世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

新しい仮想通貨であるDogeverse($DOGEVERSE)は、ブロックチェーンを旅する世界初のDoge(ドージ)として発表されたマルチチェーン・ミームコインです。

4月8日にプレセールを開始しましたが、開始からわずか数分で25万4000ドルを調達し、次のミームコインとしての大きなポテンシャルを示しています。

4月20日には国際ドージデー(International Doge Day)が予定されており、4月19日のBitcoin(BTC、ビットコイン)の半減期も相まって、Doge関連コインとしてDogeverseの成長が後押しされると予想されています。

さらにDogeverseはマルチチェーンという強みも持っているため、有望なミームコインとして注目されています。

Solana(SOL、ソラナ)、Base(BASE、ベース)、Avalanche(AVAX、アバランチ)など、ミームコインのローンチ(発売)を目指すブロックチェーンは数多く存在します。

Dogeverseは、あらゆるチェーンに対応することで市場のあらゆる要求を満たそうとしています。

DogeverseのX投稿画像

$DOGEVERSEはすでに、Ethereum(ETH、イーサリアム)、BNB(バイナンス)スマートチェーン、Polygon(MATIC、ポリゴン)上で稼動していますが、Solana、Base、Avalanche上でも稼動予定となっています。

このようなマルチブリッジ・ユーティリティ(実用性)は、Doge世界の強さを拡大させていくでしょう。

マルチチェーン・トークンはすでに存在していますが、Dogeverseのように拡張的で相互に接続されている仮想通貨はまだ発表されていないため、$DOGEVERSEはミームコイン分野に新たな可能性をもたらそうとしています。

Dogeverseのマルチブリッジ・ユーティリティ

Dogeverseの画像

Dogeverseは、Bitcoinに次いで使用されている6つのトップ・ブロックチェーン上で稼働する世界初のミームコインです。

$DOGVERSEがターゲットとしているブロックチェーンは、Ethereum、Avalanche、Solana、BNBスマートチェーンのようなレイヤー1と、PolygonやBaseのようなレイヤー2が混ざり合っており、幅広い性質を網羅しています。

近年では、ミームコインに使用されるチェーン数が増加しており、マルチチェーン・トークンがトレンドとなるなど、仮想通貨業界もスピーディに変化をしています。

したがって、「世界初のチェーンを旅するDoge」というコンセプトのもとでマルチチェーンに全力投球しているDogeverseは、賢い選択をしたといえるかもしれません。

$DOGVERSEは現在0.00029ドルで販売されており、プレセールの最終段階では0.000305ドルとなる予定です。

2日後もしくは87万ドルの資金が調達されれば次のステージへと移行し、価格は0.000291ドルへと上昇します。

プレセールでの資金調達スピードが加速しているため、興味のある方はDogeverseのX(旧Twitter)Telegramに参加して、最新情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

イーロン・マスクがドージデーに向けて準備中、Dogeverseも恩恵を受けられるか

$DOGVERSEはDogeをテーマとしているため、Elon Musk(イーロン・マスク)氏がDogeに与える影響から恩恵を受けられる可能性があります。

Elon氏は億万長者の起業家として世界中で知られていますが、Dogecoin($DOGE、ドージコイン)の大ファンとしても有名で、彼の発言や行動は$DOGEの価格に大きな影響を与えています。

このような状況はDogeverseにとっても好都合なものとなっており、同プロジェクトのもう1つの強みでもあります。

次のトレンドコインとして期待されるDogeverse

Dogeverseの画像

ここ最近でSolana系ミームコインの人気が高まっており、ミームコイン分野を先導していたEthereumを追い越しつつあります。

しかしながら、SolanaもEthereumもレイヤー1を使用しており、BaseやPolygonなどのレイヤー2を導入している競合チェーンに弱点を突かれるリスクを抱えています。

Base系コインでいえば、$DEGENのようなトークンはBase上にレイヤー3を構築することで、ポテンシャルを高めています。

$DEGENの希薄後時価総額は現在14.1億ドルで、先月末にかけて価格が高騰して話題となりました。

Solana系ミームコインもBase系ミームコインも、新規プロジェクトが続々登場しており、市場における競争率は高まっています。

ここでDogeverseは、チェーン間のアクセスと流動性を容易にするトンネルの構築を可能にすることで、ミームコインへの投資をより柔軟で価値あるものにしています。

プロジェクトのキャラクターとして「コスモ・ドージ(Cosmo the Doge)」と名付けられた柴犬の可愛らしい子犬は、仮想通貨という宇宙にある星の間を高速で飛び回るユニークかつ実用的な能力を持って生まれました。

公式サイトを見てみると、$DOGVERSEトークンの総供給量は2000億で、15%がプレセールへ、10%がステーキング報酬へ割り当てられています。

また、プレセールの購入者は、すぐにステーキングを開始することができます。

最先端のマルチチェーン・プログラムを備えたDogeverseには、多くの投資家たちが期待を寄せています。

$DOGEVERSEの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

分散演算基盤「EMETH(エメス)」プロジェクトが本格始動|参加ノードの募集開始

分散演算基盤「EMETH(エメス)」プロジェクトが本格始動|参加ノードの募集開始

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す