アルトシグナルのASIトークンプレセール|オンライントレードで成功を狙う投資家が注目する理由

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場に強気相場の兆しが見えてきた現在、多くの投資家は利益を上げる方法として、取引シグナルプロバイダーの利用を検討しています。その中でもアルトシグナルは、ASIトークンのプレセール発表が追い風となり、オンライントレードで利益を狙う投資家たちから注目を集めています。

この記事では、アルトシグナルのオンライントレードでの成功率、そして投資家がASIプレセールを投資機会の1つとして検討し始めた理由についてご紹介します。

アルトシグナル(ASI)はオンライントレードをサポート

アルトシグナルは、取引シグナル業界を先導するプロジェクトであり、5万人以上のユーザーのオンライン取引を支えています。

2017年にローンチされたアルトシグナルは「Binance Futures」「Binance Spot」および「Telegram」を通じて公開されるForex取引コールにおいて一定の利益を出し、投資家たちから注目を集めています。

例えば、2023年1月のレポートによって詳述されているように、アルトシグナルは「Binance Spot」のコール全体で94%の勝率を記録して175%のリターンを達成、そして「Binance Futures」のシグナルでは92%の勝率で2,480%のリターンを達成した実績があります。

さらにアルトシグナルの「Trustpilot」では、500件近いポジティブなレビューがあり、平均評価は「4.9/5」となっています。アルトシグナルの成功は、社内のプロトレーダーチームと、市場の流れを読む精度の高いアルゴリズムを搭載した「AltAlgo™」に大きく起因しています。

アルトシグナルは長年に渡って蓄積してきた情報に基づいて意思決定を促し、投資家たちの分析・調査にかかる時間を短縮します。そのため、勝率の高い高品質なシグナルの提供を通して仮想通貨の投資家を支えてきました。

ASIトークンのプレセールに注目している投資家たちは、アルトシグナルの精度の高いアルゴリズムからもたらされるであろう利益に期待を寄せています。

ASIトークンのメリット

ASIトークンの主なメリットは「画期的なActualizeAIアルゴリズムにアクセスできるようになること」です。機械学習や予測モデリング、センチメント分析のような AI 技術を実装することによって、AltAlgo™ アルゴリズムの能力をより拡張します。このアルゴリズムは、24時間365日市場をスキャンし、トレーダーが探求すべき実用的な洞察と取引機会をリアルタイムで提供します。

さらに、トークンの魅力的な使用例の1つとして「AIメンバーズクラブへの参加権獲得」が挙げられます。トークン保有者はコミュニティへの貢献に対して報酬を得ながら、誰よりも早くアルゴリズムに加えられた最新のアップデートの試運転、利用が可能になります。

また、ASIトークンをより多く保有するユーザーは「アルトシグナルエコシステム」のより高度な機能を利用できるようになります。

ASIトークンはプラットフォームのガバナンストークンとしても機能し、保有者は提案された変更に投票することでアルトシグナルの将来に直接影響を与えることができます。ActualizeAIは2023年後半に展開される予定であり、この市場をリードするアルゴリズムのシグナルを入手するため、ASIのプレセールに注目が集まっています。

ASIトークンの持つ可能性

アナリストがASIプレセールについてどう考えているのかについてですが、仮想通貨シグナル分野での長年の実績を考慮して、ASIトークンの価格上昇を予測するアナリストもいます。

また、一部では、ActualizeAIのアルゴリズムが年内に市場で最も先進的なAI取引システムの1つに早変わりする可能性があることを予測する声もあります。現在、2023年末までの目標が0.50ドル到達に設定されています。

アルトシグナル「ASI」は1つの投資機会

これらの事から、一部の専門家たちはアルトシグナルの成長に期待をしています。他プロジェクトのプレセールとは異なり、アルトシグナルはすでに優れた結果を証明しており、ASIトークンが飛躍する可能性のある優れた実績を提供しています。

プレセールは開催間近であり、0.015ドルで入手できる期間は限られているため、随時アルトシグナルの公式サイトやレポートをチェックしてみてください。また、無料のTelegramチャットに参加し、Twitterをフォローすることによってプレセール情報や最新情報を得ることができます。

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

BitcoinやEthereum、その他主要アルトコインの代わりとして注目されている3つの魅力的な仮想通貨とは?

BitcoinやEthereum、その他主要アルトコインの代わりとして注目されている3つの魅力的な仮想通貨とは?

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

新トークン「ARCS」誕生。個人の価値、アイデアがトークン化できる社会へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す