ミームネーターは2024年にビッグウェーブを巻き起こすことができるのか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年に向けた仮想通貨市場の熾烈な競争において、あるプロジェクトが他を圧倒している。異色の投資機会として注目の新ミームコインプロジェクト、ミームネーター(Memeinator)だ。

9月27日にプレセールを開始したミームネイターは、新年を前にして180万ドルの調達に成功したことにより、無限に広がる可能性を投資家へ見せつけた。

プロジェクトは、犬やカエルなどの使い古されたミームの焼き直しではない。業界に新たなアプローチをもたらし、ミームコインのあり方を再定義するモンスターだ。

仮想通貨の専門家は「来年ミームネーターが爆発的な人気を博す」と予想している。以下に注目の理由をまとめた。

ミームネーター(Memeinator)とは?

ミームネーター(Memeinator)は野心的なミッションを遂行するため、はるばる2077年からやってきた。

この巨人の目標は、ミームコイン市場に蔓延る実用性ゼロのコピー品を根絶することだ。それと同時に、時価総額10億ドルの仮想通貨プロジェクトになることを目標として掲げている。

2021年のドージコインと柴犬の成功をきっかけに、無数の粗悪コインが市場に際限なく供給され、これにより、業界の秩序は大きく乱れた。ミームネーターは、そんなマーケットの混乱を収拾するため颯爽と現れた。

弱小ミームコインを駆逐するためなら手段を選ばないこの暗殺マシーン。大人気アクション映画、ターミネーター(Terminator)をベースに立ち上げられたこの通貨は劣悪コインへ「アスタ・ラビスタ」と告げる日を心待ちにしている。

ミームネーターが他のコインと比較して長期投資に向いていることを示す特徴の1つに、ミームスキャナー(Memescanner)ツールが挙げられる。このAI搭載ツールはインターネット上を隈なくスキャンし、無用ミームコインを探し出す。

これらの哀れなミームは、オリジナルFPSゲームのミーム戦争(Meme Warfare)へ投入されライバルキャラクターとしてミームネーターに一網打尽にされる運命を辿る。

ミーム戦争と並んで、開発チームはネイティブトークンMMTR保有者専用の特別版NFTプロジェクトに精力的に取り組んでいる。加えて、新グッズショップ紹介プログラム、ステーキングプログラム、イールドファーミングなども提供しており、一目瞭然の実用性の高さが伺える。

MMTRのICOと共に飛び立つ

ミームネーターのICOが好調なスタートを切った背景には、マーケティングキャンペーンへの多額投資など様々な理由があるようだ。

チームが開発中の予告編ビデオは、MMTR トークン保有者の想像力をくすぐる。ミームネーターは2023年最後の数ヶ月から2024年の初期にかけて、ビッグウェーブを巻き起こすことになりそうだ。

ターミネーターファンなら、ミームネーターが8月29日の審判の日にプレセールを発表し、MMTRローンチに向けて29日間のカウントダウンをしていたことに気がついたはずだ。29段階にわたり開催されるICOは9月末にわずか0.01ドルという価格で開始された。

トークンの価格はステージが上がるごとに約6%ずつ上昇し、最終的なローンチ前には0.049ドルに到達するように設定されている。つまり、初期段階でトークンを購入した投資家は、MMTRが上場する前に490%の含み益となる計算だ。これは、ミームネーターが2023年の傑出した投資機会であるという主張に現実味を持たせる。

多くの人にとって、この際立った投資収益率は投資を始める十分な動機となるだろう。しかし、ミームネーターの勢いは止まらない。プロジェクトはプレセール段階からの支援者にさらなるメリットを提供する。

チームは、7.5%をコンテストの賞金や景品に充てている。これにより、幸運なプレセール投資家1名は、ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社が提供する250,000ドル相当の宇宙旅行に行くことができる。

メールマガジンに登録してMMTRのプレセール最新情報を入手しよう。

時価総額10億ドルの壁を破ることができるのか?

専門家が注目するマジックナンバーは1ドルだ。MMTRトークンの総固定供給量が10億枚であるため通貨の価値がこのマイルストーンに到達した場合、時価総額10億ドルという目標をクリアすることになる。

これは決して簡単な目標ではないが、過去にぺぺコインが見せた価格パフォーマンスを考慮すると、MMTRにもそのチャンスが十分にあると言えるのではないだろうか。

一部の強気な予想によると、コインの価値は2025年までに1ドルに達する可能性があるとされている。もしこれが実現した場合、初期の投資家は100倍のリターンを手にすることになる。また、別の強気な予測では目標価格の中間地点である0.50ドルに達するのではと言われている。

いずれにせよ、来年予定されているビットコイン(BTC)の半減イベントによる強気相場の到来が予想される中、専門家はミームネーターが投資家に誓った約束を果たし、次の大波を引き起こすと確信している。

ミームネーターは次世代の王者となることができるのか?

ミームネーターのプレセールイベントのタイミングは完璧だ。2022年に到来した仮想通貨の極寒の時代は歴史にしっかりと刻まれた。2025年に強気市場が再来すると予想される中、ミームネーターは理想的なタイミングで人気に火をつけ人々を驚かせるだろう。

MMTRトークンは現在、ICOステージ7においてわずか0.014ドルで入手可能だ。プレセール終了時に0.049ドルに到達するように設定されていることを考えると、350%もの含み益となるこの機会は投資を検討する価値があるのかもしれない。

ミームネーターには、その一風変わったストーリー、高い実用性、卓越したトークノミクス、急成長する草の根コミュニティにより、輝かしい未来が待っているはずだ。

市場の展開を一変させる新しい仮想通貨を模索中であれば、ミームネーターのプレセールも選択肢の1つになるだろう。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインセキュリティーの落とし穴

コインセキュリティーの落とし穴

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

ミームコイン界の新生、柴ミームがついに登場!コイン自身が自ら売り出す新たなスタイル

ミームコイン界の新生、柴ミームがついに登場!コイン自身が自ら売り出す新たなスタイル

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説