暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「GMOコイン」の基本情報やサービスの概要、取り扱う暗号資産(仮想通貨)・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

GMOコインとは

GMOcoin-logo

GMOコインとは、GMOインターネットグループの暗号資産FX・売買サービスです。同社は暗号資産取引サービスを「販売所・取引所」形式で提供しているだけでなく「証拠金取引サービス」なども提供しているため、自分の好みに合わせて仮想通貨取引を行うことができるようになっています。

また、GMOコインでは各種手数料が比較的低めに設定されているため「手数料を気にすることなく気軽に暗号資産を取引できる」という点でも高い評価を受けています。

取り扱っている暗号資産の種類も豊富で、日本国内では取り扱われていなかった暗号資産なども積極的に上場させているため、今後の新規通貨上場にも期待が高まっています。

取り扱う暗号資産

GMOコインが取り扱っている暗号資産は以下の28銘柄となっています。(2024年4月時点)

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
エックスアールピー(XRP)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
カルダノ・エイダ(ADA)
ダイ(DAI)
メイカー(MKR)
チェーンリンク(LINK)
FCRコイン(FCR)
ドージコイン(DOGE)
ソラナ(SOL)
フレアネットワーク(FLR)
アスター(ASTR)
ファイルコイン(FIL)
ザ・サンドボックス(SAND)
チリーズ(CHZ)

GMOの画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

サービスの種類・概要

取引所(現物取引)

取引所(現物取引)サービスでは、同社の取引プラットフォームを通じて他の投資家と「BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・XLM・BCH・BAT・QTUM・XYM・MONA・FCR・OMG・XTZ・ENJ・DOT・ATOM・ADA・MKR・DAI・LINK・ASTR・DOGE・SOL」の取引を行うことができます。

GMOコインの取引所では、Maker手数料でマイナス手数料が採用されているため、指値注文が約定した場合には手数料を得ることができます。

取引所(レバレッジ取引)

取引所(レバレッジ取引)サービスでは「BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL」のレバレッジ取引を行うことができます。注文手数料は新規・決済ともに"無料"となっており、レバレッジは2倍で提供されています。

注文手数料は無料となっているものの、日本時間朝6時00分をまたいで建玉を保有した場合は、当取引日の終値から計算した評価金額に対して、建玉ごとに「0.04%/日」の手数料が発生します。

販売所(現物取引)

販売所(現物取引)サービスでは、「BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・XLM・BCH・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・ADA・DAI・MLR・LINK・DOGE・SOL・FIL・SAND・CHZ」の23銘柄をGMOコインとの間で売買することができます。取引手数料は"無料"となっているため、手数料を気にせずに気軽に暗号資産を売買することが可能です。

販売所の取引画面は「買値」と「売値」の2つが表示されるシンプルな設計となっており、暗号資産を売買する場合には数量に関係なく表示されている価格で約定する仕組みとなっているため、"自分が希望する価格で取引できる"というメリットがあります。

暗号資産FX

暗号資産FXは、実際に暗号資産を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引サービスとなっています。

このサービスでは「BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・XLM・BCH・BAT・OMG・XTZ」の10銘柄を取引することができ、「注文・約定手数料・ロスカット手数料・即時入金手数料・出金手数料」などがすべて無料となっているため、取引コストを気にせずにトレードすることが可能です。

外国為替FX

外国為替FXは、1ドルからはじめられる外国為替証拠金取引サービスです。同サービスでは1ドル(1通貨単位)から取引することが可能で、レバレッジは最大25倍、同社が提供する『GMOコイン 暗号資産ウォレット』のアプリでも利用することができるようになっています。

FX(外国為替証拠金取引)では最低取引数量が1万通貨であるのが一般的ですが、GMOコインの外国為替FXでは1ドル(1通貨単位)から取引できるため、米ドル価格が130円だった場合は約6円の証拠金で取引を始めることができます。

外国為替FXの取扱銘柄(通貨ペア)

  • USD/JPY(米ドル/円)
  • EUR/JPY(ユーロ/円)
  • GBP/JPY(ポンド/円)
  • CHF/JPY(スイスフラン/円)
  • AUD/JPY(豪ドル/円)
  • CAD/JPY(カナダドル/円)
  • NZD/JPY(NZドル/円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/USD(ポンド/米ドル)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • NZD/USD(NZドル/米ドル)

貸暗号資産

貸暗号資産サービスは、自分が保有している暗号資産をGMOコインに貸し出すことによって、貸し出した暗号資産の数量・期間に応じた"貸借料"を受け取ることができるサービスです。

このサービスは同社が取り扱っている「BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・FLR・ASTR」に対応しており、貸出期間は以下3つのコースから選択できるようになっています。
・年率3%コース(3ヶ月)
・年率1%コース(1ヶ月)
・年率0%コース(FLRのみの特別コース)

自動積立サービス「つみたて暗号資産」

GMOcoin-tsumitate

つみたて暗号資産サービスは、決まった日に決まった金額の暗号資産を自動で購入することができる暗号資産積立購入サービスです。このサービスは2023年7月時点で「BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・XLM・BCH・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・ADA・DAI・MKR・LINK・DOGE・SOL・FIL・SAND・CHZ」の23銘柄に対応しており、「毎日購入」または「毎月10日の購入」どちらか好き方法を選んで、積立手数料無料で最低500円から積み立てを行うことができるようになっています。

また、GMOコインの公式サイトにある「つみたて暗号資産」の詳細ページでは、積立プラン・積立金額・積立期間を設定することによって、実際に暗号資産を積み立てていた場合のシミュレーションを行うことも可能です。「つみたて暗号資産」の概要は以下の通りです。

対応銘柄:BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・XLM・BCH・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・ADA・DAI・MKR・LINK・DOGE・SOL・FIL・SAND・CHZ
積立日:毎月プランは毎月10日、毎日プランは毎日
積立手数料:無料
決済通貨:日本円
最小積立金額:500円
注文単位:500円
最大積立金額:50,000円
受渡日:即時受渡(積立日と同日)

ステーキングサービス

ステーキングサービスは、特定の暗号資産を一定期間保有しているだけでステーキング報酬を獲得することができるサービスです。

ステーキングとは「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」と呼ばれるコンセンサスメカニズムを採用している暗号資産の保有者が報酬を得ることができる仕組みであり、ビットコインにおけるマイニングに相当するプロセスとなっています。

GMOコインのステーキングサービスは2023年11月時点で「DOT・ATOM・SOL・XYM・XTZ・QTUM・ASTR・ADA」に対応しており、これらの暗号資産保有者には特別な手続きなしで自動的にステーキング報酬が付与されることになっています。

>>「ステーキングサービス」の詳細はこちら

APIを使った自動売買

GMOコインはAPIを用いた自動売買サービスも提供しています。同社は「認証不要のPublic API」と「APIキーによる認証が必要なPrivate API」を提供しているため、取引の自動化や取引価格の自動取得などといった、プログラムを用いた取引環境を構築することができます。

GMOコインのAPIは「取引所(現物・レバレッジ)」と「口座情報」に対応しています。

GMOの画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

各種手数料

入出金手数料

日本円暗号資産
即時入金手数料無料
入金手数料無料無料
出金手数料無料無料

※入金時にかかる「振込手数料」と「マイナーに支払う手数料」は自己負担となります。

取引手数料

販売所取引所
(現物取引)
取引所
(レバレッジ取引)
暗号資産FX
取引手数料無料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:無料
Taker:無料
無料
ロスカット手数料建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04%/日建玉ごとに0.04%/日

GMOコインのメリット

merit

取り扱う暗号資産が豊富

GMOコインでは、その他の取引所では取り扱われていない様々なアルトコインを売買することができます。さらに同社は、これらのアルトコインの「暗号資産FX」も提供しているため、アルトコイン取引で効率的にトレードしたい方には最適な取引所となっています。

各種手数料が安い

入出金手数料・取引手数料などが安いという点もGMOコインの魅力です。特に入出金手数料に関しては、その他の暗号資産取引所では1,000円近い手数料が必要となる場合もあるため、これらの手数料が全て無料となっているのは大きな利点であると言えます。

スマホアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」

(画像:GMOコイン)(画像:GMOコイン)

GMOコインはiOS・Androidの両方に対応したスマートフォン向けアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」も提供しているため、このアプリを利用すれば外出先などでも手軽に暗号資産を取引することができます。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」では、取引所・販売所・暗号資産FX・暗号資産の入出金・日本円の入出金・口座情報の確認更新などといった様々なことができるため、スマートフォンだけでもGMOコインが提供する多くのサービスを利用することができます。

また、このアプリには「価格変動アラート・ウィジェット機能・チャートの分割表示機能・各種描画機能」などといった様々な機能が搭載されているため、自分のスタイルにあわせて様々な形でアプリを活用することができます。

GMOコインのデメリット

Demerit

販売所でスプレッドが広がる場合がある

GMOコインの販売所では、暗号資産の価格が大幅に動いた場合などにスプレッド(買値と売値の差)が広がる傾向があるため、利用者の間でもデメリットとして挙げられています。

取引所ではそれほど大幅にスプレッドが広がることはないため、頻繁に取引したい場合には「取引所」を、少ない取引で長期的に暗号資産を保有しようと考えている場合には「販売所」を利用すると良いでしょう。

暗号資産取引所GMOコインの新規登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Flare Network:分散化を実現し「ベータモード」に|FLR配布イベントの続報も

Flare Network:分散化を実現し「ベータモード」に|FLR配布イベントの続報も

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

SBINFT:音楽配信サービス提供の「レコチョク」と提携

SBINFT:音楽配信サービス提供の「レコチョク」と提携

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す