リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

by BITTIMES   

SEC(米証券取引委員会)がリップルに対して起こした訴訟は続いており、人気仮想通貨の将来は不透明のままです。訴訟は2020年末に始まり、終わりの目処がつかないまま2023年にもつれ込みそうな状態となっています。

リップルが不安定な動きを見せるなか、注目を集める新しいプラットフォームMetacede(MCADE)が先行販売を開催しています。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

リップルとSECの訴訟について

2020年後半、SEC(米証券取引委員会)は「仮想通貨XRPは通貨ではなく証券である」として訴訟を起こしました。SECは、XRPが他の仮想通貨のように分散化されておらず、中央集権的な機関によって管理されていることを理由に「通貨ではなく未登録の証券である」と主張しています。株式などの証券は、SECによって登録および管理される必要があります。

XRPは、異なる通貨の送金を容易にする国際銀行システムであるSWIFT(国際銀行間通信協会)のネットワークに代わるものとして設計されました。例えば、片方が自国の通貨で支払い、もう片方側も自国の通貨で支払いを受け取りができる仕組みです。RippleはXRPコインを仲介通貨として使用し、一つのシステムとしてこれらの取引を完成させようとしていましたが、今回の訴訟はその動きに疑問を呈されています。

この訴訟が主張しているように、資産や価値を保持せず送金を促進するSWIFTとは異なり、XRPトークンの価値を保持することは、それがファシリテーターではなくセキュリティートークンであることを意味します。

裁判所が訴訟でSECに同意した場合、SECの規則によって登録および管理される事になります。

Metacade(メタケード)とは

Metacade(メタケード)は、分散型のGameFi(ゲームファイ)のゲームセンターのような場所になる予定です。あらゆるスキル、レベルのゲームプレイヤーや仮想通貨愛好家を引き付ける魅力的なコミュニティを目指しています。P2E(Play-to-earn)ゲームをプレイするだけではなく、レビューを書いたり、開発中のゲームを試運転する事でプラットフォームに関与することが可能です。このようにユーザーにはMCADEトークンを様々な方法で獲得できる機会が与えられます。

ユーザー同士はリアルタイムでチャットをし、最新のメタバースゲームについて話し合い、新しい発見で盛り上がれる事でしょう。Metacade独自のゲームのほか、楽しい抽選会やコミュニティーメンバー向けのプレゼント大会も開催されます。

それに加え、Metacadeではゲーム開発者に助成金を付与する機会を提供します。
Metagrants(メタグラント)として知られるこの助成金システムは、MCADE保持者による人気投票でどの開発者に付与されるかを決定します。ユーザーは直接開発者と情報交換する事で、ゲームに何を求めているか伝える事が可能です。この前例のない新たな取り組みは、最先端のメタバースゲームの作成において大きな役割を果たすでしょう。

MetacadeのトークンであるMCADEは、Ethereum(イーサリアム)のネットワーク上に構築され、そのままトークンを預け入れが出来ます。そしてMCADE保持者はMetacadeをサポートしながら、利息を得ることが可能になります。コミュニティのために設計され、コミュニティーによって運営されるGameFiのゲームセンターであるこのプラットフォームは、人気が高まるにつれて、多くのプレイヤー・ゲーム愛好家・投資家を惹きつける魅力がましていくと期待されています。

メタケード(MCADE)はXRPよりも成功する?

リップルのXRPコインは、2021年初めに2ドル近くの高値を記録しましたが、それ以降は下降傾向にあり、執筆時点での価格は40 セント弱となっています。XRPは訴訟の影響や仮想通貨の暴落が重なりその価値を下げました。SECがリップルの訴訟に勝てば、本格的に仮想通貨としての未来を失う可能性があります。

もし訴訟に勝ったとしても、中央集権型というシステムにスポットライトが当たることで、仮想通貨の分散化を重視する仮想通貨愛好家の間での評判が損なわれる可能性があります。このようなことから、RippleやXRPへの投資はハイリスクであるとの意見も出ています。

現在先行発売中の分散型モデル「Metacade(メタケード)」は時間の経過とともに価値が高まっていくと期待されています。Metacadeユーザーがさまざまな方法で収益を上げ、ゲームの開発とMetacadeの行く末を自分達で決めていく仕組みは、あらゆるタイプのゲームプレイヤーと開発者を引き付けます。

コミュニティーが成長すると、比例してMCADEトークンの需要も高まります。先行発売での試験段階価格はわずか0.008ドルで、最終段階では0.02ドルになります。段階が上がるごとに価格が上がるため、早めに購入することによって同じ投資額でより多くのトークンを獲得することができます。XRPが低迷をたどる一方、仮想通貨の暴落とリップル訴訟に関連する問題を回避したMetacade(メタケード)は、順風満帆に成長を続けると期待されています。

Metacadeの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Bitget:現物取引市場の拡大に伴い「BLURトークン」を上場

Bitget:現物取引市場の拡大に伴い「BLURトークン」を上場

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

2023年9月:投資先として注目されている5つの仮想通貨

2023年9月:投資先として注目されている5つの仮想通貨

注目度の高い仮想通貨ニュース

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

メタプラネット「10億円分のビットコイン」を購入|追加購入予定の報告も【追記あり】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す