イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

by BITTIMES

ここ最近、イーサリアムはリップルとの時価総額ランキングで 2位と 3位を争っていますが、やはりシステムの秀逸さでイーサリアムの 2位の座はまだまだ不動のようです。
暗号通過名 Ethereum
記号/略称 ETH
公式ウェブサイト https://www.ethereum.org
最大供給 無制限( 2018年1月現在 96,847,796 ETH )

イーサリアムがその確固たる地位を確立しているのは、スマートコントラクトなど、イーサリアム独自のシステム上で新たに確立された経済圏が存在するからだと考えられます。
イーサリアムは多くの企業が、そのシステムを利用する事で巨大なビジネスプラットフォームとしての動きも期待されています。
イーサリアムの価格が今後上昇する場合には、こうした「企業のイーサリアムのブロックチェーン上でのシステム開発」なども大きな要因となってきます。
それでは具体的に今後 4年間でイーサリアムがどの様に価格上昇をしていくのか見ていきましょう。

イーサリアム今後の価格予測2018年

  1. 01月 | 1786 | ¥196,460
  2. 02月 | 2072 | ¥227,920
  3. 03月 | 2404 | ¥264,440
  4. 04月 | 2789 | ¥306,790
  5. 05月 | 2792 | ¥307,120
  6. 06月 | 2345 | ¥257,950
  7. 07月 | 2720 | ¥299,200
  8. 08月 | 2285 | ¥251,350
  9. 09月 | 2651 | ¥291,610
  10. 10月 | 3075 | ¥338,250
  11. 11月 | 3567 | ¥392,370
  12. 12月 | 4138 | ¥455,180

イーサリアム価格は 2017年の 1年間で 100倍以上の高騰を見せましたが、2018年に同じ現象が起きる事はないでしょう。
しかし、現在の価格の 3倍ほどになる予測は出ていますので、まだまだ大きな価格上昇の可能性あります。
もちろん、提携を結んでいるマイクロソフト社などの大手企業が新しいプラットフォームを発表すれば予測以上に価格が上がる可能性は十分にあります。
一部のトレーダーは、イーサリアムが 2018年中にビットコインの価格を超えると予測していますが、この 1年でそこまでの価格上昇が起きる可能性は極めて低いと考えられます。

イーサリアム今後の価格予測2019年

  1. 01月 | 4800 | ¥528,000
  2. 02月 | 5568 | ¥612,480
  3. 03月 | 5168 | ¥568,480
  4. 04月 | 4341 | ¥477,510
  5. 05月 | 3646 | ¥401,060
  6. 06月 | 4170 | ¥458,700
  7. 07月 | 4089 | ¥449,790
  8. 08月 | 3880 | ¥426,800
  9. 09月 | 3462 | ¥380,820
  10. 10月 | 4016 | ¥441,760
  11. 11月 | 4335 | ¥476,850
  12. 12月 | 4117 | ¥452,870

2019年のイーサリアムは、価格上昇が一度停滞する予測が出ています。
ハードフォークが完了した事による価格上昇への期待値の減少から、投資熱が一旦冷めてしまうことでこのようになるのではないかと予測できます。
価格の面だけだと期待値は低いですが、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスの組織としての動き次第では、価格停滞を打ち破る可能性もあります。

イーサリアム今後の価格予測2020年

  1. 01月 | 4776 | ¥525,360
  2. 02月 | 4160 | ¥457,600
  3. 03月 | 4826 | ¥530,860
  4. 04月 | 5598 | ¥615,780
  5. 05月 | 6494 | ¥714,340
  6. 06月 | 6640 | ¥730,400
  7. 07月 | 5596 | ¥615,560
  8. 08月 | 6097 | ¥670,670
  9. 09月 | 7073 | ¥778,030
  10. 10月 | 6858 | ¥754,380
  11. 11月 | 6635 | ¥729,850
  12. 12月 | 6352 | ¥698,720

仮想通貨市場の投資熱の上昇に比例して 2020年は安定的に価格が上がっていく予測が出ています。
仮想通貨市場は 2020年に一度めのピークが訪れると予測されていますが、その予測に基づいての価格なのでしょう。
ピークが訪れると予測されている理由は、ビットコインの半減期が同年に訪れるからです。
これによって仮想通貨市場全体の投資熱が一旦冷えると考えられています。

イーサリアム今後の価格予測2021年

  1. 01月 | 7368 | ¥810,480
  2. 02月 | 6189 | ¥680,790
  3. 03月 | 5342 | ¥587,620
  4. 04月 | 6055 | ¥666,050
  5. 05月 | 5361 | ¥589,710
  6. 06月 | 4503 | ¥495,330
  7. 07月 | 3865 | ¥425,150
  8. 08月 | 3529 | ¥388,190
  9. 09月 | 3554 | ¥390,940
  10. 10月 | 4123 | ¥453,530
  11. 11月 | 4090 | ¥449,900
  12. 12月 | 3436 | ¥377,960

1月の 81万円を最高額として、あとは毎月どんどん下落しています。
ビットコインの半減期後に市場が冷めていく事を考慮した予測なのでしょう。
ただ、ここまで長期的な予測の場合は、ちょっとした市場の動きで大きく変化してきますので、ここまでの予測は正直な「参考程度」と判断して大丈夫です。
やはりポイントは、2020年の「ビットコインの半減期」と「東京オリンピック」を迎えるまでに市場がどこまで成熟するのか?にかかっているのかと考えられます。
2018年1月〜2021年12月までのETH(イーサリアム)推移予想(対円)
2018年1月〜2021年12月までのETH(イーサリアム)推移予想(対円)
イーサリアム関連記事はこちら
>>「イーサリアム(ETH)の重要記事一覧
ビットコイン・暗号通貨の2018年から2021年予測記事
>>「ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

注目度の高い仮想通貨ニュース

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す