日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

by BITTIMES   

日本銀行の雨宮正佳副総裁は、「IMF・金融庁・日本銀行共催 FinTech(フィンテック)コンファレンス」の挨拶の中で、日本銀行は欧州中央銀行と協力し「Project Stella」に取り組んでいることを述べた上で、現時点で独自の仮想通貨の発行についてどのように考えているかを語りました。

独自のデジタル通貨がもたらす影響

日本銀行の雨宮正佳副総裁は、中央銀行が自らデジタル通貨を発行した場合、現在の金融システムに大きな影響を及ぼす可能性があると指摘しました。

雨宮副総裁によると、日本銀行を含めた多くの中央銀行は、決済手段の濫立やそれに伴う混乱に対処するために誕生し、銀行券および中央銀行預金というファイナリティのある「中央銀行マネー」を一元的に供給する役割を与えられており、このような近代的な通貨制度は、中央銀行と民間銀行との「二層構造」を特徴としているとのことです。

中央銀行の登場により「数多くの支払決済手段の信頼性をいちいち調べなければいけない状況」から脱却することができたことで、支払決済システムにおける情報処理コストが大きく低減し、資金の効率的配分にも貢献してきたことから、中央銀行と民間銀行による二層構造は、通貨制度の安定性と効率性を両立させる歴史的知恵であったと説明しています。

中央銀行が自らデジタル通貨を発行した場合、一般の家計や企業が中央銀行に直接口座を持つことになるため、これらの二層構造や、民間銀行を通じた資金仲介などに、大きな影響を及ぼす可能性があるとのことです。

また現在中央銀行は、支払決済システム全体の安定に必要な情報については、大口決済システムを通じて把握することができますが、「誰が何を買ったのか」といった取引情報の活用に関しては、自らの口座へのアクセスを銀行等に限定することで民間に委ねているとのことで、中央銀行によるデジタル通貨の発行は、こうした情報利用の構造にも影響を与える可能性があるとのことです。

このようなことから、雨宮副総裁は次のようにも述べています。

情報技術の進歩に伴い、通貨制度や中央銀行インフラのあるべき姿、経済活動に付随する情報の活用のあり方といった根源的な問題が正面から問われることとなるでしょう。

日銀独自のデジタル通貨について

日本銀行は、2016年に「FinTechセンター」を設立しイノベーションやフィンテックに関する取り組みを積極的に進めており、欧州中央銀行と協力してブロックチェーンの証券決済への適用可能性を共同研究する「Project Stella」に取り組んでいますが、日本銀行独自のデジタル通貨を発呼する計画は今のところないとのことです。

日本銀行は現時点で、自ら中央銀行デジタル通貨を発行する計画は持っていません。

しかし、中王銀行が最善のインフラを提供するために、不断の取り組みを続けていくことが重要であるとも述べています。

新しい技術については、支払決済や金融の安定への影響といった視点に加え、これらを自らのインフラ改善にどのように役立てていくことができるかといった観点からも、深く理解していく必要があると考えています。

中央銀行自身がイノベーションへのアンテナを鋭敏に保つとともに、経済社会にとって最善のインフラを提供していく取り組みを不断に続けていくことが重要です。

(引用:boj.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

一般社団法人「メタバースジャパン(Metaverse Japan/MVJ)」設立

一般社団法人「メタバースジャパン(Metaverse Japan/MVJ)」設立

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

仮想通貨専用ホテル・旅館予約サイト「CRYPTO HOTELS」公開|国内外60万軒以上を掲載

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

OpenSea:ミキシングサービス「Tornado Cash」利用者をブロックか

OpenSea:ミキシングサービス「Tornado Cash」利用者をブロックか

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す