DMMビットコイン:BitMatch取引手数料の「キャッシュバックキャンペーン」開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」は2020年11月6日に、同社が先月28日から新たに導入した「BitMatch注文」のサービス開始を記念した取引手数料キャッシュバックキャンペーンである「BitMatch開始記念!キャッシュバックキャンペーン」を開始したことを発表しました。
※このキャンペーンの開催期間は「日本時間2020年11月6日〜2021年2月5日まで」となっています。

こちらから読む:お得なキャンペーン情報を新着順で確認「キャンペーン記事一覧」

BitMatch取引手数料に応じて「現金キャッシュバック」

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は2020年10月28日に、同社が提示するミッド(中値)価格を参考として、一定の有効期限内(発注から30秒)における仲値価格で取引が成立する注文方法である「BitMatch注文」の提供を開始しました。

今回の発表では、この「BitMatch注文」の提供開始を記念した取引手数料キャッシュバックキャンペーンである「BitMatch開始記念!キャッシュバックキャンペーン」を2020年11月6日から開始したことが報告されています。

「BitMatch開始記念!キャッシュバックキャンペーン」は、BitMatch注文にかかる取引手数料の金額に応じて現金をキャッシュバックするキャンペーンとなっており、以下3回のキャンペーン期間のBitMatch取引手数料に応じて、以下のような割合で現金がキャッシュバックされることになっています。

キャンペーン開催期間

  • 1回目:2020年11月6日7時00分~2020年12月5日6時59分
  • 2回目:2020年12月6日7時00分~2021年1月5日6時59分
  • 3回目:2021年1月6日7時00分~2021年2月5日6時59分

※期間ごとにBitMatch取引手数料を集計して、キャッシュバックが行われます。

キャッシュバック金額の割合

キャンペーン期間中のBitMatch取引手数料キャッシュバック金額
3,001円以上~5,000円以下の場合15%キャッシュバック
5,001円以上~10,000円以下の場合30%キャッシュバック
10,001円以上の場合50%キャッシュバック

キャッシュバックの具体例

キャッシュバック金額を計算する場合には「取引手数料の合計に一律で〇〇%」と計算するのではなく、以下の例のように「金額の段階ごとに〇〇%」として計算を行い、その合計金額がキャッシュバックされると説明されています。

例1)BitMatch取引手数料が「13,000円」だった場合
(5,000円×15%)+(5,000円×30%)+(3,000円×50%)
=750円+1,500円+1,500円
3,750円のキャッシュバック

例2)BitMatch取引手数料が「8,000円」だった場合
(5,000円×15%)+(3,000円×30%)
=750円+900円
1,650円のキャッシュバック

なお「BitMatch開始記念!キャッシュバックキャンペーン」は"申し込み不要"となっており、キャッシュバックは対象者のトレード口座へと入金されることになっています。キャンペーンの詳細やその他の注意事項は以下の公式発表ページをご覧ください。

>>「DMMビットコイン」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す