2023年〜2030年のメタケード(MCADE)価格予測|UniswapやBitMart上場後に上昇するのか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ここ数年は多くの産業分野がより良いサービスの提供、コスト削減を目的としてブロックチェーン技術の導入を始めています。ゲーム業界も例に漏れずこの技術を大いに活用してさらなる成長の可能性を示しています。

中でもGameFi分野の革命が勢いを増す中、メタケードのMCADEトークンが将来有望なプロジェクトの1つとして頭角を現しつつあります。

人気仮想通貨取引所であるUniswap・BitMartへの上場を間近に控えた今、これを引き金に価格が上昇するのではないかと多くの投資家が推測しています。市場アナリストは、MCADEの価格上昇を長期的に推進できる要因の分析を続けており、メタケードへの投資がもたらすリターンの可能性を検証しています。

2023年MCADEは1ドルに到達できるのか?

多くの専門家は「GameFiの今後の見通しが非常に楽観的であること」や「メタケード主導の取り組みによる計り知れない可能性」を考慮して、MCADEが今後成長していく可能性を示しています。そして2023年に切望される1ドルのマイルストーンを達成できるかどうかに焦点を移しています。

メタケードが提供する様々なゲーム体験は、MCADEの時価総額を評価する上でプラスの要因になると推測されています。膨大な数のTAM(Total Addressable Market)が存在することから、同プラットフォームのユーザーベースは年明けの技術的な立ち上げと同時に拡大する予想されます。

MCADEが有するユーザーをプラットフォームに長期間惹きつけるインセンティブと報酬システムによって向上するサービスの質の高さを考えると、時間の経過に比例して需要が高まっていく可能性があると考えられます。需要が高まれば、メタケードは「初期投資家に素晴らしいリターンをもたらしたプロジェクト」としての地位を確立することができるでしょう。

MCADE価格が1ドルに到達するためには20億ドルの時価総額が必要となりますが、価格予想を行う専門家はメタケードの魅力的なトークノミクスを考慮して「年内にこの重要なしきい値を超える可能性は十分にある」と予想しています。

2030年のMCADE価格はどこまで伸びている?

アナリストは、MCADEが持つポテンシャルや価格上昇を妨げる障害がないことなどから「今後の成長に限界はない」と推測しています。

ディセントラランド(MANA)のような業界トップのGameFiプロジェクトは、2021年の強気相場の中、時価総額が90億ドル目前まで迫りました。これは MCADEトークンにも大きな成長の余地があることを意味します。今から数年後にメタケードの時価総額が200億ドルになると仮定すると、1トークンあたりの価格は10ドルになることになります。

メタケード(MCADE)とは?

メタケード(MCADE)は、世界最大のP2E(Play-to-Earn)アーケードを構築することで、ゲーム業界を再構築することに焦点を当てた先駆的プロジェクトです。このプロジェクトは「ゲームプレイヤー・開発者・仮想通貨愛好家を結びつける活気あるエコシステムを形成すること」を目的としています。

これらの人々が交流しながら様々なゲームを体験し、積極的に参加することで報酬を得ることができる場を提供します。先日リリースされたホワイトペーパーは投資家やアナリストの注目を集めました。

メタケードは多様なゲームを取り揃えることで、様々な興味やスキルレベルのプレイヤーにアピールし、潜在的なユーザー層を広げるとともに、この分野における他の大多数のプロジェクトと差別化することを目指しています。

さらに独創的な報酬システムは、ゲーム活動だけでなく、コミュニティとの議論に参加洞察力やアルファ値を共有、さらにはゲームレビューを書いたりといったコミュニティ主導の貢献にも及んでいます。

メタケードは強固で活気あるコミュニティの構築に重点を置いており、特にUniswapやBitMartへの上場を目前に控え、急成長するWeb3ゲーム分野でのビジネスチャンスを模索する投資家にとって魅力的な存在です。

メタケード(MCADE)の仕組み

MCADEトークンはメタケードエコシステムの燃料であり、報酬インフラを促進し、プラットフォーム上で行われるすべての取引の主要通貨として機能します。MCADEトークンはユーザーとの円滑なやり取りを実現するために不可欠なものであり、仮想通貨プロジェクトとしては異例の高い実用性を持っていると言えます。

MCADEトークンの保有者は、ステーキング機能を利用することができ、プラットフォームの成長と安定をサポートする代わりに受動的な収入を確保することができるため、長期保有に向けたインセンティブとなります。

ステーキング報酬ではステーブルコインが配布されるためMCADEの価値を安定させることができます。これもMCADEトークンの長期保有を意識した計画の一部です。

メタケードの特徴の1つに、ゲーム開発者が自分のアイデアやプロトタイプをコミュニティに披露する場を作る「先駆的なメタグラント(Metagrants)プログラム」があります。

これはMCADE保有者のガバナンス権を活用して「メタケードの金庫から資金を得るに値するプロジェクトに投票する権限」を与えるものです。ユーザーはプラットフォームの軌道や提供されるさまざまなゲームオプションに対して直接的な発言権を持ち、コミュニティ内の強力な一体感とコラボレーションを促進することができます。

MCADEは投資に見合うメタバース関連銘柄?

メタケードの革新的なP2Eエコシステム・包括的な報酬システム、そして市場での強い存在感は、メタケードを「GameFi業界における魅力的な競合プロジェクト」へと成長させる可能性があると期待されています。

このプロジェクトは「ゲームプレイヤーに力を与えて様々なプレイスタイルや好みを取り入れる」というユニークなアプローチで、ゲーム業界と仮想通貨コミュニティの両方から大きな注目を集めました。

MCADEトークンの幅広い有用性やステーキングの機会、価格上昇の可能性は、投資機会として「魅力的」とされています。強力なファンダメンタルズと長期的な成長の可能性をもつメタケードは、急速に拡大するGameFi界での資産運用に関心のある人々にとって検討に値するプロジェクトの1つとなっています。

専門家の間で、仮想通貨投資の選択肢の1つとして認識されたメタケードは、これからも常に期待と注目を集めるメタバースプロジェクトとなることでしょう。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

メタケードが注目のメタバース関連銘柄である5つの理由

メタケードが注目のメタバース関連銘柄である5つの理由

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す