2023年3月:注目のメタバース関連仮想通貨ランキング【PR】

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

オンラインゲームをプレイしながら収入を得られるGameFiは、現在開発中である注目のブロックチェーン分野です。ゲームの管理は、高度な報酬管理システムにより基本的にユーザー自身の手に委ねられます。これは、メタバースゲームが現在Web3で最も話題の開発分野と言われている理由の1つです。

2023年に注目のメタバース関連仮想通貨ランキング

  1. メタケード(Metacade/MCADE)
  2. アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)
  3. ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)
  4. エンジンコイン(Enjin/ENJ)
  5. ディセントラランド(Decentraland/MANA)
  6. イルビウム(Illuvium/ILV)

メタケード(MCADE)

注目のメタバースプロジェクトの1位に輝いたのはメタケードです。メタケードはブロックチェーン上で最大のゲームセンターの構築を計画しており、今後の成長と共に更なるユーザーの獲得が見込まれています。メタケードは様々なタイプのメタバースゲームや、収益獲得の機会をユーザーに提供することによって、GameFiコミュニティの中心地になることを目標としています。

カジュアルにプレイ出来るタイプのものから、競争的なタイプのものまで、バラエティーに富んだゲームを楽しむことができます。また、ユーザーは上限無しにレベルアップが可能なPlay2Earn(遊んで稼ぐ)ゲームをプレイしつつ、有料参加のトーナメントで、MCADEとして支払われる賞金を獲得するチャンスも得られます。

メタケードは収益メカニズムとして「プラットフォーム上でコンテンツを作成することに対しての報酬」や「ユーザーをパートタイムまたはフルタイムのいずれかのタイプの仕事の機会に結び付ける機能」を用意しています。

これらの高度なインセンティブシステムやユニークなサービスの提供により、メタケードは今後ブロックチェーン上で最も幅広く使用されるメタバースゲームの1つとなる可能性が高いと考えられます。

MCADEが選ばれた理由

メタケードは、ブロックチェーンゲームの成長を推進しています。雇用機会の創出、コンテンツクリエイターへの報酬制度、バラエティーに富んだP2Eゲームの提供に加えて、メタグラント(Metagrants)というゲーム開発者をサポートするプログラムもあります。これは、次世代を担うメタバースゲーム開発への直接的な資金提供を可能とします。

メタケードは、プレセールの開始を最近発表したばかりの非常に新しい銘柄です。最初の10週間で500万ドルを調達し、現在はさらに多くのユーザーを惹きつけ1170万ドルまで増加しています。日に日にその価値は高まっているため、メタケードが Web3 で最も価値のあるメタバースプロジェクトと呼ばれる日はそう遠く無いかもしれません。

>>> メタケードの詳細はこちらから <<<

アクシーインフィニティ(AXS)

アクシーインフィニティは、今2番目に注目のメタバースプロジェクトです。ブロックチェーン技術を利用して作られた仮想世界で繰り広げられるメタバースゲームであり、プレイヤーはアクシーと呼ばれるデジタルペットの育成、非代替性トークン(NFT)を収集し、自らのアクシーのコレクションを作ることができます。

プレイヤーはゲーム内世界の探索中に出会った他プレイヤーと、AXSトークンを賭けて、アクシーを使った対人戦(PvP)ができます。ゲーム内クエストをクリアしたりと、様々な方法でアクシーの購入・販売・収集が可能です。

さらにアクシーマーケットプレイスでは、 AXSトークンを使用したNFT取引を行うことができます。このプロジェクトは、定期的に新しい呪文や新機能の追加などのアップデートを行っているため、ユーザー数は日に日に増え続けています。

AXSが選ばれた理由

アクシーインフィニティは 、Web3上で最も人気の高いメタバースゲームの1つと言われています。2020年から2021年にかけて大きな注目を集め、毎日200万人近くものユーザーを引き付けています。これは、P2Eメタバースゲームの需要の高まりを反映しており、このプロジェクトが今後数年間でGameFi革命を率いる可能性は非常に高いと言えます。

現在、AXSトークンの価格は非常に安くなっています。一時は、史上最高値の166ドルまで達しましたが、現在は10ドルを下回っているため、以前と比べると非常に安く購入することが可能です。

ザ・サンドボックス(SAND)

今注目の仮想通貨第3位にランクインしたのは、ザ・サンドボックスです。これはユーザーが自らの3Dボクセルモデルを作成し、収益化することができるメタバースゲームです。プレイヤーは、ゲームアセット・レベル調整、さらには、完全カスタマイズ可能なツールキットの使用により、何でも自由に作成することができます。

プレイヤーは、プラットフォーム上に存在する他ユーザーによって作られた仮想世界へ行き来できるだけでなく、ザ・サンドボックスのマーケットプレイスでコンテンツを共有したり、さらには、仮想世界で繰り広げられる経済活動へ参加することもできます。これは、ブロックチェーン技術を使用して、完全なセキュリティの提供とユーザーのプライバシー保護を可能とした包括的なメタバースゲームと言えます。

ネイティブトークンであるSANDは、NFT作成者が収益化をする際に使用されます。NFT取引を促進させているマーケットプレイスでは、アーティストやゲームプレイヤー、NFTコレクターが、ゲーム体験やゲームアセット、さらには仮想世界で使用されるユニーク且つカスタム可能なアイテムを売買することができます。

SANDが選ばれた理由

ザ・サンドボックスはユーザー生成コンテンツ(UGC)をゲームプレイの基礎とし、最も重要視しています。ここではプレイヤー自身が、絶えず変化、そして進化し続けるゲームの世界を自らの手で完全に作成、構築することができます。史上最も売れたゲームであるマインクラフトから言えるように、ユーザーが自らの手で世界を構築して行くタイプのゲームは、歴史的に見ても爆発的な人気を図る傾向があります。

SANDの価格は、2020年から2021年の間に200倍を超える成長を見せましたが、その後0.5ドルまで落ちました。ザ・サンドボックスは、今後数年で過去最高値の7.4ドルを上回るのではないかと期待されており、現在注目のメタバースプロジェクトとなっています。

エンジンコイン(ENJ)

期待のメタバース仮想通貨プロジェクト4位に輝いたのは、エンジンコインです。これは、P2Eプラットフォームやメタバースエコシステムの構築・運用を目的とした仮想通貨、およびブロックチェーンベースのプラットフォームです。エンジンコインは、代替性または非代替性トークンを含むメタバースゲームアセットの作成を促進します。

このプロジェクトは、ウォレットから開発者向けキットまで、全てのツールが揃ったエコシステムを開発者に提供することを目標としています。これによりブロックチェーン上では、より高速で安全、さらに優れたゲームをすることができます。またエンジンコインを中心とする、ダイナミックかつトークン化されたエコシステムを提供することによって、ユーザーはEnjinの支援を受けながらNFTを作成することが可能となってます。

利用者は、ENJが支援するメタバースゲームアセットを持つことにより、即座にNFT取引を行うことができます。この通貨の流動性は、資産自体に固定されているため、ブロックチェーン取引に伴う待ち時間とコストの削減が可能となり、それは結果としてユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。

ENJが選ばれた理由

エンジンコインは、包括的な開発者向けツールキットの使用により、メタバースゲーム作成の際のアクセシビリティの向上を目標として掲げています。これは、メタバースゲーム開発の促進に繋がるため、次世代を担うプロジェクトになる可能性が非常に高いと予想されます。

ENJトークンの現在の価格は0.25ドルです。ユニークな機能と実用性によるGameFiの拡大に伴い、このプロジェクトは大きく成長するのではないかと言われています。これらの理由から、エンジンコインは現在注目のメタバースプロジェクト4位となっています。

ディセントラランド(MANA)

現在注目のメタバースプロジェクト5位にランクインしたのは、ディセントラランドです。これは、イーサリアムブロックチェーンを利用したバーチャルリアリティーメタバースゲームです。ここではデジタル不動産の売買が可能で、土地購入者は、そこで様々なバーチャルリアリティー体験を作成できます。

このゲームでは、コンテンツやアプリケーションの作成・体験・収益化が可能です。ネイティブ通貨であるMANAは、ゲーム内通貨としてデジタル不動産やバーチャルアバターさらにはユニークでカスタマイズ可能なアイテムの売買に使用されます。

コミュニティメンバーの中には、ここでオンラインゲームを作成したり、アートギャラリーを運営したり、ショッピングモールを作成したりした人もいます。さらにはラスベガスにあるようなカジノを建設したユーザーもいます。ユーザーは様々なセクションの探索、および体験をすることにより、MANAトークンを獲得できます。

MANAが選ばれた理由

ユニークな仮想世界が繰り広げられているディセントラランドは、個人だけでなく、企業・コンテンツクリエイターなどにも同様のサービスを提供しています。ここでは、特定のオンラインコミュニティ向けのものから、ユーザー全体向けのサービスまで、メタバースエクスペリエンスへの全てのアクセスを均等にするという革新的な方法が取られています。

メタバースは、今後数年間でオンライン界の中心になると予想されており、ディセントラランドは、このチャンスを存分に活かすことができるプロジェクトだと言われています。現在のMANAトークンの価値は0.35ドルですが、今後も大きな成長が見込まれています。したがって、ディセントラランドは現在注目のメタバースプロジェクトの1つとして挙げられています。

イルビウム(Illuvium/ILV)

現在注目のメタバースプロジェクト第6位はイルビウムです。このプロジェクトは、広大なメタバースオープンワールドの探索を楽しみつつ報酬も獲得することができるメタバースゲームです。

このゲームは、複雑に描かれたストーリーラインと非常に魅力的なゲームプレイが売りとなっており、ブロックチェーン技術を使用して作成されたゲームの中で初のAAAクオリティーのゲームと言われています。ユーザーは、仮想世界に繰り広げられた領域の探索をし、そこで見つけた NFTをゲーム内アイテムとして収集したり、他のプレイヤーとネイティブトークンであるILVをかけて闘ったりすることができます。

このゲーム内には、様々なレベル、レア度の「イルビアル」と呼ばれるモンスターが存在し、収集することができます。イルビアルは、戦闘に使用することができる上に実際に金銭的価値があるため、ゲーム内のマーケットプレイスで実際に売買することができます。

ILVが選ばれた理由

イルビウムは、高度グラフィックと広大な領域を兼ね備えた、非常にクオリティーの高いメタバースゲームです。このゲームは、数多くの魅力的な要素とブロックチェーンを組み合わせた新たなユーザーエクスペリエンスを提供することができるため、オープンワールドロールプレイングゲーム(RPG)に匹敵すると言われています。

現在、ILVの価格は40ドルで、トークンの総供給量は1000万トークンと非常に少ないです。ILVは大きな可能性を秘めており、今後の成長に大きく期待できるため、今注目のメタバースプロジェクトとして挙げられています。

メタケード:2023年最も注目のメタバースプロジェクト

現在プレセール開催中のメタケード(MCADE)は今年最も注目のメタバースプロジェクトとなっています。プレセール開始直後の価格はわずか0.008ドルでしたが、段階が進むにつれて価格は上昇する仕組みで最終的には0.02ドルまで上がるように設計されています。メタケードは期待のP2Eゲームや、斬新なプログラムによって、今後業界をリードするメタバースゲームになると期待されています。

メタケードは現在プレセールの最終フェーズに突入しており、プレセール終了後には暗号資産取引所への上場も予定されています。メタケードの詳細は以下の公式サイトから確認できます。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

Cake DeFi「1億ドル規模のベンチャーキャピタル」を創設|グローバルWeb3・ゲーミング・フィンテックなどに投資

Cake DeFi「1億ドル規模のベンチャーキャピタル」を創設|グローバルWeb3・ゲーミング・フィンテックなどに投資

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

CryptoNinja Games「CNGトークンのIEO」実施へ

CryptoNinja Games「CNGトークンのIEO」実施へ

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す