Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

by BITTIMES   

Miner Oneは、成層圏35,000メートル以上に仮想通貨のマイニングマシンを搭載した水素風船を打ち上げました。 これは、今年のビットコインが35,000ドルに達するという予測に合わせて意図的に選んだ高さであるとのことです。

マイニングマシンを宇宙に打ち上げる試み

Miner Oneは仮想通貨全体の価格が上昇を続ける中、ビットコインの価格が月に届くほど上昇するという予測をたてるとともに、実際にビットコインを宇宙に送り出しています。

ビットコイン(BTC)が大きな期待を保っている理由を、Miner OneのCEOであるPranasSlušnys氏は次のように説明しました。

「ブロックチェーン技術の世界で最も一般的で実績のあるアプリケーションであり続けるため、ビットコインは好調です。最近の市場の低迷にもかかわらず、我々は関心と採用を増やしている」

Space Miner Oneと呼ばれるこのプロジェクトには、ラズベリー・パイ/バッテリー/衛星トランスミッタ/GoPro Hero 5などの他に、物理的なBitcoinを1人の幸運な勝者に賞金を与えるプロモーション・ウェディングステッドが搭載されたリグなども含まれていました。
またこの衛星は極端な温度から保護するための保護層を装備していました。

地面から100,000フィートに達した後、空気圧が低下しSpace Miner Oneが直径2.2メートルから10メートルに拡大しました。
リグがこの高度に当たったときに、バルーンが破壊されパラシュートを展開して地球に戻ってきます。
衛星送信機を使用してクルーは機体とそのデータを直ぐに回収しました。

宇宙でのマイニングがもたらす利点とは?

この宇宙でマイニング(採掘)を行うという試みはまだまだ新しい概念です。成層圏での仮想通貨マイニングは、凍結温度や豊富な太陽エネルギーなどの利点を活用することができます。

昨年、ビットコインの開発者であるピーター・トッド氏は、これらの利点について次のようなコメントをのこしています。

「電気などよりもブロックの形で地球に戻ってスペースに集めビーム太陽光発電にたくさん安いです。」

宇宙でマイニングを行うための太陽電池パネルは、成層圏の低温で機能したそうです。
ミッションはわずか330Mh/sの鉱山ハッシュレートで2.5時間続いたとのことです。
Miner OneのPRスタントはビットコインの宇宙時代の始まりを感じさせます。

(引用:https://www.minerone.io

上昇を続けるビットコイン

ビットコイン(BTC)の価格は再び100万円を突破しており、その価格を定着させつつあります。

Miner Oneが予想する35,000ドル(約385万円)に到達する日は、そう遠くないのかもしれません。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

米SEC「仮想通貨投資は非常にリスクが高い」と警告|現物ETF承認のサインと捉える人も

米SEC「仮想通貨投資は非常にリスクが高い」と警告|現物ETF承認のサインと捉える人も

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す