メタケードのMCADEトークンが取引所デビュー!注目のゲーム・パートナーシップも引き寄せる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場を騒がせているメタケードは、大きな話題を呼んでいます。MCADEトークンは先日ユニスワップへの上場を果たしました。さらにビットマートへの上場も間近に迫っており、5月上旬にはMEXCへの上場も予定されています。

メタケードは「MetaStudioのような有名企業とのパートナーシップを確立したこと」や「CoinMarketCapに登録されたこと」など、重要なマイルストーンを達成したことによって、オンラインゲーム業界はもちろん、より多くの投資家から支持を得ています。

メタケードチームがトークンの流動性をロックしたことで、ブロックチェーンゲーム分野からさらなる注目を集めるための舞台が整ったと言えます。

メタケード:GameFi分野における注目の投資銘柄

MCADEトークンは、ユニスワップに0.022ドルの価格で上場しましたが、今月と来月には別の暗号資産取引所への上場も予定されています。メタケードのプラットフォームが提供する包括的な機能や多様な稼ぎ方は、著名な仮想通貨投資家やゲーム愛好家の注目を集めており、注目の投資銘柄のひとつとも考えられています。

トークンの流動性がロックされ、プロジェクトがさらに牽引力を持ち始めたことによって、急速に成長するGameFi分野における特別な投資銘柄になると期待されています。

メタケードはブロックチェーンベースのオンラインアーケードとして、Web3業界で最も充実したP2E(遊んで稼ぐ)ゲームのコレクションを作成することを目指しています。メタケードは革新的なプラットフォームとして、ゲームプレイヤー・投資家・起業家にGameFiの様々な機能を提供し、急成長するこの分野の中核を担っています。

メタケードとは?

メタケードは、コミュニティ主導のP2Eアーケードであり、幅広い種類のゲームと収益機能を合わせて提供します。プラットフォームは、オンラインゲームにとどまらず、対戦型ゲーム・雇用機会・コンテンツ制作者への報酬など、Web3 ユーザーが集まる中心地の確立を目的としています。

MCADEの仕組み

MCADEトークンは、プラットフォームのネイティブ通貨として機能します。このトークンは報酬システムやステーキングシステム、ガバナンスへの投票権などエコシステムのさまざまな機能を支えます。カジュアルなタイプから競争性の高いゲームスタイルを通して、ユーザーは、ソロプレイや有料トーナメントでMCADEトークンを報酬として手に入れることができます。

特にCreate2Earn(交流して稼ぐ)プログラムは、多くの注目を浴びている報酬システムです。このプログラムでは、コミュニティハブでコンテンツを作成・共有することによってMCADEトークンを入手できるようになっています。

具体的には「ゲームのレビュー投稿・ヒントの共有・他ユーザーとの交流」などで報酬を得ることができます。より多くの人をプラットフォームに引き寄せ、ユーザーのリテンションを高める大きな原動力となるのです。

さらにメタケードは、著名な「MetasStudio」と連携してブロックチェーンオンラインゲームのエコシステムでイノベーションと成長を促進するためのパートナーシップを育成することも表明しています。このコラボレーションは、両者に大きな利益をもたらし、業界におけるメタケードの地位を強化することができると期待されています。

2023年、MCADEは1ドルに到達できるのか

メタケードのブロックチェーンゲームに対する革新的なアプローチには「メタグラント」とプログラムもあります。このプログラムは有望なゲーム開発に初期段階の資金を提供し、コミュニティが支援するプロジェクトを投票を通して決定できることで、この分野への関与と革新をさらに促進します。これは、多くのアナリストがMCADEの価格を高騰させると考えている要因となっています。

このプログラムによって、コミュニティからの期待が集まるゲームをメタケードのコレクションに追加することが可能となります。MCADEは、GameFiを継続的に拡大し、ブロックチェーンゲームを先導するプロジェクトとしての評価を高め、ユーティリティトークンMCADEの需要を高めていく予定です。

大口の仮想通貨投資家いわゆるクジラたちはMCADEに大きな期待を寄せており、トークンの価格が2023年末までにマイルストーンの基準値である1ドルを突破すると予測する声も出ています。先日CoinMarketCapに登録され、ビットマートとMEXCへの上場が間近に迫るなど、プラットフォームの勢いが増す中、メタケードのユニークな提案と強力なトークンが価格を上昇させる可能性があると期待されています。

MCADEの魅力

プレセールで大成功を収めたばかりのMCADEトークンはこれから価格発見フェーズに突入します。クジラの参入で市場規模が拡大する前段階である今は、MCADE購入を検討しているGameFi愛好家・投資家・トレーダーにとって魅力的なタイミングであるのかもしれません。

MCADEトークンは現在、ユニスワップで購入することが可能で、近日中にはビットマートでも購入できるようになります。また、MEXCへの上場が決定したことによって、より多くの選択肢を提供できるようになりました。

メタケードは、先日発表された評判の高い「MetaStudio」とのパートナーシップに加え、そのプラットフォームの革新的な機能と市場におけるプレゼンスの高まりにより、ブロックチェーンゲームの未来に投資しようとする人々にとって魅力的な選択肢となっています。さらなるパートナーシップを築き、提供するサービスを拡大していく中で、メタケードはGameFi分野の急成長に対応できる体制を整えています。

メタケードは、P2Eゲーム・コミュニティ主導のイニシアチブ・戦略的パートナーシップを独自にブレンドしているため、強気相場が本格化する前に投資先を探している投資家に注目される銘柄の1つとなっています。

MCADEトークンは既に取引所に上場しており、プロジェクトも継続的に拡大しています。メタケードは、ブロックチェーンゲームの未来をサポートしながら、様々な報酬を獲得できる魅力的なプロジェクトとなっています。

メタケードの詳細はこちらから。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す