万能型ビットコインデビットカードWirex(ワイレックス)とは

by BITTIMES   

Wirex は全世界で 100カ国以上、50万枚以上発行されているビットコイン決済システムを導入したデビットカードです。
発行・運営はロンドンに本社を置く Wirex Limited(ワイレックス・リミテッド社)が行なっています。
Wirex の強みは VISA が使用できる店舗であればどこでも利用可能な部分でしょう。日本でビットコインが使用可能な店舗はまだまだ少ないためカード対応の店舗で使用できるのは非常に心強いですね。日本語対応アプリのリリースやサポートが始まったことからも現在国内利用者が増加しています。
また、専用アプリはウォレット機能だけでなく、現金とビットコインの相互交換機能も使用できることから、その他のデビットカードとは一線を画す高い機能性を持っています。
今回はそんな「万能ビットコインデビットカード」である Wirexデビットカードについてご紹介をして行きたいと思います。

Wirex(ワイレックスカード)とは?

Wirex(ワイレックス)
カード発行国:イギリス
運営会社:Wirex Limited
年会費:12ドル
発行手数料:17ドル( 12.75ドル)
送金手数料:ブロックチェーンフィー
対応仮想通貨:ビットコイン / BTC
最低入金額:0.001BTC or 0.01ドル
1回チャージ限度額:制限なし( BTC )or 5,000ドル
月間入金額上限額:制限なし( BTC )or 150,000ドル
カード残高上限:制限なし
退会手数料:退会時のカード残高
※ Wirex の手数料の種類は数多く存在します。これは Wirex がドル・ユーロ・ポンドの各通貨で取引が可能なこと、各通貨と BTC 両替が可能なこと、その他 ATM から直接現金の引き出し機能等が付いているためです。公式発表では Wirex は円による取引サービスを近々スタートさせる予定のようですので、オフィシャルの発表があり次第円による詳細情報を追記します。
Wirex の大きな特徴といえば、
・全世界 100カ国、50万人以上で使用されている世界最大級のデビットカード
・ウォレット機能だけでなく、現金でのビットコイン購入も可能
・ビットコイン入金は、365日24時間可能
・VISAカードが使用できる店舗であればどこでも使用できる高い利便性
以上の 4つですね。
特に専用アプリで「ビットコインがそのまま購入できる」のは非常に大きなメリットと言えるでしょう。
通常のデビットカードでは、ビットコイン購入は別の取引所で行い、デビットカードへ送金する手間がありますからね。それが不要になるのはビットコイン利用者としてはとてもありがたいことです。

Wirex(ワイレックスカード)の手数料

Wirex デビットカードを使用するにあたって必要な手数料は、以下の 4種類あります。
・デビットカード発行手数料 17ドル(12.75ドル)
・カード維持手数料 毎月1ドル
・国内ATM引き出し手数料 3.5ドル
・外国為替手数料 金額の 3%
以上 4つです。
Wirexデビットカード発行手数料は 17ドルのみです。(当サイトからお申し込みの場合は 12.75ドル)
毎月のカード維持費は、SMS認証として 1ドル必要ですが、基本なデビットカードの維持費用はこれだけですから 3年間のカード維持費と発行手数料を合わせると 3年間で 12.75+36ドル=48.75ドルのみだけですね。利便性の高いカードの維持費としては非常に格安な設定になっているかと思います。カードを使用するときの決済手数料は原則無料なので、使いやすくなっています。
また、国内の ATMで現金化して引き出す場合は引き出し手数料として 3.5ドルが必要ですが、通常の取引所で円に変えて現金化し、口座へ入金する手間と手数料を考えるとこちらも格安になっていますね。
また海外通貨で利用する場合や両替をする場合は金額の 3%が必要です。こちらは普通のカードと大差ないですね。
以上の 4つの手数料が Wirexデビットカード利用時に必要な手数料になります。

Wirex(ワイレックスカード)発行について

ビットコインを持っている方なら、上記の説明で Wirexデビットカードの手数料の安さ、利便性の高さに気づいたと思います。
特にビットコインは消費税もかからなくなってくるので、保有益やビジネス・トレードなどによる利益を出した方は持っておいて損はないカードだと思います。
Wirex(ワイレックスカード)登録を下記リンクから行えば 4.25ドル(約 450円)引きで発行できるので、お求めの場合はご利用されてください。
万能ビットコインデビットカード「 Wirex 」の発行はこちら

SBIホールディングスWirexへ出資

日本企業である SBIホールディングス株式会社の子会社である SBIインベストメント株式会社が Wirex への出資を公式発表しました。
同社は、2015年12月から「FinTechファンド」を立ち上げ国内外の FinTech事業領域の有望なベンチャー企業への投資を積極的に進めてきました。
今回、SBIインベストメントが Wirex へ出資した理由は、今年中に行われる予定の「円での交換サービスのスタート」による日本国内の利用者増加を見込んでのようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

注目度の高い仮想通貨ニュース

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す