Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

by BITTIMES   

Huobi.pro(フォビ)が発行している仮想通貨Huobi Token(HT)の価格はここ数日で順調に上昇しています。そんなフォビトークンの成長を支える主な理由について紹介します。

HuobiToken(HT)の価格推移

仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は着々とその規模を拡大していますが、それと同時に独自に発行している仮想通貨であるHuobi Token(HT)の価格もここ最近で大きく上昇しています。

Huobi Token(HT)のチャートHuobi Token(HT)のチャート(coingecko.comから)

今年の4月末に200円前後で取引されていたHuobi Tokenは、その後順調に上昇し現在は600円台目前まで迫っています。

過去24時間では13%近く上昇しており、14日間では100%、30日間では190%の上昇を記録しています。

BinanceCoin(BNB)との比較

HTは仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が発行しているBinance Coin(BNB)に似た特徴を持っています。

BNBもまた、発行当初は200円前後で取引されていました。
しかしその後のバイナンスの成長に伴い大きく価格を上昇させ、一時は2,755円という高値を記録しています。

Binance Coin(BNB)のチャートBinance Coin(BNB)のチャート(coingecko.comから)

その後は大きく下落しましたが、再び回復し現在は1,600円前後で取引されています。

フォビトークンの特徴

取引手数料の割引

これらのトークンの大きな特徴は、トークンを使用することで取引手数料の割引を受けることができるという点です。

Huobi Token(HT)を使用すれば、Huobiでの取引手数料を最大で50%も安くすることができます。
割引を受けるにためには、HTでVIPに申し込む必要があり、使用するHTの量で割引額が変動します。

ランク必要なHT割引率
VIP1120HT10%
VIP2600HT20%
VIP31,200HT30%
VIP46,000HT40%
VIP512,000HT50%

四半期毎の買い戻し

Huobiは四半期毎に利益の20%で、Huobi Token(HT)の買い戻しを行います。
買い戻されたHTはバーン(焼却)されるのではなく、ユーザー保護のための準備金として使用されます。

買い戻し後のHTは市場に出回る枚数が減ることによって、必然的に価値が上昇することになります。

新規上場通貨の投票に使用する

Huobiでは新しく上場する仮想通貨が決定する際に、ユーザーがHTを使って投票することができます。

このサービスもバイナンスと同じで一定期間に行われる募集の際に、ユーザーは自身のフォビトークンを使って、今後Huobiに取り扱って欲しいプロジェクトに投票することができます。

世界各国に進出するHuobi.pro

Huobi.pro(フォビ)は、2018年に入ってからイギリスのロンドンやカナダへの進出を発表しています。
日本語にも対応しており、規制の厳しいイギリスにも進出していることなどからも、今後もHuobiの事業拡大がさらに進むことが予想されます。

Binance Coin(BNB)ほどの価値になるかどうかはわかりませんが、期待できるプロジェクトの一つであることは間違いないでしょう。

Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)の登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

Huobi.proの登録方法を画像付きで詳しく解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

韓国釜山で人気の海水浴場「海雲台ビーチ」で仮想通貨決済が可能に

韓国釜山で人気の海水浴場「海雲台ビーチ」で仮想通貨決済が可能に

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す