ChatGPTによる価格予測:2024年に成長が見込まれる2コイン

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ChatGPTは、2023年1番話題になったAIツールで間違い無いだろう。大量のデータをふるいにかけ、パターンを特定することができるため、多くの人が金融市場や仮想通貨市場の正確な予測を行うためのリソースとして利用している。

ChatGPTに「2024年に爆発的に流行する可能性のあるコインは何か?」そして「ミームコイン分野で人気となる特徴とは何か?」を尋ねてみたところ、まともな答えが返ってきた。

ChatGPTのミームコインに関するアドバイスは、バイラルマーケティング、有用性、コミュニティとソーシャルメディアの存在、希少性などの品質に焦点を当てたものだった。

ペペコインとミームネイター(Memeinator)は、これらの品質を求める仮想通貨投資家にとって選択肢の1つとなるのかもしれない。この記事では、両コインの評価を踏まえてより良い投資先となり得るのかについて解説する。

ミームネイターの仕組みについて

ミームネイター(Memeinator)は、ミームコイン分野で頭角を現しつつある生まれたてのプロジェクトだ。ChatGPTがミームコインにおいて様々な要点を挙げており、その中には力強いコミュニティからのサポートなども含まれている。

お気づきのようにミームネイターは、ターミネーターシリーズからインスピレーションを得ている。タイムスリップしてきた未来型ロボットが標的とする人間や機械を抹殺する。

2077年からやってきた未来的なミームコインは高度なAI技術で、弱く性能の低い競争相手を抹殺する。最終的な目標は、ミームコインのスペースを支配し、市場のそのセクションに革命を起こすことである。

ミームネイターのコミュニティは、市場で入手可能なミームコインを爆破し、吹き飛ばし、さらには殴り合う「ミーム戦争」と呼ばれるゲームに参加することができる。ミームスキャナー(Memescanner)は、標的となるミームコインを探すためインターネット上を探索し洗練されたAIツールで、Web3ゲームに投入するための低俗なミームコインを見つける。

MMTR ERC-20トークンは、受動的な収入源として人気のあるステーキングとイールドファーミングもサポートしている。マーケティングとブランド向上を重視しているMMTRはNFTプロジェクトのエキサイティングな計画により、そのブランド名と認知度がさらに高まるだろう。

さらにトークンの希少性を高めるため、ミームネイターの開発はプレセールを当初予定されていた29段階からわずか20段階に引き上げる「トークンの早期焼却」を発表した。チームは6段階分のトークンを燃やし、そのコインをインフルエンサーや一流プラットフォームとの提携など、マーケティング活動の強化に振り向ける予定だ。

最終的にミームネイターは大規模な実用性、バイラルマーケティングキャンペーン、忠実なファンベース、MMTRトークンの希少性など、ChatGPTがミームコインにとって最も価値があると考える様々な特徴を組み込んでいる。

これらがミームネイターが2023年から2024年にかけて優れたミームコイン投資オプションの1つになり得る理由だ。

ペペコインとは?

ペペコインは、有名なインターネットミームであるカエルのぺぺから着想を得たERC-20トークンである。2023年4月にローンチされたこのコインは、実用性は特に無いもののChatGPTのリストによると、良いミームコイン投資となり得るいくつかの特徴を備えている。

第一にそのデフレ的性質、すなわち希少性である。PEPEトークンのごく一部は取引ラウンドごとに燃やされ、時間の経過とともに供給量が減少し、希少性が高まるため、価値が高まる仕組みとなっている。

さらにPEPEは再分配システムを運用しており、すべての取引の一部が既存のトークン保有者の間で共有され、コインを長期保有するインセンティブが生まれる。

最後にペペコインは無税ポリシーを採用しており、どのユーザーも追加手数料を負担することなく取引できる。また、ペペコインは優れたソーシャルメディアのフォロワーとユーザーの強力なコミュニティを持っている。ChatGPTによれば、ペペコインは基本となる優れたミームコインとなる多くの特徴を持っている。

しかし、ペペコインの欠点は8月に発生したスキャンダルである。その後トークンは失地を取り戻したが、この騒動は評判に大きく影響した。

ペペコインとミームネイターの価格予測

ペペコインは登場した当時は派手なものではなかったが、その後急激な価格上昇を見せた。1トークンあたり0.000000001ドルで取引所に上場され、これは1億のPEPEトークンが1ドルに相当する額である。そして数日後、その価格は何倍にも上昇した。

ローンチから17日後に約0.000003734ドルのクライマックスを迎え、時価総額10億ドルの大台を突破した。しかし、これは2023年全体で記録された最高値だった。1ヵ月も経たないうちに勢いを失い、下落に転じた。

一方、ミームネイターはまだ取引所に上場されていないが、すでに波紋を広げている。CoinJournalによると、購入すべき新しいミームコインとして評価されており、ペペコインが持つすべての機能そしてそれ以上を備えている。

そのネイティブトークンであるMMTRは、ペペコインとは異なりシンプルで実用的なユーティリティを持っている。実用性を持たないペペコインが10億ドルの時価総額のしきい値をクリアできたことを考えると、実際の実用性があるMMTRが将来どれほど成長するのかに期待が集まっている。

また、ミームネイターは専門家が今後7年間で900億ドル以上を稼ぎ出すと予測するGameFi市場にも足を踏み入れている。そのとき、MMTRの価格はどれくらいになっているのだろう。

現在、プレセールの8段階にあるプロジェクトは、稼動からわずか12週間で236万ドルを調達した。MMTRは現在$0.0157で入手可能である。これはプレセール開始価格の$0.01000から157%の上昇を意味する。

ChatGPTによる仮想通貨アドバイス

一見するとChatGPTによる予測は不可能に思える。人工知能(AI)は、これからの投資にベストなコインについて曖昧な答えを出すかもしれない。

しかし、ChatGPTにミームコインの成功する特徴は何かと尋ねると、ミームネイターとペペコインが提供するいくつかのポイントを挙げる。そしてミームネイターが投資家にとって選択肢の1つとして浮上している。

ミームネイターはアンチミームコインを掲げるプロジェクトであるため、ミームコイン分野で際立っている。一般的な模倣品で溢れる業界で一線を画し、ミームコイン革命の先陣を切る。

ユースケースを通じて独創性、楽しさ、有意義なコミュニティとの関わりをもたらし、ミームコイン市場の復活とGameFiの進化において中心的な役割を果たすことを計画している。

このコインは魅力的で楽しいストーリーを備えておりこれからもトレンドに乗り、勢いを生み出し続けるだろう。加えてプレセール中のため今後、価格が大きく上昇する可能性もあると期待されている。これが、ミームネイターが持つ2024年に大きな成長を遂げるコインになり得る理由だ。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

アルトシグナルとローンチパッドXYZ|プレセール中の注目プロジェクトを紹介

アルトシグナルとローンチパッドXYZ|プレセール中の注目プロジェクトを紹介

2024年に大きな成長が見られる可能性?12月、ASIの成長が期待される理由

2024年に大きな成長が見られる可能性?12月、ASIの成長が期待される理由

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す