旧勢力と新勢力:イーサリアムとビットコインが爆発する中、ビッグアイズコインは彼らと共に頂点に立てるのか?

by BITTIMES

今週、仮想通貨コミュニティでは多くの興奮が沸き起こっています。長かった仮想通貨の冬の後、ついに良いニュースが届きました。仮想通貨市場の"旧勢力"であるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の価格と時価総額が大幅上昇したのです。

イーサリアム(ETH)は先週だけで20%近く上昇しています。ビットコイン(BTC)は8%近く上昇し、2万ドルの大台を突破した。

歴史的にはこれらの巨大な主要コインの価格が急上昇すると、市場の他のコインも上昇する傾向があります。古くから「上げ潮はすべての船を持ち上げる」と言われているように、その他多くのコインもこれらの先輩コインの急成長に追随しています。

興奮と利益の嵐の中で、新たなミームコインが暗号資産の世界に力強く登場しました。ビッグアイズコイン(BIG)はミームコインのニッチな部分を席巻しているトークンです。

なぜ旧勢力はこれほど強く回復してきたのでしょうか?そしてそれは仮想通貨業界に新規参入した人々にとって何を意味するのでしょうか?続きを読んでその答えを見つけてください。

老犬

様々な要因が重なってベテランの暗号資産が成層圏に送り込まれました。価格上昇の大きな要因の1つは「イギリスの新首相リシ・スナク氏が仮想通貨を含むデジタル資産を国の将来の経済戦略の主要な柱とする可能性のある法律の土台を築いたこと」です。

スナク氏は『英国を暗号資産技術の世界的なハブにすることが私の目標だ』と述べています。主要な西側諸国を率いる重要な政治家からのこのような認識は、仮想通貨コミュニティにとって大きな前進です。

仮想通貨市場が低迷から回復したもう1つの要因はカナダ銀行からのニュースでした。アナリストは同銀行が金利を大幅に引き上げると予想していましたが、意外なことに「わずか50ベーシスポイント」という非常に控えめな引き上げを発表したのです。これは一般的に金融業者にとっては朗報でしたが、仮想通貨経済にも波及効果をもたらしました。

仮想通貨市場にプラスの影響を与えたもう1つの要因は「イーサリアム(ETH)マージ」です。この技術的な大改革が開始されたことによって、イーサリアム(ETH)の取引速度の向上・消費電力の削減・手数料や税の最小化などが実現しました。

イーサリアム(ETH)チームのこうした努力が実を結び始めているのかもしれませんが「ビットコイン(BTC)の価値が上昇するとイーサリアム(ETH)の価格も上昇する」ということを忘れてはいけません。ETHの価格急騰は単純にビットコイン(BTC)のトリクルダウン効果によるものなのかもしれません。

新たな芸

上述した伝統的な2つの代表的な暗号資産とは価値も意図も大きく異なるプラットフォームがあります。ビッグアイズコイン(BIG)は他の市場が享受している価格上昇と時を同じくして、完璧なタイミングで参入しています。

このミームコインの可能性を調べてみると、気に入る点がたくさんあります。このプラットフォームでの取引はすべて非課税で、手数料もゼロです。初期流動性プールは2年間ロックされ、一定の安定性が保証されます。また、トークンの配分にはマーケティング予算や慈善寄付のための規定があります。

さらに、ビッグアイズコイン(BIG)のチームはトークンのコントラクトが「Solidity Finance」によって監査されていることを報告しています。チームメンバーも「CoinSniper」によって検証されています。

この印象的な機能のリストによるものなのか、それとも市場の一般的な上昇傾向によるものなのかは不明ですが、いずれにせよビッグアイズコイン(BIG)は投資家の間で大きな波を起こしています。このコインはプレセール段階の資金調達で900万ドルという素晴らしいを金額を記録しています。

BigEyesCoin

最後のまとめ

仮想通貨市場で最も大きな2つのトークンを保有している人々は祝杯をあげるべきですが、最近の良いニュースの波は、仮想通貨エコシステムに新規参入した人々のための余地がまだあることを確実に示しています。

すべての仮想通貨投資家は主要コインの価格上昇から恩恵を受けていますが、これはゲームに参加する絶好の機会でもあります。利益率と消費者の信頼が高まる中で、ビッグアイズコイン(BIG)のような新しいプロジェクトは仮想通貨のトップランキングで上位にランクインする舞台を整えています。

もしも投資するのであれば、早期参入するのに最適な時期でもあります。プロジェクトのプレセールの一貫として、ビッグアイズコイン(BIG)のトークンを購入する場合は「BEYES517」のコードを使用することによって5%の追加トークンを請求することができます。

以下のリンクをクリックすると、ビッグアイズコイン(BIG)の詳細を確認することができます。

ビッグアイズコイン(BIG)
ウェブサイト:https://bigeyes.space/
テレグラム:https://t.me/BIGEYESOFFICIAL
ツイッター:https://twitter.com/BigEyesCoin


免責事項:この記事は「Big Eyes」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

Chiliz&Socios:試合で使用された本物のグッズを提供する「GameUsed」を発表

Chiliz&Socios:試合で使用された本物のグッズを提供する「GameUsed」を発表

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す