成長の可能性を秘めた仮想通貨?チャンサーのプレセールが注目されている理由

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

チャンサー(Chancer)は、通貨のプレセール中に急成長したオンラインベッティングプラットフォームの1つだ。最初の稼働からわずか数週間で170万ドルを調達した。

仮想通貨市場が次の強気相場に向けて準備を進める中、このプロジェクトは、次世代のエースと呼ばれているようだ。チャンサーは、そのユニークな機能で業界の常識を覆そうとしている。

チャンサーはオンラインギャンブルの新たな高みへ

新たなオンラインベッティングプラットフォームは今、ブロックチェーンギャンブルの在り方を変え始めている。オンラインベッティングの夏が到来し、ベッターはレバレッジ1000倍の賭けからハムスターレースへの賭けまで何でもできるようになった。

ロールビット(RLB)やハムスター(HAMS)のようなプラットフォームは、最近他の市場を打ち負かし、今年の仮想通貨トップ2銘柄となった。HAMSがわずか2日間で90倍上昇したのに比べ、RLB は30日足らずでほぼ400%の上昇を記録した。

これは、オンラインベッティングプラットフォームの潜在的な成功を示していると言える。チャンサーは過去にスポットライトを浴びたロールビットやハムスターと同程度の名声を勝ち取る準備をしている。

チャンサーのネイティブトークンは、仮想通貨プレセールと共にローンチされ、現在はトップクラスの投資機会として広く評価されている。ここでは、あらゆる物事に対して賭けることができ、これまで以上にバラエティに富んだギャンブルが可能となる。

ブロックチェーン上で将来的にトップクラスの仮想通貨と呼ばれる可能性を秘めたチャンサー(CHANCER)のプレセール現在価格は0.011ドルだ。

2023年後半にピアツーピア予測市場がローンチされた後、仮想通貨取引所で利用可能となる。上場については、ビットマート(Bitmart)が最初の取引所となることが8月7日に発表された。

チャンサー(CHANCER)とは?

チャンサーは、世界初の分散型予想マーケットであらゆるものに対して賭けることができる。例えば、ライブ配信を通じて他のユーザーと協力し、最新のUFCファイトカードに賭けたり、友人とバーでダーツをプレイして、その結果に対して賭けることもできる。

ユーザーは、任意のオッズで賭けを行い、アプリ内で決済することができる。この通貨のユニークなセールスポイントは、国際的なイベントからコインの裏表を当てるゲームまで、あらゆるものに対してパーソナライズされたベットを作成できることだ。

従来のオンライン市場は、ベットできるものが限られていたため、一般的にハウスが有利な状態での賭けが当たり前となっていた。しかし、チャンサーは独自のオッズ、ベットスリップ、ベッティングマーケットを作ることが可能だ。ベッターにパワーを与えることで、この分野での大きな可能性をもたらしている。

またチャンサーは、10人の幸運なプレセール投資家に10万ドルという巨額の賞金を提供する。この当選者はランダムに選ばれる。唯一の条件は、プレセールに参加して仮想通貨に投資をすること、ただそれだけだ。各当選者は1万ドルを獲得できる。

CHANCERの機能とは?

CHANCERトークンのプレセールはまだ始まったばかりだが、既に170万ドル相当の投資を集めている。プラットフォームで行われる全ての賭けは、ネイティブトークンを使って決済される。

これは、スマートコントラクトがベッターの資金をエスクロー(預託)に預け、賭けが決済されると即座に勝者に利益が支払われるためだ。

チャンサーのピアツーピア予測市場は、現実世界で繰り広げられるあらゆるイベントに対する掛け金の、決済プロセスを円滑にすることを目的として構築されている。

完全なピアツーピア市場であるため、チャンサーは公平なモデレーターを使用してカスタムベットを監督し、全ユーザーが公平にギャンブルを楽しむことを可能な限り保証する。

チャンサーは間もなくGoogleRTCを統合する予定のため、ユーザーがカスタムベットを共同で作成できるようになる。オリンピックやスーパーボールなど、国際的な大イベントの際には、リアルタイムでユーザー同士がコミュニケーションをとり、瞬時に他のベッターとカスタムベットを作成することができる。

P2Pオンラインベッティングの普及を推進するケルビー兄弟とは?

ケルビー兄弟のアダムとポールは、チャンサーの創設者であり人生の多くの時間を賭け事に費やしてきた。彼らは、昔ながらのブックメーカーから解放された新しいベッティング市場を作り、その過程で格段に卓越したユーザー体験を提供するというチャンサーのビジョンを夢見ている。

アダムがCEOを、ポールが製品責任者を勤めており、2人の兄弟はそれぞれ互いを補い合うスキルを持っている。楽しいベッティングプラットフォームを構築するという彼らのコミットメントは、長年のベッティング経験から生まれたものだ。

チャンサーコミュニティは、ソーシャルメディアでケルビー兄弟をフォローすることで、彼らの最新の動向を知ることができる。

チャンサーは2025年に$0.60に達することができるのか?

オンラインベッティング業界を完全に変革する可能性を秘めたプラットフォームであることを考えれば、チャンサーのプレセールは投資機会の1つとして検討する価値はあるだろう。

2030年までにオンラインギャンブル産業は1500億ドル規模になると予想されており、チャンサーの革新的な機能によってこの市場の大部分を獲得できるかもしれない。

CHANCERのプレセール価格は、0.01ドルから始まり、12段階を通じて0.021ドルまで上昇する。2025年の価格予測は1.10ドルになると予想する投資家もいるようだ。

専門家は、CHANCERが取引所に導入された直後に価格が上昇するのではないかと予想している。

世界人口の約20%にあたる約16億人がなんらかの形でギャンブルを楽しんでいる。ネイティブコインはこのプロセスに不可欠であり、チャンサーはこの巨大市場の全ての人が独自の賭けを行うことを可能にする。これにより、通貨の価値は徐々に高まるだろう。

チャンサーは買う価値があるのか?

CHANCERトークンは今後数年間で成長していく可能性を秘めているため、投資を検討する価値はあるだろう。

この有望なプラットフォームは、オンラインベッティング市場のこれまでの歴史を大きく変えることになるはずだ。他では見られない完全カスタムマーケットを含め、楽しく刺激的なギャンブルを実現する。

CHANCERのプレセールは12ステージで構成されている。価格は、毎日目まぐるしいスピードで上がっていく。飛躍的に成長するこのプロジェクトを最大限活用するためにも一度覗いてみてはどうだろうか。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

仮想通貨の冬は終わりつつある?将来が期待されるホットな銘柄6選【PR】

仮想通貨の冬は終わりつつある?将来が期待されるホットな銘柄6選【PR】

2024年、日本国内の仮想通貨ユーザーはどのようにビットボットのプレセールを盛り上げていく?

2024年、日本国内の仮想通貨ユーザーはどのようにビットボットのプレセールを盛り上げていく?

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す