Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

by BITTIMES

大手自動車製造会社である「Renault Group(ルノーグループ)」は2020年9月10日に、設計〜製造に至るまでの自動車部品の全てのコンプライアンス認証をさらに強化するために「XCEED(eXtended Compliance End-to-End Distributed)」と呼ばれるブロックチェーンプロジェクトを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:SEK48、"NFTトレカ"販売へ「ブロックチェーン」関連ニュース

自動車部品の規制遵守を追跡・認証

Renault Group(ルノーグループ)は2020年9月10日に、車両のコンプライアンス認証をさらに強化するために「XCEED(eXtended Compliance End-to-End Distributed)」と呼ばれるブロックチェーンプロジェクトをフランスにあるルノーのドゥエー工場で複数の機器メーカーと共にテストしたことを発表しました。

XCEED(eXtended Compliance End-to-End Distributed)は、
・Continental(コンチネンタル)
・Faurecia(フォーレシア)
・Plastic Omnium(プラスチックオムニアム)
・Saint-Gobain(サンゴバン)
などといった自動車業界の主要企業とルノーグループが共同で立ち上げたデジタルプロジェクトであり、IBMが主導するブロックチェーン「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)」の技術が活用されています。

このツールはブロックチェーン技術を用いて「自動車部品が規制を遵守しているかどうか」などの情報を分散型で記録し、複数の関係者がそれらの情報を共有・追跡できるように設計されています。

自動車メーカーは9月1日に新しい市場監視規制が施行されたことよってより優れたコンプライアンスソリューションが必要とされており、安全基準や環境基準を満たした環境が求められていますが、「XCEED」は規制が強化された場合などにも優れた応答性と効率を実現できるようになっていると説明されています。

ルノー工場で行われた「XCEED」のテストでは、100万件以上のドキュメントが処理され、毎秒500件のトランザクションを処理したと報告されています。

Renault Groupのブロックチェーン担当副社長であるOdile Panciatici(オディレ・パンシアティーチ)氏は「XCEED」について次のようにコメントしています。

私たちが開始した「XCEED」プロジェクトは、ルノーグループの革新能力を強力に示しています。ブロックチェーンは自動車業界を変革するためのベクトルであると確信しています。

ブロックチェーン技術は様々な企業が関与する広大なエコシステムで実際に活用されており、パートナーの様々なプロセス・コンピューターシステム・データベース間のリンクを提供します。

このような技術は自動車業界でも複数の用途で活用することができ、サプライヤー・クライアント・独立した販売代理店などといった社外の無数の企業や関係者との交流で活用できると期待されます。

自動車業界ではすでに自動車部品のサプライチェーン管理などといった様々な分野でブロックチェーン技術が活用されており、今年3月には「BMW Group」もブロックチェーン技術を用いてサプラチェーンの透明性を確保することなどを目的とした「PartChain」と呼ばれるプロジェクトを拡大していく計画を明らかにしています。

>>「Renault Group」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す