ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

by BITTIMES

ビットコインをはじめて買うときは「本当にお金を振り込んで大丈夫か?」と心配したり「これから未来の通貨に触れるワクワク感」でドキドキするものです。
私自身、はじめてビットコインを購入したときは「これからビットコインという新しい世界に踏み込むワクワク感」を感じながらお金を振り込んだことを覚えています。
しかし、初めての経験だからこそ「安心しながら」「ミスなく確実に」ビットコインを購入したいものです。
このレポートを読みながら、画像を確認しながら「はじめてのビットコイン購入」を体験されてください。

ビットコインの買い方「初心者におすすめの取引所」

ビットコインの買い方を説明する前に「初心者向けの取引所」について解説します。
ビットコインは取引所で購入するのですが、その場合は信用でき、初心者向けの「取引所」で購入することをおすすめしています。
なぜなら、ビットコインはただ購入するだけでなく、「取引」や「投資」など、「何かしらの目的」があって購入するからです。
「買って終わり」だけでなく、「今後の目的」があってビットコインを購入すると思います。
なので、まず最初にビットコインを購入する取引所は、「初心者にあった取引所」を選ぶ必要があります。
私は複数の取引所を使っているのですが、その中でも「コインチェック」が初心者に最適な取引所だと考えています。
コインチェックが初心者に向けの取引所だとお話する理由は、
・アプリが使いやすく「ビットコインの買い方・売り方」の操作がシンプルでわかりやすい。
・日本で取引量が第 2位の取引所で、ユーザー数も多い。
・保証も存在するので安心できる。
・ビットコインだけなく、その他の「有望な」仮想通貨もたくさん取り扱っている。
以上 4つあります。
これらの理由から私は「初心者に最適な取引所はコインチェック」だと考えています。
なので、今回の「ビットコインの買い方」レポートはコインチェックでの購入方法に特化して説明していきます。
まだコインチェックのアプリをダウンロードされていない場合は、こちからダウンロードしてください。
→「ビットコイン初心者に最適な取引所コインチェック登録
 

ビットコインの買い方の全体像

ビットコインを購入するまでは、大きく分けて「 3つのステップ」 があります。
1.「取引所に現金の入金」
2.「買うタイミングを見極める」
3.「実際に購入する」
以上の 3ステップです。
順番に解説をしていきいます。
取引所に現金を入金する
まずはビットコインを購入するための資金を取引所に入金します。
コインチェックの場合、入金する方法は「銀行振込」と「コンビニ入金」が主な入金方法です。
ここでは「銀行振込」の方法を解説していきます。
「コンビニ入金」に関してはこちらの記事で解説をしています。
ビットコインの買い方【コンビニ・初心者用ガイド画像あり】
では実際に「銀行振込」について解説していきます。

ビットコインをコインチェックで買う【銀行振込編】

コインチェックのアプリを開くとこのような画面になるので、まずは「メニュー」をタップします。

 
続いて「日本円の入金」をタップします。

すると「銀行振込」画面になっているので、そのままフリックして下にある振込先を確認します。

コインチェックの場合「りそな銀行」と「住信SBIネット銀行」の 2銀行へ送金します。
注意する点は「住信SBIネット銀行」の場合「ユーザーID」を「振込人名義の前」に入力することです。
振込人名義は必ず「本人名」を入力してください。でなければコインチェックがあなたからの入金として、アプリに反映をしてくれませんのでご注意を。
振込が完了したらアプリに反映されるまで待ちます。

ビットコインを買うタイミング

さて、入金が確認できたら慌てて購入するのではなく、次は「購入するタイミング」を見ます。
購入するタイミングを見る理由は「ビットコインをできるだけ安く購入するため」です。
まずは下の画像をみてください。

 

 

それぞれ上から順番に「 1ヶ月」「 1週間」「 1日」ごとのビットコイン価格を表しているのですが、価格が上下に変動していることがわかります。(タップするとその期間の価格変動が見れます。)
ビットコインの価格は 1日で数万円単位で変動するときもあります。
なので、高い時に購入してしまうと、その後下がったときに「損をした気持ち」になるので、あまりオススメしません。
もちろん、現在ビットコインの価格はうなぎのぼりですので、買っておいて損はないのですが、せっかく投資をするのですから、できるだけ投資額より多くなって欲しいじゃないですか。笑
なので、ビットコインは「できるだけ安いタイミング」で購入します。
「どのタイミングが安いのか?」を知るには、まずは「 1ヶ月」の価格変動を見て見ましょう。
今回のタイミングだと「 40万円から 45万円」の間がお手頃、「 40万円以下」だとおすすめ。ということになります。
ビットコインを実際に購入する
「買いのタイミング」だと判断した場合は、いよいよ「ビットコインを実際に購入」しましょう。
購入は意外と簡単です。
メニューから「コインを購入」をタップします。

「ビットコイン」が選択されているので、そのまましフリックます。

ここで欲しいだけの「ビットコイン量」を入力します。
注意するポイントはあくまで「ビットコインを基準に計算することです。」
「レート」と書かれており「BTC/JPY 」の前にある数字がその時の「ビットコイン価格」です。
例えば、上記の画像なら「 0.1BTC(ビットコイン)を購入します。」という意味です。
この画像のレートが「 512,200 BTC / JPY 」なので、「0.1 BTC 」を購入するには「 51,220円」必要だということです。
計算式は、
「購入したい金額の円」÷「その時のレート」で出てきます。
例えば「 1万円分」のビットコインを購入したいのであれば、
「 10,000」÷「 512,200」=「 0.01952BTC」となります。
こちらはスマホの計算機アプリで、実際に計算して見ると良いでしょう。
さて、最後に購入したい量のビットコインを入力したら「購入する」をタップして完了です。
これで、あなたのアプリに実際にビットコインが保管されます。
実際に試して、これからの「ビットコインライフ」を楽しまれてくださいね。
それでは「ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】」を終了します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン 110万円突破。暴落後は順調に回復|2月18日

ビットコイン 110万円突破。暴落後は順調に回復|2月18日

イーサリアムとはワールドコンピューターである

イーサリアムとはワールドコンピューターである

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説NEW

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

ビットコインで個人ビジネスが可能に「BitContent」

ビットコインで個人ビジネスが可能に「BitContent」

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコイン消費税の非課税で「損にならないか?」を検証した

ビットコイン消費税の非課税で「損にならないか?」を検証した

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

カリブ海諸国が仮想通貨決済を導入?|ビットコインリゾート

カリブ海諸国が仮想通貨決済を導入?|ビットコインリゾート

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す