Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

by BITTIMES

Huobi.pro(フォビ)が発行している仮想通貨Huobi Token(HT)の価格はここ数日で順調に上昇しています。そんなフォビトークンの成長を支える主な理由について紹介します。

HuobiToken(HT)の価格推移

仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は着々とその規模を拡大していますが、それと同時に独自に発行している仮想通貨であるHuobi Token(HT)の価格もここ最近で大きく上昇しています。

Huobi Token(HT)のチャートHuobi Token(HT)のチャート(coingecko.comから)

今年の4月末に200円前後で取引されていたHuobi Tokenは、その後順調に上昇し現在は600円台目前まで迫っています。

過去24時間では13%近く上昇しており、14日間では100%、30日間では190%の上昇を記録しています。

BinanceCoin(BNB)との比較

HTは仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が発行しているBinance Coin(BNB)に似た特徴を持っています。

BNBもまた、発行当初は200円前後で取引されていました。
しかしその後のバイナンスの成長に伴い大きく価格を上昇させ、一時は2,755円という高値を記録しています。

Binance Coin(BNB)のチャートBinance Coin(BNB)のチャート(coingecko.comから)

その後は大きく下落しましたが、再び回復し現在は1,600円前後で取引されています。

フォビトークンの特徴

取引手数料の割引

これらのトークンの大きな特徴は、トークンを使用することで取引手数料の割引を受けることができるという点です。

Huobi Token(HT)を使用すれば、Huobiでの取引手数料を最大で50%も安くすることができます。
割引を受けるにためには、HTでVIPに申し込む必要があり、使用するHTの量で割引額が変動します。

ランク必要なHT割引率
VIP1120HT10%
VIP2600HT20%
VIP31,200HT30%
VIP46,000HT40%
VIP512,000HT50%

四半期毎の買い戻し

Huobiは四半期毎に利益の20%で、Huobi Token(HT)の買い戻しを行います。
買い戻されたHTはバーン(焼却)されるのではなく、ユーザー保護のための準備金として使用されます。

買い戻し後のHTは市場に出回る枚数が減ることによって、必然的に価値が上昇することになります。

新規上場通貨の投票に使用する

Huobiでは新しく上場する仮想通貨が決定する際に、ユーザーがHTを使って投票することができます。

このサービスもバイナンスと同じで一定期間に行われる募集の際に、ユーザーは自身のフォビトークンを使って、今後Huobiに取り扱って欲しいプロジェクトに投票することができます。

世界各国に進出するHuobi.pro

Huobi.pro(フォビ)は、2018年に入ってからイギリスのロンドンやカナダへの進出を発表しています。
日本語にも対応しており、規制の厳しいイギリスにも進出していることなどからも、今後もHuobiの事業拡大がさらに進むことが予想されます。

Binance Coin(BNB)ほどの価値になるかどうかはわかりませんが、期待できるプロジェクトの一つであることは間違いないでしょう。

Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)の登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

Huobi.proの登録方法を画像付きで詳しく解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ICE CEO:Bakktは「大きな可能性を秘めた賭け」サービス開始2019年後半か

ICE CEO:Bakktは「大きな可能性を秘めた賭け」サービス開始2019年後半か

公共サービスへのブロックチェーン活用を推進「ガバナンスチーム」発足:韓国・ソウル

公共サービスへのブロックチェーン活用を推進「ガバナンスチーム」発足:韓国・ソウル

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

決済アプリへの「Lightning Network」統合近い|Twitter CEOビットコインの魅力を語る

決済アプリへの「Lightning Network」統合近い|Twitter CEOビットコインの魅力を語る

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

CBOE:SECにビットコインETF「上場申請を再提出」VanEck社CEOは強気姿勢

CBOE:SECにビットコインETF「上場申請を再提出」VanEck社CEOは強気姿勢

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す