に例を見ないもので、アクアナイトのローンチを華々しく飾りました。

AQUANITE-LAUNCH

アクアナイト(AQUAnite/AQN)トークンのプレローンチセールは、停滞している暗号資産のトークンローンチの領域に活気をもたらしています。プライベートセールは2020年7月5日に終了し、すでに4,000万米ドル以上を売り上げました。一般公募は2020年7月15日に開始され、リリースされた数限られているトークンは瞬時に完売されると期待されています。

AQUA Labs(アクアラブズ)は、アクアナイトの利便性を高めるために、独自のウォレットである「アクアナイトウォレット(AQUAnite Wallet)」を8月に発売する意向を発表しました。ユーザーはこの安全なウォレットを使用することによって「暗号資産の保管」や「料金の支払い」などを行うことができます。また、今後の開発では、アクアナイトの現在未公開の追加機能も、このウォレットを介して使用することができる予定です。

AQUA-LABS-Mid

アクアラブズは、次の四半期に重要なコラボレーションやアップデートが予定しています。

アクアナイトは、実用性のない暗号通貨が横行している陳腐な暗号資産業界に活力を与えていきます。

ファンの増加と長期的な実用性の確立によって、アクアナイトは他の大部分のメジャーコインより安定性を保ちながら成長し、長く活躍できるように設計されています。アクアナイトは、世界的に有名なアービトラージボットシステムである「AQUA(アクア)」へアクセスするためのゴールデンチケットとなります。アクアナイトを保有する方は、複数の業界から注目を集めているAQUAアービトラージボットを優先的に利用することができます。

AQUA(アクア)は、その透明性の高い手法と公表されているアプローチで、過去数年にわたり世界で名声と認知度を獲得してきました。世界中の何百万人もの方々がAQUAシステムに魅了され、注目度が急上昇しています。

アクアナイトのリリースは、既存のお客様および加入に興味を持っている方へ更なる恩恵をもたらす鍵になるでしょう。申し込み数が増え続ける中で、アクアナイトを持っていることは、限られた定員数の中からこの素晴らしいイノベーションに優先的にアクセスできるファストパスとなります。

「AQUA Labs」のための大規模なファンディングは、世界中のファンの増加と更なる進化に伴って、近い将来により多くのユーティリティのリリースを実現させます。

過去の2年間で見逃せないトークンがあるとすれば、アクアナイトがその一つと挙げられるでしょう。

2020年7月15日の公式ローンチ時に限定サブスクリプションが購入可能になります。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

楽天ウォレット:証拠金取引で「建玉管理料無料キャンペーン」開始

楽天ウォレット:証拠金取引で「建玉管理料無料キャンペーン」開始

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す