2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

幸先の良いスタートを切った2023年は、トレーダーが仮想通貨価格が軒並み下落した2022年の弱気相場から仮想通貨の投資ポートフォリオを回復させる年になりそうです。ビットコイン(BTC)が再び20,000ドルの大台を超えたことを受けて、アナリストは2023年〜2030年までのBTC・MANA価格予想で強気な予想を立てています。

これは、多くの既存通貨を保有し続けている人にとって素晴らしいニュースです。さらにアルトシグナルが提供するような新しい投資の機会を探している人にとっても、エキサイティングなニュースと言えます。

この記事では、2023年3月末時点で投資ポートフォリオを構成する際に候補として検討したい3銘柄となる、アルトシグナルのネイティブコインASIや、MANA・BTCについて詳しく解説していきます。

アルトシグナル(AltSignals)とは

アルトシグナルは、2017年に取引シグナルプラットフォームを立ち上げた後、52,000人のコミュニティで市場をリードするリソースとして成長を続けています。アルトシグナルはAltAlgo™ Indicatorツールを通じて、アルゴリズムに基づく印象的な取引シグナルを提供しています。売買のタイミングを知りたい投資家にとって、これほどぴったりなコミュニティはないでしょう。

ASI保有者はアルトシグナルが提供する新しい人工知能技術を利用したActualizeAIツールへのアクセスが可能となります。これは日次の通貨取引だけでなく、様々な取引機会に対して新しいリスク管理層を取り入れながら、予測モデルを改善することを目的としています。ActualizeAIツールは仮想通貨市場の動きを24時間週7日体制で調査を続け、機械学習の助けを借りて、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)などのビッグヒッターを見抜きます。

アルトシグナルの重要な情報は、プラットフォームの先駆的なAltAlgo™指標ツールによって調査・分析され、リアルタイムで市場をスキャンして投資家にコイン売買の最適価格に関する情報を提供しています。AltAlgo™はバックテストでは「BTCで83.56%」「ETHで70.09%」の成功率で取引することができました。この成功率から考えると、500人近くがTrustpilotに好意的なレビューを投稿し、平均4.9/5のスコアをつけていても不思議ではありません。

ASIの仕組み

アルトシグナルの新しいASIトークンはERC-20コインであり、プラットフォーム上の交換媒体となり、すべての活動を支えます。ASI保有者には複数の機能へのアクセス権が与えられます。機械学習や自然言語処理、感情分析などを活用した新ツール「ActualizeAI」もその中に含まれます。

また、最高のプライベートセールの機会や新しいプレセールイベントにも一足早くアクセスできるようになるため、仮想通貨市場で素晴らしい機会を得ることができます。

さらにASIトークンの保有者は、AIメンバークラブに入会できます。クラブメンバーは、新機能への早期アクセスや、ベータ版のテスト中にフィードバックを提供することで暗号資産報酬を得る機会を得ることができます。トークンの保有量の多いクラブメンバーは、ActualizeAIなどの新機能が展開された際に、取引コミュニティが使用できるようになる前の限られた期間だけ独占的にアクセスできるようになります。

アルトシグナルの価格予測:2030年には5ドルに到達?

ASIは既存の膨大なユーザー基盤と市場をリードするAI技術の活用という背景から、投資家の想像力をかき立てる存在となりそうです。複数のアナリストは「2023年末までに1ドルという予測は実現可能であり、10年末までにASIが5ドルを突破し7ドルまたは8ドルを目指す可能性がある」と大きな成長を期待しています。

このように、ASIトークンのプレセールイベントは、投資家にとって、確立された暗号資産プラットフォームの支援を受けたエキサイティングな新コインを割引価格で手に入れることができる仮想通貨投資の貴重な機会となっています。ベータセールのトークン価格は0.012ドルとなっていますが、ステージ4のトークンの価格は0.02274ドルに設定されています。専門家はこの時点でASIの価値が軌道に乗ると予想しています。

2023から2030年までのビットコイン価格予測

BTCは市場の他の通貨が追随する仮想通貨となっています。BTCが強気なパフォーマンスを見せると、他の銘柄もそうなる傾向があります。2023年のはじめに20,000ドルを突破したBTC価格は22,792ドルまで上昇を続けています。BTCはトークンの総数が決まっているため価格の上昇が頻繁に起こります。加えて次の半減期が2024年に予定されているため、BTCは今後数ヶ月、数年と繁栄し続けると予測されています。

アナリストは、BTCの価値が今年中に30,000ドルの大台を超え、2025年には70,000ドルに向かうと予想しています。強気な市場環境が10年後まで続いた場合、2030年末には6桁の大台を超えるとも予想されています。

2023から2030年までのディセントラランド価格予測

ディセントラランドも、今年に入り回復を見せている銘柄です。仮想不動産プラットフォームであるディセントラランドの仮想通貨MANAは1ドルの大台に戻ってきています。しかし現在の価格0.72ドルは、MANAの歴代高値5.90ドルを大きく下回っています。

価格予測を提供しているアナリストは、MANAは2023年末までに1ドルを超えて急騰し、約1.10ドルにまで達すると予想しています。また、2025年末には約2.24ドルと現在の3倍になり、2030年末には約14.20ドルまで成長すると予想されています。

ASIは仮想通貨投資ポートフォリオに加えるべき?

ASI・BTC・MANAの各トークンは、次の強気相場で大きな成長を見せる可能性があると予想されており、投資ポートフォリオを構成する際の候補となっています。ASIは、そのエキサイティングな計画や、既存のユーザー基盤、全く新しい最先端のAIおよび機械学習技術の採用によって、特に大きな成長が期待されています。

ASIは現在プレセールを開催しており、プレセール期間中は限定の割引価格でトークンを購入できるようになっています。アルトシグナルやASIの詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Flare:7月26日に開発者向けイベントを都内で開催|CEOのHugo氏も登壇

Flare:7月26日に開発者向けイベントを都内で開催|CEOのHugo氏も登壇

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

経済データと市場動向の関連性への理解

経済データと市場動向の関連性への理解

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

PlayDogeがプレセールで400万ドルの資金調達に成功!イーサリアムステーキングやマルチチェーンブリッジングも発表

PlayDogeがプレセールで400万ドルの資金調達に成功!イーサリアムステーキングやマルチチェーンブリッジングも発表

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

Neurolanche:アスターのdAppステーキングで「NEROXトークン」エアドロップへ

Neurolanche:アスターのdAppステーキングで「NEROXトークン」エアドロップへ

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

韓国ゲーム大手:日本市場に特化した独自のOasys L2「XPLA Verse」正式ローンチ

韓国ゲーム大手:日本市場に特化した独自のOasys L2「XPLA Verse」正式ローンチ

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

ザ・サンドボックス:DOGE・SHIB・PEPEなど「6種類のミームコイン」を購入

ザ・サンドボックス:DOGE・SHIB・PEPEなど「6種類のミームコイン」を購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す