日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

by BITTIMES   

日本銀行の雨宮正佳副総裁は、「IMF・金融庁・日本銀行共催 FinTech(フィンテック)コンファレンス」の挨拶の中で、日本銀行は欧州中央銀行と協力し「Project Stella」に取り組んでいることを述べた上で、現時点で独自の仮想通貨の発行についてどのように考えているかを語りました。

独自のデジタル通貨がもたらす影響

日本銀行の雨宮正佳副総裁は、中央銀行が自らデジタル通貨を発行した場合、現在の金融システムに大きな影響を及ぼす可能性があると指摘しました。

雨宮副総裁によると、日本銀行を含めた多くの中央銀行は、決済手段の濫立やそれに伴う混乱に対処するために誕生し、銀行券および中央銀行預金というファイナリティのある「中央銀行マネー」を一元的に供給する役割を与えられており、このような近代的な通貨制度は、中央銀行と民間銀行との「二層構造」を特徴としているとのことです。

中央銀行の登場により「数多くの支払決済手段の信頼性をいちいち調べなければいけない状況」から脱却することができたことで、支払決済システムにおける情報処理コストが大きく低減し、資金の効率的配分にも貢献してきたことから、中央銀行と民間銀行による二層構造は、通貨制度の安定性と効率性を両立させる歴史的知恵であったと説明しています。

中央銀行が自らデジタル通貨を発行した場合、一般の家計や企業が中央銀行に直接口座を持つことになるため、これらの二層構造や、民間銀行を通じた資金仲介などに、大きな影響を及ぼす可能性があるとのことです。

また現在中央銀行は、支払決済システム全体の安定に必要な情報については、大口決済システムを通じて把握することができますが、「誰が何を買ったのか」といった取引情報の活用に関しては、自らの口座へのアクセスを銀行等に限定することで民間に委ねているとのことで、中央銀行によるデジタル通貨の発行は、こうした情報利用の構造にも影響を与える可能性があるとのことです。

このようなことから、雨宮副総裁は次のようにも述べています。

情報技術の進歩に伴い、通貨制度や中央銀行インフラのあるべき姿、経済活動に付随する情報の活用のあり方といった根源的な問題が正面から問われることとなるでしょう。

日銀独自のデジタル通貨について

日本銀行は、2016年に「FinTechセンター」を設立しイノベーションやフィンテックに関する取り組みを積極的に進めており、欧州中央銀行と協力してブロックチェーンの証券決済への適用可能性を共同研究する「Project Stella」に取り組んでいますが、日本銀行独自のデジタル通貨を発呼する計画は今のところないとのことです。

日本銀行は現時点で、自ら中央銀行デジタル通貨を発行する計画は持っていません。

しかし、中王銀行が最善のインフラを提供するために、不断の取り組みを続けていくことが重要であるとも述べています。

新しい技術については、支払決済や金融の安定への影響といった視点に加え、これらを自らのインフラ改善にどのように役立てていくことができるかといった観点からも、深く理解していく必要があると考えています。

中央銀行自身がイノベーションへのアンテナを鋭敏に保つとともに、経済社会にとって最善のインフラを提供していく取り組みを不断に続けていくことが重要です。

(引用:boj.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

韓国全ての暗号資産取引所「9月に閉鎖される可能性」規制当局が警告

韓国全ての暗号資産取引所「9月に閉鎖される可能性」規制当局が警告

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

注目度の高い仮想通貨ニュース

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す