暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:ビットポイント関連の記事を新着順で確認「BITPoint」関連ニュース

BITPoint(ビットポイント)とは

BITPoint-Logo

BITPoint(ビットポイント)とは、2016年3月に設立された株式会社ビットポイントジャパンが運営している日本の暗号資産取引所(関東財務局長 第00009号)です。ビットポイントは暗号資産の「現物取引サービス」と「レバレッジ取引サービス」を提供しており、2020年9月時点では6種類の暗号資産を取り扱っています。

ビットポイントは暗号資産の現物取引にかかる手数料が"全て無料"となっており、その他にも日本円の即時入金手数料・暗号資産の入出金手数料・口座管理料なども全て無料となっています。

ユーザーの意見・要望にも積極的に答えている同社は、これまでにも『ウィジェットを復活してほしい、アルトコインを取扱ってほしい、ダークモードでより綺麗に見れるようにして欲しい、取引サイトで平均取得単価や評価損益を確認できるようにして欲しい』などといった様々な要望に答えてサービスを改善しています。

取り扱う暗号資産

BITPoint(ビットポイント)が取り扱っている暗号資産は2020年9月時点では以下の6種類となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)

サービスの種類・概要

暗号資産の現物取引サービス

暗号資産の現物取引サービスでは、ビットポイントが取り扱っている6種類の暗号資産を日本円との取引ペアで売買することができます。注文方法は「成行注文・指値注文・逆指値注文」の3つから選択することができ、毎取引日16時00分~16時10分までの10分間と臨時メンテナンス時を除いて24時間365日取引することが可能です。

暗号資産のレバレッジ取引サービス

暗号資産のレバレッジ取引サービスでは、証拠金をビットポイントの取引所口座に預け入れることによって、預け入れた金額の最大4倍の額に相当する取引を行うことができます。ビットポイントのレバレッジサービスでは「BTC/JPY」の取引ペアのみが提供されています。

注文方法は現物取引と同様に「成行注文・指値注文・逆指値注文」の3つから選択することができるようになっており、レバレッジ倍率は「1倍・2倍・4倍」から選択することが可能です。

※現在、新規の「レバレッジ取引口座」開設は一時受付停止となっています。

暗号資産レンディング「貸して増やす」サービス

暗号資産レンディング「貸して増やす」サービスは、自分が保有している暗号資産をビットポイントに貸し出すことによって、貸出条件に応じた貸借料を受け取ることができるサービスです。

ビットポイントの「貸して増やす」サービスは同社が取り扱っている6種類全ての暗号資産に対応しているため、これらの暗号資産を保有しているユーザーは暗号資産を有効活用して新たな収益機会を得ることができます。

「貸出期間」や「貸借料率」は貸出募集が行われる毎に提示されることになっており、ビットポイント公式サイトにログインした後の「貸して増やす」専用画面で随時案内が行われることになっています。また、貸出期間中に「再貸出」の設定を行うと、返還後に再度自動で貸出し手続きを行うことも可能です。

各種手数料

口座管理料

口座開設手数料無料
口座管理料無料

取引手数料

現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料無料

法定通貨の入出金手数料

日本円の即時入金サービス無料
日本円の入金お客様負担
(振込手数料実費分)
日本円の出金お客様負担
(振込手数料実費分)

暗号資産の入出金手数料

暗号資産入金(預入)無料
暗号資産出金(送付)無料

BITPoint(ビットポイント)のメリット

merit

各種手数料が無料

BITPoint(ビットポイント)は「口座管理料・現物取引手数料・レバレッジ取引手数料・日本円の即時入金手数料・暗号資産の入出金手数料」などを"全て無料"でサービスを提供しています。

一般的な暗号資産取引所では、取引金額に応じた手数料がかかり、暗号資産を外部ウォレットに出金する際にも数百円ほどの手数料がかかりますが、ビットポイントはこれらの手数料が全て無料となっているため、手数料を気にせずに取引や入出金を行うことが可能です。

全ての暗号資産で「即時送金」が可能

BITPoint(ビットポイント)は取引所で取り扱っている全ての暗号資産で「即時送金(リアルタイム送金)」に対応しています。一部の暗号資産取引所では、暗号資産を購入して外部の取引所・ウォレットなどに出金するまでに一定の時間がかかりますが、ビットポイントでは全ての暗号資産を即時出金することができます。

ビットポイントは送金手数料も無料となっているため『全ての暗号資産を無料でリアルタイムに送金できる』という点はビットポイントのメリットの一つであると言えます。

取引ツールが充実している

(画像:BITPoint)(画像:BITPoint)

暗号資産の現物取引・レバレッジ取引を行うことができるビットポイントの「WEB取引ツール」では、一般的な価格チャートだけではなく「TradingView」を利用した様々なチャート表示・分析が可能となっています。

また同社が提供しているスマートフォン向けアプリ「BITPOINT」は、自分が保有している暗号資産の内訳を一目で確認できるわかりやすい仕様となっており、スマホアプリの取引画面でも「チャート・各種暗号資産の価格・価格変動率・保有資産状況」などといった様々な情報を確認しながら簡単に暗号資産を取引できるようになっています。

BITPOINTアプリでは、ユーザーからの要望に答えて2020年9月から「ウィジェット機能」と「SMSなどでの価格シェア機能」が新たに追加されています。

「Apple Watchアプリ」で価格・チャートが確認可能

BITPointJapan-AppleWatchApp

BITPoint(ビットポイント)はApple社が提供しているスマートウォッチ「Apple Watch(アップルウォッチ)」で利用可能な「Apple Watchアプリ」もリリースしています。

「Apple Watchアプリ」は、ビットポイントが取り扱っている暗号資産の価格一覧や、各暗号資産の価格チャートを表示させることができるようになっており『価格が上昇している通貨は緑、価格が下落している通貨は赤』と色分けして価格・チャートが表示される仕様となっているため、直感的に暗号資産の価格情報を確認することが可能です。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット

Demerit

2019年にハッキング事件が発生した経歴がある

BITPoint(ビットポイント)では2019年7月に暗号資産の不正流出事件が発生しており、同社のホットウォレットに保管されていた約30億円相当の暗号資産が流出した経歴があります。

その後は「ホットウォレット・コールドウォレットの両方で新しくウォレットシステムを構築する」などとといった再発防止策が取られているため、現在は取引所のセキュリティも強化されていると考えられますが、セキュリティを重視する方にとってはこの点がマイナスポイントになると考えられます。

仮想通貨決済・積立などのサービスは提供されていない

BITPoint(ビットポイント)では暗号資産の現物取引・レバレッジ取引などといった一般的なサービスは提供されているものの、「仮想通貨決済サービス」や「暗号資産の自動積立サービス」などといったその他のサービスは提供されていません。

純粋に暗号資産取引を行いたい場合には、取引手数料も無料で魅力的な暗号資産取引所となっていますが、仮想通貨決済や自動積立などといったその他のサービスも利用したい場合には、他社サービスを利用する必要があります。

>>「BITPoint」の公式サイトはこちら

暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJCBA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す