Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

仮想通貨業界が止まらぬ速さで成長を続ける中、フィンブロックス(Finblox)とチャンサー(Chancer)という2つの新しいプロジェクトが脚光を浴びています。Finbloxは主要取引所に上場し、チャンサーはプレセールを開始しました。

FinbloxとChancerはそれぞれが異なる価値を提案しているプロジェクトですが、これら両方のプロジェクトは投資家の間で注目を集めています。実際に投資を行う場合には、これらの企業を徹底的に調査して、メリットとデメリットを慎重に検討することが重要です。

チャンサーとは?

チャンサーは最近登場したばかりのWeb3技術を用いた斬新なプロジェクトであり、現在はステージ1でプレセールを行っています。このプロジェクトはユーザーに力を与えるピアツーピア(P2P)ベッティングプラットフォームを通じて、ギャンブル業界を再定義することを目指しています。

チャンサーはブロックチェーン技術とオープンな仕組みを活用することによって、従来のハウス構造の必要性を排除しながらユーザー同士が直接簡単にベットできるようにし、あらゆるタイプのベッティング愛好家に適したダイナミックでスリリングなベッティング環境を提供します。

エコシステムの中心には、ベット(賭け)を行う際に使用されるプラットフォーム機能にとって重要なユーティリティトークン「CHANCER」があります。CHANCERはチャンサーのユーザー基盤が拡大するにつれて、トークン需要も高まる仕組みで発行されています。

CHANCERの仕組みについて

チャンサーのネイティブユーティリティトークン「CHANCER」は、革新的なP2Pベッティングモデルを支える原動力となっています。ユーザーは、CHANCERを使用して独自の予想マーケットを作成し、オッズを決定して賞金を支払うことができます。

さらにチャンサーは、トークン保有者にさらなるインセンティブを与えるために、Share2Earn(共有して稼ぐ) 機能を提供しており、ユーザーが自分のマーケットを宣伝しやすい環境を構築しています。マーケットがある一定の大きさを超えるとマーケットを作成したユーザーには報酬が与えられます。

プラットフォームの柔軟性はこれだけに留まりません。トークン保有者は透明性の高い取引を可能にするために必要な十分な流動性を確保するために、CHANCERトークンをステーキングすることができます。さらに利用頻度の高いユーザーには、市場の創造や参加に必要な手数料の割引などの特典を与え、プラットフォームの費用対効果を高めています。

CHANCERの価格予測

プロジェクトの設計に多くのポジティブな要素が備わっているチャンサーは、その革新的なアプローチで巨大なギャンブル市場を揺るがしているため、ネイティブトークン「CHANCER」の今後の成長には注目が集まっています。

CHANCERトークンは、プレセールの最終段階で0.021ドルで取引される予定ですが、一部のアナリストはローンチ後の価格上昇を予想しており、2024年前半のメインネットロールアウト後に多くのユーザーが参加すれば、トークンの価格は0.50ドルを超えて1ドルのマイルストーンに達する可能性があるとも期待されています。

フィンブロックスとは?

フィンブロックスは、安全でわかりやすい、魅力的な方法で仮想通貨を獲得できる新しい仮想通貨のアプリを作成することによって、デジタル資産のエコシステムに革命を起こそうとしています。ゲーミフィケーション機能を取り入れ、予測市場・賞金抽選会・イールド生成・取引・ローンチパッド・ピアツーピア市場・デビットカード・マルチチェーンレイヤー1プロトコル機能など、多岐に及ぶサービスを提供しています。

このプロジェクトでは、Finblox(FBX)と呼ばれるトークンが発行されており、ユーザーはエコシステムに積極的に参加することで報酬を得ることができるようになっています。クリプト収益プログラムを開発し、ビットコイン・イーサリアム・USDコイン・ポリゴン・ニア・ソラナなどの対象デジタル資産で毎日複利報酬を獲得することが可能です。

FBXトークンはエコシステム内のガバナンスおよびユーティリティトークンとして機能し、ボーナス報酬の獲得・取引手数料の補助・プロジェクトへの特別アクセス・暗号資産クレジットカードのメンバーシップ・特定の機能内での確率向上・投票権といった様々なユーティリティを提供します。

FBXの価格予測

フィンブロックスが主にターゲットとしている2つのユーザー層は「仮想通貨を扱うのが初めてで仮想通貨の資産形成をしたいユーザー」と「仮想通貨に関して経験豊富で自分のデジタル資産に迅速なアクセスを求めるユーザー」です。どちらの層も既存の幅広い選択肢から選ぶことができるため、プロジェクトの存続においてユーザーを惹きつけることが重要なポイントになります。

もしもこのトークンが、今後6ヶ月間で0.003ドルの価格を維持できれば、ほとんどのFBX保有者は投資を成功と見なすでしょう。

CHANCERとFBX、注目される2つのプロジェクト

フィンブロックスが興味深いブロックチェーン技術の利用法を展開している点で注目されており、チャンサーは初期段階から投資できる新しいプロジェクトとして注目されています。

CHANCERの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

止まらない快進撃:ビットコインブロックチェーンICO第一弾、半減期の中で770万ドルを達成

止まらない快進撃:ビットコインブロックチェーンICO第一弾、半減期の中で770万ドルを達成

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

ChatGPTによる分析:2024年に成長が期待されている仮想通貨2選

Bitget:Solanaベースの「Zebec Protocol(ZBC)」をLaunchpadに上場

Bitget:Solanaベースの「Zebec Protocol(ZBC)」をLaunchpadに上場

Bitcoinが5万9000ドルを突破、トレーダーが殺到するGreen Bitcoinのプレセールは110万ドル以上を調達

Bitcoinが5万9000ドルを突破、トレーダーが殺到するGreen Bitcoinのプレセールは110万ドル以上を調達

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す