Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

現物ETFに注目が集まる中「BTCETF」が300万ドルを調達

最近のBloomberg(ブルームバーグ)のレポートでは「現物ビットコインETFの承認と機関投資家から急増する需要を受けて、ビットコイン価格は53万ドルになるだろう」と報告されています。その一方では、Bitcoin ETFトークン($BTCETF)が300万ドル以上を調達しています。

センチメント(市場心理)の大きな変化は、「仮想通貨のスーパーサイクル」が到来したことで、「暗号資産(仮想通貨)の冬」が悪い記憶にしか過ぎない状況となっていることを意味します。

Kaiko(カイコ)のアナリストは、現在の転換期を生み出している要因として、ビットコインETFの承認とマクロに着目し、「10月中旬以降、現物ビットコインETFの承認の可能性に対する機関投資家の熱意の高まりと、最近のマクロ環境の改善により、市場における本格的な変化が確認されている」と発言しています。

中でも注目されているのは、SEC(米国証券取引委員会)に提出されている13の現物ビットコインETF申請のうちの1つが、新年早々に承認される可能性があると言われていることです。

Bitcoin ETFトークンは、現物ビットコインETFの勢いに便乗することを明確な目的として作られています。$BTCETFは、現物ビットコインETF製品のライフサイクルにおけるあらゆる重要なステージでトークン保有者に報酬を与えます。

ビットコインETF承認の恩恵を直接受けられる唯一のトークンをトレーダーが買い占め、プレセールの売り切れが迫る

現在は、プレセールの最終段階であるステージ9で、0.0066ドルで売られていますが、プレセールの売り切れまで2時間を切りました。

購入希望者には、プレセールの目標額である386万4,976ドルを達成する前に早めに動くことが推奨されています。

Bitcoin ETFトークンは、承認からローンチ、そしてその後のマイルストーンに至るまで、供給量の最大25%の焼却メカニズムと、取引税の減額によって、報酬を分配していきます。

懐疑的な見方では、ビットコインを史上最高値の6万9,000ドル近くまで押し上げたブルランの要因の1つは、コロナ救済資金が市場に流れ込んだことによるものであり、これと同じようなことが再び起こる可能性は低いとされています。

しかしながら、このような考え方は、現物ビットコインETF承認が、ファイナンシャルアドバイザーやマネーマネージャー(資産運用管理者)が、割り当てる準備ができている数千億ドル規模の需要を解放するという点を見落としています。

現時点では、仮想通貨市場への参入のハードルが高く、規制されていないことが、機関投資家の参入を妨げているといえるでしょう。そこに、現物ビットコインETFが登場したことで、これらの障壁が低くなると考えられます。

その結果として、Bloomberg Intelligenceのアナリストは、現物ビットコインETF市場が1,000億ドルの市場機会で、それは始まりに過ぎないと信じています。

CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、金融市場という枠を超えて、歴史的な規模ともいえる強気な姿勢を示しています。彼は、ビットコインが西洋文明を次のレベルへと導くであろうと主張しています。

Grayscaleのアルトコインファンドがプレミアムで取引され、スポットマーケットにおける強い買いシグナルが発生

Spot Bitcoin ETFの承認によるフローの大きさを示す指標として、Grayscaleのクローズドエンド型投資ファンドがあげられます。

高所得者や機関投資家からの仮想通貨への需要が高まっているため、例えばGrayscale Filecoin Trustは、NAV(純資産価値)の10倍で取引されています。

一方で、Grayscale Solana Trustは、NAVに対して300%以上のプレミアムで取引されています。

これらのGrayscaleファンドへの投資家は、コンプライアンスに準拠した仮想通貨投資ファンドにアクセスする権利を得るために、進んで多額の過払いをしています。

資金の流入について、GrayscaleのCEOであるMichael Sonnenshein氏は、次のように述べました。

暗号資産の冬が過ぎ去った今、仮想通貨製品に対する非常に高い需要があり、投資家は、仮想通貨に多くの配分を行い、BitcoinやEthereumからの分散投資も行っています。

Grayscaleの仮想通貨ファミリーファンドを構成する17のファンドで起きていることは、ビットコインが市場を強気にリードした後、アルトコインのラリー(上昇)が展開され、より広い市場の行方を示しています。

Bitcoin-ETF-Token

アルトコインシーズンが到来、Ethereum・Cardano・Solana・Bitcoin ETFトークン

上位のアルトコインが盛り上がり始めている中で、Bitcoin ETFトークンは、アルトコインシーズンで保有を検討する価値のある資産として、注目を集めています。このような主要アルトコインは、ポートフォリオに割り当てる候補ではありますが、まだ取引所で取引されていない真の実用性のある小規模なコインは、さらに優れた投資収益をもたらす可能性があります。

Ethereumが5%高の2,355ドル、Solanaが13%以上高の72ドル、Cardanoが12%高の0.489ドルとなっている一方で、Bitcoin ETFトークンは現在のプレセール価格0.0066ドルから100倍になる可能性が高いともいわれています。

Bitcoin-ETF-Token

焼却と取引税の減額は、Bitcoin ETFトークン($BTCETF)保有者へどのように価値をもたらすのか

総供給量が最大25%まで縮小されることで、Bitcoin ETFトークンの希少価値が高まり、より強力な価値提案となります。始めの5つのマイルストーンごとに、取引税は5%から1%ずつ減少します。

以下は、Bitcoin ETFトークン保有者にとって価値のカスケードを引き起こす5つのBitcoin ETFトークンのマイルストーンです。

  1. $BTCETFの取引量が1億ドルに達する。
  2. SECが最初のSpot Bitcoin ETFを承認する。
  3. 米国で最初のSpot Bitcoin ETFがローンチする。
  4. Bitcoin ETFの運用資産が10億ドルに到達する。
  5. Bitcoin価格が10万ドルを超えて日足ローソク足を終了する

Bitcoin-ETF-Token

Bitcoin ETFトークンのプレセールが加速、FOMOが高まり経験豊富なトレーダーが殺到

Bitcoin ETFトークンは、約500万ドルのハードキャップ(資金調達上限)を目標に掲げており、プレセールのペースが加速しているため、プレセールは間もなく売り切れると予想されてます。市場において、ユニークなポジションをとっていることから、人気のアナリストはこのチャンスに目をつけ、視聴者へ情報を提供しています。

Bitcoin ETFの承認への期待が高まる中、経験豊富なトレーダーはFOMO(取り残されることへの恐れ)の人々へ先駆けて、$BTCETFに注目しています。

YouTubeで登録者数約2万人以上の仮想通貨スペシャリストであるコインアカデミアや登録者数約1万7000人のマルチインカムサラリーマン蜂野一は、Bitcoin ETFの承認とトークンの他のマイルストーンに関連する報酬メカニズムへ、強い期待を抱いています。

Bitcoin ETFトークンプロジェクトの詳細については、X(Twitter)Telegramからご確認ください。ウェブサイトでは、Spot Bitcoin ETF申請の進捗状況を常時更新しています。Bitcoin ETFに関連するものは、すべて市場を動かす情報となるため、市場参加者として最新の情報を取得したい場合は、このサイトをブックマークすることをおすすめします。

プレセールに参加するには、仮想通貨ウォレットを接続し、投資したい金額を設定し、ETH・BNB・MATIC・USDTで支払います。BNBとMATICで購入するには、「Buy with ETH」の隣にあるドロップダウンをクリックし、BNBまたはMATICを選択してください。銀行カードでの支払いも可能です。

仮想通貨スーパーサイクルが到来し、Bitcoin ETFトークンはこのブルランの最前線に立っています。今日$BTCETFに投資したわずかな金額が、大きなリターンを生む可能性もありますが、しっかりとリサーチをした上で、許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

2023年の強気相場で成長が期待される仮想通貨銘柄7選

2023年の強気相場で成長が期待される仮想通貨銘柄7選

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

グローバル仮想通貨取引所のメンテナンス課題とBitMake(ビットメイク)のダウンタイムなしアップデートソリューション

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す