2023年における投資先の1つになる?チャンサープレセールの価格予測がさらに高まる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

仮想通貨という広大な海に、最近新たな候補が出現したようだ。その名もチャンサー(Chancer)。このプロジェクトはユニークな手法でベッティング業界の悪しき風習を破壊するために立ち上がった。

ゲームチェンジャーとも言えるプラットフォーム、初期投資家にどのような利益を与えるのか?この記事ではチャンサーの正体に迫っていく。

チャンサーとは?

ベッティングの世界を支配しているのは、少数の選ばれた者だけだ。彼らは気まぐれでオッズを設定し、ルールを形成してきた。これについて、ギャンブル本来の楽しみや本質を奪っていると感じる人は多い。

しかし業界の評価額が635億3000万ドルであることを考えると、悪しき常識を破壊する余地は十分にあると言える。

チャンサーは、ベッティングゲームの単なる別称ではなくゲームチェンジャーだ。常にハウスが勝つという時代は終わった。

ケルビー家のデュオ、アダムとポールによって誕生したプロジェクトは、ピアツーピア(P2P)ベッティングモデルを導入している。分散化と豊かなコミュニティ精神を融合させ、伝統的なギャンブルの枠を打ち破ったのだ。

ケルビー兄弟のビジョンは、独占的な事業体から支配権を奪い取ることだ。ユーザーに市場やオッズを設定させてみてはどうだろうか?と考えた2人。

スポーツの勝敗からオスカー受賞者の予想まで、ユーザーを常に運転席に置き自由に賭けさせようという考えに至った。

しかし、魅力は賭けをすることだけにとどまらない。バイナンススマートチェーンのバックアップにより、チャンサーでは全てのベット、やりとり、トランザクションが透明かつ安全に管理される。

中央集権的な存在にコントロールされることがないのだ。プロジェクトの理念の中心にあるのはコミュニティでありユーザーが賭けを通じて絆を深め、互いを応援し、ストーリーを共有する場を提供する。単なるギャンブルではない、いわば誰でも歓迎のパーティーだ。

チャンサーの仕組み

チャンサーの採用するP2Pモデルは非常に特徴的だ。ここでユーザーは自らのマーケットを作成、オッズを設定、そして結果を指定する。さらには、ベットをするための情報を提供することさえ可能である。

友人2人が明日の天気について予想しているところを想像してみてほしい。チャンサーを使えば、これに対してベットを置き、オッズを設定し、信頼できる天気予報サイトを情報源として使うことができるのだ。

チャンサーは公平なモデレーターを導入し、結果を検証することで全ユーザーに公正な結果を保証する。

では、CHANCERトークンはどのように使用されるのか?賭け金や賞金からマーケット作成報酬やステーキングボーナスまで、プラットフォーム上の様々な取引において使用される。

さらに、一定回数の取引後に手数料の一部が払い戻されるロイヤリティプログラムも提供しており、ユーザーの参加が推奨されている。

チャンサーの王冠にはもう1つ宝石がついている。Share2Earn(シェアして稼ぐ)プログラムだ。これは、ユーザーが市場を作成し共有することで報酬を得られるというものだ。

ソーシャルメディアでフォロワーを多く抱える人はもちろん、友人同士でささやかに賭けを楽しむ人でも、他の利用者に参加してもらうことで報酬を得られるという仕組みだ。

チャンサーはユーザーのエンゲージメントを高める。これにより、彼らは起業家精神を持って報酬獲得に取り組むことができる。

グーグル(Google)の WebRTCはこのプロセスを促進する。ユーザーはライブ配信イベントを視聴し、賭け仲間とリアルタイムで賭けの状況をシェアすることができる。

その結果、マーケットメーカーはベットを促進すると共にライブシェアで参加者を増やすことができる。「ベットを置いて一緒に結果を見よう」は強力な誘い文句である。

チャンサーの認知度は少しずつ広がっており、とある媒体では「ベスト仮想通貨リスト」としてランクインしている。

チャンサープレセール

開始からわずか8週間でチャンサーのプレセールはトップクラスの通貨のイベントとして波紋を広げている。

すでに152万ドルという驚くべき資金を調達しているが、話題はそれだけにとどまらない。大賞賞金10万CHANCERトークンというプレゼント企画は投資家の興味を引いているようだ。

その熱意の中心にいるのはやはり、アダムとポールだ。彼らの積極的な姿勢は投資家たちを巻き込み、ホットウィングチャレンジのような愉快なチャレンジに参加させる。真面目な投資ビジネスにちょっとした明るさを吹き込むのだ。

ただ楽しいだけでなく、チャンサーはベッティングの世界で変化球を打っている。イノベーションとコミュニティ精神、そして強固なビジネスモデルを融合させたCHANCERは、仮想通貨プレセール投資の代表格として頭角を現している。

勢いに乗るチャンサー。無限の可能性を提示するこの通貨、投資家に次は何を与えてくれるのだろうか?

CHANCER価格予測

現在、プレセール第2ステージを開催中のチャンサーの価格は0.011ドルとなっている。この価格は、イベント終了時に0.021ドルまで上がる予定だ。今後、投資先の1つとして、人々の注目を集めることになるかもしれない。

最近のBankless Timesの記事によると、CHANCERは2025年までに0.50ドルに達すると予想されている。しかし、一部の専門家は、それよりも早くこの価格を実現する可能性を示唆している。

2023年最終四半期と2024年初頭に重要な開発が予定されていることから、来年の今頃までには完璧な機能を実現するだろう。これは、通貨の価値を上昇させるきっかけになると期待されている。より現実的な予測では、年末までに0.30ドルに達すると言われている。

CHANCERのプレセールは投資機会になり得る?

仮想通貨業界のこれまでの歴史を振り返ると、プレセールに早期参加をすることで大きな利益を上げることができる可能性が高くなる。

逆に、参加が遅れることは、投資家の後悔の種となるだろう。ベッティング業界を再定義するチャンサーの未曾有のアプローチは投資家が投資先を求める機会となり得るのかもしれない。

チャンサーが成長するにつれ、初期投資家は利益を上げる可能性があるだろう。プロジェクトが最近100万ドルの大台に乗ったことでCHANCERトークンは2023年の投資先の1つとして更なる盛り上がりを見せている。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

トレンドから見る柴ミーム(ShibaMemu)の強力な成長戦略

トレンドから見る柴ミーム(ShibaMemu)の強力な成長戦略

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す