ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

by BITTIMES

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)の価格は2020年7月21日に「40,000円」のラインを突破しました。数ヶ月前に比べると短期的な下落・停滞の動きは強まってきていますが、依然として長期的な上昇傾向は続いており、記事執筆時点では「1BTCV=41,042円」で取引されています。

こちらから読む:コインチェック、BATの取り扱い開始「暗号資産」関連ニュース

BTCV価格「40,000円台」に突入

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)の価格は2020年7月15日頃に40,000円まで上昇した後にやや停滞し、38,000円〜40,000円付近での推移を続けていましたが、本日21日の午前1時頃には再び40,000円のラインを突破しました。

2020年6月21日〜2020年7月21日 ビットコインボルトの価格推移(画像:Coingecko)2020年6月21日〜2020年7月21日 ビットコインボルトの価格推移(画像:Coingecko)

数ヶ月前に比べると短期的な下落の回数が増えてきていましたが、今のところ大幅な下落は見られておらず、2020年7月21日時点では「1BTCV=41,042円」で取引されています。

ビットコインボルトは"価値の保存手段"として機能することに特化して開発されていますが、そのために重要となるBTCVの価値は「1BTCV=2,000円」ほどで取引されていた2020年3月からわずか4ヶ月で20倍以上にまで増加しているため、現在も価値の保存手段として十分に機能していると考えられます。

BTCVを入手する手段の一つとして特に注目されている「Mining City(マイニングシティ)」では、全てのマイニングプランで「1100日間(約3年間)」BTCVをマイニングできるサービスを提供しているため、多くのBTCV保有者は長期的にBTCVを保有し続けると予想されます。

3年間のマイニングプランが提供されているからといって「BTCVの価格が3年間上昇し続ける」という訳ではないため、今後も価格急落に警戒する必要はあると考えられますが、現時点ではBTCVの発行開始から順調に価格上昇が続いているため、今後BTCVの価格がどこまで上昇するかには注目が集まります。

取り扱う暗号資産取引所も増加

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)を取り扱う暗号資産取引所は限られているものの、最近ではその数も徐々に増えてきており、2020年7月21日時点では以下8つの暗号資産取引所に上場していると報告されています。
・Liquid(リキッド)
・Coineal(コインニール)
・MXC(エムエックスシー)
・Hotbit(ホットビット)
・BKEX(ビーケーイーエックス)
・CoinBene(コインベネ)
・LBank(エルバンク)
・WBF Exchange(WBFエクスチェンジ)

ここ最近では『取引所でBTCVを購入した』という声も増えてきているため、今後は取引所での取引も活発化していく可能性があると考えられます。ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)に関する詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

仮想通貨取引所QUOINEX:第三者による不正アクセスによる影響

仮想通貨取引所QUOINEX:第三者による不正アクセスによる影響

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

暗号資産取次サービスのXtheta「Bluehelixグループ」と業務提携

暗号資産取次サービスのXtheta「Bluehelixグループ」と業務提携

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す