2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

仮想通貨市場のナビゲートは難しく、とりわけ期待ができる銘柄の特定は至難の業である。この記事では、高いポテンシャルを持っているのではと一部の投資家たちの間で話題となっている4つの銘柄について掘り下げていく。

技術的な独創性、変革の可能性、コミュニティとの強い関わりなど、さまざまな要因に基づいて厳選された。投資先の銘柄を探す際に参考にしてほしい。2023年10月、期待の声が集まっている仮想通貨銘柄は以下の通り。

  • 柴ミーム(Shiba Memu)
  • チャンサー(Chancer)
  • アルトシグナル(AltSignals)
  • メタケード(Metacade)

柴ミーム:セルフマーケティングミーム

柴ミーム(Shiba Memu)は、ミームコインの在り方を再定義している。多くのミームコインは、気まぐれな人間主導のハイプサイクルに依存して高騰したり急落したりするが、柴ミームはその脚本を塗り替えようとしている。

最先端の人工知能を採用し、自らを宣伝、さらに市場動向を予測して、潜在的な投資家と対話している。柴ミームは独自のPR代理店として、自然言語処理を利用して空気を読み、センチメント分析を利用して話題を測定し、成長に応じて戦略を調整する。

自立的な行動力により、今期注目されている投資先の候補となっている。ミーム文化とAI技術にまたがる柴ミームは、ミームコインのリーダーになる可能性があると見て、多くの投資家が強気の姿勢を見せている。

その興奮は、プレセールの価格戦略によってさらなる盛り上がりを見せている。毎日0.000225ドルの値上げは、プレセール終了までにSHMUが240%以上急騰することを意味する。プレセール終了までまだ時間があるため、この日替わり値上げの恩恵を受けられるかもしれない。

柴ミームの詳細はこちらからどうぞ。

チャンサー:再定義されるベッティング

きっとあなたはどの銘柄に注目すべきか思案中のことだろう。次に紹介するのは画期的なピアツーピア・ベッティングプラットフォームであるチャンサー(Chancer)である。

起業家のアダムとポールのケルビー兄弟によって設立されたチャンサーは、ベッターが自由にカスタムベット市場を作成し、参加できる分散型スペースを提供することで、ベッティング業界に革命を起こす舞台を整えている。

大きなスポーツイベントや、1分以内にホットドッグを7つ食べることができる友人の能力など楽しい賭けを想像してみてほしい。中央集権的な第三者がオッズを歪めたり、分け前を得たりすることなく、このすべてが実現する。それがチャンサーなのだ。

ケルビー兄弟は、現在のベッティングプラットフォームにおける中央集権的なコントロールの問題点を認識し、透明性、公平性、そして楽しさに基づいた代替手段を提供することに着手した。彼らの実践的なアプローチは、このプロジェクトのプレセール成功に不可欠であった。

例えば、彼らはプロジェクトのTelegramチャンネルで投資家と直接関わり、ラスベガス旅行や10万ドルのCHANCERトークンを含む大規模な景品を企画している。まさに、チャンサーは有望な投資先の1つとして急速に浮上しているのだ。

チャンサーの詳細はこちらからどうぞ。

アルトシグナル:AI搭載の次世代取引シグナル

新たな投資先の銘柄を考えるとき、アルトシグナル(AltSignals)は2017年の創業以来トレーダーの指針となってきた。50,000人以上の購読者から信頼は、Trustpilotでは4.9つ星の評価と64%の平均勝率を誇っている。

そのリターンは驚くべきもので、2023年6月だけで、バイナンス先物のシグナルで1829%のリターンと72%の勝率を記録した。

この成功の背景には、アルトシグナルが「ActualizeAI」と呼ばれるAIベースの取引システムを構築するために計画している有名なAltAlgo™ツールが存在している。計画では、平均勝率を80%にまで引き上げる。

この野心的なベンチャーに燃料を供給するため、アルトシグナルはASIトークンをローンチする。これはActualizeAIの優れた取引シグナルにアクセスするための鍵となる。50,000のASIトークンを保有すると、システムへの生涯アクセスが提供される。

これらのシグナル以外にも、ASIトークン保有者はAIメンバーズクラブに参加することができ、メンバーはASIトークンと引き換えに新機能を試すチャンスを得ることができる。

ASIは、2024年早期にデビューする予定であり、現在進行中のプレセールは一部の投資家たちから注目を集めているようだ。

アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ。

メタケード:P2E(遊んで稼ぐ)ゲームの中心地

メタケード(Metacade)は、ゲームプレイヤー、暗号愛好家、開発者のためのプラットフォームを目指しているP2E(Play-to-Earn)プロジェクトだ。

オール・イン・ワンのコミュニティハブとして設計されたメタケードは、幅広いタイトルのアーケードとブロックチェーン技術を融合させることで、暗号ゲームの現状を変えることを目指している。もしあなたがP2Eゲームのファンであるならメタケードは選択肢の1つになるだろう。

このビジョンは、行動と投資の両面で裏付けられている。今年初め、プラットフォームはプレセールで1500万ドル以上を調達し、大手Web3企業「Metastudio」および「Metafuse」と提携した。これらの資金は、プラットフォームの成長、特にメタグラント・プログラムの展開に役立っている。

このイニシアチブは、MCADEトークン保有者にP2Eゲームの将来に対する直接的な発言権を与えるものだ。

彼らは、どのゲーム開発者がコミュニティ金庫から資金援助を受けるかの決定に投票することができ、これらのゲームタイトルはメタケードのバーチャルアーケードに随時追加される。このレベルのコミュニティ参加と関与は、Web3スペースでは前例がない。

メタケードの詳細はこちらからどうぞ。

まとめ

これらのプロジェクトは、2023年10月に注目を集める仮想通貨銘柄になるのかもしれない。

拡大し続ける仮想通貨の世界をふるいにかけて、成長する銘柄を特定するのは容易なことではない。しかし深く調査した結果、この4つの銘柄が注目される可能性がある銘柄として浮上した。

それぞれ、各分野を混乱させる、あるいはリーダーとなる大きな可能性を秘めている。もし、あなたが投資先の銘柄を探しているのなら、これまでに紹介した銘柄が検討の材料になるかもしれない。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

WienerAI(WAI)がプレセールで600万ドル突破!次に注目の仮想通貨として投資家は期待NEW

WienerAI(WAI)がプレセールで600万ドル突破!次に注目の仮想通貨として投資家は期待

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

注目度の高い仮想通貨ニュース

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す