柴ミームかワイプレディクトか?AIイノベーションが投資家を惑わす

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ブロックチェーンとAIは世界をリードする2つのイノベーションだ。それぞれの技術分野は人々の日々の生活を変える可能性を秘めている。

現在、AIベースの仮想通貨は市場で大きな盛り上がりを見せている。中でも柴ミーム(Shiba Meme)とワイプレディクト(yPredict)は、プレセール開催中に大きな成功を収めるかもしれない。

ワイプレディクトが最終投資ラウンドを終えようとしている一方、業界の新たなリーダーである柴ミームは独自の価格メカニズムを使用してSHMUトークンに真の希少性をもたらしている。

AI搭載の仮想通貨の底知れぬ可能性を考えれば、一定の投資家から注目を集めている今の状況は不思議な話ではない。

2つのAI仮想通貨プレセール

最近の仮想通貨市場は安値からの上昇を見せ、現在は横ばいとなっている。投資家は、次の強気市場に備えて長期的な機会を探し始めている。

ワイプレディクトや柴ミームのような仮想通貨プレセールは、強力なAIアルゴリズムを使ってコミュニティに魅力的な機能を提供する。次世代型仮想通貨として、投資先の候補に挙げられるだろう。

ワイプレディクトは、AI技術を使用して収益性の高い取引戦略を構築する包括的な取引プラットフォームだ。一方、柴ミームは陽気な子犬型コインと強力なAIマーケティング機能を組み合わせた、全く新しい形のミームコインである。

柴ミームとは?

柴ミームは、おそらく仮想通貨業界で最も賢い子犬だ。人工知能を搭載したソフトウェアを使用して、過去に効果的だったマーケティング方法から学習、人気の高いソーシャルメディアネットワークで独自のコンテンツを公開する。柴ミームは最先端のAIプロトコルを使用し、時間の経過と共に効率を高めることを意図して開発された。

柴ミームは機械学習機能を備えており、人間よりも早いスピードでマーケティング手法を学習できる。そして、自然言語処理 (NLP) を使用してソーシャルメディア全体のセンチメント分析を行い、最新のトレンドに合わせてコミュニケーションを取ることができる。

通常、ミームコインは誇大広告によって多くのユーザーにアプローチすることに依存している。しかし、SHMUはユニークな機能によりミームコイン業界で存在感を示している。

0.011125ドルでローンチした柴ミームは、8週間のICO期間中に毎日価格が0.000225ドルずつ上昇する。そう、このトークンにはプレセール期間中に価格が上昇するメカニズムが組み込まれているのだ。

毎日の上昇により、イベント終了時には全体の価格が+119.33%と大幅に上昇し、最終価格が0.0244ドルとなることが確定している。

SHMUの仕組み

トークン保有者は、人工知能ダッシュボードにアクセスし、子犬と対話することができ、ブロックチェーンコミュニティと柴ミームとの間で行われる全ての取引が表示される。

ダッシュボードは、アルゴリズムにより実行された最新マーケティングキャンペーンを追跡し、プロジェクトの運営に完全な透明性を提供する。

SHMUトークンの保有者は、専用ダッシュボードを通じて柴ミームAIに質問や提案をすることができる。ここで得られる回答は、ユーザーごとにカスタマイズされた高度なものだ。

この機能は、ChatGPTのような現在大人気のAIチャットボットとよく似ている。さらに、チャットボットとは別で、ユーザーは自分の提案が採用された場合、SHMUを獲得できる。

柴ミームは、単に愛くるしい子犬というだけではない。本質は自動化されたマーケティングマシーンである。独自の広報キャンペーンやソーシャルメディア用の素材を構築し、コミュニティーメンバーと直接交流をすることができる。

SHMUは2025年に0.25ドルに達するのか?

一部の価格アナリストは、SHMUトークンが2023年に成功を収めるかもしれないと予想している。

プレセール中に相当数の投資家の目に留まると予想されるだけでなく、最先端人工知能プロトコルは、時間の経過と共に増加する仮想通貨ユーザーに範囲を拡大していくだろう。

この新しいAIを搭載したミームコインの価値は、次の強気相場が予想される2025年までに爆発的に上昇するかもしれない。控えめな予想では、1コインあたりの価値は0.15ドルから0.25ドルの間となっている。一方、強気な予想では、0.75ドルに達すると言われている。

SHMUは次の強気相場で最大50倍となる可能性がある。高度なAIを搭載したミームコインとしては妥当な評価と言えるのかもしれない。2023年9月の最終的な価格上昇によって、SHMU の価値は0.0244ドルとなり、ここから50倍上昇すれば評価額は1ドルを超えることになる。

ワイプレディクト(YPRED)とは?

ワイプレディクト(YPRED)は、人工知能を駆使してブロックチェーンベース資産を詳細に分析する、包括的な市場分析ツールである。予測モデリングを活用し、多種多様な仮想通貨の値動きを推定する。

これにより、ユーザーは簡単かつ迅速に投資戦略を作成することができ、結果として大きなリターンに繋がる。ワイプレディクトは、市場の精密な分析を行うだけでなく、最近の値動きと予測されるボラビリティを利用してユーザーの取引実行を手助けする。

このプラットフォームは各デジタル資産のユニークな特性を考慮し、異なる仮想通貨取引に最適な指標を選択するための手引きを提供する。

YPREDは2025年に1ドルに達するのか?

一部の価格アナリストは、ワイプレディクトのプレセール終了後、トークンがIDO価格の0.12ドルでローンチされた場合、YPREDが短期間で0.20ドル以上に達する可能性があると予想している。

2025年までに、このトークンは他の仮想通貨と共に強気市場の波に乗り、更なる上昇を見せるだろう。YPRED は強気相場の最中に1ドルの大台を突破する可能性を秘めているため、このプロジェクトへの早期参加者は、投資額の10倍もの利益を得られる可能性があるかもしれない。

柴ミームとワイプレディクトは投資の選択肢になる?

AI仮想通貨プレセールは、今最もホットな投資機会の1つである。初期段階にある有望な取引を求める投資家にとって、ワイプレディクトと柴ミームは、ブロックチェーンとAIという2つの世界的な成長産業の交差点に位置している素晴らしい選択肢と言えるかもしれない。

柴ミームは仮想通貨プレセールで一部の投資家たちから注目を集めている。親しみやすいイメージもあり、ネイティブトークン「SHMU」は仮想通貨プレセール初期段階から業界で話題を呼んでいる。

SHMUの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

Girlesのトークンプロジェクト「プレセールで120万ドル超の資金調達」に成功

Girlesのトークンプロジェクト「プレセールで120万ドル超の資金調達」に成功

2023年の値上がりが期待される仮想通貨 - 手遅れになる前に

2023年の値上がりが期待される仮想通貨 - 手遅れになる前に

注目度の高い仮想通貨ニュース

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す