99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

99Bitcoinsは、2013年に開始されてから最も信頼されている仮想通貨サイトの1つで、Bitcoin(BTC、ビットコイン)を中心とした情報提供をしています。

今年の3月にサイト所有者が変わり、新たなプラットフォーム計画を立てて話題になっています。

そこで登場した新しい仮想通貨が99Bitcoins($99BTC)で、学んで稼ぐLearn-to-Earn(L2E、ラーン・トゥ・アーン)という革新的なシステムを導入しました。

本記事では、新しい仮想通貨99Bitcoinsの魅力をお伝えします。

なぜ99Bitcoinsは99BTCのプレセールを開始したのか

多くのアナリストは、ミームコインを実用性に欠ける投機的な資産と捉えていますが、実際にPepe($PEPE、ぺぺ)の開発者もPEPEトークンは娯楽目的で作られていることを説明しています。

しかしながら、来週に迫るBTCの半減期を前に投資家たちは、成長のポテンシャルがあるだけではなく、実用性も持ち合わせている仮想通貨のプレセールへ目を向けるようになってきており、トレンドが変化しつつあります。

そのような市場の要求に応える形で、99Bitcoinsは$99BTCのプレセールを仮想通貨の重要イベントが重なる4月に行うことを決定しました。

プレセールは4月10日に開始されましたが、その革新的なL2Eモデルが反響を呼び、すでに多くの資金が集まっています。

99BTCの画像

99BitcoinsのLearn-to-Earnで学びながら報酬を獲得

$99BTCはプレセール開始から2日目を迎えた現時点で、すでに12万ドル以上の資金を集めており、滑り出しは好調となっています。

99Bitcoinsプロジェクトは、DEX(分散型取引所)ローンチ(発売)までの資金調達最低額としてソフトキャップを535万3425ドル、上限額としてハードキャップを1107万675ドルで設定しています。

99Bitcoinsのサイトは210万人以上の購読者を誇り、Youtubeの登録者数は70万人以上と、仮想通貨教育においてすでに重要な役割を担っています。

そして今99Bitcoinsプロジェクトは、L2Eプラットフォームで仮想通貨をテーマとした教育エコシステムの構築を目指しており、ユーザーが仮想通貨に関する知識を深めながら報酬を獲得できる機会を提供しようとしています。

このプラットフォームでは多様な学習スタイルに対応するために、双方向的な講座・クイズ・チュートリアルなどのエネルギッシュなクラスが用意されています。

すべての報酬は、ERC-20トークンである$99BTCで分配されていきます。

$99BTCは今後、Bitcoinブロックチェーン上でトークンを生成するための新しい規格であるBRC-20トークンにブリッジ(移行)する計画も発表しています。

また、Ethereumウォレットに$99BTCが多く保管されてるほど、プレミアムコンテンツや取引チャンネル、割引などの特典が付与される仕組みです。

これらのVIPコンテンツには、専門家による仮想通貨シグナルや主要なマーケット・アルファへのアクセスも含まれています。

99BTCの戦略的なロードマップ

99BTCの画像

$99BTCの公式サイトで発表されているロードマップを見てみると、99Bitcoinsは今後BitcoinベースのBRC-20トークンへブリッジしてローンチする予定ですが、これは4月19日の半減期前後のFOMO(取り残されることへの恐怖)を利用した戦略的なアプローチとなっています。

$99BTCはDEXおよびCEXへの上場も予定しており、半減期で市場が強気相場となってトークン保有者が恩恵を受けられれば長期的な参加を促すことにもなるでしょう。

また99Bitcoinsは、9万9999ドル相当の大規模なBTCエアドロップ・キャンペーンも実施しています。

キャンペーンに参加するためには、公式サイトの指示に従ってサイトへのサインアップや99Bitcoinsのソーシャルメディアに参加する必要がありますが、エアドロップは99人に限定されているため、早期に参加することが推奨されています。

同プロジェクトのプレセールはまだ始まったばかりであるため、興味のある方はX(旧Twitter)Telegramで最新情報をご確認ください。

※公式サイト(日本語版)は近日公開される予定です。

$99BTCの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

メタケードの実力はいかに?2023年、潜在的なROIと共に見るチェーンリンクの価格推移

メタケードの実力はいかに?2023年、潜在的なROIと共に見るチェーンリンクの価格推移

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す