低価格で購入できる注目の仮想通貨銘柄7選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Wed3には、ポテンシャルの高い投資機会に溢れています。しかし、より確立されたプロジェクトは、収穫逓減の法則により時間の経過とともに利益が減少する可能性があります。これはより最適な投資先は、初期段階の価格がペニーであり、成長とともに大きなリターンを生み出す仮想通貨のプレセールにあることを意味します。

この記事では、2023年の大きな利益が見込める低価格な仮想通貨7つをご紹介します。

  1. メタケード(Metacade/MCADE)
  2. トロン(Tron/TRX)
  3. エックスアールピー(XRP/XRP)
  4. クロノス(Cronos/CRO)
  5. ステラ(Stellar/XLM)
  6. アルゴランド(Algorand/ALGO)
  7. ヴィチェーン(VeChain/VET)

メタケード(MCADE)

メタケードはただ今プレセールが開催されている注目の銘柄です。様々なタイプのP2Eゲームタイトル全てを一つのプラットフォームからアクセスができることで、ユーザーはプレイを楽しみながらMCADEトークンを入手することができます。

P2Eゲームのアーケードであるメタケードはユーザーのコミュニティ活動に対して報酬を提供し、意欲のあるメンバーには有給のコミュニティ内の仕事につく機会も提供します。この仕事は、単発のものからパートタイムさらにはフルタイムで働くものもあります。この取り組みを通してメタケードはWeb3でキャリアをスタートさせたいユーザーをサポートすることを目的としています。

MCADEのプレセールは始まったばかりにも関わらず、約9週間で350万ドルを調達しました。Wed3界の新しいプロジェクトとして、盛り上がりを見せています。それは他と違う数々の機能に人々が期待を寄せているからでしょう。

このプラットフォームは、カジュアルなゲームプレイや競争力のあるゲーム両方のP2Eゲームをサポートします。もちろん高度なインセンティブシステムと、Web3ユーザーが交流してアルファを共有するための中央のハブも備えています。

これに加えて、メタグラント(Metagrants)プログラムを通じてゲーム開発者に開発資金を提供することで、ブロックチェーンゲームの成長を直接促進します。

どうしてMCADE?

MCADEのプレセールは絶好の投資機会として注目されています。仮想通貨のプレセールはプロジェクトへの初期投資と言われ、メタケードのようなポテンシャルが高いプラットフォームの場合、リターンは100倍にも200倍にも伸びる可能性があります。

ローンチ直後のMCADEの、初期段階プレセールの価格は0.008ドルです。段階が上がっていくごとにトークンの価格は上昇します。それにより、プレセールの終了時には価格は0.02ドルまで上昇するため、メタケードは興味のある方には早めの参加を推奨しています。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

トロン(TRX)

トロンは今期待のペニー価格の銘柄です。2017年に作成されたレイヤー1ブロックチェーンで、ピアツーピア技術を使用しながら分散型エンターテイメントとコンテンツ共有をサポートします。スケーラビリティの高いブロックチェーンであり、高速で大きなトランザクションのスループットをサポートでき、3秒未満で最終確認が行われます。

トロンのネットワークは分散型アプリケーション(dApps)をサポートしており、さまざまなブロックチェーンサービスの本拠地となっています。トロンのdAppsには、借入と貸出のプロトコル、NFT、プレイして稼ぐゲームが含まれます。

どうしてTRX?

トロンは安くそして速く仮想通貨を送金できる手段として世界中で使われています。流動性が高く、最もスケーラブルなネットワークの1つであり、パフォーマンスの質を犠牲することなく、毎秒2000トランザクション(TPS)を処理することができます。

TRXは2021年の強気相場で0.18ドルをマークしましたが、現在は0.05ドルとなっています。巨大なコミュニティと便利なブロックチェーンで多くのトランザクションを一貫してサポートできる事から、TRXはこれからの動きに注目したい銘柄だと言えます。

エックスアールピー(XRP)

エックスアールピー(XRP)は、かなりおすすめ度の高いペニー価格の通貨です。従来の金融システム、国際送金システムは手続きに数日かかり、手数料はかなりの額になります。しかしXRPは、国境を越えたトランザクションをほぼゼロの手数料でほぼ瞬時に処理します。

XRPは2つの異なる通貨間の架け橋として機能します。主な使用例として、金融機関が国境を越えた支払いを処理する際に役立ちます。これらの機関に即時の流動性を提供し、迅速な通貨の交換を可能にするため使用されます。

XRPトークンは同時にXRP Ledgerのネイティブ通貨でもあり、dAppsの開発をサポートできる分散型ブロックチェーンネットワークです。さらにXRPLエコシステムには、幅広いユースケースを持つアプリケーションの数が増えています。

どうしてXRP?

XRPを活用したサービスを展開しているリップル社は、長期に渡って証券取引委員会(SEC)との訴訟問題を抱えています。この論争がXRPトークンへの広範な投資をペースダウンさせ、近年の価格行動に影響を与えている事は明らかです。しかし、リップル社はSECとの訴訟に勝利すると予想されています。そうなればXRPの急成長は確実でしょう。

クロノス(CRO)

クロノスはこのリストで注目すべき銘柄として4番目に挙げられます。CROトークンは、世界最大級の中央集権型取引所(CEX)の1つである「Crypto.com」エコシステムのネイティブ通貨です。このエコシステムは、自動化されたマーケットメーカー、通貨換算のための広大なネットワーク、および次世代の取引エンジンを特徴としています。

クロノスは、人工知能(AI)の力を活用してトランザクションの高速化とコストの削減を実現します。最先端の技術を実装したクロノスは、ユーザーが自分のポートフォリオをすばやく管理ができ、他の取引所まdで自分の投資を追跡、そして収益性のポテンシャルの上昇を手助けします。

どうしてCRO?

Web3で2番目の規模を誇っていたCEXであるFTXの破産を受けて、仮想通貨ユーザーは代替手段を探し始めていることでしょう。バイナンスは依然としてこの分野で最大ですが、Crypto.comとクロノスのエコシステムは、成長とともに市場の大きなシェアを獲得する可能性があります。

現在、CROの価格は0.06ドルです。広範なユーティリティそして基盤に多数のユーザーが存在していることを踏まえ、CROトークンは、この価格レベルから大幅に上昇する可能性は非常に高いと言えます。

ステラ(XLM)

5番目に登場するのはステラルーメン、XLMとも呼ばれています。XLMは、ユーザーが迅速かつ効率的に支払いを送受信できるようにする分散型の支払いネットワークです。また、人々と銀行、機関、およびその他の決済ネットワークをより効果的に接続するように設計された金融技術でもあります。

XLMトークンはステラのブロックチェーンベースネットワークのネイティブアセットでもあり、最小限の手数料で世界中でトランザクションの支払いや価値の保存に使用できます。異なる支払いシステム間のギャップを埋め、リップルのように、低コストの国際送金を容易にします。

ステラは、最大1000TPSの処理が可能なネットワークを構築することで、スピーディーな決済に成功しています。XLMは、高価な銀行システムにアクセスすることなく、グローバルな支払いを行うための効率的な方法をユーザーに提供します。

どうしてXLM?

XLMは、国際的な支払い処理のための実行可能なソリューションです。従来の金融システムを置き換えることを目的とする他​​の暗号資産とは異なり、XLMは既存のシステムの運用効率を向上させることを目的としています。

トークンの価格は0.075ドルで伸び代のある通貨となっています。トークンのひとまずの価格目標は過去最高の0.73ドルであることから、現在の価格で購入した場合、上昇した時に多くのリターンが得られると期待されます。

アルゴランド(ALGO)

アルゴランドは6番目に登場です。ALGOのティッカーシンボルで示されるアルゴランドは、dAppsの開発をサポートできるマルチアセット、パーミッションレス、プルーフオブステークブロックチェーンです。

アルゴランドは安全で、スケーラブルそして高速にデザインされているアルゴランド・ネットワークを利用しているユーザーが平等かつ積極的な影響力を持つことができるようになることを目的としています。このプロトコルは、すべてのノードが同等の権限を持つ完全な分散化を可能にします。これは、セキュリティを最大化し、高速かつ低コストでアルゴランドネットワーク全体に情報を伝達するために行われます。

アルゴランドの特徴はトランザクション速度だけではありません。スケーラビリティの分野でも、Wed3に存在している数多くのネットワークより優れています。アルゴランドは、完全なデジタル資産の所有権を実現し、オンラインでシームレスで相互にやり取りできるように、そしてそれらを個人が自分で行えるツールを持っている未来の創造を支援しています。

どうしてALGO?

アルゴランドは、従来のブロックチェーンが抱えていたトリレンマを解決できます。通常のネットワークでは、スケーラビリティ・セキュリティ・分散性のうち、どれか2つを取れば1つがどうしても欠けてしまう状態になってしまいます。しかし、アルゴランドはブロックチェーンの3つの柱すべてを提供する事で、大勢のユーザーを長期にわたってサポートができます。

現在のALGOの値段は0.20ドル弱です。これは、今購入するのに最適な仮想通貨ペニー株の1つであり、プレセールよりも勢いは少し劣るものの、長期投資を探している投資家は大きなリターンをもたらす銘柄になる可能性があります。

ヴィチェーン(VET)

このリストの最後を締めくくるのはヴィチェーンです。ブロックチェーンベースのプラットフォームであり、グローバルサプライチェーンの管理プロセスをより透明化することができます。

メーカーから流通業者への商品の移動を記録することにより、高品質を確保し、偽造の蔓延の予防に役立ちます。この機能により、VETがBMWやVauxhallなどの主要なグローバル企業と早期にパートナーシップを結んだ事は納得がいきます。

どうしてVET?

ヴィチェーンは、世界経済における重要な非効率性に対する独自のソリューションを提供します。このブロックチェーンは商品の追跡をする事でより安全性と信頼、そして工程の透明性を高めます。この仕組みは、時間の経過とともに世界中の多くの人に影響を与えることになるでしょう。

現在のVET価格は0.017ドルに留まっています。2021年に史上最高値である0.23ドルから下降はしているものの、大きな将来性を備えたプロジェクトである事から、今後数年間での価格上昇の可能性は高いと言えます。

メタケードのプレセール:2023年注目の通貨が低価格で発売中

メタケードのプレセールでは、予想される将来価値と比較して非常に低い価格でMCADEが提供されています。メタケードはWeb3で最も広く使用されるGameFiプラットフォームの1つになる可能性がある事から、現在のプレセール価格から上昇の一途を辿るにことになると期待されています。

短期的にMCADEの価値は5ドルに達する可能性があると予想されます。その場合、初期投資をしてればプレセール終了時の価格から250 倍の利益を得るチャンスが得られることになります。プレセールの期間中であっても価格は段階が上がるとともに上昇していため、メタケードは早めの参加を推奨しています。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す