ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

by BITTIMES

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)の価格は2020年7月21日に「40,000円」のラインを突破しました。数ヶ月前に比べると短期的な下落・停滞の動きは強まってきていますが、依然として長期的な上昇傾向は続いており、記事執筆時点では「1BTCV=41,042円」で取引されています。

こちらから読む:コインチェック、BATの取り扱い開始「暗号資産」関連ニュース

BTCV価格「40,000円台」に突入

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)の価格は2020年7月15日頃に40,000円まで上昇した後にやや停滞し、38,000円〜40,000円付近での推移を続けていましたが、本日21日の午前1時頃には再び40,000円のラインを突破しました。

2020年6月21日〜2020年7月21日 ビットコインボルトの価格推移(画像:Coingecko)2020年6月21日〜2020年7月21日 ビットコインボルトの価格推移(画像:Coingecko)

数ヶ月前に比べると短期的な下落の回数が増えてきていましたが、今のところ大幅な下落は見られておらず、2020年7月21日時点では「1BTCV=41,042円」で取引されています。

ビットコインボルトは"価値の保存手段"として機能することに特化して開発されていますが、そのために重要となるBTCVの価値は「1BTCV=2,000円」ほどで取引されていた2020年3月からわずか4ヶ月で20倍以上にまで増加しているため、現在も価値の保存手段として十分に機能していると考えられます。

BTCVを入手する手段の一つとして特に注目されている「Mining City(マイニングシティ)」では、全てのマイニングプランで「1100日間(約3年間)」BTCVをマイニングできるサービスを提供しているため、多くのBTCV保有者は長期的にBTCVを保有し続けると予想されます。

3年間のマイニングプランが提供されているからといって「BTCVの価格が3年間上昇し続ける」という訳ではないため、今後も価格急落に警戒する必要はあると考えられますが、現時点ではBTCVの発行開始から順調に価格上昇が続いているため、今後BTCVの価格がどこまで上昇するかには注目が集まります。

取り扱う暗号資産取引所も増加

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)を取り扱う暗号資産取引所は限られているものの、最近ではその数も徐々に増えてきており、2020年7月21日時点では以下8つの暗号資産取引所に上場していると報告されています。
・Liquid(リキッド)
・Coineal(コインニール)
・MXC(エムエックスシー)
・Hotbit(ホットビット)
・BKEX(ビーケーイーエックス)
・CoinBene(コインベネ)
・LBank(エルバンク)
・WBF Exchange(WBFエクスチェンジ)

ここ最近では『取引所でBTCVを購入した』という声も増えてきているため、今後は取引所での取引も活発化していく可能性があると考えられます。ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)に関する詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

【重要】みんなのビットコイン「楽天ウォレット」へと商号変更|現行サービスは終了へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す