Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨の稼ぎ方の1つとして、Bitcoin(BTC、ビットコイン)のマイニングがあげられますが、そういった市場へ向けた新しいビジネスモデルとしてクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrix($BTCMTX、ビットコイン・マイントリックス)が、現在プレセールを行っています。

今年4月に予定されているBitcoinの半減期を前に、Bitcoinのエコシステムと直接的に関連するBitcoin Minetrixが話題になっており、購入を決める仮想通貨投資家が増えています。

今回は、そのようなBitcoin Minetrixの魅力と仕組みについてご紹介します。

Bitcoin Minetrixがプレセールで700万ドルを調達

Bitcoin Minetrixは、2023年9月から現在までプレセールを行っており、すでに700万ドルの調達に成功しました。

本稿執筆時点での$BTCMTXの価格は、0.0126ドルとなっており、プレセールのステージごとに価格は少しずつ上昇していきます。プレセールの最終段階(39回目)では、0.0148ドルとなる予定です。

また、$BTCMTXの総供給量である40億トークンのうち、28億トークンはプレセールに割り当てられています。

前述したようなBitcoinの半減期によって、近いうちに仮想通貨市場全体で、ブルラン(強気相場)が予想されており、より大きなリターンを得るための投資先としてBitcoin Minetrixへ参入する投資家が増加傾向にあります。

プレセールでは、10ドルから$BTCMTXの購入が可能となっているため、初期投資家でも参入しやすい環境があります。

BTCのクラウドマイニングをよりシンプル・安全に

Bitcoin Minetrixは、BTCのクラウドマイニングをよりシンプル・安全にできるようにしました。

従来のBTCマイニングは、大企業が次々に参入してきたことで、仕組みが複雑化してしまい、マイニング初心者にはハードルが高くなっていました。

そこで、Bitcoin Minetrixは、Ethereum(イーサリアム)を基盤としたスマートコントラクトを使用してクラウドマイニングをトークン化し、Stake-to-Mine(ステーク・トゥ・マイン)を通して$BTCMTXをステーキングすることで、誰でも簡単にBTCのマイニングができる環境を構築しました。

また、マイニングに必要なマイニングリグなどを購入すると、高いハードウェアコストがかかって経済的な負担が大きくなってしまいますが、そのような経済面においても、Bitcoin Minetrixは優れており、少ない初期費用でマイニングを始めることが可能になりました。

また、ステーキング報酬には、取引が不可能なERC-20トークンを使用しているため、第三者のクラウドマイニング詐欺のリスクを排除し、より安心安全なマイニングを実現しました。

このように、Bitcoin Minetrixは、初心者でも利用しやすいクラウドマイニングの仕組みを作ることで、より広い範囲での市場へマイニングを普及することを目指しており、そのビジネスモデルは、大きな可能性を秘めたものであるといえそうです。

BitcoinMinetrix-BTCMTX

Stake-to-Mineの仕組みとは

実際にBitcoin Minetrixでクラウドマイニングをするためには、Stake-to-Mineの仕組みを利用する必要があります。

Stake-to-Mineは、簡単にいうと「ステーキングしてマイニング」をすることです。ユーザーは、$BTCMTXを購入・ステーキングすると、ステーキング報酬としてクラウドマイニングクレジットが付与されます。それらのクレジットをBitcoinクラウドマイニングのパワーとして焼却することで、Bitcoinをマイニングできるようになります。

ステーキング報酬は、1ETHブロックが採掘される度に、158.5$BTCMTXのレート(現時点)で配布されるようになっており、実際の報酬額は、ステーキングプールにおけるシェア率と、APY(年間利回り)によって決定され、支払いは2年かけて行われます。

本稿執筆時点でのAPYは89%となっていますが、参入者が増えるにつれ、APYは下がっていきます。

このStake-to-Mineを始めるにあたって、ユーザーが必要なものはMetaMask(メタマスク)などのEthereumへの互換が可能なウォレットのみとなっており、ユーザーフレンドリーにも配慮されています。

Bitcoinネットワークへ価値を提供するBitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrixは、Stake-to-Mineのシステムを通して、初心者でもBitcoinをクラウドマイニングすることを可能にしているため、すでに発展しているBitcoinのネットワークへ更なる価値を提供する仮想通貨となるでしょう。

SpotビットコインETFが承認となれば、年金ファンドマネージャーなどの機関投資家からの大規模な資金が、仮想通貨市場へ流れ込むことになると考えられます。

また、先月初めには、スイスのルガーノ市で、Bitcoinでの税金の支払いが正式に認められました。昨年1月にも、ニューヨーク州議会で税金などの支払いがBitcoinをはじめとする仮想通貨でできるようになりました。

このように、Bitcoinは一般市場へ広く普及されつつあるため、仮想通貨の投資ポートフォリオを調整する上で、Bitcoinと高い関連性のあるBitcoin Minetrixを選択肢の1つとして考えてみるのもいいかもしれません。

今すぐBitcoin Minetrixをチェックする


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナルのデフレトークノミクスが嵐を巻き起こすと言われる理由

アルトシグナルのデフレトークノミクスが嵐を巻き起こすと言われる理由

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

ユーザー資産の保護と事故ゼロの記録|CoinExの暗号資産セキュリティへの取り組み

ユーザー資産の保護と事故ゼロの記録|CoinExの暗号資産セキュリティへの取り組み

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す