ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ヴェノム・ベンチャーファンド(Venom Ventures Fund)は2023年1月31日に、現在Web3業界でネックとなっているスケーラビリティの問題の解決を目的とした、エバースケール(Everscale)との戦略的提携を発表しました。ヴェノム・ベンチャーファンドは、アブダビに拠点を置く資産運用会社アイスバーグ キャピタル(Iceberg Capital Limited)が運営する、Web3およびブロックチェーン分野のイノベーションファンドです。

ヴェノム・ベンチャーファンドは、エバースケールの開発チームのさらなる拡充とプロジェクト数の増加をサポートするため、500万ドルの資金提供を約束しました。資金提供は、進捗と協力に関するKPIに基づいて段階的に行われます。

エバースケールは直近2年の間、アジア諸国におけるサービスエリアの拡大とテクノロジーソリューションの統合に取り組んできました。同時に、強力なコミュニティづくりにも注力しています。ダイナミックシャーディング技術により、さまざまな種類のワークロードに効率的に適応できるため、大規模なWeb3や各種アプリケーション開発にはとっつきやすく実用的な手段となります。

ヴェノム・ベンチャーファンドは、アイスバーグ キャピタルとヴェノム財団のパートナーシップにより設立されました。ヴェノム財団は、ADGM(Abu Dhabi Global Market:アブダビ・グローバル・マーケット)ライセンス初のLayer-1ブロックチェーンです。

ヴェノム財団の会長であり、ブラックロックの元CIOであるピーター・ネズ(Peter Knez)氏は次のようにコメントしています。

今回の資金提供は、積極的な技術開発を行うプロジェクトおよびチームに対する支援を目的とした戦略的な投資です。特に、まもなく稼働予定のヴェノムブロックチェーンプロジェクトとそのエコシステムに関して、エバースケールはLayer-2ソリューションとしての役割が期待されています。

ヴェノムとエバースケールの共同チームは、コアとエコシステムのさらなる開発に取り組み、ブロックチェーンのより実務的なユースケースの開発に着手します。デジタル資産のトークン化プラットフォーム、CBDCとステーブルコインのための完全なフレームワーク、仮想通貨から法定通貨のゲートウェイへの支払いソリューションなど、イニシアチブは順調に進んでいます。

エバースケール財団の理事であるムーン・ヤング・リー(Moon Young Lee)氏は、今回の資金提供について次のように語っています。

これはエバースケールとヴェノムの両ネットワークにとって画期的な出来事といえます。エバースケールの技術力は計り知れませんが、多くの人々はその実力を過小評価しています。今回、エバースケールは実験的なネットワーク上で運用できるようになったので、大型アップデートや技術的に複雑なソリューションをヴェノムに持ち込む前にテスト導入を行うことができます。今回の資金提供により、エバースケールは正当な評価に近づくでしょう。

ブロックチェーンのネットワークとして設計されたヴェノムは、Layer-2レベルでの他の補助ネットワーク数に制限がなく、Layer-2でのエコノミータイプやオペレーションにも制限がありません。このすぐれたアーキテクチャにより、ヴェノムブロックチェーンが大衆的に受容される準備は整ったといえるでしょう。

【エバースケールについて】
エバースケールネットワークは、無限のシャーディング機構を備えている。トランザクションの所要時間や手数料に影響を与えるような負荷を必要としないため、どのような作業負荷にも適応することができる。そのため、大規模なWeb3やその他の負荷の高いプロジェクトをホストするには、理想的なブロックチェーンといえる。この2年間で、エバースケールのコミュニティは順調に拡大し、DeFiプラットフォームの強固なエコシステムを持つアジアの主要なブロックチェーンの1つとして注目を集めている。

Everscaleネットワークの詳細はこちら
Website
Twitter
Whitepaper
Github
Telegram Ann
Telegram
Discord

【アイスバーグキャピタルについて】
アイスバーグ キャピタル(Iceberg Capital Limited)は、ダイレクトエクイティ、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル、テクノロジー、仮想資産などの多様な資産運用プラットフォームを提供するオルタナティブ資産運用会社である。ADGM管轄のプルデンシャル・カテゴリー3Cの投資運用会社としてFSRAの規制を受けている。アイスバーグキャピタルは、国内および国際市場での投資ポートフォリオとして、各種金融商品(株式、ETF、コモディティ、デリバティブ等)、証券用プラットフォーム、ブロックチェーン技術などの従来型の資産管理サービスも提供している。

Iceberg Capitalの詳細はこちら
Website
LinkedIn

【ヴェノム財団について】
ヴェノム(Venom)は、世界初のライセンス済みブロックチェーンである。分散型ネットワークはADGM管轄下で運営され、ユーティリティトークンを発行するライセンスを有する。投資家と金融会社の「オアシス」たらんとするADGMは、Venomを世界初のコンプライアンス・ブロックチェーンと位置づけ、当局と企業に構築、革新、拡張の裁量を与えている。

ヴェノムブロックチェーン上では、さまざまな企業によって独自のdAppとプロトコルポートフォリオが開発されている。ヴェノムは今後、北アフリカ、世界各国でCBDC(中央銀行デジタル通貨)を採用するための架け橋となることが期待されている。

Venom Venturesの詳細はこちら
Website
Twitter

Venom Foundationの詳細はこちら
Website
Twitter


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ビットコインETF転換の裁判で「Grayscale」が勝利|裁判所が米SECに再審査を命令

ビットコインETF転換の裁判で「Grayscale」が勝利|裁判所が米SECに再審査を命令

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す