ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

by BITTIMES

「ブロックチェーン」は、暗号通貨市場に関わっている人なら耳にしたことがある単語だと思います。
ブロックチェーンは、ビットコインを実現するための根幹システムとして誕生しました。
「ビットコイン最大の発明はブロックチェーンだ!」
という意見もあるほど、暗号通貨の発明というよりは、ブロックチェーンそのものが、素晴らしい発明で、今後、私たちのライフスタイルを大きく変えるほどの発明品といっても言い過ぎではありません。
では、「何がそこまですごい技術なのか?」を今回のレポートで解説をしていきます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン解説画像

経済産業省:「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を取りまとめました より引用

ブロックチェーンは、「暗号化技術」と「 P2P(ピア・ツー・ピア)」を組み合わせてできたデータベースシステムです。
分散型台帳技術や分散型ネットワークと呼ばれる場合もありますね。
実は、ブロックチェーンに使われている仕組み(暗号化技術・ P2P 」は、昔からある技術です。
分かりやすいのは P2P ですね。
Skype も昔この技術を使っていました。また今は違法性が問題となって無くなりましたが、ファイル共有ソフトの Winny(ウィニー)も P2P を使ったサービスです。
「暗号化技術」と「 P2P 」の 2つを組み合わせて、ブロックチェーンという新しい価値を作ったことが素晴らしい発明なんですね。
ブロックチェーンは理論上、一度書き込まれた情報を変更することができません。
つまり、長期的に運用が行われれば、情報の改ざんなどが不可能であり、通貨や個人情報を取り扱うデータベースとして、非常に優秀なシステムだと言えますね。

ブロックチェーン解説画像
経済産業省:「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を取りまとめました より引用

ブロックチェーンは、ビットコインをはじめとした暗号通貨やフィンテックへの応用をはじめとして、イーサリアムなどは重要書類の保管先としても利用しています。
「情報の改ざんが理論上不可能」
ということからもブロックチェーンは、今後私たちの生活情報の根幹を支える仕組みになっていくはずです。

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説【図解】

ブロックチェーン解説画像
ブロックチェーンの仕組みを理解するには、「ルーズリーフノート」を思い描いていただければその仕組みがわかりやすくなります。
ルーズリーフは、「 1枚の用紙」に、情報を書き込んで、それを大元のバインダーに綴っていきます。
ブロックチェーンは、「 1個のブロック」に情報を書き込んで、それをチェーンのように繋げていきます。
ブロックチェーン解説画像
この 1個のブロックを書き込む作業を「マイニング」と呼び、書き込む人や企業を「マイナー」と呼びます。
ビットコインには、政府や銀行のような中央管理者が存在しないので、彼らマイナーが台帳記録を行なってくれています。
マイニングに関しては下記の記事で詳しく解説を行なっています。
>>「ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ブロックチェーンは皆で管理する仕組み

ブロックチェーン解説画像
frame-illust:http://frame-illust.com/?p=9839より引用

中央管理者が存在しないということは、ブロックチェーンは「皆で管理し合うシステム」だということです。
ビットコインのブロックチェーンは、マイニングに参加しているマイナーがお互いのマイニングマシンで管理しているので、不正・改ざんも行われません。
お互いがお互いの書き込み作業を承認・確認を行っているので、謝って「間違ったデータ」が書き込まれた場合は、そのブロックはチェーンから外されます。
この「お互いに管理する」というシステムで、ブロックチェーンの情報は、より正確な情報を、より安全に書き込み続けていきます。

ブロックチェーンの情報は暗号化されている

ブロックチェーンに書き込まれた取引データなどは、すべて「暗号化」されています。
取引データのことを「トランザクション」と呼びますが、これは、「 AさんがBさんへ 1BTCを送金した。」などの情報のことです。
この取引データは公開されているされているため、世界中の誰でも確認することが可能です。
しかしそのままでは、「個人の資産情報が丸見え」になってしまうので、取引データは、「ハッシュ関数」によって「暗号化」されています。

ハッシュ関数とは?

ハッシュ関数とは、元データを不規則な文字列(ハッシュ値)を生成する関数のことです。
これによりブロックチェーンのデータは、「本人以外は意味のわからないデータ」となっています。
ブロックチェーン解説画像
同じ文字列であれば、同じハッシュ値になりますが、
少しでも文字が変われば全く違うハッシュ値が生成されます。
これによって「どんなデータか?」を追跡することが不可能となっています。これを「不可逆性」と言います。
ブロックチェーンのデータには、ハッシュ関数によって暗号化された取引データ(トランザクション)と直前のブロックデータのハッシュ値が含まれています。
直前のハッシュ値と「ナンス値」という特別な数字を見つけ出すことにより前のブロックデータとの整合性を取ることが可能となり、整合性が取れたブロックは「追加しても良いよ」という状態になります。
こうして、ブロックチェーンへ新たに追加される流れを「承認」といいます。

情報がすべて公開されているから不正が無い

このようにハッシュ値によって暗号化された情報は、「誰のもの」かは分からないようになっています。
しかし、「このデータを持っている人が何をしたのか」は分かるようになっているのがポイントです。
「誰かが、誰かに、1BTC送金した」
ことは分かっているので、不正や改ざんをすれば、過去のブロックチェーン情報との整合性が取れなくなり、その取引は無効となります。
「誰か」の情報は「本人にしか」分からない仕組みになっているわけですね。
ちなみに、ビットコインであれば、「誰か」の情報は「公開キー」と言い。
「本人にしか分からない個人が特定できる情報」を「秘密キー」と言います。

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】のまとめ

ブロックチェーン解説画像
ブロックチェーンには、
・「非中央集権を運用することができる」
・「暗号化によって秘密性の高い情報」
・「データの改ざんが理論上不可能」
・「低コストでシステムを運用できる」
などのメリットが存在します。
まだ金融業界でしかほぼ使用されていませんが、インターネットプロバイダサービスから食品管理・顧客情報管理までブロックチェーンで行うプロジェクトが次々と立ち上がってきています。
ブロックチェーンは、将来的には AI と同じように、私たちの生活に深く関わってくるシステムとなっていくでしょう。
重要関連記事
>>「ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ビットコイン・イーサリアム支払い限定で購入可能Black Alligator SUV

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

ビットコイン価格50万円へ!「3年で220万円」が現実味を帯びた

ビットコイン価格50万円へ!「3年で220万円」が現実味を帯びた

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始

mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

仮想通貨取引所coinbase(コインベース)が日本進出

仮想通貨取引所coinbase(コインベース)が日本進出

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す