柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ここ数週間、柴犬コイン(Shiba Inu)に関する数々のニュースが多く浮上しています。ポジティブな情報が飛び交う中、投資家は価格の上昇を見込んでSHIBの購入を急いでおり、2億7000万ドルという莫大な資産を動かしたクジラも存在します。

一方多くの投資家は、メタケード(Metacade)の人気が爆発する前にMCADEトークンの購入を急いでおり、間近に迫った上場を心待ちにしています。

この記事では「ここ数週間の柴犬コインのポジティブなニュースがSHIBの強気な姿勢を後押ししていること」そして「メタケードが間もなく2023年のGameFiのベストパフォーマーの一つになる可能性がある理由」についてご紹介していきます。

投資家の心理をくすぐる柴犬コインの強気な展開予想

ドージコイン(Dogecoin)のライバルである柴犬コインは、ここ数週間でワクワクする展開を見せています。多くの期待に応えて、開発者はついに取引速度の向上とコスト削減を約束するレイヤー2ソリューションであるシバリウム(Shibarium)をリリースしました。同時に、同プロジェクトの分散型取引所であるシバスワップ(Shiba Swap)で、独占的な利用が可能な新しいトークンも発表されました。このトークンであるPAWはパウゾーン(PawZone)と呼ばれるShibaベースのエコシステムの一部となっています。

これらの動きと並行して、LunarCrushのデータによると、最近の柴犬コインがソーシャルアクティビティーの急増に繋がっており、ホエールアラート(Whale Alert)は先日「Crypto.com」から未知のウォレットにそれぞれ4,156,580,418,372 SHIBを動かす同一の取引が6つ行われたことを明かしました。取引当時、SHIBは約2億7000万トークンの価値があり、例外的な強気のサインと見られています。

ミームコインを起源とする柴犬ですが、プロジェクトの開発者がエコシステムを拡大し、新しい使用例を模索し続けていることから、単なる一時の流行りではないことがわかります。その結果、多くの専門家は柴犬コインのニュースが増えるにつれて、この通貨の価値はさらに高まることになるだろうと予測しています。

柴犬コイン価格予測

専門家は、SHIBが2023年にどうなると予想しているのでしょうか? SHIBは現在0.000011ドルの価値がありますが、さらにポジティブなニュースが浮上した場合、SHIBの価格は急騰すると言われています。最低でも、0.0000236ドル、強気な予測では0.0000479ドルまで上昇すると言われており、現在の状況を考えると可能性は現実的と言えます。

メタケード、P2Eゲーム界を率いる存在にまた一歩近づく

メタケードは、ブロックチェーンゲーム業界に革命を起こすことを目的とした新たなP2E(遊んで稼ぐ)ゲームプラットフォームです。オールインワンのコミュニティーハブとして設計されたメタケードは、ゲームプレイヤー、仮想通貨投資家、ゲーム開発者を一箇所に集め、交流の場を提供します。ユーザーは、専用のサブフォーラムに参加し、最新ゲームに関するレビューを共有することで、MCADEトークンを獲得することができます。さらに、メタグラント(Metagrants)と呼ばれる取り組みでは、様々な側面から業界に影響を与えることができます。

プラットフォームは、ユーザーがP2Eの分野で成功するための支援をしながら、GameFiイノベーションを起こすためのコミュニティーを作ることを目的としています。プレセールでは 1,635万ドル以上の資金調達に成功し、投資家は間近に迫った上場を待ち望んでいます。ユニスワップへの上場は4月6日頃を予定しており、集中型仮想通貨取引所への上場は月の後半になると見られています。

なぜメタケードがこれほど多くの投資を集めることに成功したのでしょうか。それには複数の要因があり、中でもメタグラントは大きな理由として考えられます。この取り組みは、開発者がゲームの企画書をトーナメントへ提出し、MCADE保有者は自らがプレイしたいと思う企画へ投票することができます。見事グランプリを勝ち取った企画案にはメタケードから資金が提供されるという仕組みです。これにより、コミュニティー中心のプラットフォーム作りが可能となります。最終的に完成したゲームは、メタケードの仮想ゲームセンターに追加され誰でもプレイできるようになります。

さらに、レビューや知恵を共有するための報酬制度や、ユーザーと Web3企業をつなぐジョブボード、分散型自立組織(DAO)の計画などから、このプロジェクトは市場で最も価値のあるGameFiプラットフォームの一つとなる可能性があると言われています。また、チーム・スマートコントラクト・ロードマップの全てがWeb3で求められる高い基準を満たすことを保証する「Certik」の承認も取得しています。

全体として、メタケードのコミュニティー主導のアプローチとユニークな機能は、P2E業界において競合他社と大きな差をつける上で重要な役割を果たしています。このような機能によって、メタケードは急速に拡大するGameFiの分野をリードする存在となる可能性があると注目されており、MCADEが上場した際には大幅な価格急騰が見られる可能性があると期待されています。

メタケードの価格予測

メタケードは、1トークンあたり0.02ドルの価値でプレセールを終えていますが、2023年末の価格はこれをはるかに上回る可能性があると言われています。GameFiへの関心が高まっていることから、今年中に0.25ドルに達することは確実だという専門家の声もあり、強気市場が回復した場合、その価値は0.40ドルまで上がると考える人もいます。

強気なメタケード価格予想では、リリースと同時にユーザーがメタケードプラットフォームに集まり今後数ヶ月でユーザーベースが大きく成長すると言われています。そのため最も強気な予想では「年末までに0.65ドルに達する」との予想も出ています。これが実現した場合、0.02ドルで購入をした場合のリターンは脅威の3,150%となります。

メタケードの上場発表に注目

柴犬コインは、今後数週間から数ヶ月の間でより多くのニュースが浮上した場合のさらなる価格上昇が期待されていますが、それと同時にメタケードの今後にも期待が高まっています。メタケードは、GameFi業界を率いるプロジェクトとなるための準備を着々と進めてきているため、2023年の成長には注目が集まっています。

メタケードのプレセールは既に終了しているものの、近日中には暗号資産取引所でMCADEを売買することが可能になります。MCADE上場のニュースをいち早く入手したい方は、メタケードのツイッターをフォローし、通知をオンにしてお待ちください。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」実施へ

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」実施へ

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す