2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

プレセールとは、プロジェクトの株式を本格的な立ち上げ前に安価で確保する投資の機会である。

早期投資はプロジェクトが成功した時に得られる巨額なリターンに繋がる可能性から、革新的なベンチャーの第一線で資本を得ようとする人々にとって、プレセールは重要な投資戦略となっている。

しかし、投資するプレセールの選択にはプロジェクトのビジョンや信頼性、トークノミクス、トークンの有用性を慎重に検討する必要がある。

以下の銘柄は、これらの市場指標を照らし合わせた上で2023年9月に注目されているトークンである。

  • 柴ミーム(Shiba Memu)
  • チャンサー(CHANCER)
  • アルトシグナル(ASI)
  • ストロングぺぺ(SPT)
  • FxBox.io(FXB)

柴ミーム:セルフプロモーション機能搭載

自慢の毛皮と自己宣伝の才能を持つ宝石の原石が生まれたようだ。注目を集めている魔法のコインその名も「柴ミーム(Shiba memu)」。ネイティブトークンであるSHMUはただのデジタルコインではなく、その名を世に広めることに長けたマーケティングの達人なのだ。

人工知能の力を利用したこの精通した子犬は、鋭いマーケティング戦略を自律的に立案する。話題性のあるコンテンツの生成から適切な視聴者へのターゲティングまで、柴ミームのAI主導のアプローチは、仮想通貨がどのようにマーケティングできるかを定義し、デジタル集団の中で傑出した存在にする。

柴ミームのプレセールは、非常に巧妙である。毎日、トークン価格を0.000225ドル上昇させることで買い付け額を増加させ、投資家が記録的なスピードで財布をつかむ緊迫感を生み出している。このプレセールは、潜在的なリターンとAI革命の一翼を担うという点で注目されているようだ。

数多くのICOが存在する中、柴ミームは遊び心のあるブランディングと本格的な財務戦略の融合で際立っている。ポートフォリオの可能性を解き放つ準備はできているだろうか?

柴ミームプレセールは、1トークンあたり0.026425ドルで行われており、さらに新規の投資家を呼び込むために先日さらに60日間の延長が発表された。

柴ミームの詳細はこちらからどうぞ。

チャンサー:ベッティングの世界への誘い

ここに煌めき以上の確かな宝石がここにあるチャンサー(Chancer)は、分散型のピアツーピアベッティングプラットフォームで、成長の可能性があるICOの1つとして注目されている。

自分でベッティングマーケットを作り、オッズを設定し、仲介者なしで賭けられる世界を想像してほしい。それがチャンサーであり革命なのだ。さらに、BitMartへの上場や10万ドルのプレゼント企画など、チャンサーはただのゲームではなく、ルールをも覆そうとしている。

選び抜かれたプレセール銘柄の中で一際明るく輝いている理由は何だろうか?それは、チャンサープレセールはプレセール以上のものを提供するのはもちろん、ギャンブル新時代の一部となり、利益を上げる方法の提供、数十億ドル産業の一員となる大きなチャンスだからだ。

チャンサーのプレセール価格は0.011ドルとなっている。

チャンサーの詳細はこちらからどうぞ。

アルトシグナル:AIの宝石

アルトシグナル(ASI)は、現実世界で実用性のあるコインに関するビッグネームの中で肩を並べる存在だ。2017年から長年に渡る実績を持ち、トレーダーや投資家にマーケットコールを提供し、60%以上の精度で的中させている。

アルトシグナルのプレセールは、さらに正確なシグナルの提供のため人工知能を統合したActualizeAIを開発するための流動性ドライブである。これが完成した暁には、提供するシグナルの精度が85%以上にまで高まるとされている。

これにより、アルトシグナルはシグナル提供における分野のリーダーとなり、ユーザーがどんな状況でも収益を出すチャンスを提供する。

アルトシグナルは、無限にある仮想通貨に紛れているトークンではない。0.01875ドルで入手可能なトークンで現在進行中のアルトシグナルは投資家たちから注目を集めているようだ。

アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ。

ストロングぺぺ:頂点への道

ミーム革命を目撃する準備はできているか?仮想通貨ポートフォリオが盛り上げると噂のストロングペペ(SPT)の登場。象徴的なミームであるカエルのペペにインスパイアされたこのコインは普通のミームコインではない。

筋肉質で、健康的、さらに自信に満ち溢れている。BNBチェーン上でBEP20トークンとして運用されるトークンは、長期的な価値を高めるため、販売ごとに5%の再分配手数料を含むデフレメカニズムで設計されている。

セキュリティは最優先事項であるため、コントラクトコントロールは放棄され、チームや開発者のウォレットがトークンを操作できないようになっている。さらに、希少性も保証され、発売前に供給量の60%がバーン済みだ。成長が期待できそうなプレセールとして、ストロングぺぺトークンは注目を浴びているようだ。

FxBox.io:全てが揃う仮想通貨の遊び場

FxBox.io(FXB)は、GameFiの世界とDeFiの世界が融合したFXトレーディングゲームである。トレーダーと投資家のためのワンストップの遊び場で、ゲームのような体験を楽しみながら、スワップ、賭け、採掘、農場、取引ができる空間を展開している。

FxBox.ioはGameFi分野に革命を起こし、投資や金融取引を有益で楽しいものにしている。ネイティブトークンであるFXBは、ポートフォリオの主役になるよう設計されている。

プレセールリストの中で輝いているのは、金融と楽しみが融合した世界の提供を掲げているプロジェクトのICOだからである。

まとめ

プレセールは莫大な利益をもたらす可能性があり、それを狙う投資家はその中から最高のものを探す必要がある。

仮想通貨取引はリスクを伴う可能性があるため、常にDYORすることをお勧めする。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す