ビットコインのラリーはエイプコイン価格予測に役立つのか?アルトシグナルはAPE関連ニュースも提供

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年堅実なスタートを切ったビットコインですが、多くのプロジェクトがこの世界初の仮想通貨を超えるにはまだまだ長い道のりになりそうです。

ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(Bored Ape Yacht Club)の NFTプロジェクトにより大きな成功を納めてきたエイプコイン(ApeCoin)の価格予測は上々となっていますが、今年に仮想通貨市場を襲う可能性のあるボラティリティーの大きさからリスクも伴うと言われています。

この記事では、2023年の仮想通貨市場の中で「アルトシグナル(AltSignals)のASIトークンは成長してくことができるのか」という点について、エイプコイン(ApeCoin)の今後とあわせて紹介していきます。

ASIのプレセール

現在行われているアルトシグナルのネイティブトークンであるASIのプレセールは、高度な人工知能(AI)の使用により現在、一部の投資家の間で注目を集めています。

ASIトークンを保有するユーザーは、自然言語処理(NLP)とセンチメント分析に基づく新たなアルゴリズムであるActualizeAIへの独占アクセスが可能となり、より大きな利益を上げるための取引シグナルを受け取ることができます。

すでに多くの投資家がアルトシグナルを使用していますが、ASIトークンの使用を通じてActualizeAIへアクセスすることでリアルタイムの分析が可能となり、更に高い精度の取引が可能となります。

また、エイプコイン(ApeCoin)を含む様々な仮想通貨関連ニュースへアクセスできるようにもなります。

ASIは、アルトシグナルのユーティリティートークンとして機能するため、より多くのユーザーがプラットフォームに参加するにつれて価値が高まるようになっています。

通貨保有者はActualizeAI、 AIメンバーズクラブへのアクセス権に加えて、最終的にこのプラットフォームが分散型自立組織(DAO)へ完全移行した際のガバナンスに対する権利が与えられます。

ユーザーはより多くのASIトークンを保有することにより、より多くの機能へアクセスすることが可能となります。

アルトシグナルを使用する理由は?

アルトシグナルは、ユーザーに取引シグナルを提供するサービスです。現在の取引成功率は64%となっており、AIの改良によりこれを80%まで引き上げることがこのプロジェクトの狙いとなっています。

2017年に立ち上げられたアルトシグナルは、現在5万人以上のユーザーを抱えており、トラストパイロット(Trustpilot)での評価は「4.9/5」となっています。

アルトシグナルは仮想通貨取引に加え、従来の株式、CFD、Forexの取引シグナルも提供しています。

また、取引シグナル以外にもエイプコイン(ApeCoin)に関するニュースや資産追跡に関するサービスも提供しており、ユーザーから高い評価を得ています。

アルトシグナルの取引シグナル作成方法

現在、アルトシグナルが仮想通貨取引のシグナルを作成するために使用している主なツールは、AltAlgo™インジケータです。

これは主に自動化されたテクニカル分析のためのツールで、仮想通貨市場と外国為替市場を注視してトレーダーにシグナルを発信する機会を探し当てます。

しかし、このツールはアルトシグナルがActualizeAIによる提供を予定している機能と比較すると初歩的なものとなっています。ActualizeAIにより、アルトシグナルは取引シグナル量と精度の両方を向上させる予定です。

この新機能のバックエンドに関わるAIの重要な側面には、強化学習、自然言語処理、センチメント分析、予測モデリング、機械学習が含まれます。将来的にこれらのツールは、より正確なエイプコイン価格予測の作成にも役立つでしょう。

既に1,500以上の取引シグナルをユーザーへ提供しているアルトシグナルですが、ActualizeAIの統合が現実となった場合、どのようなことが可能になるのでしょうか?

市場の値動きを予測することができる高度なツールに加え、このプロジェクトにはあらゆるレベルのトレーダーが取引に関する情報を共有するためのコミュニティも構築されています。

ASIは2023年の仮想通貨市場で躍動できる?

ASIは、様々な理由から仮想通貨市場を凌駕できる可能性があると一部の投資家たちから期待されています。その理由の一つは、ASIのプレセールが現在も進行中であり、このプロジェクトが開発初期段階にあるということです。

つまり、市場でより確立された仮想通貨プロジェクトよりもはるかに低い地点からの出発となり、成長の余地があります。また、プレセールの終了は分散型取引所へのASIの上場に大きな影響を与えることでしょう。

ASIは、そのユースケースにより仮想通貨市場で特異な存在となっています。ASIのセールスポイントは「アルトシグナルプラットフォーム上での機能の使用により、精度の高い取引シグナルにアクセスできること」です。

そのため、仮想通貨および他の市場で何らかの変動があれば、ASIの需要が高まる可能性があります。

また、ビットコインが2023年に好調なスタートを切ったことで、ASIは仮想通貨市場に近々到来するバブルから利益を得ることができるかもしれません。

2023年、エイプコインの見通しは?

エイプコインの価格は、市場のニッチにより変動する単一プロジェクトに依存しているため、予測することは難しいと言われています。NFTが前回の強気市場ほど人気が出なかった場合、この銘柄は他のプロジェクトによってアウトパフォームされる可能性が高くなります。

さらに、エイプコインは膨大な数のNFTコレクションの中で1つのブランドとのみ関連している事も忘れてはならないポイントです。

今後のエイプコイン(ApeCoin)にも注目ですが、アルトシグナル(ASI)も注目すべき銘柄の1つと言えるでしょう。

ASIの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年における投資先の1つになる?チャンサープレセールの価格予測がさらに高まる

2023年における投資先の1つになる?チャンサープレセールの価格予測がさらに高まる

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Bybit(バイビット)がお得なUSDTエアドロップキャンペーンの詳細を発表

Bybit(バイビット)がお得なUSDTエアドロップキャンペーンの詳細を発表

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

Poodl Inuはプレセールで60万ドル以上の資金を調達、ミームコイン投資家へ優れた機会を提供

Poodl Inuはプレセールで60万ドル以上の資金を調達、ミームコイン投資家へ優れた機会を提供

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す