イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?

イーサリアム(Ethereum/ETH)のロゴ画像

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは、契約を自動執行できるスマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)を構築するためのブロックチェーン・プラットフォーム・暗号資産です。

スマートコントラクトとは、人の手を介さずに契約を自動執行してくれる仕組みのことであり、現在仮想通貨業界で利用されている非常に多くのアプリケーションでこの技術が活用されています。

分散型アプリケーション(DApps)とは、ブロックチェーンや暗号資産を活用したアプリケーションの総称であり、現在は「分散型取引所分散型ID分散型金融ゲーム」など様々なサービスが開発されています。

2015年に一般公開されたイーサリアムは、ビットコイン(BTC)に続く代表的なブロックチェーン・暗号資産となっており、仮想通貨の時価総額ランキングでは2位の座を維持し続けています。

そのため、仮想通貨ETHは日本国内の暗号資産取引所を含む世界中の様々な取引所に上場していて、ブロックチェーン技術を活用した各種サービスでもETHが頻繁に利用されています。

ETHを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら ETHを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

イーサリアム(ETH)の歴史

イーサリアム(ETH)の歴史

イーサリアム(ETH)の歴史は、イーサリアム考案者として知られるヴィタリック・ブテリン氏が2013年に「Ethereum white paper」というホワイトペーパーを発表したことから始まります。

2014年1月には北アメリカ・ビットコイン・カンファレンスでイーサリアムのプロジェクトが正式に発表され、2014年8月にはイーサリアム関連の技術開発をサポートする「イーサリアム財団」が設立されました。

2014年6月には仮想通貨を用いて資金調達を行う「ICO」を通じてBTCとETHを交換する方法で資金調達を実施、この際には42日間のクラウドセールで18億円相当のビットコインが調達されたことが報告されています。

イーサリアムには「Frontier・Homestead・Metropolis・Serenity」と呼ばれる4段階の大型アップデートが組み込まれており、2015年から段階的にこれらの大型アップグレードが実施されています。

2015年7月30日には最初のベータ版となる「Frontier」のリリースを通じてイーサリアムが一般公開されており、2016年3月には「Homestead」を実施、2017年9月には「Metropolis」、2020年12月には「Serenity」が実施されています。

イーサリアムの大型アップデートはその後も段階的に実施されており、今後もさらなる大型アップグレードが予定されています。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

分散型アプリケーション(DApps)の基盤

イーサリアムは、ブロックチェーン技術を活用したアプリケーションである分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォームとして開発されています。

分散型アプリケーション(DApps)とは、中央集権的な管理者なしで機能するオープンソースのアプリケーションのことであり、取引所・ゲーム・レンディング・NFTマーケットプレイスなど様々な種類のDAppsが開発されています。

イーサリアムのブロックチェーンを活用したDAppsでは、トランザクション(取引や契約)を行う際の手数料支払いなどで「ETH」が使用されるため、仮想通貨ETHは各種DAppsを利用する上でも非常に重要な通貨となっています。

スマートコントラクトの機能

イーサリアムの大きな特徴の1つとしては「スマートコントラクトの機能」が挙げられます。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で人の手を介さずに様々な契約を自動的に執行できる機能のことであり、「取引の時間を短縮できる・人件費を削減できる・データの改ざんを防止できる・契約を簡素化できる」など様々なメリットを有しています。

先述したDAppsでもスマートコントラクトは重要な役割を果たしており、「分散型取引所における暗号資産の交換」や「NFTマーケットプレイスにおけるNFTの売買」などでもスマートコントラクトの機能が使用されています。

独自トークンやNFTの発行

イーサリアム(ETH)の大きな特徴の1つとしては「独自のトークンやNFTを発行できる」という点も挙げられます。

イーサリアムには、イーサリアムのプログラミングについて概説するERC(Ethereum Request for Comments)と呼ばれる規格が存在し、「ERC-20、ERC-721、ERC-1155」などといった様々な規格に基づいたトークンが発行されています。

ERC-20は、イーサリアムブロックチェーンとの互換性を持つ暗号資産を作成するための規格であり、USDTLINKMATICENJSHIBなどといった有名な暗号資産もERC-20規格に基づいて作成されています。

なお、ゲーム内アイテムやアート作品などとして発行されていることで知られるNFTの多くは「ERC-721」や「ERC-1155」という規格に基づいて作成されています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

イーサリアムは元々、コンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)としてビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用していましたが、2022年にはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる新しい仕組みへと移行しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、対象となる暗号資産を保有している割合(ステーク)に基づいてブロック承認の割合を決める方法であり、より安全で、エネルギー消費量が少なく、新たなスケーリングソリューションの導入に適しているという特徴を有しています。

PoSは"第三世代のブロックチェーン"とも呼ばれる次世代型のブロックチェーンでも広く採用されていて、ステーキングと呼ばれるプロセスに参加することによってステーキング報酬を得られるというメリットも有しています。

ETHを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら ETHを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

イーサリアム(ETH)の「ガス」について

イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用する際には「Gas(ガス)」と呼ばれる手数料が発生します。これは仮想通貨業界で"ガス代"と呼ばれているもの、DAppsを利用する際などには必ず知っておきたい要素の1つとなっています。

イーサリアムで送金したり、スマートコントラクトを実行する際には手数料を支払う必要があり、そのような手数料の総称が「ガス」と呼ばれます。

メタマスクなどの自己管理型ウォレットでETHを送金したことがある方は「gwei」などの表記を目にしたことがあるでしょう。これはETHの数量を表す際に用いられる単位のことであり、gwei以外にも以下のような様々な単位が存在します。

単位Ether
wei(最小)0.000000000000000001ether
kwei0.000000000000001ether
mwei0.000000000001ether
gwei0.000000001ether
szabo0.000001ether
finney0.001ether
ether(ETH)1ether
kether1000ether
mether1000000ether
gether1000000000ether
tether(最大)1000000000000ether

なお、ガス代は原則として利用者が自由に設定することが可能で、基本的には高いガス代を支払えば取引が早く完了し、ガス代を安く設定した場合には取引完了までに時間がかかるようになっています(※ガス代を安く設定しすぎると取引が完了しない場合があるので要注意)。

イーサリアム(ETH)の基本情報

ブロックチェーン名称イーサリアム(Ethereum)
ティッカーシンボルETH
取引承認方法プルーフ・オブ・ステーク(PoS)
一般公開日2015年7月30日
発行上限なし
考案者ヴィタリック・ブテリン

イーサリアム(ETH)のコントラクト一覧

【BNB Smart Chain】
0x2170ed0880ac9a755fd29b2688956bd959f933f8

ETHのリアルタイム価格・チャート

ETHを取扱う暗号資産取引所

イーサリアム(ETH)は、日本国内の暗号資産取引所を含む世界中の様々な取引所に上場しています。ETHを取り扱っている代表的な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年10月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
コインチェック
ビットバンク
SBI VCトレード
ビットポイント
ビットトレード
OKCoinJapan
LINE BITMAX
Binance Japan
DMMビットコイン
GMOコイン
コイントレード
ビットフライヤー
BTCBOX
Himalaya Exchange Japan
楽天ウォレット
WhaleFin
Zaif
東京ハッシュ
コインベスト

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bithumb(ビッサム)
Coinbase(コインベース)
Kraken(クラーケン)
Bitfinex(ビットフィネックス)
OKX(オーケーエックス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

ETH対応ウォレット

イーサリアム(Ethereum/ETH)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Ledger(レジャー)
Trezor(トレザー)

イーサリアム(ETH)関連リンク

イーサリアム公式サイト
イーサリアム公式X
イーサリアム公式YouTube
イーサリアム公式Discord
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(etherscan)
エクスプローラー(blockchair)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

ZepetoのWeb3版メタバース「ZTX」1,300万ドルの資金調達|トークン・NFTの発行も予定

ZepetoのWeb3版メタバース「ZTX」1,300万ドルの資金調達|トークン・NFTの発行も予定

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

コインチェック:Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作へ

コインチェック:Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

仮想通貨ニュース週間まとめ「XYM・ADA・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「XYM・ADA・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す