今さら聞けないビットコイン(BTC)とは?注目される理由・魅力をわかりやすく解説

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のロゴ画像

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは、中央銀行や政府などといった特定の組織・管理者に依存しない形で運営されている分散型のデジタル通貨・決済ネットワークです。ビットコインでは、現在様々な業界で活用されているブロックチェーン技術が利用されています。

2008年10月にサトシ・ナカモトという匿名の人物がインターネット上で論文を公開したことから始まったビットコインは、仮想通貨の時価総額ランキングで1位に君臨し続けており、世界で最も有名な代表的な暗号資産として知られています。

ビットコインの発行枚数は2,100万枚に制限されているため「インフレの影響を受けにくい資産」として捉えられており、供給量が限られていることや"価値の保存手段"として捉えられていることから「デジタルゴールド」と表現されることもあります。

また、ビットコインは「0.001BTC」などといったようにより小さな単位に分割して送金・保有することもでき、世界中の様々な場所に簡単に送金することもできるため、分割や持ち運びが困難な金(ゴールド)よりも優れた資産であると評価する声もあります。

ビットコインの取引記録は「マイニング」と呼ばれるコンピュータを用いた計算作業で行われる仕組みで、マイニングを行う人々は「マイナー」と呼ばれます。マイニングを行うためには高い計算能力を有するコンピュータや、それを動かすための電力などが必要となりますが、マイナーはマイニング報酬として新規発行されるBTCを受け取ることが可能です。

BTCは世界中で最も有名な暗号資産であるため、日本国内の暗号資産取引所を含めた世界中の様々な取引所やプラットフォームで売買することができます。

BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

ビットコイン(BTC)の歴史

ビットコイン(BTC)の歴史

論文公開とジェネシスブロック生成

ビットコイン(BTC)の歴史は、2008年10月31日に"サトシ・ナカモト"を名乗る匿名の人物がインターネット上で『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』という題名の論文を公開したことから始まります。この論文は世界中の様々な言語に翻訳されているため「こちらのページ」で日本語版を読むことも可能です。

サトシ・ナカモトの正体は未だに明らかにされておらず、「特定の個人ではなく複数人のグループである」という意見もあります。

論文公開から約2ヶ月が経過した後の2009年1月3日には、ビットコインのブロックチェーンにおける最初のブロックとなる「ジェネシスブロック」が生成されました。

初のBTC決済「Bitcoin Pizza Day」

ビットコインが決済手段として初めて利用されたのは2010年5月22日で、ビットコイン決済でピザが購入されたことから、毎年5月22日は「ビットコインピザデー」として世界中で祝われています。

BTC決済で取引を行ったのは、当時フロリダに住んでいたプログラマーのラズロー・ハニエツ氏と、ロンドン在住の学生だったジェレミー・スターディヴァント氏で、ラズロー氏が2010年5月18日に「ビットコインフォーラム」というサイトで『10,000BTCをピザ2枚と交換してほしい』と呼びかけたことがきっかけです。

ジェレミー氏はこの要望に応えるために、宅配ピザ店である「Papa Johns」でピザ2枚をクレジット決済で購入、2010年5月22日に購入したピザ2枚をラズロー氏に受け渡して10,000BTCを受け取っています。

なお、当時のBTC価格は0.0025ドル程度であったため、支払われたBTCはピザ2枚の価格とほぼ等しい計算になりますが、BTC価格は2023年11月時点で540万円付近まで上昇しているため、この価格で換算すると540億円相当のBTCをピザ2枚と交換したことになります。

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコイン(BTC)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

ブロックチェーン基盤の分散型通貨

ビットコインの大きな特徴の1つは「ブロックチェーン技術を活用した分散型のデジタル通貨である」という点です。ビットコインは中央銀行や政府に依存することなく、個人間で取引可能なP2Pのネットワーク上で取引されます。

BTCのネットワークは世界中に存在するマイナーによって支えられており、BTCの取引記録は世界中のコンピューターに分散する形で記録されているため、取引履歴の改ざんは極めて困難で、特定のコンピューターが壊れた場合でも別の記録から復元できる仕組みとなっています。

このような仕組みから、ビットコインのような仮想通貨は「特定の組織に依存せずに、安全かつ長期的に運用可能な次世代型のデジタル通貨」として注目されており、現在はビットコインを活用した様々なサービスが世界中で登場してきています。

最大供給量は2,100万BTC

ビットコインの注目すべき特徴としては「BTCの最大発行枚数が2,100万BTCと決められている」という点が挙げられます。ビットコインでは現在もマイニングを通じて少しづつ新しいBTCが発行されていますが、マイニングの難易度は時間の経過とともに上がり、採掘可能なBTCの枚数も減少する仕組みとなっています。

米ドルや日本円などの法定通貨は様々な理由で新規発行されるため、発行枚数が増えれば増えるほど通貨の価値が下がる(物価が上がる)ことになりますが、BTCは供給量が限られているため、需要が高まれば1BTCの価値が高まる仕組みとなっています。

最大供給量が限られているというビットコインの特徴は、通貨としての信頼性を高め、ユーザーに対して将来的な価値の保全を約束しています。これは投資家や長期的なビットコイン保有者にとって魅力的な要素となっており、ビットコインが「金のデジタル版」と呼ばれる理由にもなっています。

約4年に一度訪れる半減期

ビットコインの代表的な特徴の中には「マイニングで取得可能なBTCの枚数が約4年に一度のタイミングで半分になる"半減期"」と呼ばれるものがあります。

半減期とは、ビットコインのマイニングで新規発行されるBTCの枚数が半分になる時期のことであり、新しいブロックが"21万ブロック"生成されるごと(およそ4年周期)に半減期を迎えるように設計されています。

半減期の目的としては「コインの新規発行量を減らすことによって希少性を高めること」や「インフレの発生を抑制して価格の安定化を図ること」などが挙げられます。

半減期は「ビットコイン価格上昇のタイミングを見極めるための重要なイベントの一つ」としても捉えられており、著名アナリストの価格予想などでも頻繁に"半減期"についての言及がみられています。

取引の透明性と匿名性

ビットコインの特徴としては「取引の透明性と匿名性」も挙げられます。ただし、匿名性に関してはこの数年間で状況が変化してきているため注意が必要です。

ビットコインのメインネットで行われた取引履歴は「ブロックチェーンエクスプローラー」と呼ばれるツールを用いて誰でも確認・追跡することができるため、このような特徴からビットコインは「透明性が高い」と言われています。

ただし、このツールでは「送金者の氏名」などを確認することはできず、英数字で構成された「送受信者のウォレットアドレス」や「取引時間・送金額・手数料」などが公開されているため、一定のラインで匿名性が保たれている状態となっています。

しかし、現在は各国の規制などによって、仮想通貨関連サービスで「本人確認手続き(KYC)」が義務化されてきているため、ウォレットアドレスとKYC情報の紐付けによって、ウォレット所有者が判別できるようになってきています。

大手企業などはその影響を受けている代表的な例であり、一部のツールではウォレットアドレスの横に所有者情報が記載されている他、"オンチェーン探偵"と呼ばれる人々によってSNS上で『〜が〜に〜BTCを送金した』といった報告もなされています。

1億分の1単位まで分割できる

ビットコインの魅力の1つには「1億分の1単位まで分割できる」というものもあります。ビットコインには最小単位となるサトシ(satoshi)という単位があり、「1 satoshi=0.00000001 BTC」として換算されます(※SATSと記載されることもあります)。

そのため、暗号資産取引所などでは「0.00001BTC」などの少額からビットコインを購入することも可能で、少額決済を可能にする「ライトニングネットワーク」を活用すれば、サトシ単位の少額送金を行うこともできます。

この特徴は「ビットコインがゴールドよりも優れている理由の1つ」として挙げられるもので、『金は小さく分割するのが困難で、分割するためのコストもかかるが、ビットコインなら簡単に分割して送金できる』と評価されています。

世界中に簡単送金できる国際通貨

ビットコイン(BTC)は、世界中で広く利用されているため「迅速かつ低コストに国際送金できる送金手段」としても注目されています。

ただし現在は「ビットコインよりも速く、安い手数料で国際送金できる仮想通貨」が増えてきているため、送金手段としては魅力的には見えない可能性があります。

ビットコインのメインネットでBTCを送金する場合には数百円〜数千円の手数料がかかる場合があり、ネットワークが混雑している場合には手数料がさらに高騰したり、送金に何時間もかかってしまう場合があるため、そのような点は"解決すべき問題点"として重要視されています。

先述した「ライトニングネットワーク」はそのような"スケーラビリティ問題"と呼ばれる問題を解決することを目指して開発された技術であり、サトシ単位の少額BTCを1円未満の非常に安い手数料で瞬時に送金できるようになっています。

ライトニングネットワークにはまだ複数の問題が残されていますが、現在は世界中で「BTCのライトニング決済」を採用する店舗が増えてきており、技術採用も拡大してきているため、将来的にはBTCを用いた国際送金や支払いが広く普及する可能性があると期待されます。

BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

ビットコイン(BTC)の基本情報

ブロックチェーン名称ビットコイン(Bitcoin)
ティッカーシンボルBTC
取引承認方法プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
ホワイトペーパー公開日2008年10月31日
発行上限21,000,000 BTC
考案者サトシ・ナカモト

BTCのリアルタイム価格・チャート

BTCを取扱う暗号資産取引所

ビットコイン(BTC)は、日本国内の暗号資産取引所を含む世界中の様々な取引所に上場しています。BTCを取り扱っている代表的な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年3月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
コインチェック
ビットバンク
SBI VCトレード
ビットポイント
ビットトレード
OKCoinJapan
LINE BITMAX
Binance Japan
DMMビットコイン
GMOコイン
コイントレード
ビットフライヤー
BTCBOX
Himalaya Exchange Japan
楽天ウォレット
WhaleFin
Zaif
東京ハッシュ
コインベスト

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bithumb(ビッサム)
Coinbase(コインベース)
Kraken(クラーケン)
Bitfinex(ビットフィネックス)
OKX(オーケーエックス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

BTC対応ウォレット

ビットコイン(BTC)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Ledger(レジャー)
Trezor(トレザー)
Trust Wallet(トラストウォレット)
BTC公式サイトウォレットページ

ビットコイン(BTC)関連リンク

ビットコイン公式サイト
ビットコイン公式Reddit
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Blockchain.com)
エクスプローラー(Blockchair)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

SUIを預けて増やす「20日間・年率88.88%」のFlash Deal開催:OKCoinJapan

SUIを預けて増やす「20日間・年率88.88%」のFlash Deal開催:OKCoinJapan

英金融規制当局「仮想通貨広告」の規制を強化|紹介報酬などを禁止

英金融規制当局「仮想通貨広告」の規制を強化|紹介報酬などを禁止

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す