No Fake Todayは世界中の偽造品に立ち向かう

by BITTIMES

NoFakeTodayは、世界に流通する偽造品や海賊版商品などの偽造商品関連のトラブルを無くすために、最適な解決策をあらゆるサービスを通して提供しています。世界各国の産業界が注目する革新的なプロジェクトの魅力を紹介します。

NoFakeTodayとは?

ノーフェイクトゥデイ(NoFakeToday/NFT)は、シンガポールに本社を置く有限責任株式会社です。

最高経営責任者を務めるのは、アリババの元シニア・テクノロジー・エキスパートであるLeon Huang(レオン・フアン)氏です。彼は、現在も注目されている仮想通貨プロジェクト「セントラリティ(Centrality)」でヘッド・オブ・ブロックチェーンを務めた人物でもあります。

NoFakeTodayは、世界に流通する偽造品や海賊版商品などの偽造商品関連のトラブルを無くすために、最適な解決策をあらゆるサービスを通して提供しており、ブロックチェーンに基づいた最新の暗号技術を活用して、ビッグデータ/マシンラーニング/位置情報サービス/CG等を取り入れた革新的なアプリケーションを開発しています。

このシステムでは、暗号化メカニズムによって存在する全てのトランザクションを記録することが可能となっており、トランザクションが記録される際にネットワークで接続された全てのコンピューターがトランザクションを相互に承認する仕組みを採用しているため、記録の改竄や不正な削除などは必然的にすべて感知されることになります。

同社のプロジェクトは、現時点でも世界中の産業界などから注目を集めており、日本の有名企業を含む様々な製品ブランドメーカーとグローバルに連携を行なっています。

偽造商品のトラブルを解決する革新的なソリューション

「ブランド品のコピー商品」や「映画やゲームの海賊版」などの偽造商品に関連するトラブルは世界中で問題になっており、2013年の被害総額は約4,600億ドル(約50兆円)にものぼります。

従来の偽造品を防止する技術には、RFIDチップ/特殊印刷/ナノマテリアル/QRコード/フリーダイヤルなどの様々なものが存在します。
しかしこれらの技術は、導入コストや利便性の問題も多く、偽造品を防止するには効果的ではありませんでした。

購入者自身が偽造品に騙されないように注意を払っていたとしても、そのためのユニバーサルプラットフォームが存在していないため、確信を得るためにはそれなりの労力が必要でもありました。

生産者の視点から見ても、消費者に商品が届くまでに何が起こるかを知る手段がないため、安心することはできません。
ロイヤルティ・ポイント制やディスカウントシステムなどを導入して消費者と直接やり取りをしたくても、現在はそのための共通チャンネルやシステムは存在していません。

NoFakeTodayは、このような問題を解決するための革新的なソリューションやモバイルアプリを提供しています。

システムの概要

NoFakeTodayは、製品の一つ一つを細かく判別するために各製品に専用のQRコードを発行しています。
このQRコードを専用のモバイルアプリで読み込む事によって、製造情報/配送の追跡/流通過程/販売状況などのリアルタイムの情報にアクセスできます。これらの情報はブロックチェーン技術によって管理されているため、不正に改ざんされることもありません。

利用者は、スマートフォンでモバイルアプリ起動させて製品のQRコードをスキャンするだけで、製品の製造から消費者に届くまでのあらゆるデータを簡単に調べることができます。

これまでに偽造品に関する問題への対応策として利用されてきたテクノロジーは、特殊紙/エンボス紙/点字/磁気ストライプ/ホログラム/マイクロ文字ラベル/蛍光染料などの高度な印刷技術を採用しています。しかしその効果は限定的であり、コスト面の負担も決して安価とは言えませんでした。

NoFakeTodayは、それらの技術とは異なる革新的アプローチにより、安価に導入可能な偽造商品対策を実現しています。

NFT case study

NoFakeTodayの利用者はネットワークで接続され、商品の流通過程における全ての情報を相互に提供し取得します。NoFakeTodayが提供するソリューションは、税関や銀行だけでなく精査/検査機関などが加わることも可能です。そのため、サプライチェーン管理/決算/ロイヤリティプログラムといったCRM、マーケティング・プロモーションの観点からも、従来より効果的で効率的です。

活用できる産業分野も豊富で、飲食物だけでなく証明書 (学士号、免許証、許可証等)や化学薬品/電化製品/自動車産業など様々分野で応用できるため、多くの期待が集まっています。

ノーフェイクコイン(NFC)とは?

ノーフェイクコイン(NFC)は、イーサリアムのERC20基準を満たした独自のトークンである、ノーフェイクコイン(NoFakeCoin/NFC)を発行しています。

NFCはイーサリアムのERC20基準を満たしており、ソースコードはGitHubウェブサイト上に公開中です。安全性と流動性を考慮し、ブロックチェーン関連情報を扱うEtherScan.ioへの登録も予定されています。
NFCの総発行枚数は4億5,000万トークンであり、その内の60%が一般販売されます。20%はNFC財団が保有しており(リザーブトークン)今後のエコシステム及び顧客管理のために使用されます。

総発行枚数:450,000,000
NFC財団:90,000,00 (20%)
開発者:45,000,000 (10%)
設立者:45,000,000 (10%)
投資家:270,000,000 (60%)

リザーブトークンはNFCトークンの価値安定化を図るために用いられ、他のトークンにみられるような価格の著しい変動を制御することを目的としています。トークンセール終了後、販売されなかったトークンは全てNFC財団にて保管されます。

調達された資金は、今後のプロダクト開発やマーケティング活動のために使用されます。
NoFakeTodayの提供する技術やサービスなどのプロジェクトは、現在の市場での歴史が浅いため、既存メーカーの多くは従来の偽造防止プロセスを採用しています。NoFakeTodayによる革新的なサービスを認知/定着/導入には一定の時間とコストが必要になると予想されています。

開発:60%
マーケティング:25%
運営:10%
法務:5%

トークンセールの概要

トークンシンボル:NFC
調達目標額:600万米ドル
トークンセール期間:2018年3月1日(木)〜31日(土)の31日間
『フェーズ1』3月15日(木)まで:10.5 NFC/USD(5%のボーナス付与)
『フェーズ2』3月31日(土)まで:10 NFC/USD(ボーナスなし)

会社概要

会社名:No Fake Today Pte. Ltd.
所在地:9 Temasek Boulevard #04-02, Suntec Tower Two Singapore (038989)
代表者:Leon Huang
会社HP:nofake.io
ソースコード:GitHub
Twitter:twitterアカウント
Telegram:Telegramアカウント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

NEM(ネム)仮想通貨の高騰理由と今後「将来性について」

NEM(ネム)仮想通貨の高騰理由と今後「将来性について」

【World Wi-Fi】世界中でインターネットを無料に

【World Wi-Fi】世界中でインターネットを無料に

偽造されたホワイトペーパーが増加中?個人投資家は要注意

偽造されたホワイトペーパーが増加中?個人投資家は要注意

仮想通貨やICO関連の広告掲載を全面禁止|Facebook(フェイスブック)

仮想通貨やICO関連の広告掲載を全面禁止|Facebook(フェイスブック)

注目度の高い仮想通貨ニュース

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す