カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano)ロードマップが4月5日に更新されています。今回のアップデートでは正式にいくつかの新機能が実装されているとのことです。更新された内容を各項目ごとに紹介します。

ペーパーウォレットの導入

Paper Wallets-4ペーパーウォレット証明書

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)を、オフラインの状態で安全に管理できる媒体機能であるペーパーウォレットの導入に関する情報が更新されています。

ペーパーウォレットの導入は、ユーザーにエイダコインの保護方法の一つとして「オフラインコールドストレージ」という選択肢を与えます。

これにより、ユーザーはエイダコインをオフラインで安全に蓄積し受け取ることができ、長期の通貨デポジットのためにペーパーウォレットを使い、自身のウォレットと秘密鍵をオフラインで保管することができます。

ウォレットアドレスを含む印刷可能なペーパーの証明書があるとユーザーはオフラインウォレットにエイダを送り続けることができます。

このペーパーウォレットはダイダロスで発行することができ、対量子コンピュータ電子署名方式を利用して生成されるため、将来量子コンピュータが普及した場合でも、ユーザーの資産を保護することができます。

Ledgerウォレットの導入

Ledger Nano S

Cardanoの開発チームは、ユーザーがエイダコインをオフラインで安全に保持できるように、ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」のサポートを構築しています。

このアップデートの第1段階では、Ledgerデバイス自体で稼働することができるCardanoアプリケーションを作成しています。この段階は現在までに、ブロックチェーンの主要コンサルティング企業であるメタルエアとのパートナーシップにおいて完了したとのことです。

この新しいプロジェクトは、既存のADAウォレットであるDaedalus(ダイダロス)のソリューションとのさらなる統合を目指しています。

アップデートが完了すると、Cardanoユーザーは利便性が高く安全なコールドストレージプロセスを使用してADAをオフラインで保持することができます。

アカウントモデル

UTxOスタイルを使用する台帳とアカウントベースのアカウントモデルを使用する台帳の間で価値を常に動かすことで、両方の方法とその関係性に形式的な理解を深めていくことができます。

ブロックチェーン上でのファンド把握方法はさまざまです。
ビットコイン(BTC)が用いるアカウンティングの未使用トランザクションアウトプット(UTxO)スタイルやイーサリアム(ETH)が用いるアカウントベーススタイルがあります。

カルダノでは、さまざまなレイヤーがさまざまなアカウンティングのスタイルを導入しようとしています。

決済レイヤー(メインチェーン)はUTxOアカウンティングを使用し、IELE仮想マシンに基づくコンピューテーションレイヤー(サイドチェーン)ではアカウントベースのスタイルを使用します。

すべての要求に応じるために、必要に応じてこれらのスタイル間の切り替えを行うメカニズムが提供される予定となっています。
各アカウンティングスキームの形式的定義に基づいてこのような理解を深めることで、相互にシミュレーションできるという意味での、それらの等価性を建設的に証明します。

アカウンティングスキーム設計への取り組みは、さまざまな仮想マシン(VMs)上で稼働するスマートコントラクトのなかで、ユーザーは、ただ1つの暗号通貨を使用するということです。

仮想マシン自体はバックグラウンドでのトランザクション処理のために、さまざまなアカウンティング・モデルスタイルを利用するでしょう。

Plutus Coreの実装

Plutus Coreは、現在使用されている最もシンプルで安全なプログラミング言語の1つです。
Plutus Core言語が完成し、カルダノの決済レイヤー及びコンピュテーションレイヤーに組み込まれます。

カルダノ決済レイヤーの理念は、物事をシンプルかつ安全に保つことです。
決済レイヤーはこの理念に従って、スクリプトとブロックチェーンの間で極めてシンプルな相互作用のみを有する、シンプルなスクリプト言語のみを使用します。

使用する言語はPlutus Coreであり、この言語は表現力が豊かである反面、シンプルで安全です。
Plutus Coreは、純粋関数型プログラミング等のプログラミング言語理論の十分に理解されている考えに基づくものであるため、スクリプトの正確性を保証する検証技術を行うことができます。

Plutus Coreは、プログラマーが直接書くようには設計されていないものであり、Plutus言語を含むコンパイラのターゲットとなるように設定されています。

Plutus Coreは、カルダノのコンピュテーションレイヤーにおいても使用され、直接又はIELEを通して実行されます。
これによってPlutusコアは、ブロックチェーンと更に豊富な相互作用を有し、これにより高機能なスマートコントラクトでのPlutus Coreの使用が可能になります。

IELE仮想マシンの開発

新しいバージョンのIELE仮想マシンは、より高度な言語を翻訳してスマートコントラクトを実行できる、より低レベルの統一されたプラットフォームとして機能します。

この更新された仮想マシンは、すべての言語にわたって均一なガスパラダイムを提供します。
つまりIELE仮想マシンでは、セキュリティで保護されたスマートコントラクトの作成がはるかに簡単になります。

(引用:カルダノロードマップ

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は?

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、1ADA=約15円前後となっています。

2018年に入ってすぐの仮想通貨全体の下落の中でも一番価格が下がった通貨であるエイダコインは、15円前後で停滞している状態が続いています。

エイダコインはBINANCEで購入することができます。
>>Binance

カルダノエイダコインの詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す