注目したい2つのトレンド仮想通貨|専門家による2024年に向けた考察

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

年末がすぐそこまで迫っている中、専門家たちは2024年に市場を賑わすであろう仮想通貨の選別を始めた。波乱の予感がする有望なプロジェクトの中から、意外な2つを紹介しよう。

ミームネイター(MMTR)は、ミーム文化とGameFi的な楽しさを融合させたプロジェクトで、カスパ(KAS)は、ビットコインの挑戦者として登場した新しいプロジェクトである。

これらの宝石の原石とも言えるデジタル技術と、専門家たちが2024年の彼らの活躍に強気な理由を解説していく。

ミームネイター:専門家が選ぶ2024年のトレンド銘柄候補

ミームネイターは、象徴的なターミネーター・シリーズからインスピレーションを得た先見性のある十字軍である。2077年から戻ってきた未来的な救世主であり、ウェブを汚染する派生的で弱いミームコインを一掃する。

時価総額10億ドルという大胆な目標を掲げるミームネイターは、単なるミームコインではなく、凡庸さに対する革命を起こそうとしている。

ミームネイターは現在、プレセール9ステージを展開しており、そのチャンスは金の延べ棒のようだ。価格は0.0157ドルで、トークンで騒乱とテクノロジーが衝突し、インターネットの運命を変えるミーム戦争に参加するよう早期支援者を公募している。プレセールは全20ステージあり、最終価格は0.0292ドルとなっている。

ミームネイターが提供するもの

ミームネイターは単なるミームコインではなく、ゲームと映画文化にテクノロジーと人工知能を一つに融合させた体験である。画期的なエコシステムのひとつがゲーム「ミームウォーフェア」であり、プレイヤーは劣悪なミームコインを撲滅するという使命を課せられたファイターの立場に立つ仮想戦場である。

このゲームは人工知能を搭載しており、ミーム文化の風変わりなユーモアとプレイヤーを飽きさせない激しいアクションが組み合わされている。ミームスキャナーとして知られるAIは、ウェブ上で力が弱まっているミームコインを探し出し、そのデータをゲームに送り込む。

しかし、ミームネイターは急成長するGameFi市場に大量生産されるようなプロジェクトではない。あらゆるレベルの投資家が報われるよう設計されたNFTコレクションを提供し、開発チームは近い将来、NFTに関する詳細情報を発表する予定だ。

MMTRの仕組みについて

ミームネイターのエコシステムは、卓越したトークノミクス構造で運用されるMMTRトークンによって支えられている。大胆な動きとして、チームは最近、総供給量を減らし、トークンの価値を高めるためにバーニングイベントで約1億3,000万トークンバーンを決行した。

さらに、チームは29のプレセール・ステージを20ステージに減らし、トークンの1ステージ分を最大45%という驚異的なAPRでエキサイティングなステーキング・プールに割り当てることにした。

トークノミクスをさらに細分化すると、トークンの62.5%がプレセールで配布され、15%がCEXとマーケティングに割り当てられる。この割合は、最近のトークン・バーンのおかげで強化され、知名度を拡大するミームネイターの努力により多くのリソースを提供する。

さらにトークンの10%は開発費とプラットフォームの継続的な改良に充てられるが、7.5%ものトークンがコンペティション・プールに割り当てられたおかげでプロジェクトは大成功を収めている。記念すべき第一回目の企画は進行中で、賞品はなんとヴァージン・ギャラクティック社との25万ドルの宇宙旅行である。

ミームネイターの価格予測

ミームネイターの価格予測は市場を形成するいくつかの重要な要因に支えられ、着実に強気となっている。ミームネイターの最も興味深い側面の1つは、そのミーム戦争ゲームによる急成長しているGameFi分野への統合である。

現在の市場の楽観的な見方とより広い市場の強気な傾向もミームネイターにとってポジティブな指標である。ビットコインの半減イベントが控えている2024年も上昇が続くと見られている。

同時に、2024年は選挙の年であるため、投資家が伝統的な市場のボラティリティに対するヘッジを探し、不確実性が仮想通貨のような代替資産にさらに傾く可能性がある。

これらの要因を考慮すると、一部の専門家はミームネイターが長期的に強気で推移し、2024年には大きな成長が期待できると考えているようだ。2023年春に放物線を描いた実用性のないミームコインの山を考えると、ミームネイターのような実用性満載のコインは面白い存在と言えるのではないだろうか。

カスパ:ビットコインを脅かす強敵に?

2024年のトレンドに駆け上がってきた比較的新しい企業だが、このInvezz.comの記事で発表した「投資すべき暗号ベスト15」のリストにはまだランクインしていない。

しかしながら、ミームネイターと同様、革新的なアプローチで注目を集めている。カスパの最も革命的な側面の一つに「世界初のblockDAGシステム」の実装がある。これは、現在のブロックチェーンのアプローチからの進化とみなされている。blockDAGでは複数のブロックが共存し、並行して確認することができるため、瞬時に取引を確認することができる。

現在、カスパは1秒間に1ブロックで稼働しているが、この速度を大幅に向上させ、1秒間に32ブロック、さらには1秒間に100ブロックを達成する構想もある。

カスパの価格予測

CoinMarketCapのデータによると、KASPAは過去1年間で価格が1,600%上昇し、驚異的な成長を見せている。この勢いに加え先日、BitrueとExchang.ioの2つの取引所に上場を果たした。その有用性と魅力をさらに広げるため、Kaspa FuturesやKaspiumといった新しい商品や機能を導入している。

これらの機能により、カスパの価格予測は依然として強気である。ビットコインの競争相手としての価値を証明することができれば、さらなる上昇の大きな可能性があり、2024年の主要トレンド銘柄のひとつとなるだろう。

ミームネイター:一つの仮想通貨が起こす大きな革命

ミームネイターはWeb2やWeb3を苦しめる悪質なミームコインを抹殺するターミネーターのような役割を果たす。 ミームコインの世界で力を発揮し、弱く価値のないものを消滅させることで、ゲームを変え、ルールを書き換えていく。

そして、MMTRが取引所に上場する前に活用できる53%の含み益のチャンスが残されている今こそ、2024年をうまく生き延びるものに飛び乗る時なのかもしれない。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

DeFiChainのDFIトークン「Huobi Global」で取引開始

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

注目度の高い仮想通貨ニュース

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

価格上昇が続くFlare(FLR)「長期的な成長に向けた複数の契約」を締結

価格上昇が続くFlare(FLR)「長期的な成長に向けた複数の契約」を締結

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す