弱気相場の今だからこそ注目すべき暗号通貨

by BITTIMES

FTXの崩壊は、暗号通貨業界で既に厳しくなっていた弱気市場に更なる安値をもたらしました。しかし、過去の暗号通貨の歴史から見ると弱気市場は長期間の投資を考えている方には新しい通貨に投資をし始めるには最適な時期だと言えます。

弱気市場で暗号通貨の購入を考えているのであれば、この記事はきっとお役に立つはずです。是非最後まで読んで頂き、強気市場が始まった際に回復すると期待される11の暗号通貨をチェックしてはどうでしょうか。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケード(Metacade/MCADE)弱気市場で注目すべき最適な通貨

メタケードはWeb3初となる仮想のゲームセンターのような空間です。ここでは誰もが最新版のGameFiやP2E(Play to Earn)ゲームをプレイすることができます。プラットホーム内の通貨「MCADE」を使用して、プラットフォーム上のゲームにアクセスしたり、トーナメントや賞品の抽選会に参加したり、メタケードエコシステムのコンテンツに参加したりできます。

メタケードは現在行われている先行販売での成功が注目を集め、市場で頭角を表しています。この人気の裏には先行販売での成功の他にも数多くの理由が挙げられます。

前提として、メタケードはweb3の世界では特異な存在です。1つの場所で数多くのGamefiプロジェクトへのアクセスを提供する包括的なプラットフォームに、あらゆる分野のゲームプレイヤーを集めます。つまり、誰にとっても楽しめる環境ということです。

メタケードではRPG・RTSゲーム・アクションゲーム・その他の分野などユーザーがプレイしているゲームに関係なく、それぞれのゲームの最高バージョンのものを見つけることができます。

更に、このプラットフォームはゲーム開発者向けのメタグラント(助成金)制度が存在します。開発者はメタケードコミュニティーにゲームの案を提出します。その後、コミュニティ内で人気投票が行われ、その勝者にはゲーム製作のための資金が付与されます。このシステムにより、メタケードは常に最新のゲームをプレイヤーへ提供することが可能となります。

メタケードはユーザーが弱気市場であっても強く生き抜くために、多様性、また価値のあるプラットフォームを提供していきます。

>>> メタケードの詳細はこちらから確認できます <<<

ビットコイン(Bitcoin/BTC)安全な価値の保存手段

ビットコインは、誰もが一度はその名を聞いたことがあるのではないでしょうか。ビットコインはまさに、暗号通貨のパイオニアと呼ばれる存在であり、いまだに時価総額ナンバーワンの座にいます。ビットコインは元々通貨として機能していましたが、現在では暗号エコシステムにおける主要な価値保存手段となっています。

ビットコインが弱気相場での購入に適している理由の1つとしてあげられる点は「コインの安全性」です。ビットコインが世界中で広く使用されている点や、過去の実績から考えるに、次の波がどうなろうとも、相場で常に地位をキープする事は目に見えています。

ビットコインを取り扱っている取引所は多数存在し、歴史も長い事から投資を始めてみたい方には扱いやすい通貨と言えます。

イーサリアム(Ethereum/ETH)レイヤー1の中で最も安全なプラットフォーム

イーサリアムは今後も注目すべき暗号通貨の1つであり、分散型取引所・NFTなど数々の主要なクリプトイノベーションを世界にもたらしたスマートコントラクトプラットフォームです。

現在の暗号通貨の世界において必要不可欠な存在であり、失敗するには大きすぎる規模であることはビットコインと似ていると言えます。イーサリアムはビットコインよりも時価総額が低いにも関わらず、ユースケースが多い事からビットコインよりも優れているといった意見もあります。

投資の専門家は弱気市場のポートフォリオに少なくともビットコインとイーサリアムを持つことを薦めるでしょう。今の市場での暗号通貨の購入を考えているのであれば、そのことを念頭においておきましょう。

コスモスハブ(Cosmos Hub/ATOM)カタリスト(相場の変動を誘発する材料やきっかけ)を備えた新種のレイヤー1

コスモスハブは弱気相場でチェックすることを強く薦めるプロジェクトの1つです。ATOMトークンは、インターコネクテッド(相互接続された)ブロックチェーンと呼ばれる新しい種類のレイヤー1の基盤です。

これは、アプリケーションプログラム固有の独立したレイヤー1ネットワークを接続する点から、ブロックチェーンのインターネットに少し似ていると言えます。これはイーサリアムの様に、数多くのアプリケーションではなく1つのアプリケーションのホームであるということです。このアプローチは開発者にとって技術的な利点となります。

ATOMはこれらの独立チェーンにセキュリティを高める際に役に立ちます。このような事から、ATOMは次の仮想通貨の強気市場で大きな成功を収める可能性が高く、今注目すべき仮想通貨の1つとして挙げられています。

アーベ(Aave/AAVE)オリジナル暗号通貨レンディング(貸与)プラットフォーム

アーべは、暗号通貨を担保としてローンを組むというアイデアを広めたプロジェクトです。現在、このサービスを提供するプラットフォームは他にも多数存在しますが、アーべはコミュニティ・規制当局・投資家の間で高いレベルの信頼を得ています。つまり、アーべにとって弱気市場はそこまで影響を及ぼすものではないでしょう。

このプロジェクトは当初イーサリアムのブロックチェーン上で始まりましたが、その後、Polygon(ポリゴン)やAvalanche(アバランチ)など他のチェーンにも拡大していきました。アーべは独自のステーブルコインも導入しており、他のアップグレードも近いうちに行われる可能性が高いでしょう。

まだ開発段階ではあるものの、既にアーべは暗号通貨全体の主要なイノベーターの1つとして頭角を現しており、強気相場で人気がピークに達したプロジェクトよりも多くのユーザーを獲得しています。

バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)主要取引所およびエコシステムトークン

FTXの崩壊からも言えるように、取引所ベースのトークンへの投資にはリスクが伴います。ただし、この弱気相場でBNBに注目すべき理由は多数挙げられます。

まず第一に、BNBはこの地球上で最も主要な取引所であるバイナンスに関連づけられている事です。これは、多くの信頼を集めると同時にバイナンスへの投資を検討する大きな決め手となり得ます。加えて、BNBはバイナンススマートチェーンエコシステムのネイティブ通貨である事です。これは、暗号通貨市場の強気相場における新規プロジェクト向けの主要なスマートコントラクトプラットフォームの1つです。

これら2つの事実から、BNBはこの弱気相場が続く中でも安定した地位を保ち、強気相場が戻ってきた際に利益を得ることができる可能性が高い通貨として注目されています。

ドージコイン(Dogecoin/DOGE)元祖ミームコイン

一般的に、弱気市場でのミームコインへの投資は高くないと言えます。これは、ミームやコミュニティの誇大宣伝以外に価値提案が無いからです。強気相場が戻った時にそれらが引き続き関連するかどうか、または他のミームコインが出てくるかどうかを予測するのは困難だからです。

しかし「オリジナルミームコインである」という点と「大規模なコミュニティに支持されている」という点から、ドージコインは弱気相場ではチェックすべきミームコインと言えます。

さらに、最近Twitterを買収したとして話題になったElon Muskはドージコインの熱狂的な支持者です。彼は最終的にドージコインをTwitterと統合させて、ドージコインを通貨として使用するのではないかと噂されています。もし現実になった場合、ミームコインの価値を爆発的に上昇させると予想されます。これらのことから、ドージコインは今注目のミームコインと言えます。

トロン(Tron/TRX)生き残ることが証明されているレイヤー1

トロンとは、カリスマ的リーダーであるJustin Sun(ジャスティン・サン)が率いていたことで知られるプロジェクトです。ジャスティン・サンは暗号通貨の世界において最も裕福で影響力のある人物の1人です。彼が率いてるという事実だけで、弱気市場でTRXに注目する大きな理由となりますが、TRXの魅力はそれだけではありません。

ステーブルコインやレンディングプロトコル、さらにはゲームを含むエコシステムも注目すべき理由の1つとなります。

トロンのエコシステムは、2018年から2020年の弱気相場を乗り切っているため、高確率で次の強気相場でもその存在を示すことになると期待されています。

エイプコイン(Apecoin/APE)主要なNFTコイン

NFTとは、前回の市場サイクルにおける最大のイノベーションの1つであり、その中でも「Bored Ape Yacht Club」の影響力は群を抜いていました。そのネイティブコインであるエイプコインは今だからこそ注目すべきコインと言えます。

エイプコインはBored Ape Yacht Clubエコシステムの通貨として機能するため、投資を検討している方には興味深いものです。 そしてプロジェクトの背後にあるチームは現在、市場で非常に大きな影響力をもつであろうメタバースゲームとその世界を構築しています。

ユニスワップ(Uniswap/UNI)分散型取引所のパイオニア

ユニスワップもまた、今の市場状況で狙い目のトークンの1つです。ユニスワップは、どこよりも早く分散型取引所の存在を世に知らしめ、依然としてどのDEX(分散型取引所)よりも多くの取引量を誇ります。

また、定かではありませんがユニスワップが手数料の一部をトークン所有者に報酬として配るのではないかという噂もあります。もしこれが次の市場サイクルで実際に発生した場合、ユニスワップの価格はほぼ確実に急騰すると期待されています。

トレジャーダオ(TreasureDAO/MAGIC)アービトラムの新たなメタバースプロジェクト

このリストの最後を締めくくるのは、トレジャーダオとそのネイティブトークンであるMAGICです。このプロジェクトはArbitrum(アービトラム)ネットワークでGameFiプロジェクトをリードするだけでなく、そのネットワークの主要NFT市場としても存在しています。

トレジャーダオはアービトラムネットワーク全体のGameFiプロジェクトの接続ポイントとして機能します。MAGICはこのプラットフォームで最も使用される暗号通貨の1つになる可能性が高いため、今注目の通貨と言えます。

脚光を浴び続けるメタケード

この記事では期待が集まる多くのプロジェクトを紹介しましたが、弱気市場で一番の注目に値する暗号通貨はメタケードのMCADEトークンで間違いありません。メタケードは以下の理由から、現在投資を始めるに最も相応しい暗号通貨として挙げられています。

  • 1つの場所から数多くのP2E(Play to Earn)およびGameFiゲームへのアクセスが可能
  • ステーキングやP2Eゲーム、競争率の高いトーナメントへの参加など、Web3で収入を得る多くの方法を提供している
  • プロジェクトの時価総額はまだ比較的低いため、これから更に成長をしていく可能性がある

先行販売の価格は第1段階目の1ドル=125MCADEから始まりました。ですが段階が上がって行くごとに1ドルで入手できるMCADEの数量が少なくなっていきます。先行販売が終了する頃には、1ドルでたったの50MCADEのみしか入手できなくなるため早期参入の方がお得になる仕組みとなっています。

メタケードの詳細はこちらから確認できます


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

米Kraken:株式取引・少額ローンなどの「伝統的な金融サービス提供」を計画

米Kraken:株式取引・少額ローンなどの「伝統的な金融サービス提供」を計画

ビットフライヤー「ETHPoWトークンへの対応方針」を発表

ビットフライヤー「ETHPoWトークンへの対応方針」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す