仮想通貨専門用語集

仮想通貨専門用語集

仮想通貨専門用語 あ行

アルトコイン

アルトコイン(代替コイン)とは Alternative Coin の略で、ビットコイン(bitcoin/BTC)以外の仮想通貨(暗号通貨)の総称です。代表的なアルトコインとして、イーサリアム(Ethereum / ETH)・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic / ETC)・リスク(LISK / LSK)・ファクトム(Factom / FCT)・モネロ(Monero / XMR)・ジーキャッシュ(Zcash / ZEC)・ライトコイン(Litecoin / LTC)・リップル(Ripple / XRP)・ネム(NEM / XEM)・ダッシュ(DASH / DASH)・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH・BCC)や、日本の 2ch 発祥のモナーコイン(Mona Coin / MONA)などがあります。ほとんどのものはビットコインを元にしたもので、根本的な仕組みはビットコインと変わらず、全世界で 2000種類以上もコインが作成されてます。

アルトコインに関するおすすめの記事

ICO

ICO とは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略です。Token Sales(トークン・セール)や Crowd Sale(クラウドセール)は現状、ICO とほぼ同じ意味で使用され、まだ市場に出回っていないトークン(Token)のセールの事を言います。新規の未上場通貨を上場前に売り出し(プレセール)、資金調達を行います。株式投資と違い、主幹事が存在せず、事業主体が直接売り出しを行うため、監査が無く、誰でも資金調達を行うことが出来ます。明確な上場基準やルールが存在しないので、事業者本位で ICO のルールを作ることができ、かなり自由に資金を集められる方法です。その為「資金を集めた後に姿を消す」などの詐欺 ICO が数多く存在するため、情報を精査して判断することが必要になります。

ICOに関するおすすめの記事

Amazon(アマゾン)

Amazon(アマゾン)は、

Amazon(アマゾン)に関するおすすめの記事

IOU

IOU(アイオーユー)とは、「現物」と対比させて使われます。仮想通貨なのに現物というのはなんとも意味不明ですが、仮想通貨の現物というのはそのブロックチェーン上にある通貨・トークンのことを指します。ビットコイン(BTC)のブロックチェーン上に乗っているBTCのみが現物であり、他のほとんどすべての「ビットコイン」と表現しているものはIOUです。例えば、リップル(Ripple/XRP)やBitSharesのゲートウェイではビットコインのIOUが発行されています。ビットコインのIOUとはビットコインの現物と交換できるトークンのことです。当然交換するには相手が必要であり、IOUの価値は交換相手、つまり特定の企業・団体・個人によって保たれています。IOUを発行するのはただブロックチェーン上でトークンを作成するだけです。例えばCounterpartyを利用して「JPYCOIN」という1円=1JPYCOINのレートで常に交換できるトークンを発行しました!と宣言すれば、JPYCOINは日本円のIOUということになります。

IOUに関するおすすめの記事

R3 コンソーシアム

R3コンソーシアムとは、ブロックチェーンシステムを利用して既存の金融機関の為にコスト削減システムを作り出そうという団体の事です。世界各国の企業が参加しており、日本の3大メガバンク(UFJ・みずほ・三井住友銀行)も参加をしております。「Corda」と呼ばれるブロックチェーンのオープンソースソフトを作成しする事で銀行業務の全てを包括しコスト削減する事で送金手数料を安くしたり送金時間を短縮したりすることを目指しています。世界の銀行がコスト削減の為に最新技術を共同で開発する事を目指しているようです。

IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、

IoT(Internet of Things)に関するおすすめの記事

IMF

IMFとは、International Monetary Fund(国際通貨基金)と呼ばれ 世界中の金融、為替の安定化を主の目的として設立された国際連合の専門機関です。 世界の銀行を取りまとめるような役割を負い、各国に対し強い影響力をもっています。 2018年現在、加盟国は189カ国となっています。

IBM

IBM(International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業。アメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに本社を構え、世界170カ国以上で事業を展開している。Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)をベースにしたブロックチェーン・テクノロジー・ソリューションを使用している400社以上の顧客を抱えており、顧客の中には「Walmart」や「VISA」なども含まれる。

IBMに関するおすすめの記事

アメリカ合衆国(United States of America)

アメリカ合衆国(United States of America)は、ワシントンD.C.を首都とする連邦共和国です。仮想通貨市場にも大きな影響力を持っており、米国証券取引委員会(SEC)などの決定は世界的にも重要なニュースとなります。SECは2018年6月にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような分散化された性質を持つ暗号通貨は証券に該当しないという決定を下しており、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などで発行されたその他の仮想通貨は、規制の対象になる可能性が高いということを発表しています。

アメリカ合衆国(United States of America)に関するおすすめの記事

アメリカンフットボール(American football/NFL)

アメリカンフットボール(American football/NFL)とは、

アメリカンフットボール(American football/NFL)に関するおすすめの記事

アルゼンチン(Argentina)

アルゼンチン(Argentine)は、ブエノスアイレス(Buenos Aires)を首都とする人口約4000万人の南アメリカに位置する連邦共和制国家であり、法定通貨はアルゼンチンペソ(ARS)です。同国の銀行Banco Masventas(BMV)は、地元のスタートアップ企業「bittex」と提携しビットコイン(BTC)を利用した国際送金サービスを発表しました。また、国内にBTC・ETH・LTC対応の仮想通貨ATMが4000台導入され、スーパーマーケットやショッピングセンター、映画館にも設置されました。アルゼンチン代表のサッカー選手リオネル・メッシ(Lionel Messi)氏は、世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNEY」を開発している「SIRIN LABS」のアンバサダーを務めてます。このスマートフォンは当初予定していたアイオータ(IOTA)のTangle技術は使用せず、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン(Blockchain)技術を採用しています。チ仮想通貨取引所は、チリを本拠地とする「buda」があります。

アルゼンチン(Argentina)に関するおすすめの記事

アーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)

アーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)に関するおすすめの記事

アラブ首長国連邦(UAE)

アラブ首長国連邦(UAE/United Arab Emirates)は、アブダビ(Abū Dhabī)を首都とする7つの首長国からなる連邦国家で、法定通貨はUAEディルハム(AED)です。アブダビに本拠地を置く航空会社「エティハド航空」は仮想通貨決済専門サービスの高級店である「Crypto Emporium(クリプト・エンポリウム)」と提携を結びました。2017年2月に暗号通貨決済を公式に認め、ブロックチェーン(Blockchain)などのFinTech(フィンテック)開発に力をいれており、2020年までに「ブロックチェーン政権になる」という目標を掲げ、 中でも開発先進国のドバイはビットコインATMを大量に設置しており、ブロックチェーンの中心地になることを目指しています。ドバイの仮想通貨取引所BitOasis(ビットオアシス)はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)などのCryptocurrencyを提供しています。

アラブ首長国連邦(UAE)に関するおすすめの記事

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda )は、セントジョンズ(Saint John's)を首都とする人口約10万人の小さい島々からなる独立連邦国であり、法定通貨は東カリブ・ドル(XEC)です。世界的なフィンテックの流れに資金を投入しようと考え仮想通貨決済の計画をたてており、ビットコイン(BTC)やその他の暗号通貨で市民権を購入出来ます。また、経済大使兼起業家であるCalvin Ayre(カルヴィン・エアー)氏はビットコインキャッシュ(BCH)を支持しており、BCH決済に対応したリゾート地の建設なども予定しています。

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)に関するおすすめの記事

アフリカ(Africa)

アフリカ(Africa)は、ヨーロッパの南に位置する六大州の一つです。人口約12億人で、最大都市はカイロ(Cairo)です。世界No.1のフィンテック(Fintech)成長地域だと言われており、身分証明書や銀行口座を持っていない国民にとって「イーサリアム」などの仮想通貨やブロックチェーン(Blockchain)技術が活用されると言われています。ビットコイン(Bitcoin)による授業料の支払いや暗号通貨ATMの導入も始まりました。また、リップル(XRP)を発行しているRipple社は、セレブ歌手Madonna(マドンナ)氏が運営する非営利団体「Raising Malawi(ライジング・マラウイ)」と提携し、アフリカの子供たちを救うための慈善活動や募金活動を開始しました。さらに、セネガル出身のR&BシンガーソングライターAkon(エイコン)氏も独自の暗号通貨の発行を予定しており「ブロックチェーンと仮想通貨がアフリカの救世主になる」とコメントしています。仮想通貨取引所は、イギリスを本拠地とする「Luno(ルノ)」、ケニアを本拠地とする「BitPesa(ビットペサ)」があります。

アフリカ(Africa)に関するおすすめの記事

アダルト(Adult)

アダルト(Adult)業界では、仮想通貨決済の導入が進んでいます。成人向け雑誌であるPLAYBOY(プレイボーイ)やポルノ動画配信サイトであるPornhub(ポルノハブ)は、すでに複数の暗号通貨での支払いを受け入れる動きを見せており、ラスベガスのストリップクラブではビットコインATMが導入されています。

アダルト(Adult)に関するおすすめの記事

Andreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)

Andreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)氏は、ビットコイン(BTC)やブロックチェーンが誕生した初期の頃からの研究開発に携わっていた専門家の1人として有名な人物です。世界中に読者を抱える大手メディアとのインタビューに何度も出演しているだけでなく、セキュリティや技術関連の会議にも専門家として出演しており、具体的でわかりやすい講演を行っています。

Andreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)に関するおすすめの記事

Audi(アウディ)

Audi(アウディ)とは、フォルクスワーゲン(Volkswagen)グループに所属しているドイツ(Germany)の自動車メーカーです。ブロックチェーン技術を活用するための研究や実験に長期的に取り組んでおり、同社の研究チームは、IT・金融・物流・製造などの様々な分野の代表者によって構成されています。

Audi(アウディ)に関するおすすめの記事

Anquan Capital(アンクアン・キャピタル)

Anquan Capital(アンクアン・キャピタル)とは、金融市場向けの分散型台帳と信頼できるコンピューティングプラットフォームを提供している企業です。このプラットフォームを使用して市場参加者間のコラボレーションを促進しており、現在は資金管理、投資銀行業務、取引銀行業務、証券取引所などの金融機関と協力しています。

Anquan Capital(アンクアン・キャピタル)に関するおすすめの記事

ALTEUMX(アルテウム)

ALTEUMX(アルテウム)とは、ブラジル(Brasil)を拠点とする仮想通貨取引所です。

ALTEUMX(アルテウム)に関するおすすめの記事

アート(Art)

アート(Art)業界でもブロックチェーン(Blockchain)技術は活用されています。著名な画家アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)氏の作品がトークン化され、数億円にものぼる金額で落札されました。

アート(Art)に関するおすすめの記事

Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)

Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)とは、ミスターポップアートとも呼ばれる著名な画家です。ブロックチェーン(Blockchain)の技術を活用した世界初の『仮想通貨オークション』では、トークン化された同氏の作品が数億円にものぼる金額で落札されました。

Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)に関するおすすめの記事

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは、ビットコイン(bitcoin/BTC)と同じ仮想通貨(暗号通貨)の一種で、時価総額、約8兆円 (※) のビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。イーサリアムの通貨単位は「ETH(イーサ)」と呼ばれ、ユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができることから「何でも屋」や「ワールドコンピューター」とも表現できるほど柔軟性が高く優秀で、分散型アプリケーション、スマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームに関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称です。2013年に、当時19歳のVitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)という人物によって設計・開発され、イーサリアムプロジェクトが調達した資金は、スイスに設立された「イーサリアム財団」という非営利団体によって管理されてます。現在このイーサリアムもビットコインと同様、採掘(プルーフ・オブ・ワーク)によって新規発行されていますが、将来的にはプルーフ・オブ・ステークに移行することが決まっています。(※ 2017/09/02 時点)

イーサリアム(ETH)に関するおすすめの記事

イスラエル(Israel)

イスラエルとは、中東のパレスチナに位置する国家です。レバノン、シリア、ヨルダン、エジプト、パレスチナと接しており、地中海および紅海にも面しています。首都はエルサレムであると主張していますが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしています。イスラエルに関連する仮想通貨には、エンドール(Endor/EDR)やSirin Labs Token(シリン/SRN)などがあります

イスラエル(Israel)に関するおすすめの記事

イオス(EOS)

イオス(EOS)とは 、企業の業務サポートで使われることを目的とした、スマートコントラクトを利用して分散型アプリケーションを作ることに特化している仮想通貨です。イーサリアム(ETH)などの他のDappが作れるプラットフォームとは違い、1秒間に何百万件ものトランザクションの処理が可能で使用料は無料となっています。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは、2016年 6月にイーサリアム(Ethereum/ETH)が 「THE DAO 事件」でハッキングを受けた際にハードフォークして分裂した事で誕生した仮想通貨です。ハッキングの被害に合わないようにイーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させているところが特徴のアルトコインです。

イーサリアムクラシック(ETC)に関するおすすめの記事

仮想通貨取引所で取り扱っている特定の仮想通貨に寄せられている売買注文の状況をリアルタイムで表にまとめたものです。

イギリス(United Kingdom)

イギリス(United Kingdom/英国)は、ロンドン(London)を首都とする人口約6500万人のヨーロッパ大陸の北西岸に位置する主権国家であり、法定通貨はUKポンド(GBP)です。世界の国々と比較すると仮想通貨に対して厳しい規制はあるものの、イングランド銀行(Bank of England)の総裁は「ロンドンは世界をリードするフィンテック技術の中心地になる」と発言するなど、国民の暗号通貨に対しての期待は高まっており、10年後には一般的な決済手段になっている可能性があるとも言われています。主な仮想通貨取引所は「London Block Exchange(LBX)」や「CoinDeal」があり、CoinDealはイギリスのサッカークラブ「Wolves」とスポンサー契約を交わしています。また、大手仮想通貨取引所「Huobi(フオビ)」がロンドンへ進出しキャッシュレス化への動きはさらに加速すると予測されています。

イギリス(United Kingdom)に関するおすすめの記事

eSports(eスポーツ)

eSports(eスポーツ)に関するおすすめの記事

eToro(イートロ)

eToro(イートロ)は、為替取引・株取引・商品取引などを提供する世界最大級のSNSトレードです。2018年7月時点で2億5,000万人以上のユーザーが利用しており、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、カルダノエイダコイン(ADA)などの仮想通貨取引サービスも提供しています。プロトレーダーの投資方法をコピーすることができる「CopyFund」などの機能もあるため、非常に人気の取引プラットフォームですが、日本向けのサービスは提供されていません。

eToro(イートロ)に関するおすすめの記事

ETF(上場投資信託)

ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略称であり、証券取引所に上場している投資信託のことです。ETFが採用されると、投資商品を証券会社を通して株と同じように取引できます。個人投資家だけではなく機関投資家も投資することができる金融商品であり、種類も豊富なため、株式、金、原油など世界中の色々な資産に投資できます。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のETFもあり、「日経平均株価の動きに近い運用ができる」「株式市場の平均点を狙える堅実な投資ができる」「会社分析の手間が省ける」「少額から投資可能」などのメリットがあります。

ETF(上場投資信託)に関するおすすめの記事

IOHK(Input Output HongKong)

IOHK(Input Output HongKong)に関するおすすめの記事

インフォテリア(infoteria)

インフォテリア(infoteria)とは、

インフォテリア(infoteria)に関するおすすめの記事

ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)

インターコンチネンタル・エクスチェンジ(Intercontinental Exchange/ICE)とは、アメリカ合衆国(United States of America)のジョージア州アトランタに本部を置く、デリバティブ取引を主力とする電子取引所を運営する会社です。

ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)に関するおすすめの記事

ESA(欧州宇宙機関)

ESA(欧州宇宙機関)とは、

ESA(欧州宇宙機関)に関するおすすめの記事

ICARUS(イカロス)

ICARUS(イカロス)とは、仮想通貨カルダノエイダコイン(ADA)を開発したIOHKが開発・提供しているオープン・ソースのウェブウォレットです。開発者の人々は公開されているICARUSのソースコードを利用して独自のADAウォレットを作成することもできます。Google(グーグル)のウェブブラウザであるChrome(クローム)の拡張機能として利用することができ、今後の開発が更に進むにつれて、CARDANOの分散化された生態系を更に拡大させることが期待されています。

ICARUS(イカロス)に関するおすすめの記事

Easy Crypto(イージー・クリプト)

Easy Crypto(イージー・クリプト)とは、2017年12月にニュージーランドに設立された仮想通貨取引所です。営業開始から短期間で急速に成長しており、世界的にも人気のある数多くのアルトコインを初心者でも簡単に購入することができるサービスを提供しています。

Easy Crypto(イージー・クリプト)に関するおすすめの記事

インドネシア(Indonesia)

インドネシア(Indonesia)は、ジャカルタを首都とする共和制国家です。仮想通貨を受け入れる方針の取り組みも進められており、2018年の6月には暗号通貨を商品として認め、証券取引所で合法的に取引可能な商品として扱われています。

インドネシア(Indonesia)に関するおすすめの記事

イングランド(England)

イングランド(England)は、イギリスを構成する4つの国の一つです。ロンドンを首都としており、国の面積はグレートブリテン島南部の約3分の2を占めています。フットボール業界でも有名なイングランドのサッカーチームは仮想通貨取引プラットフォームである「eToro(イートロ)」とのスポンサー契約も交わしており、暗号通貨やブロックチェーン技術に積極的な姿勢を見せています。

イラン(Iran)

イラン(Iran)は、テヘランを首都とするイスラム共和制国家です。仮想通貨を受け入れるかどうかについて、以前から多くの議論が交わされていた同国は、2018年8月現在、中央銀行が発行する国家独自の暗号通貨の開発に取り組んでいます。

イラン(Iran)に関するおすすめの記事

Intel(インテル)

Intel(インテル)は、アメリカ合衆国(United States of America)のカリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーです。仮想通貨(Cryptocurrency)ビットコイン(Bitcoin/BTC)のマイニングコストを削減できる特許を出願しています。

Intel(インテル)に関するおすすめの記事

売り板

売り板とは、仮想通貨取引所のにおける仮想通貨の売却注文をリアルタイムで表にまとめたものです。

ウクライナ(Ukraine)

ウクライナ(Ukraine)に関するおすすめの記事

Wall Street(ウォール・ストリート)

ウォール街(Wall Street)は、ニューヨーク(New York)マンハッタン島に位置する世界の金融・証券市場の中心地であり、世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所(NYSE)やモルガン・スタンレー(Morgan stanley)やゴールドマンサックス(Goldman Sachs)といった投資銀行、ニューヨーク連邦準備銀行などの大手証券会社や銀行が軒を並べています。CARDANO(カルダノ)の創設者Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドル(数千兆円)を投入する」と主張しています。ウォール・ストリートの元ヘッジファンドマネージャーMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は暗号投資に専念し億万長者となりました。

Wall Street(ウォール・ストリート)に関するおすすめの記事

Winklevoss(ウィンクルボス)

Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟とは、アメリカ出身のテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)とキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)からなる双子の兄弟のことです。名門ハーバード大学(Harvard University)在校時、Facebook(フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ氏からソーシャルネットワークのアイデアを盗まれたと訴訟した話が有名です。また、仮想通貨取引所「Gemini」の運営や暗号通貨「ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)」の発行、ビットコインETFの上場に向けた取り組みなど、事業家として優れた実績を持っており世界最大の「ビットコイン投資家」としても有名です。

Winklevoss(ウィンクルボス)に関するおすすめの記事

宇宙(Space)

宇宙(Space)とは、

ウガンダ(Republic of Uganda)

ウガンダ共和国(Republic of Uganda)は、カンパラ(Kampala)を首都とする人口約4149万人の東アフリカに位置する共和制国家で、法定通貨はウガンダ・シリング(UGX)です。

ウルトラ・ミュージック・フェスティバル(ULTRA MUSIC FESTIVAL/UMF)

ULTRA MUSIC FESTIVAL:UMF(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)とは、世界最大のエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典です。

ウルトラ・ミュージック・フェスティバル(ULTRA MUSIC FESTIVAL/UMF)に関するおすすめの記事

ヴィチェーン(VeChain/VET)

ヴィチェーン(VeChain/VET)とは、中国のBitSEが開発・運営しているブロックチェーンプラットフォームです。商品が本物か偽物かを判断する『真贋判定(しんがんはんてい)』の手段として知られており、ブランド品などの高級品の品質確認の方法として利用される他、BMW(ビー・エム・ダブリュー)のような自動車メーカーにも活用されています。

ヴィチェーン(VeChain/VET)に関するおすすめの記事

SBIホールディングス

SBIホールディングス株式会社とは、日本の大手金融持株会社です。商号のSBIは、元々「SoftBank Investment」の略でしたが、ソフトバンクグループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更しています。仮想通貨市場にも幅広く関わっており、取引所である『SBIバーチャルカレンシーズ』や『SBI Ripple Asia 株式会社』など様々なサービスを提供しています。

SBIバーチャルカレンシーズ

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI Virtual Currencies/SBIVC)は、2016年11月1日にSBIホールディングスによって設立された仮想通貨取引所です。仮想通貨の交換・取引サービスやシステムの提供を主な事業内容としており、ビットコイン(BTC)/ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)/イーサリアム(ETH)/リップル (XRP)の取り扱いが予定されています。

xCurrent(エックスカレント)

xCurrent(エックスカレント)とは、

xCurrent(エックスカレント)に関するおすすめの記事

ANA(全日本空輸)

ANA(全日本空輸)とは、All Nippon Airwaysの略であり日本の航空会社です。ANAホールディングスの共同企業体である株式会社ACDは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行いACDというトークン(Token)を発行しています。

ASIC

ASIC(エーシック)とは、Application Specific Integrated Circuit の頭文字を取った略称で、日本語で「特定(Specific)アプリケーション用(Application)集積回路(Integrated Circuit)」という意味になります。ビットコイン(bitcoin/BTC)のマイニング(採掘)に利用されている集積回路(IC チップ等に利用される電子部品)がこの ASIC で、ビットコインだけで利用されるわけではなく特定の物を効率よく処理する目的で作成され、画像処理速度を上げるなど、様々な場面で利用される電子部品の一つです。ビットコインのマイニングでは「特定の演算」が行う必要があり、それに特化した集積回路、このASICを利用する事で効率よくマイニングを行おうとしています。

ASICに関するおすすめの記事

エンドール・プロトコル(Endor Protcol/EDR)

エンドール・プロトコル(Endor Protcol/EDR)は、イスラエルのEndor社が提供する「人工知能(AI)などの技術を活用した未来予測のプラットフォーム」です。Endor.coin(エンドール・コイン)とも呼ばれるこのプロジェクトは、人工知能によるデータ分析を民主化することにより、手軽に利用できる正確な未来予測のサービスを全ての人に提供することを目的としています。Endor.coinトークン(EDR)は、プラットフォーム上の取引や運営に使用されます。

エンドール・プロトコル(Endor Protcol/EDR)に関するおすすめの記事

AirDrop(エアドロップ)

AirDrop(エアドロップ)とは、仮想通貨が仮想通貨取引所に上場する前に、プロジェクトの参加者やトークンの保有者を広げることで経済圏を拡大することを目的として希望した人に対してトークンを無料で配る行為のことです。参加するユーザーは仮想通貨を無料で入手することができます。

エストニア(Estonia)

エストニアは(Estonia)は、タリン(Tallin)を首都とする人口約131万人の北ヨーロッパに位置する共和制国家であり、法定通貨はユーロ(EUR)です。IT技術者が多く、ヨーロッパのITオフシェア開発拠点として定着しており、メッセージアプリ「Skype」を生んだ国でもあります。米証券取引所ナスダック(NASDAQ)は同国にブロックチェーン(Blockchain)技術を社会インフラとして取り入れ「Residency」と呼ばれる電子政府システムがその技術を活用して導入されています。またエストニア電力(Eesti Energia)は風力発電を利用した仮想通貨のマイニングも開始しました。首都には韓国の大手電機メーカーSAMSUNG(サムスン)ストアがあり、BCT・ETH・DASH・NEM・XRP・LTCなど、ビットコインや仮想通貨決済の導入を予定しています。

エストニア(Estonia)に関するおすすめの記事

EMURGO(エマーゴ)

EMURGO(エマーゴ)に関するおすすめの記事

SEC(米国証券取引委員会)

SEC(Securities and Exchange Commission)とは、アメリカ合衆国において株式や公社債などのような証券取引の監視・監督を行なっている連邦政府の機関。仮想通貨が普及したことを受けて、それらの通貨が『証券に該当するか』についても議論を進めています。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような『分散化された性質を持つものは証券には当たらない』という見解を示しており、その他の"証券に該当する通貨"はセキュリティートークンとも呼ばれています。

SEC(米国証券取引委員会)に関するおすすめの記事

MVP(Minimum viable product)

MVP(Minimum viable product)とは、検証に必要な最低限の機能を持った製品のこと

Everipedia(エヴァリペディア)

Everipedia(エヴァリペディア)とは、イオス(EOS)のブロックチェーン上に作成されたオンライン百科事典です。Wikipedia(ウィキペディア)のようにコミュニティに参加するメンバーが、記事を編集することができ、編集者には報酬として独自発行された仮想通貨である「IQトークン」が付与されます。

Everipedia(エヴァリペディア)に関するおすすめの記事

Edward Snowden(エドワード・スノーデン)

Edward Joseph Snowden(エドワード・ジョセフ・スノーデン)は、アメリカ国家安全保障局(National Security Agency:NSA)の元局員であり、中央情報局(Central Intelligence Agency:CIA)にも在籍していた、アメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」で情報収集の活動に携わっていたシステム分析官です。

Edward Snowden(エドワード・スノーデン)に関するおすすめの記事

エンジェル投資家(Angel Investor)

エンジェル投資家(Angel Investor)とは、創業から間もない企業に対して投資を行う個人投資家のことです。仮想通貨やブロックチェーン関連のスタートアップ企業に投資を行なっているエンジェル投資家も数多く報告されています。

EMINEM(エミネム)

EMINEM(エミネム)とは、アメリカ合衆国出身のヒップホップMCでありながら、俳優やプロデューサーなどもこなしている世界的にも有名なアーティストです。音楽業界ではHIP-HOP界を代表するラッパーの一人であり、大きな影響力をもつ人物でもあります。2018年8月30日にリリースしたアルバムでは『今ではビットコイン(Bitcoin/BTC)をみんなが使っている』とも語っています。

EMINEM(エミネム)に関するおすすめの記事

オーストラリア(Australia)

オーストラリア(Australia)は、キャンベラ(Canberra)を首都とする人口約24000万人のオセアニアに属する一国で、国法的通貨はオーストラリア・ドル(AUD)です。同国では家賃や水道光熱費、保険や税金などの様々な家計費(日常生活を維持するのに必要な費用)をビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨で支払うことができます。その家計費に支払われる仮想通貨は400万ドルを超えています。さらに2017年7月1日から、それまで二重課税だった税が、非課税に施行されたこともあり、ビジネスの発展の多くの期待が集まってます。仮想通貨取引所は「CoinSpot」、シドニーを拠点とする「lndependent Reserve」がありオーストラリアで初めて認可された取引所であり、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)などを始めとする通貨を購入することができます。

オーストラリア(Australia)に関するおすすめの記事

億り人

億り人とは、トレードなどの投資活動で資産1億円を達成した人のことをいう造語のようなものです。以前から株式投資などでも1億円を達成する人はいましたが、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の誕生によって近年でさらに億り人は増えています。

億り人に関するおすすめの記事

オーストリア(Austria)

オーストリア(Austria)に関するおすすめの記事

大石哲之(Tetsuyuki Oishi)

大石哲之(Tetsuyuki Oishi)は、「ビットコイン研究所」運営者です。

大石哲之(Tetsuyuki Oishi)に関するおすすめの記事

オーガー(REP)

オーガー(Augur/REP)とは、「未来の予測」を特徴とする暗号通貨(仮想通貨)です。「分散型の未来予測市場」と言われており、ギャンブルのような仕組みのプロジェクトで未来予測に賭け金を賭け、その予測が正しければ報酬が得られるという仕組みです。イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトを応用しています。

オーファンブロック

オーファンブロック(Orphan Block)とは、マイニングを行うと新しいブロックが作られます。新しいブロックは今までのブロックチェーンの最後尾に追加されます。しかし、マイナーは複数人おり、それぞれのマイナーが全く別のブロックを作り出しブロックチェーンに追加します。こうなると最後尾には複数のブロックが存在することになりが、システムは複数あるブロックの 1つを選択してさらに最後尾に新しいブロックを追加します。この時に選ばれなかった方のブロックのことをオーファンブロック(孤立ブロック)と呼びます。

オーブス(ORBS)

オーブス(ORBS)とは、イスラエルのFinteckスタートアップのPayKeyの共同設立者兼CEOであるダニエル・ペリード氏が創設した、世界中の人々が利用できる分散型アプリケーションのインフラストラクチャの構築を目指す仮想通貨です。アプリケーション開発に必要なインフラ基盤を提供することで、全ての人が開発を行い、使用することができるサービスの提供を目指しています。2020年までに「全ての支払い/SNS/広告配信/ゲーム」などのサービス利用者に向けた最先端のアプリケーションを作り、サービスを提供することを予定しています。オーブスのプラットフォームは、世界で使われているアプリケーション向けのブロックチェーンのインフラストラクチャ「アイアース(IaaS)」です。

オランダ(Netherlands)

オランダは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家であり、憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。アムステルダムにあるSchiphol(スキポール)空港は、現金をビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に交換することができる仮想通貨ATMが設置されています。

オランダ(Netherlands)に関するおすすめの記事

OKEx(オーケーイーエックス)

OKEx(オーケーイーエックス)に関するおすすめの記事

欧州サッカー連盟(UEFA)

欧州サッカー連盟(UEFA)とは、ヨーロッパの国々や各地域のサッカー協会を統括している機関であり、国際サッカー連盟(FIFA)の傘下でもあるサッカー大陸連盟です。ブロックチェーン技術をチケット販売に活用する取り組みも行なっており、2018年8月には実際に導入を成功させています。

欧州サッカー連盟(UEFA)に関するおすすめの記事

音楽(Music)

音楽(Music)業界では、仮想通貨やブロックチェーンが様々なことに活用されています。イベントで独自の暗号通貨を発行して仮想通貨決済を導入したり、楽曲の著作権を保護することなどにも利用することができるため、あらゆる面で理想的な環境を作り出せる可能性を秘めています。このようなことなどから数多くのアーティストがビットコイン(BTC)などのCryptocurenncyを支持しています。

音楽(Music)に関するおすすめの記事

オハイオ(Ohio)

オハイオ州(Ohio)は、アメリカ合衆国中西部の北東にある州です。米国にある50州の中で、陸地面積は34位に位置付けられており、人口では7位にランキングされています。ブロックチェーン開発の中心地となることを目指しており、それらのテクノロジーに関する教育の必要性なども唱えています。

オハイオ(Ohio)に関するおすすめの記事

オレゴン(Oregon)

オレゴン州(Oregon)は、アメリカ合衆国の北西部に位置する州です。ブロックチェーン(Blockchain)の中心地になることを目指した取り組みなども行なっています。

仮想通貨専門用語 か行

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)とは、Cardano(カルダノ)プロジェクトの仮想通貨です。Cardanoはオープンソースな分散型ブロックチェーン及び仮想通貨プロジェクトです。Cardanoの生みの親、Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が率いているIOHKの開発チームは従来のプロトコルよりも優れたスマートコントラクトのプラットフォームの開発を行っています。また科学哲学と研究主導型アプローチから発展した初のブロックチェーンプラットフォームです。Huobi(フォビ)やBINANCE(バイナンス)などで、購入する事ができます。

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)に関するおすすめの記事

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所(ビットコイン取引所)とは、ビットコイン国内取引量 No.1 の bitFlyer(ビットフライヤー)や coincheck(コインチェック)、2ch から生まれた仮想通貨のモナコイン(MONA)を最初に取り扱った Zaif(ザイフ)などのビットコインや、その他の仮想通貨アルトコインの売買取引や送金を行う場所のことを言います。

仮想通貨取引所に関するおすすめの記事

仮想通貨まとめ

仮想通貨まとめに関するおすすめの記事

価格の下落・暴落

価格の下落・暴落とは、

価格の下落・暴落に関するおすすめの記事

カンファレンス(Conference)

カンファレンス(Conference)とは、仮想通貨に関する検討や議論の発表の事を指します。

カンファレンス(Conference)に関するおすすめの記事

ガチホ

ガチホとは、保有する仮想通貨(暗号通貨)を「ガッチリホールド」又は「ガチでホールド」するを略したものです。

仮想通貨法案

2017年4月から施行されている「銀行法等の一部を改正する法律」のことを指しており、主に「ビットコイン(BTC)」を取り扱う「ビットコイン取引所」に明確なルールを適用させるために施行されます。

買い板

買い板とは、仮想通貨取引所における仮想通貨の買収注文をリアルタイムで表にまとめたものです。

韓国(Korea)

韓国(Korea)はソウル(Seoul)を首都とする人口約5千万人の共和制国家で、法定通貨はウォン(KRW)です。同国では仮想通貨バブルが起きており、50人に1人(平均投資額は1人59万円)は取引をしていると言われるほどの世界最大級の仮想通貨市場です。大手仮想通貨取引所はbithumb(ビッサム)があります。

韓国(Korea)に関するおすすめの記事

カカオ(Kakao)

カカオ(Kakao)は、2014年に設立された韓国のインターネットサービス会社です。無料通話・メッセンジャーアプリの「カカオトーク」などを国内外に展開しています。2018年3月にブロックチェーン技術に重点をおいた子会社「Ground X」を設立し、ICOの分野へ参入することを発表しました。

カカオ(Kakao)に関するおすすめの記事

格闘技(Fighting Sport)

格闘技業界では、イギリス最大の総合格闘技(MMA)団体であるBAMMAがビットコインキャッシュ(BCH)とのスポンサー契約を交わしています。

格闘技(Fighting Sport)に関するおすすめの記事

カナダ(Canada)

カナダ(Canada)に関するおすすめの記事

カストディ(Custody)

カストディ(Custody)とは、「保管」を意味する言葉であり、有価証券投資などを行う際にそれらの保管や管理を行う業務のことを指します。仮想通貨の世界でも利用されるようになってきており、大手金融機関の参入などに伴い、目にする機会が増えてきています。カストディ業務を行う期間はカストディアンと呼ばれています。

カストディアン(Custodian)

仮想通貨投資家

仮想通貨投資家に関するおすすめの記事

カリブ(Caribbean)

カリブ諸国(Caribbean States)は、北米から南米にかけて広がる人口約4300万人の島国からなる地域です。法定通貨はなくほとんどの島は独自の通貨を持っていますが一部の国ではユーロ(EUR)や米ドル(USD)などの外貨が使用されています。カリブ海観光局(CTO)は地元ブロックチェーン企業「Bitt社」と提携し、仮想通貨決済の導入を開始しました。

カリブ(Caribbean)に関するおすすめの記事

仮想通貨格付けランキング

仮想通貨格付けランキングとは、

仮想通貨格付けランキングに関するおすすめの記事

Calvin Ayre(カルヴィン・エアー)

Calvin Ayre(カルヴィン・エアー)は、

Calvin Ayre(カルヴィン・エアー)に関するおすすめの記事

介護ビジネス

介護ビジネスとは、

介護ビジネスに関するおすすめの記事

Ice3x

Ice3xとは、南アフリカの仮想通貨取引所です。8月4日からカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始しました。

Ice3xに関するおすすめの記事

カリフォルニア(California)

カリフォルニア(California)は、アメリカ合衆国(United States of America)の西海岸の州です。

カリフォルニア(California)に関するおすすめの記事

価格予想(Price Forecast)

価格予想

価格予想(Price Forecast)に関するおすすめの記事

環境問題(Environment issues)

環境問題(Environment issues)とは、主に世の中に存在する生命、自然、空気、水などに関連する周囲の環境の変化から発生する問題のことを指します。仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の技術を用いて環境保護に取り組む企業も数多く存在します。

北朝鮮(North Korea)

北朝鮮(North Korea)に関するおすすめの記事

偽造防止

インターネット上で取り扱うビットコイン(bitcoin/BTC)では、偽造を防止する為のシステムが使用されている。公開鍵暗号やハッシュ、その双方を用いた電子署名等の技術はビットコインの艤装を防止するシステムである。これらのシステムが正しく運営されているため、ビットコインのセキュリティは堅牢であると言える。

金融庁

金融庁(FSA)は、日本の行政機関の一つです。日本の金融機能の安定を確保し、預金者/保険契約者/金融商品の投資者/その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務としており、内閣府の外局として内閣総理大臣の所轄の下に設置されています。

金融庁に関するおすすめの記事

GitHub(ギットハブ)

GitHub(ギットハブ)とは

GitHub(ギットハブ)に関するおすすめの記事

Kim Dotcom(キム・ドットコム)

Kim Dotcom(キム・ドットコム)氏は、ドイツとフィンランドに二重の国籍を持つ実業家でありながら、政治活動家やミュージシャンとしても知られている人物です。仮想通貨を支持していることでも有名であり、米国経済の崩壊に備えてビットコイン(BTC)や金を買うべきだとも主張しています。

Kim Dotcom(キム・ドットコム)に関するおすすめの記事

仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨とは「暗号通貨」とも言われるインターネットを通じて物品やサービスの支払いに使用することができる "デジタル通貨" のことで、法定通貨のように紙幣や硬貨のような目に見える形ではなく、電子データとして存在します。特定の国家による価値の保証がなく、銀行や金融機関などの中央管理システムを経由せずに使用者同士で管理が行われるため、送金や決済時の手数料が安く、送金・決済時間を大幅に短縮することができます。ネット上の複数コンピュータで送金記録を相互監視するブロックチェーン(Blockchain)で管理され、暗号化技術により不正防止されています。円やドル・ユーロ・人民元などの法定通貨と交換することで入手することができます。現在、アルトコイン(altcoin)とも呼ばれる仮想通貨の種類は 1,000 を超えると言われており、ビットコイン(bitcoin/BTC)は、数ある仮想通貨の中でも最も取引額が大きい仮想通貨です。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、ハードウェアを使用し遠隔でマイニング(採掘)を行うことで、企業が保有する強力なマイニングシステムの一部を使用しマイニングを行うこと。クラウドマイニングが誕生した理由は、ビットコイン(BTC)のマイニング難易度が高くなりすぎたことで、個人ではマイニングがほぼ不可能になったため。

クリプト(crypt)

クリプト(crypt)とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の事を指します。クリプトは「秘密」とか「暗号」という意味なので、本来ならばクリプトでは「暗号通貨」という意味合いになってしまいますが、日本では仮想通貨という通称が先行し一般化してしまっています。

Google(グーグル)

Google(グーグル)とは、

Google(グーグル)に関するおすすめの記事

KuCoin(クーコイン)

KuCoin(クーコイン)とは、2017年11月に香港に設立された仮想通貨取引所です。70種類以上の仮想通貨やトークンを取り扱っており、2018年12月頃には1000種類以上の仮想通貨を取り扱う予定であるとされています。

Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopia(クリプトピア)に関するおすすめの記事

Cryptocurrency(クリプトカレンシー)

Credit Suisse(クレディ・スイス)

Credit Suisse(クレディ・スイス)とは、

Credit Suisse(クレディ・スイス)に関するおすすめの記事

熊本(Kumamoto)

熊本(Kumamoto)は、

熊本(Kumamoto)に関するおすすめの記事

Craig Steven Wright(クレイグ・スティーブン・ライト)

Craig Steven Wright(クレイグ・スティーブン・ライト)は「自分こそビットコイン(Bitcoin)の生みの親"Satoshi Nakamoto"だ」と主張したオーストラリア人起業家です。

Craig Steven Wright(クレイグ・スティーブン・ライト)に関するおすすめの記事

Kraken(クラーケン)

Kraken(クラーケン)とは、アメリカ合衆国(United States of America)の都市サンフランシスコ(San Francisco)で2011年に創業され、日本円、カナダドル、米ドル、イギリスポンドで取引が可能な仮想通貨取引所です。

Kraken(クラーケン)に関するおすすめの記事

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)は、

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)に関するおすすめの記事

Clif High(クリフ・ハイ)

Clif High(クリフ・ハイ)とは、「WEB BOT」という相場予測マシンを開発した元マイクロソフト(Microsoft)のエンジニアです。

Clif High(クリフ・ハイ)に関するおすすめの記事

Cryptofacil(クリプトファシル)

Cryptofacil(クリプトファシル)とは、ラテンアメリカとカリブ海諸国に住む人々向けの仮想通貨取引プラットフォームです。仮想通貨取引所「BITTERX(ビットレックス)」と提携し200種類を超える仮想通貨(Cryptocurrency)を提供する予定と発表しました。

Cryptofacil(クリプトファシル)に関するおすすめの記事

Chris Skinner(クリス・スキナー)

Chris Skinner(クリス・スキナー)氏は、フィンテック(FinTech)関連のブログである「Finanser.com」で最もよく知られている金融市場の解説者です。数々のベストセラーの書籍を執筆していることでも知られています。仮想通貨についても言及しており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の問題点を指摘する一方で、イーサリアム(Ethereum/ETH)やブロックチェーン(Blockchain)の技術を高く評価しています。

軍事(Military affairs)

軍事(Military affairs)とは、戦争やそれに携わる軍人及び軍隊などに関連する事柄を総称する言葉です。軍事産業でもブロックチェーン(Blockchain)の技術を取り入れる動きは始まっており、アメリカの海軍では、軍用機の部品を輸送する際の情報管理に活用する試みなどがすでに開始されています。

建設(Construction)

建設(Construction)業界では、ブロックチェーン技術を導入する企業も増えてきています。建設現場には、関連企業や下請け業社などの出入りも頻繁に行われるため、機密情報などが流出してしまう可能性があります。これらの危険を回避するために、Blockchainなどの暗号化技術が活用されています。

建設(Construction)に関するおすすめの記事

ケニア(Kenya)

ケニア(Kenya)は、ナイロビを首都とする共和制国家でありイギリス連邦の加盟国です。2007年の大統領選では、選挙の結果に納得できなかった支持者たちによる大規模な暴動が発生し、1000人以上の死者が出るほどの悲惨な事件として歴史に刻まれています。このような背景を持つケニアでは現在ブロックチェーン技術を活用した選挙なども検討されています。

ケニア(Kenya)に関するおすすめの記事

ケイマン諸島(Cayman Islands)

ケイマン諸島(Cayman Islands)は、ジョージタウンを首都とする西インド諸島を構成している諸島の一つです。仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の技術に友好的なことでも知られています。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)とは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所サービスです。ビットコイン(BTC)などの主要な仮想通貨の他にも多くのアルトコインを取り扱っていることで人気の取引所でしたが、不正アクセスによって多額の仮想通貨ネム(NEM/XEM)を流出させた事件をきっかけに、2018年4月にマネックスグループ株式会社の完全子会社となりました。

Coincheck(コインチェック)に関するおすすめの記事

価格の高騰・暴騰

高騰とは、物価や株価、仮想通貨などの価格が急激に甚だしく上昇することを言います。長期的に少しづつ価格が上がっている場合は「上昇している」と言われますが、ある日突然価格が30%上がっていた場合などには「高騰した」と表現する場合もあります。

価格の高騰・暴騰に関するおすすめの記事

coinbase(コインベース)

coinbase(コインベース)は、アメリカに本社を置く仮想通貨取引所やウォレットサービスを展開する企業の事です。アメリカの複数の州において認可を得て仮想通貨取引所を運営しています。2017年8月に企業価値が 16億ドルとなり、ユニコーン企業(評価額が 10億ドル以上のユニコーンのように伝説的な非上場企業の事)となりました。 coinbase がユニコーン企業の仲間入りをした事は、仮想通貨の将来性が評価されている事を表していると言えるでしょう。

coinbase(コインベース)に関するおすすめの記事

強盗(Robber)

強盗(Robber)は、

強盗(Robber)に関するおすすめの記事

コムサ(COMSA)

コムサ(COMSA)とは、ICO(Initial Coin Offering)による資金調達の請負「暗号通貨トークンの発行」「参加取引所ZAIFによるトークン上場の確約」「コントラクト実装」を実施することを目的としており、そのために「mijin プライベートブロックチェーン」による内部勘定技術を ICO ソリューション、トークンソリューション、コントラクトソリューションとして提供しています。

コムサ(COMSA)に関するおすすめの記事

ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)

ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州に本社を置く大手金融グループです。 投資銀行業務を中心に株式・債権のブローカー、貸付・保険銀行も行っており、投資銀行として時価総額首位付近の常連企業です。2018年5月にビットコイン(BTC)取引の開始を発表しており、仮想通貨に前向きな姿勢を見せています。

ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)に関するおすすめの記事

Coinbase(Mining reward)

Coinbase(コインベース)とは、採掘報酬とも呼ばれ、1回のマイニングでマイナーに報酬として支払われるビットコイン(bitcoin/BTC)のことです。1回の採掘報酬は 50BTC から始まり、25BTC、12.5BTC と、ある一定期間を過ぎるごとに報酬額が半分になっていきます。この採掘報酬額(コインベース額)が半額になる期間のことを「半減期」と呼び、価格が大きく変動する傾向にあります。

Coinbase(Mining reward)に関するおすすめの記事

Gox

東京にあったビットコイン取引所の「マウントゴックス社」社長の横領により 115億円相当のビットコインを消失し結局民事再生法を申請し経営破綻しました。外部からのハッキングではなく、仮想通貨取引所に預けていた仮想通貨を取引所ごと消失してしまう事を、「Goxする」と言われることもあります。

Goxに関するおすすめの記事

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズム(合意方法)とは、ビットコインやライトコイン、モナコイン等の管理方法で、ブロックチェーン上で、一番目にブロックを作成(承認)する権利を得るためのルールの事です。このルールにのっとってビットコイン等の取引が正当なものか不当なものかを判断し、取引を承認していかなければなりません。ビットコイン等は、通貨を管理する中央機関が存在せず、その代わりにブロックチェーンという技術により所有者全員で通貨を管理します。ブロックチェーンでは、マイナーと呼ばれる人たちがビットコインの取引データを「ブロック」と呼ばれるデータの箱に記録していきます。1つのブロックが作成されると他のブロックチェーン参加者が「正しい取引情報が入ったブロックかどうか」を確認します。正しいと認められればそのブロックは正しいブロックとして承認されることになります。作ったブロックが 1番最初に認められたマイナーにはビットコイン等の報酬(マイニング報酬)が与えられます。

公開鍵

公開鍵(public-key)とは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の、一般に公開される鍵です。この公開鍵を元にしてビットコインアドレスを作成します。第三者に公開する英数字を見合わせた鍵。ビットコインアドレスの所有権はこの公開鍵と秘密鍵の双方を持つことで証明されます。

公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、対になる 2つの鍵を利用してデータの暗号化、複製(元のデータに戻すこと)を行う暗号方式で、第三者に公開する「公開鍵」と自分しか知らない「秘密鍵」の 2種類で成り立っている。主な使用法は「データの暗号化」と「署名」の二つがありますが、ビットコインでは「署名」を用いている。ビットコインの取引ではコインの所有者が秘密鍵を用いて署名し、ほかの人はその署名と公開鍵を使ってその署名が秘密鍵を持った人が行ったこと、署名された後に本文が偽造がされていないことを確認できます。

国際ニュース

国際ニュースでは、世界各国で起きたブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)の速報ニュースをお届けします。

コスタリカ(Costa Rica)

コスタリカ(Costa Rica)はサンホセ(San José)を首都とする人口約490万人の共和制国家であり、法定通貨はコスタリカ・コロン(CRC)です。同国は仮想通貨を「準紙幣」と認め、労働者への給料の一部を暗号通貨による支払いが可能になりました。首都サンホセには複数のビットコインATMが設置され、企業や店舗でも仮想通貨決済が開始しビットコインの需要も高まっています。また、電力の9割以上を風力や水力発電などの自然エネルギーで賄う国でもあるため、多くの通貨ののマイニングにも期待できます。

CoinDeal(コインディール)

仮想通貨取引所のCoinDeal(コインディール)は、

CoinDeal(コインディール)に関するおすすめの記事

CoinSpot(コインスポット)

CoinSpot(コインスポット)とは、オーストラリアの仮想通貨取引所です。

CoinSpot(コインスポット)に関するおすすめの記事

航空(Aviation)

航空(Aviation)とは、何らかの装置を用いて飛行することです。その目的によって民間航空、軍事航空、宇宙航空などに分けることが可能であり、飛行するための装置のことを航空機といいます。ブロックチェーン技術の活用も進んでおり、機体に関連するデータ管理や乗客のチケット情報の管理などにも利用されており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)などを用いた仮想通貨決済を導入するケースなども出てきています。

航空(Aviation)に関するおすすめの記事

コロンビア(Columbia)

コロンビア(Columbia)は、

コロンビア(Columbia)に関するおすすめの記事

ConsenSys(コンセンシス)

ConsenSys(コンセンシス)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏がアメリカ合衆国(United States of America)ニューヨーク(New York)に立ち上げたフィンテック企業です。ブロックチェーン(Blockchain)技術を応用して資産の保有と移転を低コストで実現する分散型アプリケーションやエコシステムの開発などをしています。

ConsenSys(コンセンシス)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 さ行

サトシ・ナカモト

サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)とは、2008年11月metzdowd.comに全 9ページに及ぶビットコインの技術コンセプト論文(ホワイトペーパー)「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)」を投稿した人物で、サトシ・ナカモトが保有しているビットコインは約100万BTCと推測さており、2,000億円 (※) に相当する額である。よく「中本哲史」と日本語で表記されることがあるが、未だに正体は不明とされている。(※ 2017/05/02 時点)

サトシ・ナカモトに関するおすすめの記事

Satoshi

Satoshi(サトシ)とは、ビットコインの最小単位であり、1BTC=100,000,000 Satoshi と表され、ビットコインの技術論文の著者である Satoshi Nakamoto(ナカモト・サトシ)の名を使用しています。

Satoshiに関するおすすめの記事

サイドチェーン

サイドチェーン(Sidechains)とは、ブロックストリームというベンチャー企業が開発しているブロックチェーン技術の名称、現状のビットコインのブロックチェーンとは全く異なるブロックチェーンを現在のブロックチェーンと繋げてもそのまま使用できるシステムのこと。スケ—ラビリティ問題を解決するのに期待されている。

サッカー(Football/Soccer)

サッカー業界は、仮想通貨との関わりが深い業界の一つです。世界中の有名なサッカー選手たちがブロックチェーン(Blockchain)の技術を高く評価しており、元ブラジル代表のロナウジーニョ(Ronaldinho)氏や元イギリス代表のマイケル・オーウェン(Michael Owen)氏などの様々な有名プレイヤーたちが、独自の暗号通貨やプロジェクトを立ち上げています。スポーツ業界の中でも特に暗号通貨(Cryptocurrency)に関わりの強い業界でもあります。

サッカー(Football/Soccer)に関するおすすめの記事

SAMSUNG(サムスン)

SAMSUNG(サムスン)とは、韓国最大の複合企業であり、主に電子機器メーカーとして知られています。世界一の半導体メーカーでもある同社は、仮想通貨のマイニング(採掘)に特化した特定用途向け集積回路(ASIC)も開発しているため、暗号通貨関連の製品開発の面でも注目されています。

SAMSUNG(サムスン)に関するおすすめの記事

サンフランシスコ(San Francisco)

サンフランシスコ(San Francisco)は、アメリカ合衆国(United States of America)の西海岸、カリフォルニア州の北部に位置する人口約87万人の都市です。優秀なテック人材がブロックチェーン(Blockchain)業界に参入し関心を持ち始めるなか、同都市に本拠地を置くブロックチェーン企業「AlphaPoint」は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を通貨とした分散型取引所「DCEX」が開始しました。また同州シリコンバレーにも、暗号通貨プロジェクトは多く存在し、有名なものとして「Coinbase」「Ripple」「coinlist」などが挙げられます。仮想通貨取引所はSan Francisco発の「Kraken(クラーケン)」があります。

サンフランシスコ(San Francisco)に関するおすすめの記事

サウジアラビア(Saudi Arabia)

サウジアラビア(Saudi Arabia)はリアド(Riyadh)を首都とするアラビア半島の大部分を占める人口約3200万人の絶対君主制国家であり、法定通貨はサウディ・リアル(SAR)である。同国は仮想通貨に対し犯罪行為などに使用されているとして厳しい対応をとっているものの、ブロックチェーン(Blockchain)技術には高い関心を持ち国際間送金の為に暗号通貨を活用するプロジェクトをアラブ首長国連邦(UAE)と共同で取り組んでいます。仮想通貨リップル(Ripple/XRP)も同国中央銀行であるサウジアラビア通貨機構(SAMA)と提携し国際間送金技術を活用して同社の「xCurrent」を用いたパイロット事業を立ち上げています。また政府はイーサリアム(ETH) のスマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)の構築に焦点を合わせた「ブロックチェーン・ブートキャンプ」を実施しています。

サウジアラビア(Saudi Arabia)に関するおすすめの記事

詐欺(Scam)

詐欺(Scam)とは、他人を騙して金品を盗んだり、相手に損害を与えるような行為のことを言います。仮想通貨の世界では様々な詐欺行為が行われているのも事実であり『詐欺コイン』とも呼ばれる価値のない暗号通貨をICOを通じて発行する企業なども複数報告されています。また仮想通貨の特徴である匿名性を詐欺に利用するケースもあり、人からお金を騙し取る際にビットコイン(BTC)などでの振込みを要求するケースなどもあります。

詐欺(Scam)に関するおすすめの記事

週間まとめ

仮想通貨ニュースの「週間まとめ」一覧です。ビットタイムズ(BITTIMES)編集部がピックアップしたブロックチェーン(Blockchain)や暗号通貨(Cryptocurrency)のおすすめNEWS記事を毎週日曜日に配信します。

ジーキャッシュ(ZEC)

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは、匿名性に非常に優れており「送金元・送金先・送金量・送金履歴」を全て匿名にする "ゼロ知識証明" という特殊な技術を採用している暗号通貨(仮想通貨)です。日本国内の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で取り扱われていましたが、マネーロンダリングなどを防止するために2018年6月から取り扱いを廃止することになりました。

ジーキャッシュ(ZEC)に関するおすすめの記事

シンガポール(Singapore)

シンガポール(Singapore)は人口約560万人の主権都市国家であり、法定通貨はシンガポール・ドル(SGD)です。同国の金融管理局(MAS)は、ブロックチェーン(Blockchain)技術を活用して資産や証券の送金の効率化を測りデジタル資産での決済を効率化することを目指して、シンガポール証券取引所(SGX)やAnquan(アンクアン)、Deloitte(デロイト)、NASDAQ(ナスダック)など複数の企業と提携しています。仮想通貨取引所はシンガポールを拠点とする「ABCC」があり、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETC)カルダノエイダコイン(ADA)が取り扱われています。

シンガポール(Singapore)に関するおすすめの記事

資産管理(Asset Management)

資産管理:アセットマネジメント(Asset Management:AM)とは、投資家のために資産を総合的に管理運営する投資顧問業務のことで、不動産などの特定のものにとらわれず資産に該当する全体のポートフォリオのアドバイス、買収・売却請負や財務分析、資産評価など各種の契約代行などのことをいいます。

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)は、仮想通貨(Cryptocurrency)イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であり、ブロックチェーンアプリ開発会社「ConsenSys」の創設者です。 同社はイーサリアムネットワーク上でブロックチェーン(Blockchain)戦略を策定し、ビジネスプロセスの開発を支援するためにさまざまな企業と提携しています。 同氏は経済史「Forbes」が発表した世界の仮想通貨長者ランキングで2位にランクインしています。

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)に関するおすすめの記事

初心者まとめ

ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)のことを、初心者の方にでもいちばんやさしく分かりやすく説明している記事一覧です。まずはここから勉強していけば 30分で仮想通貨マスターになれるでしょう。

ショート

ショートとは、仮想通貨取引所で、特定の仮想通貨を「先に売り後で買う事」です。仮想通貨を持っていない状態から仮想通貨を借りて売り、後で買い戻しする事を確約します。ショートは仮想通貨の価値が下落し続けている状態でも利益を出せる可能性がありますが、損失が生じた場合の損失量は青天井で損失がどこまでも膨らむ可能性があります。特に仮想通貨は今まで一気に価値が大暴騰することも度々あったので、株などの投資商品のショートよりリスクは大きいはずです。

ジェネシスブロック(Genesis Block)

ジェネシスブロック(Genesis Block)とは、ブロックチェーン上で一番最初に作られた(創始の)ブロックの事です。

ジェネシスブロック(Genesis Block)に関するおすすめの記事

システミック・リスク

ある特定の金融機関や金融市場がなんらかの原因によって機能不全をおこし役割を果たせなくなった際、その一点が原因となり関連する機関や市場のシステム全体にまで影響を及ぼし全体のリスクを引き起こすこと。

John McAfee(ジョン・マカフィー)

John McAfee(ジョン・マカフィー)は、アメリカのコンピュータプログラマでありマカフィー・アンチウイルスの創業者です。"ブロックチェーンと仮想通貨の伝道者"とも言われるマカフィー氏はTwitter(ツイッター)上で多くの仮想通貨についてコメントし、それらの多くの価格が高騰したことによって"マカフィー砲"という言葉も生まれています。2020年までにビットコイン(BTC)の価格が100万ドル(約1億1,000万円)を超えると主張しているマカフィー氏は、独自の決済通貨であるマカフィーコイン(McAfee Coin)の発行も予定しています。

John McAfee(ジョン・マカフィー)に関するおすすめの記事

ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)

ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は、Twitter(ツイッター)の共同創設者兼CEOを務めているアメリカの実業家です。「ビットコイン(BTC)は世界の単一通貨になる」などの発言が話題となっており、仮想通貨関連の話題に度々登場しています。ブロックチェーン(Blockchain)技術には未開発の可能性があると考えていることも明かしており、その活用方法なども検討していると伝えられています。

ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)に関するおすすめの記事

Jihan Wu(ジハン・ウー)

Jihan Wu(ジハン・ウー)は、

Jihan Wu(ジハン・ウー)に関するおすすめの記事

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州に本社を構える銀行持株会社です。大手金融機関の一つでもあり、世界的にも注目を集めている同社は、2018年5月に暗号資産戦略部門の創設を発表しており、ブロックチェーンや仮想通貨、トークンなどの研究開発にも積極的に取り組んでいます。

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)に関するおすすめの記事

G20

Gemini(ジェミニ)

Gemini(ジェミニ)に関するおすすめの記事

シカゴ(Chicago)

シカゴ(Chicago)は、イリノイ州のミシガン湖畔にある米国最大都市の一つで、ニューヨーク(New York)、ロサンゼルス(Los Angeles)に次ぐ人口約270万人の都市です。同都市に本社を構える大手金融機関「Northern Trust(ノーザン・トラスト)」は、仮想通貨ヘッジファンドのサービスを提供しつつ自社業務にブロックチェーン(Blockchain)技術を統合し、カストディ認証などの資産管理サービスも提供する予定です。大手仮想通貨取引所はシカゴ商品取引(CBOT)・シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)・シカゴオプション取引所(CBOE)があります。CBOEは世界最古の取引所でありビットコイン(BTC)先物取引を開始し、米証券取引委員会(SEC)に対しビットコインETFの申請書を行っています。ETFが承認されると市場に機関投資家からの巨額な資金流入があり、暗号通貨市場の拡大が期待されます。

シカゴ(Chicago)に関するおすすめの記事

Zilliqa(ジリカ)

Zilliqa(ジリカ)とは、

Jamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)

Jamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)氏は、アメリカ合衆国の実業家であり、JPモルガン・チェース(JP Morgan Chase)の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めている人物です。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨に対する批判的なコメントなどでも知られていますが、ブロックチェーン技術に関しては高く評価するコメントも残しています。

Shelley(シェリー)

Shelley(シェリー)とは、

自動車(Car)

自動車(Car)業界では、ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurenncy)の技術を積極的に取り入れる動きが出ています。車両に関連する情報の管理や、環境保護のための新しい報酬制度なども開発されており、BMW、Audi、Porscheなどの世界を代表する自動車メーカーが新たなプロジェクトを発表しています。また、販売店などではビットコイン決済などの導入も進んでいます。

自動車(Car)に関するおすすめの記事

ジャマイカ(Jamaica)

ジャマイカ(Jamaica)は、キングストン(Kingston)を首都とする人口約290万人のカリブ海に浮かぶ立憲君主制国家であり、法定通貨はジャマイカ・ドル(JMD)です。同国で仮想通貨は国際貿易と地域貿易の両方で使用可能であり、外貨コストを削減するのに役立っています。ジャマイカの証券取引所(JSE)は暗号通貨取引を提供する予定しており、カナダに拠点を置くフィンテック企業「Blockstation(ブロックステーション)」と提携し、投資家がより安全に取引を行えるようにサービス開発にとりくんでいます。また、取引所に上場するだけでなく、ブロックチェーン(Blockchain)技術によりプラットフォームと個客にどのように利益をもたらすかについても検討しています。

ジャマイカ(Jamaica)に関するおすすめの記事

シリコンバレー(Silicon Valley)

シリコンバレー(Silicon Valley)は、アメリカ合衆国(United States of America)のカリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置する都市です。Apple(アップル)・Facebook(フェイスブック)・National(ナショナル)・Intel(インテル)・Yahoo(ヤフー)・Google(グーグル)・NASA (ナサ)のエイムズ研究センターなど、大手IT企業 ・研究所や企業が密集しており、半導体の代表的な素材であるシリコンにちなんで「Silicon Valley」と名づけられました。また、最高級時計や宝飾品などを販売している「Stephen Silver Fine Jewelry(スティーブン・シルバー・ファイン・ジュエリー)」では、ブロックチェーン(Blockchain)技術を高く評価しており、2014年に仮想通貨決済を導入しました。

シリコンバレー(Silicon Valley)に関するおすすめの記事

SEC(証券取引委員会)

SEC(Securities and Exchange Commission/証券取引委員会)とは、株式や公社債などような証券取引の監督や監視を行う機関です。仮想通貨関連のサービスを提供する企業は、SECからの許可を受ける必要がある場合もあるため、暗号通貨ビジネスを行う上でも重要となる機関の一つでもあります。

SEC(証券取引委員会)に関するおすすめの記事

CCID格付けランキング

CCID格付けランキングでは、中国の行政部門である工業情報化省(MIIT)傘下の「中国情報産業省電子情報産業発展研究院(China Center for Information Industry Development/CCID)」が毎月実施している仮想通貨の評価および順位を掲載しています。技術(Technology)、適用範囲(Application)、イノベーション(Innovation)の3つの観点から暗号通貨の調査を行い、暗号化技術やブロックチェーンに詳しい優秀な学者や専門家たちが評価を行います。それらのデータを分析して、最終的な総インデックス(Overall Index)と総合ランキング(Rank)が決定されています。

CCID格付けランキングに関するおすすめの記事

Justin Sun(ジャスティン・サン)

Justin Sun(ジャスティン・サン)とは、仮想通貨トロン(TRON/TRX)の創設者です。

ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)

ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)とは、Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が運営しているアメリカの仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)が発行する暗号通貨(Cryptocurreny)です。米ドル(USD)と価格が連動することによって通貨の価値が保証されているStable Coin(ステーブルコイン)であり、米国の規制当局からの許可を受けた世界初のトークンでもあります。

ジェミニドル(Gemini dollar/GUSD)に関するおすすめの記事

ジブラルタル(Gibraltar)

ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に位置する小半島を占めているイギリスの海外領土です。

ジェットコイン(Jetcoin/JET)

ジェットコイン(Jetcoin/JET)とは「Jetcoin Institute」が発行している仮想通貨(Cryptocurrency)です。独自の報酬制度を通じて、スポーツファンやサポーターと選手の新しい繋がりや、そこから利益を得ることができる新たな機会を提供しているブロックチェーン(Blockchain)企業です。イングランドの伝統的サッカークラブ「Derby County FC」とスポンサーシップを締結しています。

ジェットコイン(Jetcoin/JET)に関するおすすめの記事

上場(Listing)

上場(Listing)とは、株式市場に公開され証券取引所で株式の売買ができるようになることをいいます。また、その株式を発行できる企業のことを上場企業といいます。ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)の業界でも、連日多くの暗号通貨が取引所に「上場」されています。

上場(Listing)に関するおすすめの記事

スケーラビリティ

スケーラビリティ問題とは、「拡張性限界の問題」のことで、現在ビットコイン(BTC)のブロックは1MBの情報量で構成されているが、今のブロックサイズではビットコイン取引が増加すると1MBでは対応ができなくなってしまう可能性があると言われています。ビットコインだけでなく、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨でも問題視されています。

スケーラビリティに関するおすすめの記事

スマートコントラクト

スマートコントラクト(Smart contract)とは、直訳するとコントラクト(契約)をスマート(効率よく)に行えるプロトコルのことです。つまりスマートコントラクトとはプログラムによる契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させる事です。ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用すると、ブロックに契約の記録を残し、その記録を消失・改ざんする事が出来ないようにするので、第三者の保障無しでも契約が無効にならなくなります。今まで第三者を介さなければ契約できなかったものが、ユーザー同士で直接取引をできるようになり、今まで時間がかかっていた契約もすぐに完了することが可能となります。

スイス(Switzerland)

スイス(Switzerland)は、ベルンを首都とする連邦共和制国家です。中央ヨーロッパに位置するスイスは、欧州諸国で最もブロックチェーン(Blockchain)フレンドリーな国に選ばれています。仮想通貨(Cryptocurrency)ビジネスにも前向きな規制が設けられているため、イーサリアム(ETH)財団などの多くのプロジェクトが同国に拠点を置いており、"クリプトバレー"とも呼ばれています。

スイス(Switzerland)に関するおすすめの記事

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)は、

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)に関するおすすめの記事

スウェーデン(Sweden)

スウェーデン(Sweden)に関するおすすめの記事

スクリプト

スクリプトつは、ハッシュ値の計算方法の事です。仮想通貨の 1つであるライトコインは、このスクリプトという計算方法を採用しマイニングを行います。

ステラ(XLM)

ステラ(Stellar/XLM)は、2014年 7月にマウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブが中心となって、リップル(Ripple/XRP)を元に個人向けの決済・送金システムとして作られたアルトコインです。ブロックチェーンの分岐発生リスクを抑えながら安全に合意に到達するための独自のプロトコル「Stellar Consensus Protocol」が導入されている。様々な「法定通貨・仮想通貨」を瞬時に「換金・送金」ができるのが特徴です。主に個人向けであるため開発者の保有を 5%としたり、発行量が毎年 1%ずつ増えていく仕組みなどによって、大きな価格変動を押さえています。小口の送金や決済の利便性は非常に高く、個人取引で使いやすいのも特徴です。 アカウント作成には Fecebook 認証が必要となっています。

ステラ(XLM)に関するおすすめの記事

スパム

スパムとは、受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信される、電子メールを主としたメッセージの事です。仮想通貨関連では、大量に送信される小さなトランザクションを意味します。ビットコインのネットワークから不当な利益を得ることが出来ないかをチェックするストレステストの為に、大量の小さなトランザクションが送信される場合もあります。

スプレッド

スプレッドとは、仮想通貨取引所で取り扱っている仮想通貨の売りと買いの値段の差額の事です。このスプレッドが小さいほど仮想通貨の売買で利益を出しやすくなります。zzzz

スポーツ(Sports)

スポーツ(Sports)業界は、仮想通貨(Cryptocurrency)との関係が強くなってきています。サッカーやテニス、野球などの様々な分野のトップアスリート達がブロックチェーン(Blockchain)や暗号通貨に関心を示しており、数多くのパートナーシップも締結されています。

スポーツ(Sports)に関するおすすめの記事

スチーム(STEEM)

スペイン(Spain)

スペイン(Spain)は、マドリード(Madrid)を首都とする人口約4600万人の南ヨーロッパに位置する立憲君主制国家であり、法定通貨はユーロ(EUR)です。マドリードに本拠地をおくサンタンデール銀行(Santander Bank)はアプリ「One Pay FX」開発し、ブロックチェーン(Blockchain)技術による国際送金システムを導入しました。また、スペインからの独立を宣言したカタルーニャ州は独自の仮想通貨の発行と、ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画を予定しています。仮想通貨ATMは首都を中心に62カ所に設置してあります。

スペイン(Spain)に関するおすすめの記事

スマートシティ(Smart city)

スマートシティ(Smart city)に関するおすすめの記事

Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)

Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)は、アメリカ合衆国の企業Apple Inc.(アップル)の共同設立者の一人です。仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)に高い関心を示しており「ビットコインをだまし盗られた」と発言しました。

Steve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)に関するおすすめの記事

SportsCastr(スポーツキャスター)

SportsCastr(スポーツキャスター)とは、スポーツ関連の動画配信サービスを提供しているブロックチェーン(blockchain)企業です。仮想通貨FanChain(ファンチェーン)を発行している同社は、ファンと選手が直接繋がりを持つことができる新しいサービスを提供しています。

SportsCastr(スポーツキャスター)に関するおすすめの記事

Stable Coin(ステーブルコイン )

Stable Coin(ステーブルコイン )とは、仮想通貨(Cryptocurrency)のデメリットである激しい価格変動(ボラティリティ)をカバーすることができる「安定仮想通貨」です。

Stable Coin(ステーブルコイン )に関するおすすめの記事

スポーティコ(SportyCo/SPF)

スポーティコ(SportyCo/SPF)とは、ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)を活用して、スポーツ業界のクラブチームや選手たちの資金調達を支援しているプロジェクトです。「SMART MANAGERプラットフォーム」と呼ばれるクラウドファウンディングサービスを提供しており、世界中の投資家とさそれぞれの団体を繋ぐ役割を担っています。これらの活動にはすでに世界的にも有名なトップアスリートたちも協力しています。

スポーティコ(SportyCo/SPF)に関するおすすめの記事

Sport Finance(スポーツファイナンス)

Sport Finance(スポーツファイナンス)とは、スポーツ業界に携わる組織や団体の「お金の使い方」に関する研究を行う分野のことを指します。ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)を用いた資産運用なども行われており、複数のクラブチームはすでにそれらの技術を導入しています。

Sport Finance(スポーツファイナンス)に関するおすすめの記事

セントラリティ(Centrality/CENNZ)

セントラリティ(Centrality/CENNZ)とは、ニュージーランドに本拠地を置き、オークランド(ニュージーランド)、ロンドン、メルボルン(オーストラリア)に合計75名以上のメンバーを持つ、分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームを開発するプロジェクトです。セントラリティは、さまざまなアプリケーションの開発に応用できる基礎部分のモジュール(部品)を提供しているため、アプリの開発を簡易化することができるだけでなく、同じモジュールを使ったその他のアプリと連携したサービスを提供することもできます。セントラリティはこの互換性を可能にするための基準でもある、イーサリアム(ETH)をベースとした「CENNZ」トークンを発行しており、2018年1月15日12時にICOを行い、僅か6分で約100億円相当のトークンが完売するという歴史的な記録を打ち立てています。

Segwit(セグウィット)

セグウィット(Segwit)とは、ブロックチェーン(Blockchain)上のブロックに入れるトランザクション(取引履歴)のサイズを圧縮してデータ量を小さくし、より多くのデータをブロックに入れることを可能にする技術です。ビットコイン(bitcoin/BTC)の取引データ内には「インプット・アウトプット・電子署名」(※) の 3つが入っており、その電子署名の部分を "ウィットネス" という別枠に入れて扱うことにより、今までより約60% 取引データのサイズを小さくすることで 1ブロックに 1MB 分入っていたデータを1.75MB分、取引が入れられるようになり、ブロックチェーン上の作業処理を軽くすることで「スケーラビリティ問題」や「トランザクション展性」を解決できる技術として期待されていますが、その Segwit は、マイナー(採掘者)にとってマイナスな面が多くあるため賛同を得る事ができず、ほとんどの仮想通貨(暗号通貨)が導入できでいません。( ※ インプット = 送信元の情報 / アウトプット = 送信先の情報 / 電子署名 = データに付与される電子的な署名)

Segwit(セグウィット)に関するおすすめの記事

ゼロ承認(ゼロコンフォメーション)

ゼロ承認(ゼロコンフォメーション)とは、ビットコイン取引(トランザクション)が "どのブロックにも属していない状態" を指しています。トランザクションをゼロ承認でビットコインを受け入れた場合、二重支払いの可能性があります。二重支払いとは、ビットコインを A氏に送金した後、そのビットコインが承認されるより先に、B氏により多くの手数料でビットコインを送金すると、A氏に送金したビットコインが承認されるより速く B氏が承認されます。結果的に Aの受け取ったビットコインは 2重支払いとなり承認されません。つまり送金が失敗し A氏はビットコインを受け取れなくなってしまいます。念のため、ゼロ承認の状態で送金送されたビットコインは承認を確定するまで信用してはいけません。

セキュリティトークン(security token)

セキュリティトークン(security token)とは、有価証券に該当するとみなされた仮想通貨(Cryptocurrency)やトークンのこと。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの分散化された性質をもつ暗号通貨は、これに当てはまらないと判断されています。

セキュリティトークン(security token)に関するおすすめの記事

セレブ(Celebrity)

仮想通貨とセレブ(celebrity)の関係は

セレブ(Celebrity)に関するおすすめの記事

セネガル(Senegal)

セネガル(Senegal)は、

セネガル(Senegal)に関するおすすめの記事

選挙(Election)

選挙(Election)においてもブロックチェーン(Blockchain)は活用されています。

選挙(Election)に関するおすすめの記事

政治(Politics)

政治(Politics)とは、

政治(Politics)に関するおすすめの記事

ソフトフォーク(Soft Fork)

ソフトフォーク(Soft Fork)とは、互換性のある仮想通貨のアップデートになります。仮想通貨の以前の機能・仕組みを問題なく使えるように引き継いだまま、より性能の良い新しいものへとアップデートさせる事を意味します。

ソフトフォーク(Soft Fork)に関するおすすめの記事

送金

ビットコイン送金とは、ウォレット A からウォレット B にビットコイン(bitcoin/BTC)やその他の仮想通貨(暗号通貨)送ることです。送金したい相手のビットコインアドレスを指定することで送ることができます。一般的な現金を送金をする場合は、銀行などを中央管理システムを仲介する必要があり、手数料が高額になりますが、ピア・トゥ・ピア(Peer to Peer/P2P)で運営することにより送金データをブロックチェーン(Blockchain)と呼ばれるデータのボックスに保存され "相互監視" することで、金手数料を極めて安価にできます。

送金に関するおすすめの記事

Solidity(ソリディティ)

Solidity(ソリディティ)とは、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを実装するためのプログラム言語です。分散型アプリケーション(DApps)を開発する際などに使用するため、開発者にとって重要な言語の一つであり、これらの基礎について学ぶことができるゲームなども開発されています。

Solidity(ソリディティ)に関するおすすめの記事

SONY(ソニー)

SONY Corporation(ソニー株式会社)は、1946年創業の東京都港区に本社を置くゲームなどのハードウェア分野をはじめ、映画・音楽分野にも重点を置いている日本最大手の電気機器メーカー。ブロックチェーンに関連する特許を申請していることも明らかになっており、マイニング(採掘)デバイスを開発する可能性などにも期待が高まっています。

SONY(ソニー)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 た行

ダッシュ(DASH)

ダッシュ(DASH)とは、仮想通貨(暗号通貨)の一種で、2014年に Darkcoin(ダークコイン)として公開され、2015年にDASHと改名されました。日本の取引所Coincheck(コインチェック)で取り扱っていましたが、マネーロンダリングなどの防止を理由に2018年6月に取り扱いを廃止することとなっています。

Dapps(分散型アプリケーション)

Dapps(ダップス/分散型アプリケーション)とは、Decentralized Applicationsの略で分散型アプリケーションという意味です。ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションのことを指します。

Dapps(分散型アプリケーション)に関するおすすめの記事

The DAO 事件

THE DAO 事件とは、2016年6月に起きたハッキング事件です。仮想通貨であるDAO(ダオ)を使って非中央集権型(自律分散型)の投資ファンドを構築することを目指していた「The DAO」プロジェクトで資金調達されたイーサリアム(Ethereum/ETH)がハッカーによって不正送金され、当時の価格で約43億円に相当する360万ETHがハッキングによって盗み出されました。

台湾(Taiwan)

台湾(Taiwan)は、台北市を首都とし東アジアに位置する島国であり人口約2300万人の法定通貨はニュー台湾ドル(TWD)です。仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)を積極的に取り入れている地域の一つでもあり、IOTAと提携し「スマートシティ」になることを目指した取り組みが行われてます。同国のファミリーマート(FamilyMart)では、富士通(FUJITSU)のブロックチェーン技術やロボットなどのデジタル技術を活用して、集客の向上や店員の業務軽減に向けた実験を開始してます。また、台湾で開催される世界最大級の音楽イベント「ULTRA MUSIC FESTIVAL(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル/UMF)」では、暗号通貨「ULTRA Coin」を導入し決済用通貨として限定発行され会場内で販売されます。仮想通貨取引所は「Huobi(フォビ)」「BitoPro(ビトプロ)」などがあります。

台湾(Taiwan)に関するおすすめの記事

タイ(Thailand)

タイ(Thai)は、バンコク(Bangkok)を首都とする人口約6800万人の東南アジアに位置する君主制国家であり法定通貨はバーツ(THB)です。同国は仮想通貨に対して規制は定めるものの、暗号通貨やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に前向きな姿勢を見せており、ブロックチェーン(Blockchain)技術を用いた国際送金の導入も予定しております。仮想通貨取引所は同国を本拠地とする「bitkub(ビットカブ)」があり、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)カルダノエイダコイン(ADA)などの通貨を取り扱っています。

タイ(Thailand)に関するおすすめの記事

ダイダロス(DAEDALUS)

ダイダロス(DAEDALUS)に関するおすすめの記事

Dan Morehead(ダン・モアヘッド)

Dan Morehead(ダン・モアヘッド)は、

Dan Morehead(ダン・モアヘッド)に関するおすすめの記事

Daimler AG(ダイムラー)

Daimler AG(ダイムラー)とは、

Daimler AG(ダイムラー)に関するおすすめの記事

TigerWit(タイガーウィット)

TigerWit(タイガーウィット)とは、英国やバハマで金融サービス事業を展開している企業です。ブロックチェーン(Blockchain)技術を活用したトレーディングアプリも発表しており、FX、インデックス、コモディティ、金属を取引することができるサービスを提供しています。

DARPA(国防高等研究計画局)

DARPA(国防高等研究計画局/Defense Advanced Research Projects Agency)とは、軍隊などの軍事目的で主に使用される最新技術の研究や開発を行っているアメリカ国防総省の機関です。インターネットの原型となった「ARPANET」や「GPS」を開発したことでも知られているDARPAは「SIMBAチェーン」と呼ばれるブロックチェーン・プラットフォームも開発しています。

DARPA(国防高等研究計画局)に関するおすすめの記事

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)とは、イーサリアムの共同設立者でありエイダコイン(ADA)の発案者でもある天才数学者です。現在は香港を拠点とするブロックチェーンの研究機関「インプット・アウトプット・ホンコン(Input Output Hong Kong/IOHK)」のCEOを務めています。 彼の数学者人生の集大成として開発に取り組んでいるプラットフォーム「CARDANO(カルダノ)」やその基軸通貨であるエイダコインは、現在も多くの注目を集めています。

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)に関するおすすめの記事

チリ(Chile)

チリ(Chile)は、サンティアゴ(Santiago)を首都とする人口約1700万人の南アメリカ南部に位置する共和制国家であり、法定通貨はチリ・ペソ(CRP)です。同国では、仮想通貨(Cryptocurrency)は証券や通貨として認められておらず暗号通貨の取り扱いに関する規制もありません。またラテンアメリカ最大の太陽光発電市場とされており、国家エネルギー委員会(CNE)は国家として大規模な市場にブロックチェーン(Blockchain)技術の導入を計画しております。仮想通貨取引所「Buda」はアルゼンチンにも事業を拡大しており「Cryptomkt」はチリの決済サービス「Flow」と締結し、同国の5000を超える店舗でBTC・ETH・XLMの支払いを受け入れを開始しました。

チリ(Chile)に関するおすすめの記事

地方創生

地方創生とは、

地方創生に関するおすすめの記事

ZhongAn(衆安保険)

ZhongAn(衆安保険)は、2013年に設立された中国初のオンライン専業損害保険会社です。同社の設立には通販業界最大手であるAibaba(アリババ)やSNSに強みを持つテンセントなども関わっており、大きな注目を集めています。

ZhongAn(衆安保険)に関するおすすめの記事

changehero(チェンジ・ヒーロー)

changehero(チェンジ・ヒーロー)は、

changehero(チェンジ・ヒーロー)に関するおすすめの記事

Charlie Lee(チャーリー・リー)

Charlie Lee(チャーリー・リー)とは、仮想通貨(Cryptocurrency)ライトコイン(Litecoin)開発者です。中国のビットコイン(Bitcoin/BTC)の交換会社「BTCC」の創設者Bobby Lee(ボビー・リー)氏は実の兄にあたります。

Charlie Lee(チャーリー・リー)に関するおすすめの記事

チューリングマシン(Turing Machine)

チューリングマシン(Turing Machine)とは、計算模型のひとつであり、計算機を数学的に議論するために単純化・理想化された仮想的な機械のことです。

チューリング完全(Turing Complete)

チューリング完全(Turing Complete)とは、計算理論において、ある計算のメカニズムが万能チューリングマシンと同じ計算能力をもつ場合に用いられる言葉。表計算において数式の処理などの繰り返し処理を"どうやっても実現できない"場合、それはチューリング完全ではないとされます。

チリーズ(ChiliZ/CHZ)

チリーズ(ChiliZ/CHZ)とは、マルタ共和国を拠点とするブロックチェーン(Blockchain)企業「Socios」のサービスで使用される仮想通貨(Cryptocurrency)です。同社が提供するサービスは、トークン化された投票プラットフォームを作成することで、サッカーなどのスポーツファンに対象となる組織を管理する権限を付与することができるようになっています。CHZはこれらのサービス内で使用されています。

チリーズ(ChiliZ/CHZ)に関するおすすめの記事

電子マネー

電子マネーとは、機械のデータ上で決済を実現する技術の事です。 一般的に VISA や Master Card などのクレジットカードや、suica・Edy・nanako・WAON などのチャージ(入金)型 IC カード等が、主に電子マネーと呼ばれています。事前にお金を支払ってチャージ(入金)したポイントで、機械上で効率的に精算するシステムです。(クレジットカードの場合は後払いになります)仮想通貨とはまた別物になります。

テックビューロ

テックビューロ(techbureau)は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているフィンテック企業です。仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営しているほか、プライベートブロックチェーン製品「mijin(ミジン)」なども開発している同社は『本格的なトークンエコノミーの創造』を目指しています。

テックビューロに関するおすすめの記事

電子署名

電子署名(デジタル署名)とは、ブロックチェーン上には、ビットコイン所有者の「署名」が記録されており、署名が一致した場合にのみ所有者が書き換えられる仕組みです。もし誰かがブロックチェーンにウソの署名を行っても、署名が一致しない場合には、内容は書き換えられません。更にブロックチェーンの署名行為は、秘密鍵を持つ者だけが行うことができる仕組みです。ビットコインでは秘密鍵を持っている人が、そのビットコインを保有することができ、秘密鍵を持っていることがそのビットコイン所有者であることの証明です。

電子署名(デジタル署名)

電子署名は、ネット上で本人確認できる仕組みです。その中で公開鍵暗号を使ったものは、デジタル署名といいます。ビットコインの送金処理はデジタル署名を使って行われます。電子署名(デジタル署名)によって・ビットコインの送金が秘密鍵の持ち主本人である事・取引が偽造や改ざんされていない正当なものである事という 2つの証明が果たされる事になります。

Tim Draper(ティム・ドレイパー)

Tim Draper(ティム・ドレイパー)とは、アメリカのベンチャーキャピタル投資家であり、1985年にDraper Fisher Jurvetson(DFJ)の創設者です。Draper AssociatesとDraper Universityの創設者でもある同氏の純資産は10億ドル(1,100億円)といわれています。ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の技術を非常に高く評価しており、近い将来には『それらの技術が現代社会のあらゆる産業を変化させる』と語っています。

Tim Draper(ティム・ドレイパー)に関するおすすめの記事

Teddy Sagi(テディ・サギ)

Teddy Sagi(テディ・サギ)氏は、イスラエル出身のビジネスマンであり、億万長者としても知られる人物です。オンラインカジノやポーカーなどのギャンブルソフトウェアの開発を行う企業「Playtech」の創設者であり、Forbesの『世界大富豪ランキング』のカジノ・ギャンブル業界編では8位にランキングされた経歴も持っています。同氏はブロックチェーン企業である「Distributed Lab」にも投資しています。 Forbesの『最も豊かなイスラエル人』で6位にランキングされているサギ氏は、ギャンブルソフトウェアの開発会社である「Playtech」の創設者であり、ロンドンの代表的なマーケットである「Camden Market」を購入したことによって、英国でも有名になった投資家の一人です。

Teddy Sagi(テディ・サギ)に関するおすすめの記事

David Schwartz(デイビッド・シュワルツ)

David Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は、リップル(Ripple/XRP)で最高技術責任者(CTO)を務めている人物です。

テザー(Tether/USDT)

テザー(Tether/USDT)とは、アメリカ合衆国の法定通貨である米ドル(USD)の価格と連動した価値を持つ仮想通貨です。他の通貨と価値を連動させた通貨を『ペグ通貨』、価格が安定するように設定されたコインは『ステーブルコイン』と呼ばれますが、テザーもこれらに分類されます。世界中の仮想通貨取引所で基軸通貨として扱われている暗号通貨(Cryptocurrency)でもあります。

Deloitte(デロイト・トウシュ・トーマツ)

Deloitte:DTT(デロイト・トウシュ・トーマツ)とは、世界四大会計事務所(Big Four)の一つで、世界最大の会計事務所です。アメリカの会計事務所「デロイト&トウシュ」や、日本の「有限責任監査法人トーマツ」が中心となって運営されるプロフェッショナルサービスファームです。

電子投票システム(Electronic Voting System)

電子投票システムとは、選挙などでの投票を電子化した方法のことをいう。ブロックチェーン(Blockchain)の技術を用いることによって、投票結果の改ざんや不正行為を防止し、透明性を高めることを目的とした実証実験などがアメリカやロシアなど、世界中で行われ始めています。

電子投票システム(Electronic Voting System)に関するおすすめの記事

Tilman Fertitta(ティルマン・ファティータ)

Tilman Fertitta(ティルマン・ファティータ)とは、アメリカ合衆国のプロバスケットボールチーム「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」のオーナーであり、高級車販売店「Post Oak Motor Cars」を所有する億万長者です。同販売店では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)による支払いを受け入れることも発表しました。

トークン(Token)

トークン(Token)とは、独自技術ではなく既存のブロックチェーン技術で発行した独自コインの事をいいます。トークンと呼ばれる独自コインによくみられる特徴としては「発行者が存在していて、供給量を発行者が操作できる」という点です。トークンは、発行して流通させた発行元のビジネスが成功し、成長して人気をあげていけば市場価値を上昇させることが出来ます。

ドバイ(dubai)

ドバイ(Dubai)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつです。ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する、アラブ首長国連邦第2の中心都市であり、2016年1月の時点で人口は約244万人です。ブロックチェーンやフィンテック(Fintech)に力を入れているドバイにはビットコインATMも多く設置されています。

ドバイ(dubai)に関するおすすめの記事

投資(Invest)

投資(Invest)は、

投資(Invest)に関するおすすめの記事

トランザクションフィー

トランザクションフィーとは、ビットコイン送受金の際に設定される手数料です。マイニングに成功した人が、マイニング報酬として受け取ります。ブロックチェーンを生成し取引の正当性を確認する 一連のデータ処理作業はトランザクションと呼ばれます。このトランザクションを処理する報酬(フィー)がトランザクションフィーという事になります。

トークンエコノミー

トークンエコノミー(Token Echonomy)とは、個人がオリジナルのトークン(独自コイン)を発行して、それらの独自コインで構成される経済圏の事をいいます。トークンエコノミーの経済圏内で発行された独自コインのトークンで有料コンテンツが利用出来る など、様々なサービス・報酬を得ることが出来るようになります。

TRON(TRX)

仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは、クリエイターを支援しエンタメ・デジタルコンテンツ業界を発展させることを目的としてジャスティン・サン(Justin Sun)氏によって開発された仮想通貨(Cryptocurrency)ERC20トークンであり、ブロックチェーン(Blockchain)を用いてクリエイターが自由に作品をデジタル資産として発表することができるプラットフォームです。

TRON(TRX)に関するおすすめの記事

トランザクション

トランザクション(transaction)とは、コンピューターで物事を処理する際のひとまとまりの仕事のこと。仮想通貨の世界では送金などのプロセスにおいて、データの承認や記録などの一連の処理を指す言葉。

ドイツ(Germany)

ドイツ(Germany)は、ベルリン(Berlin)を首都とする人口約8000万人の連邦制共和国であり、法定通貨はユーロ(EUR)です。ベルリンにある大学「The European School of Management and Technology(ESMT)」では、ビットコイン(Bitcoin)による授業料支払いの受付を開始し、ドイツ国民観光局(GNTB)も仮想通貨決済の受け入れと、財務にブロックチェーン(Blockchain)の導入を予定しており、国民の多くは仮想通貨市場に積極的な関心をもっています。またフィンテック(Fintech)革命が最初におきた国でもありNAGAcoin発行元のフィンテック企業が、ドイツで最も人気のあるサッカークラブ「ハンブルガーSV」と提携をし、今後も世界のフィンテックリーダー国として牽引していくことが期待されています。仮想通貨取引においては、同国第2位の規模を誇る証券取引所Börse Stuttgart(ベールゼ・シュトゥットガルト)の子会社「The Stuttgart Stock Exchange」が、2018年9月にに仮想通貨取引アプリをリリースする事を発表しており、取引高が1000億ドルにも上るヨーロッパ最大規模の取引所であることから仮想通貨業界でも期待されています。

ドイツ(Germany)に関するおすすめの記事

TOYOTA(トヨタ)

TOYOTA(トヨタ)とは、日本(Japan)の大手自動車メーカーです。DAIHATSU(ダイハツ )工業と日野自動車の親会社でもあり、SUBARU(スバル)の筆頭株主でもあります。

Tulsi Gabbard(トゥルシー・ギャバード)

Tulsi Gabbard(トゥルシー・ギャバード)は、アメリカ合衆国(United States of America)の政治家・下院議員です。仮想通貨(Cryptocurrency)に投資していることを公表しており、イーサリアム(ETH)とライトコイン(LTC)を保有していることを明らかにしています。

Tulsi Gabbard(トゥルシー・ギャバード)に関するおすすめの記事

Thomas Lee(トーマス・リー)

Thomas Lee(トーマス・リー)とは、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)共同創業者です。ウォールストリートの預言者とも呼ばれており、仮想通貨(Cryptocurrency)やビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想をしています。

Thomas Lee(トーマス・リー)に関するおすすめの記事

Donald Trump(ドナルド・トランプ)

Donald John Trump(ドナルド・ジョン・トランプ)は、アメリカ合衆国(United States of America)の第45代大統領です。政治家、実業家でもある同氏は、不動産会社「トランプ・オーガナイゼーション」の会長兼社長務め「アメリカの不動産王」と呼ばれています。

Donald Trump(ドナルド・トランプ)に関するおすすめの記事

ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(Dogecoin/DOGE)とは、2013年12月にアメリカ合衆国の掲示板「4chan」で誕生した芝犬をモチーフにした仮想通貨(Cryptocurrency)です。ビッットコイン(Bitcoin/BTC)のパロディとして開発されたこの暗号通貨は、ライトコイン(Litecoin/LTC)のソースコードを元にして作られており、発行上限などが設定されていません。"おふざけ"で作られた側面を持っているものの、その後の開発は積極的に続けられており、世界中で愛されています。

仮想通貨専門用語 な行

ナンス

ナンス(Number used once)とは、ビットコインの取引時に毎回生み出される 32桁の数字列のこと。全てのビットコイン取引を区別するためにナンスが全取引で発行される。ナンスはその取引専用のパスワードのようなものです。

ナスダック(NASDAQ)

ナスダック(NASDAQ)とは、

ナスダック(NASDAQ)に関するおすすめの記事

NASA(米航空宇宙局)

NASA(米航空宇宙局)とは、

NBA(National Basketball Association)

NBA(National Basketball Association/ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)とは、北米地域で展開されている男子プロバスケットボールリーグのことであり、全30チームの内29チームがアメリカ合衆国、1チームがカナダに本拠地構えています。北米4大プロスポーツリーグの一つでもあります。

NBA(National Basketball Association)に関するおすすめの記事

Nike(ナイキ)

Nike(ナイキ)とは、

二段階認証

二段階認証(2FA・Two Factor Authenticati)とは、仮想通貨取引所の口座にログインする端末を 2つ設定して、2つの端末の許可がないと口座にログイン出来なくなる設定のことです。2つの端末の許可が必要になるという事は 1つの端末を盗まれたり、落としたりしてしまっても、 もう 1つの端末がログインには必要になりますので取引所口座は安全に守られます。

二重支払い

二重支払いとは、同じ通貨を異なる相手に支払う方法の事を言います。異なる相手に対して同じ通貨を使っているのにも関わらずどちらの相手も「受け取る通貨(金額)は存在する」と思ってしまう事で 1つの通貨を複数回使える事になります。そのような事が出来てしまえば 1つの通貨が無限に生み出されてしまい、誰もがその通貨を無限に所有してしまうので、その通貨は交換条件としての価値がゼロになってしまい通貨制度そのものが崩壊してしまいます。仮想通貨はデータ上の通貨なので、不正なデータ処理で二重支払いが生じないようにブロックチェーンという技術により、所有者全員で通貨を管理する事で二重支払いが発生しないようにしています。

日本ブロックチェーン協会

日本ブロックチェーン協会(Japan Blockchain Association / JBA)は、仮想通貨(暗号通貨)に用いるブロックチェーン技術が、安心・安全な技術として、これからの日本経済の発展を支える仕組みの 1つになることを目的に 2016年 4月に設立された、仮想通貨・ブロックチェーンの普及を促進する団体です。

ニュージーランド(New Zealand)

ニュージーランド(New Zealand)は、ウェリントン(Wellington)を首都とする人口約470万人の立憲君主制国家であり、法的通貨はニュージーランドドル(NZD)です。同国政府は暗号通貨を有価証券とみなしブロックチェーン(Blockchain)の技術に目を向けており、分散型アプリケーション(DApps)の開発に特化した仮想通貨プロジェクトであるセントラリティ(Centrality/CENNZ)が拠点とする国でもあります。ニュージーランドを拠点とする仮想通貨取引所には「Cryptopia(クリプトピア)」「Easy Crypto(イージークリプト)」などがあり、500種類以上の通貨を取り扱っています。

ニュージーランド(New Zealand)に関するおすすめの記事

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)

ニューヨーク(New York)

ニューヨーク(New York)は、アメリカ合衆国(United States of America)の都市で、人口約800万人の世界の主要な商業・金融・文化が集まる中心地です。同都市はブロックチェーン・イノベーション(Blockchain Innovation)の中心地を目指しており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)はMicrosoft(マイクロソフト)Starbucks(スターバックス)BCGなどの大手企業との提携により「Bakkt(バックト)」を設立しました。仮想通貨取引所はアメリカを拠点とした「Coinbase」中国を拠点とした「Binance」Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が運営する「Gemini」などがあります。また、Geminiは世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場である「NASDAQ(ナスダック)」と提携を組んでいます。

ニューヨーク(New York)に関するおすすめの記事

ニューヨーク証券取引所(NYSE)

ニューヨーク証券取引所(NYSE)とは、

日本(Japan)

日本(Japan)は、

ネム(XEM)

仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは、New Economy Movement の略称で、新しい経済圏の創出を目標として 2015年に公開された仮想通貨(暗号通貨)の一種です。金銭的な自由・分散化・平等、および連帯感の原則の基、ブロックチェーン(blockchain)技術を応用して生まれたプロジェクトで、通貨単位は「XEM(ゼム)」総発行量は 8,999,999,999XEM です。ブロックごとに承認していくという構造はビットコイン(bitcoin/BTC)などと変わりませんが、マイニング(mining)と呼ばれる承認する行為やマイナー(採掘者)のことを、ネム(NEM)では「ハーベスティング(収穫)」や「ハーベスト(収穫者)」と呼ばれており「ユーザーの重要度」によって報酬が分配される「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance/PoI)」というコンセンサスアルゴリズムを採用しているのが大きな特徴のアルトコイン(altcoin)です。

ネム(XEM)に関するおすすめの記事

ネオ(NEO)

ネオ(NEO)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクト機能を実装している暗号通貨(仮想通貨)です。この NEO のプラットフォームをベースにした多くの ICO(Initial Coin Offering)が予定されており、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

ネブラスカ(Nebraska)

ネブラスカ(Nebraska)は、アメリカ合衆国の中西部に位置する州であり、州都はリンカーンです。

ネブラスカ(Nebraska)に関するおすすめの記事

ノード

ノード(Node)とは、ブロックチェーンを繋ぐネットワークの接続ポイントになるコンピュータの事です。

Northern Trust(ノーザン・トラスト)

Northern Trust(ノーザン・トラスト)とは、

Northern Trust(ノーザン・トラスト)に関するおすすめの記事

農業(Agriculture)

農業(Agriculture)とは、土地を利用して植物・動物を育成し、生産物を得ることです。

農業(Agriculture)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 は行

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)とは、中国(香港)を拠点としている仮想通貨取引所です。 2017年に設立され100種類近くのアルトコインを取り扱っており、12月には取引高世界1位になり世界最大の取引所となりました。CEOの趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は、2018年7月に発生した西日本豪雨災害の被災地に寄付することも報じられています。セントラリティ(Centrality/CENNZ)やカルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)などの通貨も購入する事ができます。

BINANCE(バイナンス)に関するおすすめの記事

ハッキング(hacking)

ハッキング(hacking)とは、コンピュータに関する専門知識を熟知した人々が実行する、ソフトウェアやハードウェアの構築や改変といった幅広いに事柄を指す言葉です。仮想通貨取引所などに対する悪意を持った攻撃などの行為が"ハッキング"と呼ばれることも多いですが、これらの犯罪行為は正確には"クラッキング(Cracking)"と呼ばれます。

ハッキング(hacking)に関するおすすめの記事

ハードフォーク

ハードフォーク(HF)とは、互換性のない仮想通貨(暗号通貨)のアップデートになります。前の機能・仕組みは引き継がずに、より性能の良い新しいものへアップデートするため、分裂が起こり、それまでのものと全くの別物の仮想通貨が出来てしまいます。このハードフォークによって仮想通貨のビットコインが「ビットコイン(BTC))と「ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)」の 2つに、イーサリアムが「イーサリアム(ETH)」と「イーサリアムクラシック(ETC)」の 2つに分かれました。

ハードフォークに関するおすすめの記事

ハードウェアウォレット

ハードウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の一種です。USB のような形状のものに、仮想通貨のデータを保管する仕組みになっています。オフライン(ネットに繋がっていない状態)で保管することができるため、ペーパーウォレットに次ぐセキュリティーの高い資産の保管方法ですが、ハードウォレットを紛失・破損したりすると仮想通貨をウォレットから引き出せなくなってしまう危険性もあります。

ハッシュ

ハッシュ関数から得られた値の事をいいます。ビットコインでは、公開鍵をハッシュ関数から得られた値がビットコインアドレスになります。

ハッシュレート

ハッシュレートとは、採掘速度のことで、ハッシュ関数とよばれる演算を 1秒間でいくつ処理できるかを示す値です。 仮想通貨ではブロックチェーンを使った売買や送金に絡むデータの流れが真正かどうか、第三者がコンピューターで暗号を解きながら検証する作業(マイニング)の処理速度の事をいいます。ハッシュレートが高いほど、仮想通貨の報酬(マイニング報酬)を得られる可能性が高まります。

半減期

半減期とは、ビットコイン(bitcoin/BTC)のマイニングの報酬額が、約4年ごとに半額になり続ける現象のことを言います。最初の 4年は約 10分に 1回に 50BTC の報酬、次の 4年は 1回で 25BTC の報酬がありました。2017年の現在は、1回のマイニングで 12.5BTC の報酬があります。ビットコインのマイニングは、2100年台まで続きますが、すでに全ビットコイン総量の 75% が流通しているのが現状です。

半減期に関するおすすめの記事

発行量

仮想通貨の発行量の事です。ほとんどの仮想通貨は発行量があらかじめ決まっています。発行量が決まっている為、市場人気によって価値が変動します。

Hyperledger(ハイパーレジャー)

Hyperledger(ハイパーレジャー)とは、2015年12月に「Linux Foundation」によって開始されたオープンソースのブロックチェーン(Blockchain)プラットフォームです。パフォーマンスと信頼性の多くの面を改善することを目指して、主要なテクノロジー・金融・サプライチェーンの企業を含むグローバルビジネストランザクションをサポートするように設計された分散型元帳に焦点を当てています。

Hyperledger(ハイパーレジャー)に関するおすすめの記事

バハマ(Bahamas)

バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する島国です。イギリス連邦の加盟国であると同時に英連邦王国の一国たる立憲君主制国家でもあります。仮想通貨やブロックチェーンに積極的な姿勢を見せるバハマは、独自仮想通貨の発行も計画しています。

バハマ(Bahamas)に関するおすすめの記事

バスケットボール(Basketball)

パンテラ・キャピタル(Pantera Capital)

パンテラ・キャピタル(Pantera Capital)に関するおすすめの記事

バルト諸国(Baltic States)

バルト諸国(Baltic States)は、北ヨーロッパに位置する北大西洋条約機構(NATO)・欧州連合(EU)の加盟国で、北から順にエストニア(Estonia)・ラトビア(Latvia)・リトアニア(Lithuania)と並ぶ3つの国を指します。人口約600万人で、法定通貨はユーロ(EUR)です。本諸国では急速に仮想通貨の導入が進んでおり、不動産・サービス業・アパレル業界において仮想通貨決済の導入、各首都にはビットコインATMの設置がされており、韓国の大手電機メーカーSAMSUNG(サムスン)ストアでは暗号通貨BTC・ETH・DASH・NEM・XRPなどでの支払いを予定しています。

バルト諸国(Baltic States)に関するおすすめの記事

バージ(XVG)

仮想通貨バージ(Verge/XVG)とは

Bakkt(バックト)

Bakkt(バックト)とは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した新事業であり、ビットコイン先物取引や仮想通貨の購入、販売、保管、使用などを行うことができるプラットフォームを提供しています。

Bakkt(バックト)に関するおすすめの記事

ハワイ(Hawaii)

ハワイ(Hawaii)は、太平洋に位置するアメリカ合衆国の州です。

ハワイ(Hawaii)に関するおすすめの記事

百度(Baidu/バイドゥ)

百度(Baidu/バイドゥ)とは、中国最大の検索エンジンを提供するテクノロジー企業です。ブロックチェーン技術を用いて知的財産の保護や管理を行う「Totem(トーテム)」と呼ばれるサービスなども提供しています。

百度(Baidu/バイドゥ)に関するおすすめの記事

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH/BCC)とは、2017年8月1日にビットコイン(bitcoin/BTC)が「ハードフォーク」して誕生した新しい仮想通貨(暗号通貨)のことで、ビットコインの取引量が増えてきたことによる取引スピードの低下など「スケーラビリティの問題」を解決するために一部のビットコインマイナー(採掘者)により生み出されたアルトコイン(altcoin)で、ブロックサイズを8M まで拡大したことが最大の特徴です。ビットコインキャッシュの通貨単位はBCCまたはBCHと表記され、仮想通貨取引所によって異なります。

ビットコインキャッシュ(BCH)に関するおすすめの記事

ビットコイン・コア

ビットコイン・コア(Bitcoin core)とは、ビットコインの開発を行う人達の事です。ビットコインコア開発者はコード上のバグを修正したり、仕様をより良いものにしようと日々開発を行っています。ビットコインの改善提案を元にビットコインが今後どのような方向へ改善していくべきか議論が行われ、議論参加者の賛成が多く、ビットコインコア開発者も賛同すれば実際にビットコインが改善されます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(bitcoin/BTC)とは、2008年11月に中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文(ホワイトペーパー)に基づき、2009年1月3日に P2P ネットワークを利用して運用が開始された仮想通貨(暗号通貨)で、「ブロックチェーン技術」を利用して管理されています。ドルや円などの国家の信用を基に価値を担保している法定通貨を扱う銀行のような中央を経由せず、ネットワーク参加者全体で直接取引できる仕組みで、国家の枠組みを飛び越えて世界中で利用できる「地球通貨」とも言われています。ビットコインは総発行量が 2100万 BTC と決められており、発行上限に到達するのは 2140年だと言われています。このビットコインはマイニング(採掘)という "承認作業" によって新規発行され、この承認作業の報酬としてビットコインが与えられます。

ビットコイン(BTC)に関するおすすめの記事

ビットコインウォレット

ビットコインウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)のようなものです。名前こそ財布ですが、どちらかというと銀行口座の方に近く、アドレスを通して仮想通貨を入金・送金します。ウォレットの種類としては、「ウェブウォレット(インターネット上の財布)」 、「モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)」等があります。

BITTREX(ビットレックス)

BITTREX(ビットレックス)とは、2014年に営業を開始した世界でも有名な海外の仮想通貨取引所の一つです。本社をアメリカのラスベガスに置き、カルダノエイダコイン(ADA)やSIRIN LABS Token(SRN)などの日本でも人気の高い多くの暗号通貨を取り扱っています。

BITTREX(ビットレックス)に関するおすすめの記事

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン・仮想通貨(暗号通貨)取引所で、2014年1月に設立され、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(litecoin)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)など、1,000種類以上もある世界中の仮想通貨の中でも、取引高(時価総額ランキング)が上位にある主要な通貨を取り扱っており、三菱 UFJ キャピタル、リクルートホールディングス、SBI インベストメント、電通デジタルホールディングスなど、業界最大手の企業から出資を受ける "取引量日本一" の仮想通貨(暗号通貨)取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)に関するおすすめの記事

ビットコイン決済

ビットコイン決済とは、提供されるサービスや購入した商品に対して代金を支払う際、ビットコイン(bitcoin/BTC)を送金して精算することです。日本国内でも仮想通貨(暗号通貨)の普及が急速に進むにつれ、家電量販店「ビッグカメラ」や、メガネ・コンタクトレンズなどの販売を行う全国チェーン店の業界大手企業「メガネスーパー」、海外格安航空券の売上で日本一の「H.I.S.(エイチ・アイ・エス)」などでビットコインで決済が可能になり、飲食店情報グルメサイト「ぐるなび」が "2020年の東京オリンピックまでに 5万店が目標" とするなど、ビットコインの実用化が着々と進んでいます。

ビットコイン決済に関するおすすめの記事

ビットコイン ATM

ビットコインATMとは、Bitcoin(BTC)の売買ができるATM機器のことです。仮想通貨取引所を介さず、直接自分のウォレットとのやりとりで、「自分のウォレットからビットコインを売って現金に換金」したり「持っている現金を入金して自分のウォレットにビットコインを入金」してもらことが出来ます。

ビットコイン ATMに関するおすすめの記事

P2P(ピア・ツー・ピア)

ピア・ツー・ピア(Peer to Peer)とは、中央サーバを用意せず個々の端末(パソコンなど)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことで、無料の通話システムのスカイプにも使用されています。ほとんどの仮想通貨ではこの P2Pが使用されている。互いの端末間で管理するためそのためデータの正しさを証明することが難しかったが、ビットコイン(BTC)ではブロックチェーンを導入することでこの問題を解決しました。

P2P(ピア・ツー・ピア)に関するおすすめの記事

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)は、仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)の創業者として有名なプログラマーです。1994年にロシアのモスクワ州コロマで産まれました。2013年の19歳のときにイーサリアムプラットフォームを考案し、2017年10月時点で時価総額3兆円規模にまで成長させた彼の若き才能には、世界中から注目が集まっています。

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)に関するおすすめの記事

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)とは、ビットコイン(BTC)やその他のアルトコインを取り扱う仮想通貨取引所です。リップル(Ripple/XRP)の取引量で世界一を記録した取引所でもあり、ネットワークから遮断されたマルチシグのコールドウォレットを採用し、高いセキュリティーを備えています。

bitbank(ビットバンク)に関するおすすめの記事

ビットコイン投資

ビットコイン(Bitcoin/BTC)投資

ビットコイン投資に関するおすすめの記事

ビットコイン価格

ビットコイン(bitcoin/BTC)価格とは、仮想通貨取引所で表示されるビットコイン価格です。ビットコインは 0.147 BTC など、小数点以下の単位でもコイン量を表すことができます。仮想通貨取引所などでは「1BTC=〇〇〇〇円」と価格が表示されます。

ビットコイン価格に関するおすすめの記事

ビットコインゴールド(BCG)

ビットコインゴールド(BTG)とは、ビットコイン(bitocoin)の分裂によって生まれた暗号通貨です。マイニング(採掘)をより簡単にできるようにするために作られたアルトコインです。

ビットコインゴールド(BCG)に関するおすすめの記事

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)

ビットコインキャッシュクラシック(Bitcoin Cash Classic/BCHC)とは、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)が抱えていた問題を解決するために実行した「ハードフォーク」後に誕生する可能性がある仮装通貨(暗号通貨)です。

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)に関するおすすめの記事

ビットコインデビットカード

ビットコインデビットカードは、

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)とは、仮想通貨(Cryptocurrency)の取引所です。

BITPoint(ビットポイント)に関するおすすめの記事

Peach Aviation(ピーチ・アピエーション)

Peach Aviation(ピーチ・アピエーション)とは、ANA(全日空)が筆頭株主を務める格安航空会社(LCC)です。

Peach Aviation(ピーチ・アピエーション)に関するおすすめの記事

BIP

BIP(bitcoin improvement proposals)とは、直訳すると、ビットコインの改善(improvement)提案(proposals)となります。つまりビットコイン技術を改善する為に作成、公開される提案書の事を総称して BIP といいます。

ビットコイン ETF

ビットコインのETF(上場投資信託)への上場の事です。ETFに上場すれば、・リアルタイムで売買可能・株や債権などで分散投資が可能・相場の値動きを見ながら投資可能など様々なメリットがあります。ビットコインを証券化して証券取引所に上場すれば、金融商品となり、ビットコインの資産としての裾野が飛躍的に広がる可能性があります。

ビットコイン ETFに関するおすすめの記事

ビットコインアドレス

ビットコインアドレスとは、仮想通貨専用の財布(ウォレット)の口座アドレスの事です。銀行の口座番号の様なもので、27〜34 文字の英数字の組み合わせからできていて、仮想通貨を入金・送金する際、このアドレスを通して財布(ウォレット)に入金・送金する事になります。

Bithumb(ビッサム)

Bithumb(ビッサム)は、韓国を拠点とする大手仮想通貨取引所であり、世界でもトップクラスの取引量を誇っています。以前は日本向けのサービスも提供していたものの、マネーロンダリングなどの問題に適切に対処し、それぞれの国の法律に基づいて営業を行うために、日本向けのサービスは停止されています。

Bithumb(ビッサム)に関するおすすめの記事

VISA

VISA(ビザ)は、

VISAに関するおすすめの記事

BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)は、「HDR Global Trading Limited」という香港を拠点とする会社が運営している仮想通貨取引所です。世界最大級の取引量を誇っており、デリバティブ取引のみを提供しています。共同創業者兼CEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、ビットコイン(BTC)の価格予想を語ることでも知られており、2018年末までに550万円に達するとの予想を立てています。

BitMEX(ビットメックス)に関するおすすめの記事

bitkub(ビットカブ)

bitkub(ビットカブ)は、2018年5月にタイに設立された仮想通貨取引所です。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の他にもカルダノエイダコイン(ADA)などの暗号通貨も取り扱っており、短期間で大きな注目を集めています。

bitkub(ビットカブ)に関するおすすめの記事

Bill Miller(ビル・ミラー)

Bill Miller(ビル・ミラー)に関するおすすめの記事

BitOasis(ビットオアシス)

BitOasis(ビットオアシス)とは、

BitOasis(ビットオアシス)に関するおすすめの記事

Bitcoin Superstore(ビットコインスーパーストア)

Bitcoin Superstore(ビットコインスーパーストア)とは、

Bitcoin Superstore(ビットコインスーパーストア)に関するおすすめの記事

Bitfi

Bitfiとは、

Bitfiに関するおすすめの記事

Bitfury(ビットフューリィ)

Bitfury(ビットフューリィ)とは、

Bitfury(ビットフューリィ)に関するおすすめの記事

美容(Beauty)

美容(Beauty)業界では、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用したアプリケーションなどが開発されており、美容整形などの分野でも高く評価されている韓国では、ソーシャルネットワーク(SNS)を活用したブロックチェーンプロジェクトなども立ち上げられています。

美容(Beauty)に関するおすすめの記事

BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW(ビー・エム・ダブリュー)とは、ドイツ(Germany)のバイエルン州ミュンヘンに本社を構える自動車、自動二輪車、エンジンメーカーです。

BIG DATA(ビッグデータ)

BIG DATA(ビッグデータ)とは、

Bill Harris(ビル・ハリス)

Bill Harris(ビル・ハリス)は、アメリカの決済サービス会社PayPal(ペイパル)の元CEOです。同氏は「ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がない」と発言しています。

Bill Harris(ビル・ハリス)に関するおすすめの記事

BitPay(ビットペイ)

BitPay(ビットペイ)とは、アメリカ合衆国(United States of America)の大手仮想通貨決済会社です。

BitPay(ビットペイ)に関するおすすめの記事

フィンテック(fintech)

フィンテック(Fintech)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)をかけ合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略となる言葉です。インターネットや人工知能(AI)、ブロックチェーンなどの情報技術を利用した新しい金融サービスであり、既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることができます。

ブロックチェーン(blockchain)

ブロックチェーン(Blockchain)とは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのあらゆる仮想通貨(Cryptocurrency)を支えている重要な技術です。デジタル化された複数の情報をまとめた"ブロック"を、分散化された複数のコンピュータで記録して"繋ぎ合わせる"ことによって管理する『分散型ネットワーク』を活用した最先端技術であり、あらゆるデータを安全かつ信頼できる形で保管することができます。金融業界ではデジタル化されたお金の管理に応用されていますが、物流業界では物理的な商品に関連する生産地や製造会社などの情報を管理するために活用されており、IT業界では画像や動画などの著作権などの情報を管理することなどに使用されています。近年ではスポーツ業界などでも幅広く取り入れられているため、一般社会での認知度も飛躍的に向上してきています。地球上に存在する無数のデータに応用することができるこの技術は、宇宙開発などの分野にも大きく貢献しています。

ブロックチェーン(blockchain)に関するおすすめの記事

プラットフォーム(platform)

プラットフォーム(英: computing platform)とは、コンピュータの分野において、ソフトウェアが動作するための土台(基盤)として機能する部分のことであり、主にオペレーティングシステム (OS)やハードウェアといった基礎部分を指します。

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)は、Ripple Lab(リップルラボ)のCEOです。以前はファイル共有の会社であるHightailのCEOであり、AOLとYahooの両方でシニアロールを務めていました。ハーバードビジネススクールのMBAも取得しています。

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)に関するおすすめの記事

分散型台帳

分散型台帳とは、分散型のデータベースの事を指し、インターネットを介して同じデータを複数の端末(パソコンなど)で持つ事で管理します。中央管理システムの対となるシステムのことです。ビットコインはこの分散型台帳を採用しており、ブロックチェーン技術の開発により現実になったシステムの名称。

分散型台帳に関するおすすめの記事

FaceBook

FaceBookに関するおすすめの記事

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、コンセンサスアルゴリズムのルールの 1つで、直訳すれば「出資の証明」つまりその仮想通貨の保有量が多いほど、ブロックチェーン上でブロックを作成する事が有利になり、マイニング報酬を得やすくなる、というルールの事です。

ブレイブ(BAT)

ブレイブとは、

ファクトム(FCT)

ファクトム(Factom/FCT)とは、登記簿や貸付記録・証券・保険などありとあらゆる書類や記録をビットコイン(bitcoin)で使われてるブロックチェーン上に管理する目的で作られた分散型のデータ管理プラットフォームです。

ファクトム(FCT)に関するおすすめの記事

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは、コンセンサスアルゴリズムのルールの 1つで、直訳すれば「作業の証明」、つまりブロックチェーン上でブロックを作成する作業量を多くするための計算能力を持つコンピュータを所持しているマイナーほど、マイニング(採掘)報酬を得やすくなるというルールの事になります。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)に関するおすすめの記事

Huobi(フオビ)

Huobi(フオビ)は、2013年にレオン・リー(Leon Li)氏が中国の香港に設立した仮想通貨取引所です。アジアを中心に約130カ国で取引されており、韓国(Korea)・香港・シンガポールでビジネスを展開しています。

Huobi(フオビ)に関するおすすめの記事

ブラジル(Brasil)

ブラジル(Brazil)は、ブラジリア(Brasilia)を首都とする人口約2億人の南アメリカに位置する連邦共和制国家であり、法定通貨はレアル(BRL)です。暗号通貨への関心が高く、仮想通貨取引所のユーザー数は株式市場の2倍も増えており、同国大手旅行バス会社2社はチケットの購入にビットコイン決済を導入しています。また元ブラジル代表のサッカー選手、ロナウジーニョ氏も「ブロックチェーン(Blockchain)で世界に貢献したい」と発言し、ICOやVRスタジアムの開発予定をしてます。仮想通貨取引所は「Foxbit」「BitcoinTrade」「Mercado Bitcoin」などがあり、大手仮想通貨取引所「Huobi」も同国都市サンパウロに事務所を開設しました。

ブラジル(Brasil)に関するおすすめの記事

フィリピン(Philippines)

フィリピン(Philippines)は、マニラ(Manila)を首都とする人口約1億人の東南アジアに位置する共和制国家であり、法定通貨はフィリピン・ペソ(PHP)です。同国政府はブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)に関連する企業を受け入れ、仮想通貨取引所・マイニング(発掘)・ICO(イニシャル・コイン・オファリング)などの事業を許可していくと発表し、国内の暗号通貨取引量は月間約40億円(*)にも達します。仮想通貨取引所は「Rebittance(レビタンス)」「Beture(べトゥール)」「BloomSolutions(ブルームソリューションズ)」「Virtual Currency Philippines(バーチャル・カーレンシー・フィリピン)」「ETranss(Eトランス)」などがあります。(*)2018年8月時点

フィリピン(Philippines)に関するおすすめの記事

Prometheus(プロメテウス)

Prometheus(プロメテウス)に関するおすすめの記事

Plutus(プルタス)

Plutus(プルタス)に関するおすすめの記事

Fiat(フィアット)

Fiat(フィアット)とは、中央銀行が発行した日本円(JPY)や米国ドル(USD)などの通貨、法で定められた紙幣などの法定通貨(ほうていつうか)のことです。Fiat Money・Fiat Currency・フィアット通貨(フィアット・カレンシー)とも表現され、仮想通貨売買において「フィアットに戻す」「Fiat建て取引」などといった使い方をします。

Fiat(フィアット)に関するおすすめの記事

PLAYBOY(プレイボーイ)

PLAYBOY(プレイボーイ)とは、アメリカ合衆国ので創刊された成人向け娯楽雑誌です。女性のヌード写真のようなアダルトコンテンツやファッション、スポーツ、セレブなどの話題、短編小説などを掲載しており、全世界で発刊している同社は仮想通貨決済サービスの導入に向けた取り組みも開始しています。

PLAYBOY(プレイボーイ)に関するおすすめの記事

フィンランド(Finland)

フィンランド(Finland)は、ヘルシンキ(Helsinki)を首都とする人口約500万人の北ヨーロッパに位置する共和制国家であり、法定通貨はユーロ(EUR)です。同国では住民のデータを記録するためにブロックチェーン(Blockchain)技術を導入し難民の身元問題解決したり、寒冷な気候のため低コストの原子力発電を導入してビットコインマイニング(採掘)にも積極的に取り組んでいますが、中央銀行であるフィンランド銀行は暗号通貨に対する否定的な報告書を公開しており「Cryptocurrencyは幻想である」と指摘しています。フィンランド国籍を持つ政治活動家やミュージシャンとしても知られている「Kim Dotcom(キム・ドットコム)」氏は仮想通貨を強く支持しています。

フィンランド(Finland)に関するおすすめの記事

物流(Logistics)

物流・ロジスティクス(Logistics)とは、

物流(Logistics)に関するおすすめの記事

Ford(フォード)

Ford(フォード)とは、、アメリカ合衆国ミシガン州に本社を構える自動車メーカーです。

Ford(フォード)に関するおすすめの記事

Volkswagen(フォルクスワーゲン)

Volkswagen(フォルクスワーゲン)とは、ドイツ(Germany)のニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を構える自動車メーカーです。Porsche A.G.(ポルシェ)をはじめとする、複数の傘下企業をもつフォルクスワーゲングループを構成しています。

PundiX(NPXS)

PundiX(NPXS)とは、仮想通貨決済の普及を促進するために開発された支払いに特化した暗号通貨です。仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で行われている上場通貨の人気投票で1位を獲得しており、様々な場面で決済通貨として利用されています。

PundiX(NPXS)に関するおすすめの記事

ブロックチェーン・エクスプローラー(Blockchain Explorer)

ブロックチェーン・エクスプローラー(Blockchain Explorer)とは、ビットコイン(BTC)やイーアリアム(ETH)などの様々な仮想通貨(Cryptocurrency)の取引記録を確認することができる検索ツールです。ブロックチェーン(Blockchain)上に記録された取引の全記録を誰でも簡単に確認することができるようになっています。

ブロックチェーン・エクスプローラー(Blockchain Explorer)に関するおすすめの記事

プーマペイ(PumaPay/PMA)

プーマペイ(PumaPay/PMA)とは、キプロスのブロックチェーン企業である「Distentralized Vision」が運営している国際決済での使用に焦点をあてた仮想通貨です。事前に契約を交わすことによって、販売者側が購入者のアカウントから自動的にお金を引き出すことができる『プル型決済』ができることなどを特徴としており、銀行経由での自動引き落としサービスで必要となっていた高い手数料を最小限に抑え、より高速な支払いを実現することを目指しています。

Bugatti(ブガッティ)

Bugatti(ブガッティ)とは、フランスに本社を置く自動車メーカーです。フォルクスワーゲンが商標権・製造販売権を獲得し100%子会社として創業しました。アメリカ・テキサス州の高級車販売店「Post Oak Motor Cars」では、同車を始め、Bentley(ベントレー)やRolls-Royce(ロールスロイス)などをビットコイン(Bitcoin/BTC)やビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)などの仮想通貨(Cryptocurrency)で購入することができます。

Bugatti(ブガッティ)に関するおすすめの記事

Brian Armstrong(ブライアン・アームストロング)

Brian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、アメリカの仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のCEOを務めています。暗号通貨(Cryptocurrency)に関連する番組やインタビューなどにも積極的に参加しており、これまでにも数多くのコメントを残してきています。

Brian Armstrong(ブライアン・アームストロング)に関するおすすめの記事

FanDuel(ファンデュエル)

FanDuel(ファンデュエル)とは、架空のスポーツチームを作成して参加できる「ファンタジースポーツ」のオンラインゲームを提供している企業です。

FanDuel(ファンデュエル)に関するおすすめの記事

ブルーム(Bloom/BLT)

ブルーム(Bloom/BLT)とは、スタンフォードのエンジニアが作成した仮想通貨(Cryptocurrency)です。イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン(Blockchain)上に構築されたERC20トークンであるこの暗号通貨は、個人情報を保護しながら法定通貨やデジタル通貨の貸付をより効率的に行うことができるサービスを提供しており、大手自動車メーカーであるBMWとも提携しています。

ブルーム(Bloom/BLT)に関するおすすめの記事

不動産(Real Estate)

不動産(Real Estate)業界では、ブロックチェーン(Blockchain)を活用して売買取引の手間やコストを劇的に軽減させています。

不動産(Real Estate)に関するおすすめの記事

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)とは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに本社を構える投資信託の販売・運用会社です。2,500万人以上もの投資家と取引を行なっていると言われており、運用する資産の総額は269兆円とも言われています。仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)を使った商品の開発も行っていることが明らかになっており、2018年末までに正式に発表することを計画していると伝えられています。

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)とは、海外の人気匿名掲示板「4ちゃんねる(4chan)」のコミュニティで話題になった独自トークンで、カウンターパーティ(Counterparty)というビットコイン(bitcoin/BTC)のブロックチェーン(Blockchain)のプラットフォーム上で生み出された XCP を元に作られた仮想通貨(暗号通貨)の一種です。通貨単位は「PEPECASH」と表記され、最大供給量は 701,884,009PEPECASH です。ヒロユキ(西村博之)氏によって開設された、日本の電子匿名掲示板「2ちゃんねる(2ch)」から生まれた「モナコイン(MonaCoin/MONA)」の海外版だと言われており、カードコレクションゲーム「ブック・オブ・オーブス」内にて、レアペペ(Rarepepe)と呼ばれる緑のカエルがモチーフのトークン(デジタルカード)の売買をするために使われる独特の文化を背景に持ったアルトコイン(altcoin)で、海外版 MonaCoin/MONA と呼ばれることもあります。ぺぺキャッシュ(PepeCash/PEPE)の購入は、日本の仮想通貨取引所では「Zaif(ザイフ)」のみで購入することができ、日本円か bitcoin/BTC で取引することが可能です。

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)に関するおすすめの記事

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の一種です。紙に口座アドレス・秘密鍵を印刷することによって、仮想通貨のデータを保管する仕組みになっています。紙なのでハッキングする事が出来ず、ネットセキュリティの上では安全ですが、ペーパーウォレットの紛失、盗難、火災などに気をつける必要があったり、経年劣化により文字が消えてしまう恐れがあります。

ベンチャーキャピタル(VC)

ベンチャーキャピタル(venture capital/VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。未上場企業に投資し、資金の運用報酬も収益源とする事業。

ベルギー(Belgium)

ベルギー(belgium)はブリュッセル(Brussels)を首都とする、人口約1100万人の西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家で、法定通貨はユーロ(EUR)です。大手IT企業富士通は首都ブリュッセルに「ブロックチェーン・イノベーション・センター」を2018年3月に開設しました。本センターでは、世界中の様々な企業や研究機関と連携する事を目的としており、同国のスマートシティ(Smart city)現実に向け、ブロックチェーン(Blockchain)の技術を使い公的台帳や選挙登録用の身分証明書、スマートコントラクト(Smart Contract)における取引プロセス、監査の自動化などの可能性を探っていく予定です。

ベルギー(Belgium)に関するおすすめの記事

ベネズエラ(Venezuela)

ベネズエラ(Venezuela)は、カラカスを首都とする連邦共和制国家です。ハイパーインフレに直面している同国のインフレ率は、2018年内に100万%を超えると予想されています。石油に裏付けされた独自の仮想通貨ペトロ(Petro/PTR)を発行していますが、批判の声も多く、国内ではビットコイン(BTC)の需要が急速に高まっています。

ベネズエラ(Venezuela)に関するおすすめの記事

Mercedes Pay(メルセデス・ペイ)

Mercedes Pay(メルセデス・ペイ)とは、PayCash Europe SA(ペイキャッシュ・ヨーロッパ)

Mercedes Pay(メルセデス・ペイ)に関するおすすめの記事

PayPal(ペイパル)

PayPal(ペイパル)とは、電子メールのアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業です。Peter Thiel(ピーター・ティール)氏やElon Musk(イーロン・マスク)氏らによって創業されました。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)とは、Webブラウザである「Brave(ブレイブ)」で使用される仮想通貨(Cryptocurrency)です。ウェブコンテンツ内の広告クリックなどの報酬の支払いやサイト運営者に対する寄付などにも利用することができます。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)に関するおすすめの記事

Bentley(ベントレー)

Bentley(ベントレー)とは、イギリスの高級車メーカーです。名称の由来は創業者の「ウォルター・オーウェン・ベントレー」からです。アメリカ・テキサス州の高級車販売店「Post Oak Motor Cars」では、同車を始め、Bugatti(ブガッティ) やRolls-Royce(ロールスロイス)などをビットコイン(Bitcoin/BTC)やビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)などの仮想通貨(Cryptocurrency)で購入することができます。

Bentley(ベントレー)に関するおすすめの記事

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、仮想通貨の発行元による、仮想通貨の企画や構想そして技術的な内容が書かれた発行書の事です。特に仮想通貨発行前にどのような仮想通貨であるかを知ってもらう為の公開文書の意味合いが強いです。ホワイトペーパーを読む事によって発行しようとしている仮想通貨がどのようなものなのかを知る事ができ、ICO と呼ばれる仮想通貨のプレセールに参加するかどうかの判断材料として利用されます。

堀江貴文(ホリエモン)

堀江貴文(ホリエモン)は、投資家・起業家で、仮想通貨(Cryptocurrency)においても、ビットコイン(bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)の可能性をいち早く自身のYoutubeチャンネル「ホリエモンチャンネル」で配信し、日本の仮想通貨ブームを作った一人です。国内の仮想通貨取引所「Zaif」が取り扱っている2ch発祥のモナコイン(MONA)を保有していることでも有名です。

堀江貴文(ホリエモン)に関するおすすめの記事

Poloniex

Poloniex(ポロニエックス)とは、80種類以上の多くの仮想通貨を取り扱っているアメリカの大手仮想通貨取引所です。2014年1月に設立された後、2018年2月26日にフィンテック企業大手のCircle(サークル)社の傘下に加わる事となりました。

ボラティリティ

ボラティリティとは、仮想通貨の価格変動の大きさの事をいいます。 ボラティリティは一般的には大きいほどリスクが高く、小さいほどリスクが低いとされていますが、現在はまだ仮想通貨元年と言われるように、仮想通貨が普及していく黎明期であるので、多少価格変動が大きいのは必然であるともいえます。

ポーランド(Poland)

Porsche A.G.(ポルシェ)

Porsche A.G.(ポルシェ)は、

Porsche A.G.(ポルシェ)に関するおすすめの記事

Pornhub(ポルノハブ)

Pornhub(ポルノハブ)は、成人向けコンテンツを提供している大手アダルトサイトです。仮想通貨決済の導入に早い時期から取り組んでおり、すでに複数の暗号通貨での支払いに対応しています。

Pornhub(ポルノハブ)に関するおすすめの記事

本田圭佑(Keisuke Honda/KSK)

本田圭佑(Keisuke Honda/KSK)氏は、日本を代表するプロサッカー選手です。起業家・投資家としても有名であり、数多くの名言なども残しています。仮想通貨やブロックチェーン関連の事業にも積極的に取り組んでおり、一部では『本田通貨』を発行する可能性があるとも囁かれています。

本田圭佑(Keisuke Honda/KSK)に関するおすすめの記事

貿易(International Trade)

貿易(International Trade)とは、国と国の間で行われる商品の売買のことを言います。製品を外国に送り出す取引を輸出、外国から送ってもらう取引を輸入といい、税関などによって必要な手続きを行う必要があります。これらの手続きなどは従来紙ベースで行われていましたが、ブロックチェーン技術を活用することによって、コストの削減や効率化することができるため、暗号化技術を活用することによって、その作業をデジタル化するための取り組みなども行われています。

Bobby Lee(ボビー・リー)

Bobby Lee(ボビー・リー)とは、中国に本拠を置くビットコイン(Bitcoin/BTC)の交換会社「BTCC」の創設者兼最高経営責任者(CEO)です。仮想通貨(Cryptocurrency)時価総額ランキング7位(*)のライトコイン(Litecoin/LTC)の開発者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)は実の弟にあたります。*2018年8月時点

Bobby Lee(ボビー・リー)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 ま行

マイナー(採掘者)

マイナー(採掘者)とは、仮想通貨(暗号通貨)のマイニング(採掘)を行う人を指します。ビットコイン(BTC)の創成期には個人PCでマイニングを行うことも可能でしたが現在では特定用途向け集積回路(ASIC)を何千台も束にしたファーム(工場)と呼ばれる組織でもないとほぼ採掘することは出来ません。

マイナー(採掘者)に関するおすすめの記事

マイニング(採掘)

マイニング(Mining)とは、ビットコイン(bitcoin/BTC)を手に入れる方法のこと。ビットコインの取引情報をまとめたもの(ブロック)を1つ生み出すと報酬としてビットコインが支払われる(コインベース)。マイニングは数学的な演算を繰り返し特定の条件を満たす答えを見つける行為そのものの名前でもある。

マイニング(採掘)に関するおすすめの記事

マレーシア(Malaysia)

マレーシア(Malaysia)は、クアランプール(Kuala Lumpur)を首都とする人口約3200万人の東南アジアに位置する連邦立憲君主制国家であり、法定通貨はリンギット(MYR)です。世界的に仮想通貨の規制が厳しくなる傾向にあるなか、同国では禁止や不換紙幣に分類するといったことはしておらず、暗号通貨への需要は増加傾向にあり、現在ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)の人気が高まりつつあると言われています。主な仮想通貨取引所はイギリスを本拠地とした「LUNO」日本を本拠地とした「Bitpoint Malaysia」シンガポールを本拠地とした「COINHAKO」などがあります。

マレーシア(Malaysia)に関するおすすめの記事

マイニングプール

マイニングプールとは、複数のマイナーでマイニングを行うシステムの名称で、マイニングは膨大な演算を行うため、大量のハードウェアと電気が必要になる。すでにマイングを個人で行うのは不可能な状況になっているため複数のマイナーや出資者を集めた企業がマイニングを行い、獲得したビットコインを分配する仕組みになっている。個人で行うよりも確実なビットコイン獲得方法。

マイニングプールに関するおすすめの記事

マイニング工場

マイニング工場とは、企業がマイニングを行うために作り上げた工場のこと。マイニング専用のハードウェア(ASIC 機)を数千〜数万台用意し、大量の電気を消費してマイニングを行っており、大規模なマイニング工場になると、投資額は数千億円になるとも言われている。マイニングファームとも呼ばれることもある。

マイニング工場に関するおすすめの記事

マウントゴックス

2014年3月に、115億円相当のビットコインを消失した、東京にあったビットコイン取引所の「マウントゴックス」社の事です。マウントゴックス社は結局民事再生法を申請し経営破綻しました。これは外部からのハッキングではなく、マウントゴックス社の社長の横領によるものだった事がのちに判明します。このことから仮想通貨取引所に預けていた仮想通貨を取引所ごと消失してしまう事を、この事件になぞらえて「Goxする」といわれる事もあります。

マルタ共和国(Malta/マルタ)

マルタ共和国(Malta/マルタ)は、南ヨーロッパの共和制国家です。地中海に浮かぶ諸島で、シチリア島と北アフリカ沿岸の間に位置します。イギリス連邦および欧州連合(EU)の加盟国でもあり、公用語はマルタ語と英語、通貨はユーロ、首都はバレッタです。「ブロックチェーンアイランド」になることを目指すこの国は、仮想通貨取引所BINANCEやOKExなどが拠点を開設することを歓迎しています。

マルタ共和国(Malta/マルタ)に関するおすすめの記事

マネーロンダリング

マネーロンダリングとは、犯罪等によって不正な経路で入手したお金を別のルートに流し、最終的に出処のわからないお金とし、あたかも正当な経路(少なくとも不正な経路ではない)で入手したかのように見せる行為(資金洗浄とも言われる)。仮想通貨では数千回もの送金、合算等を繰り返し(ミキシング)行方をくらませる事件が多発している

マネーロンダリングに関するおすすめの記事

Microsoft(マイクロソフト)

Microsoft(マイクロソフト)は、

Microsoft(マイクロソフト)に関するおすすめの記事

Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)

Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)に関するおすすめの記事

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)に関するおすすめの記事

マラウイ共和国(Malawi)

マラウイ共和国(Malawi)は、リロングウェ(Lilongwe)を首都とする人口約1800万人のアフリカ大陸南東部に位置する共和制国家であり、法定通貨はマラウイ・クワチャ(MWK)です。仮想通貨リップル(XRP)を発行するRipple社は、人気歌手でセレブのMadonna(マドンナ)氏が運営する非営利団体「Raising Malawi(ライジング・マラウイ)」と提携し、慈善活動や募金活動を開始しました。IMF(国際通貨基金)によると、世界で最も貧しい国とされており人口の約50%が貧困以下で生活し、100万人もの子ども達は、親をHIV(エイズ)などの感染症により失っていると報じられています。

マラウイ共和国(Malawi)に関するおすすめの記事

マクドナルド(McDonald's)

マクドナルド(McDonald's)は

マクドナルド(McDonald's)に関するおすすめの記事

Max Keiser(マックス・カイザー)

Max Keiser(マックス・カイザー)とは、アメリカ合衆国(United States of America)出身の金融・経済ジャーナリストです。

mBTC

mBTC とは、1BTC の 1/1,000 の単位(ミリビット)の事です。1mBTC = 0.001BTC になります。

MOON(to the MOON)

MOON(ムーン/to the MOON)とは、月(Moon)まで届きそうな勢いで価格が上昇している仮想通貨の高騰チャートのこと。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はこれまでに何度もこのような上昇を記録しています。

MOON(to the MOON)に関するおすすめの記事

MetaMask(メタマスク)

メキシコ(Mexico)

メキシコ(Mexico)、はメキシコシティ(Mexico City)を首都とする人口約1億3000万人の北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家であり、法定通貨はメキシコ・ペソ(MXN)です。国内すべてのセブンイレブンではビットコイン(BTC)決済が開始され、自国通貨にあまり信用を持っていないメキシコ国民の大半は銀行口座を持っていないため、同国の企業は仮想通貨取引所の立ち上げに着手していると報道されています。また、Ripple社の提供する「xRapid」は米国-メキシコ間の国際送金で導入されており、他の外国為替取引業者と比較して40%〜70%のコスト削減を達成、約2分で送金することができます。仮想通貨取引所は「Bitso」「ISBIT」があります。

メキシコ(Mexico)に関するおすすめの記事

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)とは、Daimler AG(ダイムラー)が所有するドイツ(Germany)の自動車会社です。同社は独自の仮想通貨「MobiCoin」の発行し、ビットコイン(Bitcoin/BTC)でベンツが購入できる環境を整えるなどブロックチェーン(Blockchain)技術にかなり肯定的に動いています。

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)に関するおすすめの記事

MLB(メジャーリーグ)

MLB(メジャーリーグ)は、Major League Baseballの略であり、世界最高峰のプロ野球リーグです。アメリカ合衆国の29チームとカナダの1チームの合計30球団で編成されています。ブロックチェーン関連のプロジェクトにも積極的に取り組んでおり、MLB選手のトークンなども発行されています。また仮想通貨イーサリアム(ETH)を使用することができる公式の分散型アプリケーション(DApps)なども開発しており、暗号通貨関連のサービスにも積極的な姿勢を見せています。

MLB(メジャーリーグ)に関するおすすめの記事

モナコイン(MONA)

モナコイン(MonaCoin/MONA)とは、2013年12月に公開された仮想通貨(暗号通貨)で、日本の巨大掲示板 2ch(2ちゃんねる)のソフトウェア板で Mr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発された "日本産" のアルトコイン(altcoin)です。MonaCoin は、セグウィット(SegWit)に成功した世界初の通貨であり、取引処理スピードが速いことも特徴です。ビットコイン(bitcoin/BTC)と同じで Proof of Works(プルーフ・オブ・ワーク)という採掘(マイニング)の方法を採用しているので、コンピュータの能力が高いほどよってマイニングに成功しやすいということになります。ホリエモン(堀江貴文氏)が「日本発のモナコインを買って、長者になる人が出てくる可能性も全然ある」等の発言をしたことで、一気に認知度が上がりました。国内の仮想通貨取引所では、Zaif(ザイフ)・bitflyer(ビットフライヤー)・bitbank(ビットバンク)などが取り扱っています。

モナコイン(MONA)に関するおすすめの記事

モネロ(XMR)

モネロ(Monero/XMR)とは、匿名性が重視されている仮想通貨(暗号通貨)の一種で、エスペラント語で「コイン・硬貨」というを意味を持っています。2014年4月に Monero Project によって公開され、供給量の上限は 18,400,000XMR となっており、通貨単位は「XMR」と表記されます。Monero は「閲覧用」と「送金用」の 2つの秘密鍵を持っていて、そのアドレスは「4」から始まる "95文字" の文字列で非常に長いのが特徴です。モネロは、クリプトナイト(CryptoNight)と呼ばれるアルゴリズムを採用しているバイトコイン(Bytecoin)というアルトコイン(altcoin)のソースコードを元にしており、クリプトノート(Cryptonote)という匿名性を担保するプロトコルに基づくオープンソースの Proof of Work(PoW)を実装しているため、ビットコイン(bitcoin/BTC)よりも匿名性が高いと言われています。日本国内の仮想通貨取引所では、コインチェック(coincheck)に日本円を入金して購入することができます。

モネロ(XMR)に関するおすすめの記事

モロッコ(Morocco)

モロッコ(Morocco)は北アフリカに属しラバト(Rabat)を首都とする人口約3300万人の立憲君主制国家であり、法定通貨はモロッコ・ディルハム(MAD)です。同国は仮想通貨に対して厳しい制限がある中、ビットコインマイニング用の電力を補う事を目的とした環境に優しい巨大な風力発電発電所「Soluna」設立し、低コスト再生可能エネルギーで仮想通貨経済の強化を目指しています。

モロッコ(Morocco)に関するおすすめの記事

Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)

Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)とは、

Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)に関するおすすめの記事

モナコ(MCO)

モナコ(Monaco/MCO)とは、

モナコ(MCO)に関するおすすめの記事

Mohamed A El-Erian(モハメド・A・エラリアン)

Mohamed A El-Erian(モハメド・A・エラリアン)氏は、アメリカのオバマ政権下でグローバル開発委員会議長を努めた経歴を持つ著名なエコノミストです。ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の技術は高く評価しているものの、暗号通貨の価格が実際の価値に伴っていないことを指摘しています。

Mohamed A El-Erian(モハメド・A・エラリアン)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 や行

Yahoo!(ヤフー)

Yahoo!(ヤフー)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレー (Silicon Valley)のインターネット関連サービスの提供を行う企業であり、検索エンジンをはじめとするポータルサイトです。

Yahoo!(ヤフー)に関するおすすめの記事

野球(Baseball)

野球業界では、メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)などが仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーンの活用を開始しています。MLBは、イーサリアム(ETH)が利用できる分散型アプリケーション(DApps)開発に取り組んでいます。

野球(Baseball)に関するおすすめの記事

UASF

UASF(ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)とは、User Activated Soft Fork の略称で、マイナー(マイニングをする人達)主導ではなく、仮想通貨(暗号通貨)所有者や仮想通貨取引所などのユーザーが主導で提案して仮想通貨の改善を行うソフトフォークの事です。反対語は MASF(マイナー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)になります。

UASFに関するおすすめの記事

United Parcel Service(UPS)

UPS:United Parcel Service(ユナイテッド・パーセル・サービス)とは、アメリカ合衆国(United States of America)の貨物運送会社です。FedEx(フェデックス・エクスプレス)などと並ぶ国際貨物航空会社でもである同社は、一日あたり1400万個以上の荷物を扱っていると言われています。

United Parcel Service(UPS)に関するおすすめの記事

YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)とは、アメリカ合衆国(United States of America)・カリフォルニア州に本社を置く世界最大の動画共有サービスです。

YOROI(ヨロイ)

YOROI(ヨロイ)とは、仮想通貨カルダノエイダコイン(ADA)を支えているCARDANOプロジェクトのEMURGO(エマーゴ)が提供しているデスクトップウォレットです。IOHKによって開発されており、Google(グーグル)のウェブブラウザであるChrome(クローム)の拡張機能としてダウンロードすることによって簡単に利用することができ、ADAを安全に保管することができます。

YOROI(ヨロイ)に関するおすすめの記事

仮想通貨専門用語 ら行

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは、2011年10月に元GoogleのエンジニアのCharlie Lee氏が公開したアルトコインです。基本的には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をもとにして作られていますが、最大の特徴はビットコインの1/4の約2分半で送金が完了する点です。

ライトコイン(LTC)に関するおすすめの記事

LINE

LINE(ライン)は、

LINEに関するおすすめの記事

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは、個人間でビットコインの取引ができる仕組みの名称で、少額支払いを可能にしたり、手数料を削減したりする事が出来るネットワーク技術です。もしライトニングネットワークが実現すれば、超高頻度な決済取引を行えるようになり新たな仮想通貨の利用方法が出てくる可能性があり、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決法として期待されているシステムです。

ラトビア(Latvia)

ラトビア(Latvia)は、リガ(Riga)を首都とする人口約200万人の北ヨーロッパに位置する共和制国家で、北はエストニア、南はリトアニアの間にあるバルト諸国の一つになります。法定通貨はユーロ(EUR)です。同国では仮想通貨を決済手段として利用できる企業が増加しており、レストラン・カフェ・お土産・ホテルなどの比較的に日常的な決済をCryptocurrencyでも行うことができるブロックチェーン(Blockchain)フレンドリーな国家です。

ラトビア(Latvia)に関するおすすめの記事

Lamborghini(ランボルギーニ)

Lamborghini(ランボルギーニ)とは、イタリアの自動車メーカーです。1999年以降はフォルクスワーゲングループに属しています。

Lamborghini(ランボルギーニ)に関するおすすめの記事

楽天(Rakuten)

楽天(Rakuten)とは、インターネットサービスを展開する日本のIT企業です。サッカー界のスーパースター「リオネル・メッシ(Lionel Messi)」が在籍するフットボール・クラブ・バルセロナ(FC Barcelona)とグローバル・スポンサー契約を締結、2018年8月には仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」を買収し、暗号通貨(Cryptocurrency)市場に参入することを発表しました。

楽天(Rakuten)に関するおすすめの記事

ラテンアメリカ(Latin America)

ラテンアメリカ(Latin America)とは、スペイン語やポルトガル語などの「ラテン系の言語」を話す人々が多く居住し、その文化が広がるメキシコより南に位置するのアメリカ大陸とその周辺地域です。仮想通貨取引所「BITTERX(ビットレックス)」は、同地域とカリブ海諸国に住む人々向けの仮想通貨取引プラットフォーム「Cryptofacil(クリプトファシル)」と提携し、200種類を超える仮想通貨(Cryptocurrency)を提供する予定と発表しました。

ラテンアメリカ(Latin America)に関するおすすめの記事

リップル(XRP)

リップル(Ripple/XRP)は、仮想通貨(暗号通貨)の一つとして扱われていますが、ビットコイン(bitcoin/BTC)などと同じ通貨ではなく、リップル社(Ripple Inc.)が提供する分散型技術を使った金融商品の決済・送金システムのことです。Rippleの最大の特徴は"国際送金に特化している"という点で、情報の流通に大な変化をもたらしたインターネットのように、リップルネットワークを通じてスムーズに資金の移動が可能な世界「価値のインターネットの実現」を実現することをミッションとしてます。ブリッジ機能や、あらゆる仮想通貨に対応したWEBウォレット、IOUを利用した取引などの多くの特徴を持っており、世界的大企業 Google の投資専門子会社が出資したことでも話題になったアルトコイン(altcoin)です。発行上限は 999億XRPで、現在38,305,873,865XRP*が流通しています。(*2017/05 時点)

リップル(XRP)に関するおすすめの記事

リスク(LISK)

リスク(LISK/LSK)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の様な「スマートコントラクト(契約情報)」を使用した分散型アプリケーションと言われるプラットフォームの名称で、様々なサービスを行うことができる、総発行枚数が無限の仮想通貨(暗号通貨)です。LISK には 3つの大きな特徴があり、1つ目に、スマートコントラクトの記述の際、WEB 技術で広く使われている「Javascript」をプログラミング言語として採用していること。2つ目に、アプリケーションの基盤に「サイドチェーン」を使用していること。3つ目は、DApps で立ち上げたブロックチェーン(Blockchain)の承認システムを開発者が自由にカスタマイズできることです。リスクは、そのサイドチェーンと言われるシステムを使い、送金時の処理能力を向上させ複数のブロックチェーンを使用することで、ハッキングなどに対し非常に高いセキュリティ対策ができています。また、ビットコイン(bitcoin/BTC)ではマイニング(採掘)にあたる "取引認証作業" を LISK では「フォージング」というものを採用しています。

リスク(LISK)に関するおすすめの記事

リプレイアタック

リプレイアタックとは、分裂した仮想通貨に対して不正な出金を繰り返す不正アクセスの事です。例えば、とある仮想通貨がハードフォークによって「仮想通貨 A」と「仮想通貨 B」に分かれたとします。その際、 その仮想通貨を預かっている取引所がハードフォークに対応出来ていなかった場合、通貨 Aを 1コイン分出金した際、通貨 B も 1コイン分不正に出金されてしまいます。通貨 A を 1コイン分を入金し、再度通貨 Aを 1コイン分出金したら、また通貨 B も 1コイン分不正に出金されてしまいます。これらを繰り返し(リプレイ)行った場合、仮想通貨 B を取引所にある分すべて不正に出金されてしまいます。このような事がないよう、各仮想通貨取引所はハードフォーク予定日前後に取引を停止してリプレイ攻撃等の攻撃・不具合に備えますが、仮想通貨所有者の方でもあらかじめ取引所に置いてある自分の仮想通貨は、ハードフォークの際は自分のハードウォレットなどに移し変えておく方が安全だと思われます。

利確

仮想通貨取引所で、仮想通貨を円で買って、買った時より価値が高くなったところで売って、買う前より利益がプラスになる事を確定させる事をいいます。あ

リトアニア(Lithuania)

リトアニア(Lithuania)は、ヴィリニュス(Vilnius)を首都とするバルト諸国の中で最も南に位置する人口約290万人共和制国家です。法定通貨はユーロ(EUR)です。同国ではキャッシュレス化が進み、仮想通貨を決済手段として利用できる企業が急速に増えたこともあり、ビットコインATMの設置も多く導入されています。ファッションブランド「United Colors」も暗号通貨決済の導入すると発表し、また不動産事業でも取引が出来るようになる予定です。政府の寛容的な姿勢により、Cryptocurrencyブームが起こり関心が高まったことでマネーロンダリング(資金洗浄)などの懸念が広がっています。

リトアニア(Lithuania)に関するおすすめの記事

Lionel Messi(リオネル・メッシ)

Lionel Messi(リオネル・メッシ)氏は、

Lionel Messi(リオネル・メッシ)に関するおすすめの記事

Lympo(リンポ/LYM)

Lympo(リンポ)とは、健康的な生活を送るためにエクササイズやトレーニングなどのスポーツに取り組んでいる人々のサポートを行っているブロックチェーン(Blockchain)企業です。サービス内で利用できる仮想通貨「リム(LYM)」なども発行しています。

Lympo(リンポ/LYM)に関するおすすめの記事

LinkedIn(リンクトイン)

LinkedIn(リンクトイン)とは、世界最大級のビジネス特化型SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)提供するシリコンバレーの企業です。

LinkedIn(リンクトイン)に関するおすすめの記事

ルーマニア(Romania)

ルーマニア(Romania)は、ブカレストを首都とする共和制国家です。同国の主要な仮想通貨取引所であるCoinFlux(コインフラックス)では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)を取り扱っています。

ルーマニア(Romania)に関するおすすめの記事

レバレッジ

レバレッジ(leverage)とは、経済活動において他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めることであり、その高まる倍率を指す言葉を言葉です。少額の投資資金で大きなリターンが期待できる取引方法となっており、倍率が高いほど少ない保証金で大きな金額の取引を行うことができます。しかしその反面、損失も大きくなる場合もあるため、リスクをしっかりと理解する必要があります。

レバレッジに関するおすすめの記事

ロジャー・バー(Roger Ver)

ロジャー・バー(Roger Ver)とは、1979年2月にカリフォルニア州のサンノゼで生まれた、セントクリストファー・ネイビスに国籍を持つ、ビットコイン関連スタートアップのエンジェル投資家です。以前はアメリカ合衆国の市民であり、シリコンバレーに住んでいましたが、現在は日本に移住しています。ビットコイン(BTC)の黎明期からビットコインや関連企業のスタートアップに多額の投資を行っていたことから「ビットコインの神(ビットコイン・ジーザス)」と呼ばれています。現在はビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)を支持しており、Bitcoin.comのCEOでもあります。仮想通貨市場への大きな影響力をもつ人物の一人です。

ロジャー・バー(Roger Ver)に関するおすすめの記事

ロング

仮想通貨取引所で、特定の仮想通貨を「先に買い後で売る」事です。 仮想通貨の取引でとりあえず仮想通貨を買ってエントリーし、後で売る事を確約して待機している状態になります。価格が上昇するまでひたすら待ち続ければ良いように思えますが、通常日単位で状態維持の手数料が発生しますので、待機状態が長引くと手数料の負担が大きくなってしまいます。また仮想通貨の価値が大暴落してしまうと、売買の差額損失が大きくなってしまうリスクがあります。

Robert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)

ロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)は、

Robert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)に関するおすすめの記事

Vladimir Putin(ウラジミール・プーチン)

Vladimir Putin(ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン)は、ロシア連邦の政治家です。ベラルーシ・ロシア連合国家の閣僚会議議長など、政府・政党の要職を歴任しています。

Vladimir Putin(ウラジミール・プーチン)に関するおすすめの記事

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)とは、イギリスの高級自動車メーカーです。アメリカ・テキサス州の高級車販売店「Post Oak Motor Cars」では、同車を始め、Bentley(ベントレー)やBugatti(ブガッティ)などをビットコイン(Bitcoin/BTC)やビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)などの仮想通貨(Cryptocurrency)で購入することができます。

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)に関するおすすめの記事

Ronnie Moas(ロニー・モアス)

Ronnie Moas(ロニー・モアス)は、アメリカ合衆国(United States of America)の金融調査会社Standpoint Research Inc.(スタンドポイント・リサーチ)創設者兼CEO(最高経営責任者)です。同氏はビットコイン(Bitcoin/BTC)価格は2019年末までに28,000ドル(約308万円)に達する可能性があると述べています。

Ronnie Moas(ロニー・モアス)に関するおすすめの記事