暗号資産取引所「Phemex」がわずか3年で数百万人のユーザーを獲得した理由

by BITTIMES

暗号資産取引所「Phemex」急成長の理由は?

伝統的な金融の長所と新しい技術を組み合わせた暗号資産取引所「Phemex(フェメックス)」は、3年という短い期間で世界最大のプラットフォームの1つになりました。なぜこのようなことが起こったのでしょうか?そして、今後どのような可能性が開けるのでしょうか。

Phemex(フェメックス)という名前は、群衆の声を擬人化したギリシャ神話の女神「Fema」と、商取引を意味する「mex」に由来しています。このプラットフォームは、米国最大の投資銀行の一つである「Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)」の元トップマネージャーによって設立されました。彼らは、従来の金融業界が不合理な手数料と非効率性に苦しみ、結局は裕福な顧客の利益にしかつながっていないことに気づいたのです。そこで、彼らは新しいビジネスの名前に『選ばれた人たちだけでなく、全ての人々に経済的自立を達成する機会を提供する』という目標を反映させました。

2019年に設立されたPhemexの1日の最高取引高は現在120億ドル(2022年7月時点で約7,500億ルーブル)を超えており、フォーブスによる世界の暗号資産取引所の格付けにも掲載されています。Phemexは市場のニーズを正しく検証したおかげで、躍進することができたのです。創設当時、暗号資産取引にアクセスできるプラットフォームは、技術的な信頼性や安全性に欠けるものでした。仮想通貨の価格上昇に伴い取引所での取引量も増加しましたが、負荷に対応できず、障害が頻発し、投資家を失望させる結果となりました。同時に、取引所ユーザーが暗号資産を保管するウォレットのハッキングが頻繁に報告されたことによって、暗号資産業界の権威は失墜しました。このように、市場には一般に認められた基準がないため、潜在的な可能性があるにもかかわらず、投資家はデジタル通貨市場から遠ざかっています。

Phemex-PR-01

Phemexは、従来の金融会社のソリューションを導入して信頼できるプラットフォームを構築しており、「信頼性・安全性・効率性」という3つの重要な原則を大切にしています。信頼性の面では、ウォール街出身チームの豊富な経験に基づいて、顧客の資産運用にプロフェッショナリズムを浸透させています。また会社自体は、デジタル資産業界を積極的に支援している安定した金融の中心であるシンガポールに拠点を置いているため、地政学的な制裁が業務に影響を与えることはまずありません。Phemexのエコシステムは、反マネーロンダリングサイトを監視する「Chainalysis(チェイナリシス)」の認証要件を満たしています。つまり、ユーザーは「"クリーンな資金"で信頼できる売り手と取引していること」を確信できるのです。

セキュリティに関しては、プラットフォームを途切れることなく運用するために「システムの負荷テスト」が実施されており、カスタマーサービスも24時間365日利用できるようになっています。全ての資産はコールドウォレットまたはオフラインで保管され、出金依頼もオフライン署名を通じて処理されます。同取引所は『資産へのアクセスキーの安全な保管』という問題に注目を集めるため、2.1BTCつまり2019年の為替レートで約2万ドル(約130万ルーブル)を費やしたコンペを開催しました。

Phemexチームは最終的に、大手投資銀行のように「1秒間に30万件の取引を処理できる高性能な取引エンジン」を構築しました。これによって、市場のボラティリティが高い時期にも取引所をスムーズに運営して高い流動性を維持することができるようになったPhemexは、1日の取引高が100億ドル以上にものぼる取引を処理しています。

Phemexは現在、世界200カ国以上で約200万人のアクティブユーザーを抱えています。いくつかのマーケットでは個人投資家や機関投資家が24時間サービス利用できるようになっています。これは、135のデリバティブ契約を持つ先物市場です。このマーケットでの取引は、最大100倍のレバレッジで行うことができます。また、252の通貨ペアを持つ現物マーケットもあります。

Phemex-PR-02

また、Phemexは取引をより便利にするために、1人のオーナーが複数のアカウントを持つことができる「サブアカウント」を作成することができる環境をユーザーに提供しています。これは、異なる資産に投資したり、複数の取引戦略を同時に行う場合に便利です。機関投資家はこの機能を利用して同じ口座で複数の取引者を分けています。

Phemexは、新規ユーザーに対しても「取引ボーナス・取引手数料のキャッシュバック」さらに「新規顧客の獲得と引き換えに取引手数料の割引が得られる紹介プログラム」など多くのメリットを提供しています。また、暗号資産やブロックチェーン技術に関する400もの記事を掲載したアカデミーも投資家に提供されています。さらに、実際の取引に移行する前にマーケットシミュレーターで知識を定着させることもできます。

本プラットフォームは、パッシブインカムプログラムを積極的に展開しています。ユーザーは自分の暗号資産に利息をつけてプラットフォームに提供することによって、安定した利益を得ることができます。最初の入金と利息はいつでも引き出すことができるため、最小限のリスクで収入を得ることができます。また、取引所のローンチプール機能によって「ステーキング」にアクセスすることもできます。これもパッシブインカムの一種であり、ユーザーは自分のウォレットに暗号資産を保管することによって報酬を受け取ることができるようになっています。収入の割合は、選択したコインと所有期間によって異なります。この報酬は、システムの参加者がステーキングプロセスに関与することを促し、それによってブロックチェーンの効率性を確保するものです。

さらにユーザーは「Phemex Launchpad」と呼ばれるサービスを利用することによって、仮想通貨取引所が管理する新規仮想通貨公開「IEO(The Initial Token Offering)」を介して新しいトークンに低価格でアクセスすることができます。Phemexは、GameFi・DeFi・Metaverseなどの分野で初期段階にある高品質のブロックチェーンプロジェクトと連携しています。

また、メタバースとNFT産業の発展を注視し「AXS・MANA・NPP・SAND・SLP」といった資産の上場を通じて、これらのセグメントの成長に貢献しています。

Phemexは、取引所の機能に対する人々の認識を高め、新規ユーザーの仮想通貨についての学習と理解を促すために、世界最高のサッカー選手の一人であるKevin De Bruyne(ケビン・デ・ブルイネ)選手を大使として招聘しています。もう一つの取り組みは「Phemex学生基金」です。Phemex学生基金は暗号資産・ブロックチェーン・Web3の分野で優秀な学生に奨学金を提供しています。 Phemexは、インターネットの新世代を支援し、ブロックチェーンとトークンエコノミーへのさらなる取り組みに尽力しています。

Phemexで最も人気のある機能を体験してみましょう!


Phemexの契約取引は1年足らずで「世界の暗号資産デリバティブ取引所のトップ10」にランクインしており、それ以来も一貫してトップ5内に留まっています。世界中の500万人を超える取引所のユーザーのかなりの割合が、これらの金融商品を利用して、洗練された取引と収益性の高い取引を行っています。

ユーザーがトークンの売買しかできないスポット市場とは異なり、無期限契約では「空売り」が可能です。ユーザーはどちらの方向にも動くトークンの価格に賭けることができるため、ユーザーは価格が下がった場合でも利益を得ることができます。Phemexの無期限契約は、追加の開始資本(証拠金)を必要とせずに、レバレッジまたは約100倍まで利益を倍増させる機能と共に使用することもできます。ただし、悪用するとリスクが増大する可能性があるため、上級ユーザーにはレバレッジをお勧めします。最後に、Phemexは「線形契約」と「逆契約」の両方を提供します。

これは、選択したペアについて「利益を米ドルで受け取るか、BTCのような特定のトークンで受け取るか」を選択できることを意味します。価格が下落している場合は、利益を米ドルを受け取ることによって収益の法定通貨価値を固定することが可能です。一方、価格が上昇している場合にビットコインで利益を受け取ると、受け取るBTCの価値が上昇し続けるため追加のメリットが得られます。

Phemexはこのような「柔軟なツール」と「信じられないほど堅牢で応答性の高い取引エンジンAPI」を備えているため、Phemexが多数のトレーダーと非常に流動的な市場を有しているのも不思議ではありません。取引所の登録プロセスも非常に簡単です。取引所のアカウントは、メールアドレスと簡単なKYCだけで数分で作成できます。Phemexで利用可能な無数の方法を使用して暗号資産を入金/購入したら、それを選択した契約取引アカウントに転送することによって、取引の旅を開始することができます。

【問い合わせ】
Phemex公式サイト

【日本語対応コミュニティ】
TwitterTelegramInstagramYoutube


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ

OKCoinJapan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

米資産運用大手「BlackRock」ビットコイン(BTC)の私募投信を発表

米資産運用大手「BlackRock」ビットコイン(BTC)の私募投信を発表

SBI VCトレード:イーサリアム「The Merge・ETHW」の対応方針を発表

SBI VCトレード:イーサリアム「The Merge・ETHW」の対応方針を発表

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す