Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

新しいプロジェクトとして登場したMeme Kombat($MK、ミームコンバット)は、2024年に入ってプレセールで更なる盛り上がりを見せています。

Meme Kombatは、そのユニークなバトルコンセプトに加え、資金調達の規模が徐々に大きくなっていることから、一部のトレーダーはローンチ(発売)後に価格が急上昇することを期待しています。

投資家たちが注目するMeme Kombatの革新的なP2Eバトルアリーナ

Meme Kombatは、AIの技術を活用したミームキャラクターのバトルを中心とした革新的なP2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)モデルが、仮想通貨市場の投資家から注目されています。

このプラットフォームでは、人気の高いミームキャラクター同士がバトルを繰り広げますが、それぞれのキャラクターは独自の強さ・弱さや、攻撃パターンを持っています。

また、ユーザー(プレイヤー)はそのバトルの結果を予測するという形で、ゲームに参加することができ、他のプレイヤーとの対戦か、AIを相手とする対戦か、どちらかの対戦を予測することができます。

予測が当たると、賞金としてMeme KombatのネイティブERC-20トークンが支払われます。

Meme Kombatの画像

さらに、Meme Kombatのステーキングシステムでは、133%の高いAPY(年間利回り)で保有者へインセンティブを付与しています。

このステーキングシステムは、$MK価格の大きな変動を防ぐとともに、トークンの保有者が受動収入を得ることを可能にします。

リーダーボードや上位プレイヤーへの賞金などのゲーム化された機能は、コミュニティへの継続的な参加をさらに促すでしょう。

Meme Kombatのホワイトペーパーによると、チームはゲームプレイをより魅力的にするため、異なるミームキャラクター・バトルモード・報酬を取り入れた新しいシーズンを展開する計画を立てています。

このように進化し続けるエコシステムは、プロジェクトの長期的な持続可能性と、MKトークンの継続的な需要を促進していくはずです。

仮想通貨の主要インフルエンサーもローンチ後の$MKの上昇を予想

このようなユニークで魅力的なプラットフォームを持つMeme Kombatは、仮想通貨の主要インフルエンサーの注目も集めています。

プレセールが終了し、トークンがUniswapに正式にリスティング(上場)した後のMKの見通しに関して、一部のアナリストやトレーダーは強気な見方を示しています。

ソーシャルメディアのインフルエンサーであるJacob Buryは、開発チームが壮大なロードマップを達成することができれば、Meme Kombatの大きな価格上昇が期待できるとしています。

Buryは、実世界におけるプロジェクトの実用性や、熱狂的なコミュニティによる高い話題性を考慮して、MKがオープンマーケットに出回れば、莫大な需要が生まれると予測しています。

X(旧Twitter)のインフルエンサーの間でも、Meme Kombatが取り上げられており、Crypto Tony(39万1000人以上のフォロワー)は、2023年後半からMeme Kombatを支持しており、実名公開されたチームと、革新的な新しいゲームプラットフォームについて、強調しました。

日本においても、仮想通貨ユーチューバーであるマルチインカムサラリーマン蜂野一さん(登録者数1万7000人以上)のチャンネルでも、何度か紹介されています。

このように、仮想通貨業界の著名人から高い評価を受けたということもあり、Meme KombatはCoinSniperが提供する「今日のベストコインリスト」で昨日17日、1位にランクインしました。

Meme Kombatのプレセールが最終段階に突入

インフルエンサーや仮想通貨の専門家からの大きな支持を受ける中、Meme Kombatはプレセールで最終段階に突入しました。

Meme Kombatのプレセールは2023年9月から始まっていますが、熱狂的なコミュニティからの支援もあり、既に700万ドル以上の調達に成功しています。

チームは、MK総供給量の10%をローンチ時のDEX(分散型取引所)流動性のために割り当てており、開始直後から価格の安定性を保証しています。

さらに、バトル報酬、ステーキング報酬、そしてコミュニティ報酬のために多くのトークンが確保されており、今後の成長をサポートする強固な基盤となっています。

プレセールの最終段階では、0.279ドルの特別割引価格で$MKが販売されています。

Meme Kombatのプレセールが終了し、バトルアリーナが稼動すると、$MKの需要が急増するであろうと予測している投資家たちは、より大きなリターンを期待してMeme Kombatへの早期参入を決めています。

Meme Kombatの詳細を見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

2024年:アルトシグナルのAI取引シグナルが注目される仮想通貨となる可能性

2024年:アルトシグナルのAI取引シグナルが注目される仮想通貨となる可能性

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す