2023年2月に注目したいミームコイン8選

by BITTIMES   

ミームコインプロジェクトの大部分はWed3に存在する本格的なプラットフォームよりも有用性が低い事がほとんどです。しかしその中で、2021年の強気相場での大成功を収めたケースがいくつかありました。これは、投資家がバランスのとれたポートフォリオを作成するためにミームコインに注目することを意味しています。

ミームコインのプロジェクトは通常、従来の通貨の代替手段として設計されているのではなく、娯楽目的に焦点を当てています。もちろん中には、あるユーティリティを追加しトークンに役目をもたらしたプロジェクトも存在します。ミームコインの最大の武器は、仮想通貨市場に精通していない多くの人をも巻き込める力です。その為、潜在的な投資家はこの幅広い基盤を絶好の投資機会だと見込んでいます。

ここからは、様々なタイプのミームコインを新旧問わず7つご紹介していきます。

  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
  • 柴犬コイン(Shiba Inu/SHIB)
  • ドージロン・マーズ(Dogelon Mars/ELON)
  • ベイビードージコイン(Baby Doge Coin/BABYDOGE)
  • Hogeファイナンス(Hoge Finance/HOGE)
  • モナコイン(MonaCoin/MONA)
  • サモエドコイン(SamoyedCoin/SAMO)

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケード(MCADE)ミームコインファンのためのステルス投資

メタケード自体はミームコインでありませんが、このプロジェクトはGameFiスペース内で大きな可能性を秘めているため、ここでご紹介します。メタケードは​​普遍的なアプローチによって、多くの人がミームコインの可能性を含めた開発の可能性を通じてローンチを心待ちにしているプロジェクトです。

さらに、ミームコインへの投資を増やしたい人に最適なルートを提供するに加えて、プロジェクト自体にも大きな有用性があります. メタケードプラットフォームは魅力的な新しい取り組みであり、大きな注目を集めています。その主な理由としてプレセールの売れ行きが非常に良好である事です。最初の7週間で270万ドルという驚異的な額を調達し、現在の総額は670万ドルにまでのぼっています。

プレセールの成功の裏には、先日リリースされたホワイトペーパーに記された精密な戦略的計画のお陰でしょう。これにより投資家は、プロジェクトの目指す先や、全体像が包括的に把握する事ができます。

プラットフォームの最大の特徴はなんと言ってもメタバース最大規模のP2E(遊んで稼ぐ)ゲームのアーケードの運営です。あらゆるレベルのゲームプレイヤーが好きなゲームをプレイ可能なだけでなく、その過程で収入を得ることができます。また、2つの重要な設計上の選択肢により、獲得可能な最大市場規模(TAM)の大部分をカバーしています。

第一に「アーケードの報酬システム」が挙げられます。ユーザーが様々なプレイスタイルを通じて獲得できるようになっています。ソロまたは友達と楽しくカジュアルにプレイを楽しめるタイプはもちろん、ハードコアなプレイヤーに向けたオプションも用意しています。競争性のあるゲームのリーダーボードでトップの座を獲得するために戦ったり、自身の実力を試すべく、コミュニティの中でもトップのプレイヤーと戦えるトーナメントに参加が可能です。

第二に「アーケードは最大数のゲームタイトルを扱えるように設計されている」ということが挙げられます。これにより、多くのGameFiプロジェクトが直面している重大な課題が即座に取り除かれます。大多数のGameFiプラットフォームが1つのタイトルに焦点を当てているのに対し、メタケードには幅広い選択肢があるため、ユーザーを長期的に魅了し続けます。

ゲームのインセンティブを促進するために、報酬システムによってユーザーはプラットフォームのエコシステムへの貢献からも稼ぐことができます。コミュニティに参加したり、レビューを書いたり、アルファ版を共有したりすることが活動に含まれます。積極的なエンゲージメントを生み出し、エコシステムの質を上昇させることで、最終的には堅実なユーザーの定着率を得る事ができます。

MCADEトークンはただいまプレセールを開催中です。このトークンはエコシステムのコア通貨として使用されます。つまり、オンボーディングされるユーザーが増えるにつれて、需要に応じて価格が上昇する可能性があります。また、投資家がプラットフォームを保持して支援している間にパッシブリターンを獲得するためのステーキングオプションも提供します。

プロジェクトが計画している様々な取り組みの中から特に注目を集めているのが「メタグラント」と呼ばれるものです。これはコミュニティがアーケードの方向性を決める役割を果たせるように設計されています。ゲーム開発者は、コミュニティに提案を提示します。そしてユーザーは、最もポテンシャルが高いと思われるゲームをサポートするために投票をします。MCADE保有者は、メタグラントを受賞したプロジェクトへの資金分配の直接の背後にいることになり、いかにトークンを保有する力が大きいか示します。

>>> メタケードの詳細はこちらから確認できます <<<

ドージコイン(DOGE)ミームコイン界のトップ

2014年、ビリー・マーカス、ジャクソン・パルマーによって作成されたドージコインは、当時のビットコインコミュニティを取り巻く深刻度合を茶化すような存在として登場しました。このプロジェクトは、人気のある犬のミームを活用したもので誰もこの通貨の未来は予測することはできませんでした。

ドージコインのコミュニティは長年にわたって繁栄してきました。積極性とコミュニティ精神をチャネリングすることで、プロジェクトはお金のためだけに参加していると時々認識される多くのミーム コインを超越することができます。

ドージコインは他のトークンに比べて有用性が限られているかもしれませんが、プロジェクトはドージコインが仮想通貨の本来のビジョンを提供し、アクセス可能な支払いオプションになることを望んでいます。

コミュニティは積極性を促進するためにあらゆる手段を講じています。その活動のおかげかドージコインの価格は年々、特に2021年の強気相場で劇的に上昇しており、実質的な慈善活動に値する報酬を獲得しています。

DOGEの価格は多くの仮想通貨と同様に過去12か月で大幅な下落傾向にあります。しかし、プロジェクトは依然として人気があり、コミュニティはドージコインが成功することを強く望んでいます。

支払い用の仮想通貨として重要な役割を果たしたいのであれば、克服しなければならない技術的な問題がいくつか立ちはだかります。しかし、エキセントリックでありながら人気のあるイーロン・マスクの支援によってDOGEがTwitterに統合された場合、DOGEの価格が急騰する可能性は高いでしょう。

柴犬コイン(SHIB)

柴犬コインは、そのプロジェクトのコンセプトが非常に似ている事から別名ドージーキラーと呼ばれています。ただし、柴犬コインプロジェクトは イーサリアムはブロックチェーン上にあるため、提供される機能を活用してより幅広い潜在的なユーティリティの提供ができます。

柴犬は半匿名の創設者によって自発的なコミュニティ構築の実験であると説明されましたが、彼のプロジェクトは非常に成功したことが証明されており、2021年には時価総額が400億ドルを超えてピークに達しました。

このプロジェクトは当初、なんのユーティリティも持たずローンチしました。その後「Shiba Swap」を立ち上げて、トークンの保有を奨励するためのより大きなユースケースを提供しようとしています。さらにはNFTにも拡大され「Shiboshis」がリリースされました。創造的な創意工夫を奨励するように設計されたインキュベーターも含まれています。

柴犬コインはまだ本格的なプロジェクトのような有用性を持っていないかもしれません。しかし、強力なコミュニティを基盤に知名度が高い事から投資するのに最適なコインの1つになっています。

ドージロン・マーズ(ELON)

ドージロン・マーズ(ELON)は、2021年の強気相場で生まれたミームコインプロジェクトの1つです。これは、イーロン・マスクと彼の仮想通貨投資への影響を利用しようとしています。

プロジェクトは有用性に欠けていますが、最初の供給の半分をヴィタリック・ブテリン に送りました。その後、彼はほとんどをメトセラ財団に寄付したことで話題になりました。財団は、トークンの将来において果たすことができる役割を受け入れ、プロジェクトと効果的に提携しています。

コミュニティメンバーは、チャリティープロジェクトを通じて売り込みを図り、その寄付を通じて、ISS国立研究所によって Twitter で言及されました。

ベイビードージコイン(BABYDOGE)

ドージコインと似た名前をもつベイビードージコインの最大のポイントは、トークンノミクスの一部として取引税を特徴としています。すべての取引で10%の手数料が請求され、収益の半分はトークンの流動性に、残りの半分は残りの保有者に支払われます。

このプロジェクトは今のところ、何の有用性も持たないため強力なソーシャルメディア マーケティングのキャンペーンと熱心な保有者を武器に成長を目指しています。

これにより、ベイビードージコインへの投資は、マイナーな選択になります。しかし時価総額が低いことは、マーケティングを通じてより多くの関心が得られる伸び代があることを意味します。

ホーゲ・ファイナンス(HOGE)

ホーゲ・ファイナンス(HOGE)は、2021 年の強気相場における DeFi への関心の上昇から生まれました。このプロジェクトは、イーサリアムチェーン上に構築されており、おそらく最も大幅に拡大したミームコインです。保持を正当化するためにエコシステムを構築を目指しているためと考えられます。

ホーゲは、自らを売り込む能力を証明しており、宣伝のためにNFTや商品に活動を拡大しています。多くの慈善活動を行っており、プロジェクトが弱気の期間中に時価総額を維持し続けることができれば、今後数年間で量がかなり増加し主流の金利リターンが見られる可能性があります。

モナコイン(MONA)

多くの比較的新しいミームコインとは対照的に、モナコインは2013年の発行以来長期に渡って存在しています。日本で開発され、最初の代替暗号通貨であると主張しています。

このプロジェクトは、日本で非常に人気のあるアスキーアートキャラクターのモナをモデルにしています。ドージコインと同様に、独自のブロックチェーンを持ちプルーフオブワークコンセンサスを使用します。ASICに耐性のあるメカニズムを備えているため、最上位のハードウェアを使用せずにコインをマイニングしたい人にとって、プロジェクトへのアクセシビリティが向上します。

サモエドコイン(SAMO)

サモエドコインは、2021年に開始された新しいミームコインプロジェクトです。ソラナのネットワーク上で実行され、他のミームコインプロジェクトと同様に、より「実験的な」ユーティリティユースケースに焦点を当てるために、ここ数か月で戦略を転換しました。

チームはこのコインを積極的に宣伝し、プロジェクトの認知度を高めるために、さまざまな方法で注目を集める戦術を使用しました。コミュニティは、より多くのユーザーがSAMOの取得とコミュニティへの参加を快適に行えるようにするために、ソラナネットワークの認知度を高めることにも重点を置いています。

最も投資に向いている銘柄はメタケード

さまざまなミームコインにはさまざまな長所と短所がありますが、メタケードは、このリスト内で最も投資に優れた選択肢のようです。その有用性は、動的なプラットフォーム設計と相まって将来の拡張に大きな期待を集めており、ミームコインプロジェクトと並行して上昇する機会がたくさんあります。

メタケードエコシステムへの投資は、プラットフォームが提供する数多くのユーティリティの恩恵を受けると共に、将来へのさらなる開発と統合を目指すプロジェクトの露出を増加させる可能性があります。

メタケードの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年のBitcoin半減期前に注目したい5つのスモールキャップな仮想通貨

2024年のBitcoin半減期前に注目したい5つのスモールキャップな仮想通貨

マナ(MANA)が低迷している中メタケード(MCADE)は好調な滑り出し

マナ(MANA)が低迷している中メタケード(MCADE)は好調な滑り出し

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

NEMTUSが「Crypto Lounge GOX」とスポンサー契約を締結。ネオンサイン掲示と同時に、第1弾イベントをコミュニティメンバーと共催

NEMTUSが「Crypto Lounge GOX」とスポンサー契約を締結。ネオンサイン掲示と同時に、第1弾イベントをコミュニティメンバーと共催

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説