仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う暗号資産・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:仮想通貨取引所の最新情報を確認「ビットバンク」関連ニュース

bitbank(ビットバンク)とは

bitbank-logo

bitbank(ビットバンク)とは、2014年5月に設立されたビットコイン・イーサリアム・XRPなどの仮想通貨を売買することができる暗号資産(仮想通貨)取引所です。仮想通貨投資の初心者から上級者までが使用できる、シンプルかつ高性能な取引ツールを提供している同社は2020年に「日本国内の暗号資産取引量No.1」を獲得しています(CoinMarketCap調べ)。

2022年6月時点では合計16種類の仮想通貨を取り扱っており、暗号資産の取引所・販売所サービスや、自分が保有している仮想通貨を同社に貸し出すことによって"追加の利用料"を受け取ることができる「暗号資産を貸して増やす」などのサービスも提供しています。

取り扱う仮想通貨の種類はそれほど多い訳ではないものの、主要な仮想通貨は全て取り扱っており、取引画面に表示されているチャートでは80種類以上のインディケータを表示させることもできるため、頻繁にトレードする仮想通貨トレーダーなどに魅力的な取引所となっています。

取り扱う仮想通貨

bitbank(ビットバンク)が取り扱っている仮想通貨は、2022年10月時点で以下の20銘柄となっています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
オーエムジー(OMG Network/OMG)
シンボル(Symbol/XYM)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
メイカー(Maker/MKR)
ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)
エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
ポリゴン(Polygon/MATIC)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)
カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)

サービスの種類・概要

暗号資産取引所

ビットバンク「暗号資産取引所サービス」のPC取引画面(画像:bitbank)ビットバンク「暗号資産取引所サービス」のPC取引画面(画像:bitbank)

暗号資産取引所サービスは、他のユーザーとの間で日本円と暗号資産を交換したり、暗号資産同士を交換したりすることができるサービスです。ビットバンクの取引所サービスでは、自分が売買したい価格で取引板に注文を出すことができる「指値注文」と、取引板に並んでいる注文価格で即座に売買することができる「成行注文」という2種類の取引方法が提供されています。

また、2021年9月27日には「上昇時の指定価格到達時点で買い」「下落時の指定価格到達時点で売り」といった取引を行うことができる「逆指値注文・逆指値成行注文」の提供も開始されています。

さらに、取引画面に表示されているチャートでは「移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表」などといった80種類以上のインディケータを表示させることができ、トレンドラインなどを色分けして記載することも簡単にできる仕様となっています。

ビットバンクの取引所サービスは、様々な機能を搭載しつつ、比較的わかりやすいデザインで設計されているため、初心者の方でも気軽に利用できると考えられます。

取引所サービスでは、2022年10月時点で以下の通貨ペアが提供されています。

【日本円通貨ペア】
・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・LTC/JPY
・BCC/JPY
・MONA/JPY
・XLM/JPY
・QTUM/JPY
・BAT/JPY
・OMG/JPY
・XYM/JPY
・LINK/JPY
・MKR/JPY
・BOBA/JPY
・ENJ/JPY
・MATIC/JPY
・DOT/JPY
・DOGE/JPY
・ASTR/JPY
・ADA/JPY

暗号資産販売所

ビットバンク「暗号資産販売所サービス」のPC取引画面(画像:bitbank)ビットバンク「暗号資産販売所サービス」のPC取引画面(画像:bitbank)

暗号資産販売所サービス、ビットバンクとユーザーの間で暗号資産と法定通貨を売買することができるサービスです。販売所サービスでは、取引したい暗号資産を選択して数量を入力し「買う」または「売る」のボタンをクリックするだけで簡単に暗号資産を取引することが可能であり、スプレッドも業界最小水準で提供されています。

また、販売所画面でもシンプルな価格チャートが表示されているため、過去の値動きを確認しながら取引することができます。ビットバンクの販売所サービスで取引可能な暗号資産は以下の18銘柄となっています。
・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・エックスアールピー(XRP/XRP)
・ライトコイン(Litecoin/LTC)
・モナコイン(Monacoin/MONA)
・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)
・ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
・クアンタム(Qtum/QTUM)
・ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
・オーエムジー(OMG Network/OMG)
・シンボル(Symbol/XYM)
・チェーンリンク(Chainlink/LINK)
・メイカー(Maker/MKR)
・ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・ポリゴン(Polygon/MATIC)
・ポルカドット(Polkadot/DOT)
・ドージコイン(Dogecoin/DOGE)

暗号資産を貸して増やす(レンディング)

「暗号資産を貸して増やす」とは、ビットバンクとの間で暗号資産貸借取引契約を締結することによって「最大年率3%の暗号資産」を1年後に受け取ることができるサービスです。

1年間の満了期日を迎えると「募集月に貸出した仮想通貨」+「同社所定の利用料」を受け取ることができます。ビットバンクで口座開設を完了している方であれば、面倒な手続きを行うことなく、申込むだけですぐに利用することができるため、仮想通貨を長期的に保有している場合はこのサービスを利用することによってお得に資産を増やすことができます。

「暗号資産を貸して増やす」サービスは2022年10月時点で"ビットバンクが取り扱っている全ての暗号資産"に対応しています。

各種手数料

売買手数料

メイカー(*1)テイカ―(*2)
BTC/JPY-0.02%0.12%
ETH/JPY-0.02%0.12%
XRP/JPY-0.02%0.12%
LTC/JPY-0.02%0.12%
BCC/JPY-0.02%0.12%
MONA/JPY-0.02%0.12%
XLM/JPY-0.02%0.12%
QTAM/JPY-0.02%0.12%
BAT/JPY-0.02%0.12%
OMG/JPY-0.02%0.12%
XYM/JPY-0.02%0.12%
LINK/JPY-0.02%0.12%
MKR/JPY-0.02%0.12%
BOBA/JPY-0.02%0.12%
ENJ/JPY-0.02%0.12%
MATIC/JPY-0.02%0.12%
DOT/JPY-0.02%0.12%
DOGE/JPY-0.02%0.12%
ASTR/JPY-0.02%0.12%
ADA/JPY-0.02%0.12%

(*1)メイカー:注文が取引板に並ぶことによって、結果として市場の流動性を作る取引のこと
(*2)テイカー:注文が取引板に並んだ既存の注文で約定することによって、結果として市場から流動性を取り除く取引のこと
※キャンペーンなどにより一部通貨のメイカー・テイカー手数料の両方が「0%」となる場合があります。

入出金手数料

入金手数料出金手数料
日本円無料(*3)550円/770円(3万円以上)(*4)
BTC無料0.0006 BTC
LTC無料0.001 LTC
XRP無料0.15 XRP
ETH無料0.005 ETH
MONA無料0.001 MONA
BCC無料0.001 BCC
XLM無料0.01 XLM
QTUM無料0.01 QTUM
BAT無料45 BAT
OMG無料5 OMG
XYM無料2 XYM
LINK無料1.1 LINK
MKR無料0.02 MKR
BOBA無料17 BOBA
ENJ無料14 ENJ
MATIC無料19 MATIC
DOT無料0.05 DOT
DOGE無料5 DOGE
ASTR無料2.5 ASTR
ADA無料1 ADA

(*3)銀行への入金時の振込手数料は自己負担
(*4)登録銀行口座が誤っていた場合はユーザー口座へ日本円が返金されるが、組戻手数料として1,320円(税込)が差し引かれる

その他の手数料

口座開設費用無料
口座維持費用無料

ビットバンクのメリット

merit

仮想通貨取引量「国内No.1」を獲得

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨の取引手数料が安く(メイカー手数料はマイナス)、スプレッド(売付価格と買付価格の差)も狭いため、取引も活発に行われており、仮想通貨市場のデータを配信している大手サイト「CoinMarketCap」における2020年2月20日のデータでは、日本国内の暗号資産取引所の取引量ランキングで1位を獲得しています。

一部の仮想通貨取引所ではスプレッドが大幅に開いている場合もありますが、ビットバンクは「メイカー手数料マイナス」を採用しているため「売り注文」と「買い注文」が多く入っており、その価格差も狭いため、短期トレードでも利益を出しやすい設計となっています。

「メイカー手数料マイナス」を採用

「メイカー手数料がマイナス」というのはビットバンクの大きな利点の1つです。成行注文で取引する場合には、取引ごとに手数料を支払う必要がありますが、指値注文を出して取引が成立した場合には0.02%の手数料を受け取ることができます。

指値注文で安定して利益を出せる方であれば、ビットバンクの指値注文を利用して取引することによって「マイナス手数料」と「取引」の両方で利益を得ることができます。

仮想通貨取引所のセキュリティ評価で「国内No.1」獲得

bitbank(ビットバンク)は、オフラインで暗号資産を管理する「コールドウォレット」を採用しており、送金時に複数の署名を必要とする「マルチシグ」も採用することによってハッキングなどの被害に対処しています。

セキュリティ対策に力を入れている同社は、2018年10月3日に「ICORating」によって公開された"仮想通貨取引所の安全性ランキング"で日本国内1位を獲得しています。

高性能かつシンプルなサービス|アプリでも「国内No.1」

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨取引を行う際に使用できるツールが充実しているという点でも魅力的です。取引画面で表示できる80種類以上のインディケータは個別に設定を変更することもできるため、自分好みの指標を表示させながら取引することが可能です。

同社が提供しているスマホ向けアプリにも豊富な機能が搭載されているため、外出先でも気軽に取引することができます。ビットバンクのスマホ向けアプリは、2018年10月31日に「App Store」のファイナンスカテゴリ・無料ランキングで国内No.1を獲得しています。

サイト・サービスが安定している

日本国内の一部の暗号資産取引所では大規模な価格変動時やアクセスが集中した際などに『取引所サービスにアクセスできない』といった問題が発生する場合があり、突然臨時メンテナンスが実施される場合もあるため『価格が暴落・高騰しているのに取引することができない』という事態に陥ってしまう可能性があります。

しかしビットバンクは長期的に安定してサービスを提供し続けており、その他の取引所が『アクセスが困難になっている』といった発表を行っている場合でもビットバンクは通常通り利用できることが多いため、ユーザーからも高い評価を受けています。

ビットバンクのデメリット

Demerit

提供されているサービスが少ない

bitbank(ビットバンク)では「取引所・販売所サービス」と「レンディングサービス」が提供されているものの、その他の仮想通貨取引所で提供されている「仮想通貨積立・仮想通貨決済・レバレッジ取引」などといったサービスは提供されていません。

仮想通貨取引・レンディングのみを利用したい場合には、最適な仮想通貨取引所だと考えられますが、積立・決済・レバレッジなどといったその他のサービスも利用したい場合には別の取引所を選ぶ必要があります。

暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

HashPalette:パレットトークン(PLT)が必ずもらえる「PLT Placeキャンペーン第二弾」開始

HashPalette:パレットトークン(PLT)が必ずもらえる「PLT Placeキャンペーン第二弾」開始

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

コインチェック「Animoca Brands」との戦略的パートナーシップを強化NEW

コインチェック「Animoca Brands」との戦略的パートナーシップを強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

アルゴランド(Algorand/ALGO)6,000TPSを実現するアップグレードを発表

アルゴランド(Algorand/ALGO)6,000TPSを実現するアップグレードを発表

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

SynchroLife「シンクロPAY」をリリース|飲食店のクレカ決済とCRMの統合を実現

SynchroLife「シンクロPAY」をリリース|飲食店のクレカ決済とCRMの統合を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す