4月に予定されるメタケードの上場|価格上昇につながるか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨業界では毎日様々なニュースが報じられており、最近ではイーロン・マスク氏がTwitterのアイコンをドージコイン(DOGE)のロゴ画像に変更したことなどが大きな注目を集めています。このニュースの後にDOGE価格は急騰しましたが、一部ではマスク氏の行動に対する批判的な意見も出ているため、DOGEの将来に疑問を抱く声もみられています。

イーロン・マスク氏の行動で価格が上昇する傾向にあるドージコインは人気の仮想通貨の1つとなっていますが、特定の人物の言動で価格が大きく変動する通貨に疑問を抱いている一部の人々は「特定個人の言動の影響を受けにくい、堅実な取り組みを続ける通貨」を探しています。

この記事で紹介するメタケード(Metacade/MCADE)は「世界最大規模の仮想オンラインゲームセンター」を構築することを目指しているプロジェクトです。メタケードのネイティブトークンであるMCADEは、4月中にユニスワップ(Uniswap)とビットマート(Bitmart)に上場する予定で、5月上旬にはエムイーエックスシー(MEXC)にも上場する予定となっています。

MCADEは2023年に1ドルに達することができるのか?

GameFi分野の将来は非常に明るく、今後5年間の成長予測では従来のゲーム業界を大きく上回ると言われています。メタケードの特徴である「様々なタイプのゲームを一箇所でプレイできる」というプラットフォーム形式には大きな期待が寄せられており、専門家は『2023年にはこの機能をどのように活用できるかが重要になる』と考えています。MCADEの価格は年末までに1ドルに上昇する可能性があるとも予想されているため、この通貨への期待は日々大きくなっています。

メタケードの競合他社の多くは単一のゲームを展開していますが、メタケードは充実したゲームライブラリによって、より満足度の高い体験をユーザーに提供できるように設計されています。2023年には技術的な機能の追加も予定されているため、メタケードのユーザーベースはさらに成長すると予想されています。

メタケードは「コミュニティ中心のプラットフォーム」という目標を実現するために様々なインセンティブを提供しています。

MCADEは並はずれた実用性や魅力的なトークノミクスを兼ね備えているだけでなく、2024年末までにはガバナンスコインへと移行することも決まっています。MCADEが1ドルに達するためには合計時価総額が20億ドルに達する必要がありますが、専門家は今年中にはこの時価総額を実現できる可能性があると予想しています。

メタケードとは?

メタケードは、P2E(遊んで稼ぐ)の仕組みを採用した世界最大の仮想ゲームセンターを構築することを目指している新しい革新的なプラットフォームです。このプラットフォームは、ゲームプレイヤー・仮想通貨投資家・ゲーム開発者が集まり、交流する場を提供します。メタケードは世界最大のオンラインゲームコミュニティを形成し、画期的なエコシステムを構築することを目標としています。

この画期的なプラットフォームは、仮想通貨ゲーム業界において最も包括的な報酬システムの一つを提供し、ユーザーがP2Eゲーム以外でも収入を得れるようにするための方法を幅広く提供します。その一つは「コミュニティ構築への貢献」です。これにはソーシャルコンテンツやゲームレビューの投稿・ゲームに関する攻略法の共有・ライブチャットやオンラインフォーラムでの活動などが含まれます。

MCADEの機能について

MCADEはメタケードエコシステムを支えるネイティブトークンです。MCADEは商品や有料ゲームにアクセスするためのプラットフォーム上の交換媒体として使用されます。そのため、MCADEが取引所に登場した場合には、投資家の関心がますます高くなると期待されます。

MCADE保有者は、トークンをステーキングすることも可能で、ステーキング参加者はプラットフォームの発展を支援しながら受動的収入として収益の一部を得ることができます。さらにトークン保有者には、メタグラント(Metagrants)と呼ばれる革新的な取り組みを通じてコミュニティのガバナンスに対する投票権が与えられます。

ゲーム開発者は開発資金を得るために自らのゲーム案をトーナメントに提出することができますが、MCADE保有者は興味を惹かれたゲーム案に投票することができます。最終的にグランプリを勝ち取ったゲーム開発者にはメタケードから補助金が贈呈されます。これによって開発されたゲームは完成後にメタケード内のゲームセンターで誰でもプレイできるようになります。

このような仕組みを採用することによって、GameFi分野の発展をサポートすることが可能で、より広いコミュニティを巻き込むことも可能になるため、自然にユーザーの定着率を高めることができます。

MCADEへの投資が有望とされる理由

プレセールイベントの終了で1,635万ドル資金調達に成功したメタケードは、0.022ドルという価格で暗号資産取引所に上場することを予定しているため、2023年末にはMCADEの価値がさらに上昇している可能性もあると予想されています。

既に多くの暗号資産取引所に上場している一部の仮想通貨では、予測不可能な突発なニュースなどで突然の価格下落・低迷が起きる可能性もあるため、取引所への上場や各種機能のリリースなどを控えているMCADEは比較的安心できる有望な銘柄の1つになると考えられています。

MCADEへの関心は更なる新機能の追加によって一層高まっており、これから続く暗号資産取引所への上場にも注目が集まっています。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

2024年に大きな成長が見られる可能性?12月、ASIの成長が期待される理由

2024年に大きな成長が見られる可能性?12月、ASIの成長が期待される理由

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す