2023年注目の仮想通貨?チャンサーがプレセール開催中

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

数多くの仮想通貨プレセールが浮かんでは消えていく中、長期に渡って支持されるのはごく少数である。その一つにチャンサー(CHANCER)が挙げられる。一部の敏感な投資家は、既に注目し始めており、一部では2023年に特に注目すべき仮想通貨とも言われている。チャンサーは巨大なベッティング業界に挑むプラットフォームである。

この記事では、チャンサーとはどのようなプロジェクトか、今年注目の銘柄と言われる理由、初期投資家が今後の成長に期待している理由について解説していく。

チャンサーが2023年注目すべき仮想通貨である理由

ベッティングの未来は、ブロックチェーンという分散型の世界にあるのだろうか?チャンサーのプレセールを取り巻く熱狂ぶりを見れば、答えは「イエス」かもしれない。

2022年、ベッティング業界の評価額は635億3000万ドルに達した。しかし、業界は技術革新やサービスの改善を重視しておらず、ユーザーがプレイ環境に不満を抱いているのが現状だ。

チャンサーは、ユーザー中心設計でこのパラダイムと対照をなす斬新なソリューションである。

チャンサーは何をもたらすのか?これは分散型のP2Pベッティングプラットフォームで、ユーザーは単なるベッターではなく、マーケットメーカーであり、重要な意思決定者である。

独自のベッティングマーケットの創設からプラットフォームの運営方法への影響まで、コントロールはユーザーの手に委ねられている。妥協することなく公正で透明性の高いチャンサーは、権力を本来あるべき場所、つまりユーザーの元に取り戻そうとしている。

その変革的なビジョンが関心を呼んだ結果、現在進行中のプレセールには多くの資金が集まっている。プレセールでは、発売からわずか6週間ほどで既に100万ドル以上の資金が集まっている。チャンサーは国際的に評価を得ており、現在は様々なウェブサイトで今後注目の仮想通貨の1つとして賞賛されている。

チャンサーが従来のベッティング業界を根底から覆す可能性を秘めていることから、多くの投資家たちはこの仮想通貨を2023年注目の仮想通貨と位置付けている。

しかし、関心を集めているのは分散型ベッティングプラットフォームだからだけではない。プレセール期間中、チャンサーは10万ドル相当(約1,000万円)のトークンが当たる豪華賞品を用意している。

チャンサートークンの大幅な値上がりの可能性は大きく、その好調なスタートは極めて明るい未来を指し示している。

チャンサーとは?

アダムとポールのケルビー兄弟によって考案されたチャンサーは、ベッティング界に変革をもたらす存在だ。

利益至上主義の中央集権型ブックメーカーに支配されたこの分野に未開拓の可能性を見出した彼らは、分散型P2Pモデルが多くのベッターが求めている答えになりうると気づいた。

チャンサーは個別化されたベッティング環境を提供する。プラットフォームでは、ユーザーが独自のマーケットを設定し、友人や同僚同士の友好的な賭けから、スポーツイベントや選挙の結果まで、事実上あらゆるものに賭けることができる。

また、ユーザーはオッズをコントロールし、解像度ソースを選択することで、従来のブッキーの限界をはるかに超えたベッティング環境を生み出す。

そして、利益のために自分たちに有利なオッズに偏らせる中央集権的なブックメーカーとは異なり、チャンサーはより公平な理念に基づいて運営されている。

チャンサーは、世界中のユーザーが交流し、楽しむことができるより魅力的で楽しいベッティング環境を構築したいだけなのだ。

バイナンススマートチェーン上に構築されたチャンサーは、迅速な取引や高い透明性を実現しており、手数料も最小に近い。このブロックチェーン基盤は、チャンサーが完全に分散化されたエコシステムに進化する道を開く。

チャンサーが掲げる計画には、分散型データストレージの統合・2次的ガバナンス投票・コードのオープンソース化などが含まれる。これは透明性とユーザーが持つ力へのコミットメントを体現している。

チャンサーの仕組みについて

CHANCERトークンはチャンサープラットフォームの中心である。

エコシステムでベットを行い、ペイアウトを受け取り、報酬を得るために使用されるこのユーティリティトークンは、プラットフォームが拡大するにつれて大きな需要が見込まれている。

チャンサーのShare2Earnプログラムでは、ベッティングマーケットを設定して、参加を促すことでCHANCERトークンを得ることができる。マーケットメーカーが大きな支持者や意欲的な友人のグループを持っているとすると、プラットフォームを宣伝することで、さらなるチャンサートークンの獲得に繋がる。

ありがたいことに、チャンサーはこれらの市場を簡単に共有できる。例えば、グーグルのWebRTCとの統合により、リアルタイムのスコアや結果とともにライブストリームが可能になる。

さらに、チャンサーは忠誠心を刺激する。最も頻繁に利用するユーザーに手数料の割引を提供し、ベット体験とリターンの可能性を高めるスキームを確立している。全スマートコントラクト手数料の20%は、コミュニティによって決定される登録慈善団体にも割り当てられる。

包括性・透明性、そしてユーザーの楽しみを中心に構築されたモデルによって、チャンサーは今後数ヶ月〜数年で飛躍的な成長を遂げると期待されている。

チャンサーの価格予測

現在の展開されているプレセール2段階におけるトークン価格は0.011ドルである。プレセールが終了する頃には1トークンあたりの価格が0.021ドルに達し、時価総額は3,150万ドルに達する予定だ。しかし、それもチャンサーの快進撃の始まりに過ぎない。

専門家は「注目銘柄の1つであるチャンサーは、今年大きな成長を遂げる可能性がある」と予測している。プレセールの最終価格から100倍上昇すれば、時価総額は31億5,000万ドルという驚異的な数字に達することになる。

強気相場に向けた2023年の注目銘柄チャンサー

このように、チャンサーはベッティング業界における変革の飛躍を象徴している。チャンサーが採用するユニークなP2Pモデルは、従来のベッティングプラットフォームとは一線を画し、業界を大きく破壊する可能性を秘めている.

一部の専門家は100倍の利益を予測しており、現在開催中のプレセールを魅力的な機会と捉えている。仮想通貨業界では近い将来に新たな強気相場が到来すると予想されているため、そのような動きもチャンサーの成長を後押しする可能性があると期待されている。

チャンサーの詳細は以下の公式サイトから確認することが可能だ。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

Cardanoが待望のCIP-1694を実装|ADA・DOT・SPCTの価格予測

Cardanoが待望のCIP-1694を実装|ADA・DOT・SPCTの価格予測

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

注目度の高い仮想通貨ニュース

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す